« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

JiNSの眼鏡

 こんばんは、チェスです。

 土曜日にカミさんと映画を観に行ったと書きましたが、映画を観終わった後、同じアリオ亀有に入っているJiNSに行って、小生が会社で使っている仕事用眼鏡を買うことにいたしました。

 小生は近視用眼鏡を掛けているのですが、近年、老眼が進んできて、近くが見えにくくなっているのは注意深い読者様であればご承知置きと思います。そのためかどうか、会社での仕事用眼鏡は、通常使用の度より弱い(従って遠くは見えずらい)ものになっています。
 その、仕事用の眼鏡のレンズ表面に、なにやら傷を作ってしまって、少々見えずらい状況になっていました。
 となれば、仕事用の眼鏡のレンズだけを交換すれば良さそうなものですが、この仕事用眼鏡のフレームは、現在普段使いしている眼鏡の前に普段使いしていた眼鏡の再利用なので、かなりフレーム自体も使い込まれていて、簡単に言ってしまえば古くてくたびれている。

 ならばいっそのこと、カミさんが作ったJiNSでオレも安い眼鏡を新調してみてはどうか?と思ったのですよね。

 で、安いというのが動機ですから、安いフレームを選んで、レンズは仕事用眼鏡を渡して、これと同じレンズを入れてくれ、と頼むと、注文からものの30分程でできあがってきた。
 そいつを今日から掛けて仕事しているのですが、「本当に弱い度のレンズかな」と思うくらい、すっきり良く見える。今の所は好調です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1週間遅れのプレゼント

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京も、随分と涼しい一日でした。何と言うか、完全に夏は今年の場合早目に追い出されてしまったのではないかと思われますね。

 さて、金曜日の記事に書きました様に、ウチのカミさんの誕生日プレゼントを買いに、昼頃に御徒町へ出撃。大戸屋で昼食を食べた後、アメ横通りから左に入った「スポーツジュエン」で、カミさん用の新しい水着を買いました。ついでに新しい度付きゴーグルも一緒に仕入れて、ここの会員カードを見せた所、無事に2割引きで買い物ができました。そのレジの男性に「今回葉書が来なかったのだけど?」と訊いたところ、買い物の履歴の最新が2013年で、つまりは最後の買い物から時間が経過しすぎてしまって、DM発送リストから外されてしまったという訳でした。つまりは金曜日の記事で書いた理由はその通りだったということなんですね。

 まあ、今回買い物をしたので、次のセールの案内葉書は来ることでしょう。

 御徒町のスタバでお茶して、帰宅いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダーバード・アー・ゴー

 こんばんは、チェスです。

 8月はあと2日残っていますが、もうこのまま秋に突入なんでしょうかね。と思える程涼しい土曜日の東京でした。
 午後、隣町の亀有アリオのシネマコンプレックスMOVIX亀有へ出かけまして、映画を見ました。カミさんのリクエストで「ミッション・インポッシブル/ローグ・ネイション」トム・クルーズがスタント無しで頑張っているというウソかホントかというB級(は失礼かな)アクション映画なんですが、確か彼は小生と同じ年齢(53歳)で、それであのアクション、本当に本人なら大変なものだと思います。後半の見せ場のバイクチェイスなんてもうホントかな?他のメンバーと違ってクルーズだけノーヘルでしたので、ホントかもしらん。ローグ・ネイションは直訳するなら「ならず者国家」となりますが、勿論こいつは「国際テロ集団」という表現になるのでしょうね。映画館でもかなり入っていまして人気は衰え無いようです。クルーズが元気なら更にシリーズ6作目が作られるでしょう。

 ところで、NHK総合で放送され、録画しておいた「サンダーバード・アー・ゴー」をやっと観ました。

 CGとミニチュア特撮を組み合わせた新シリーズ、コンセプトはオリジナル版を踏襲していますが、やはりというか、随分と雰囲気は変わりました。1号~4号は概ねオリジナルに近いフォルムですが、宇宙ステーションであり国際救助隊の大事な耳であるサンダーバード5号は随分と近代的というか、今風な形状になりました。ペネロープが後部座席に乗り、執事パーカーが駆るピンクのスーパーロイスは空を飛べる様になりました。
 メンバー的には、国際救助隊の創設者であり沈着冷静なパパ、ジェフ・トレーシーが何故か居ない。物語で明言はされていませんでしたが、何かの事故で行方不明になっているということらしく、死亡という訳ではなさそうです。例の悪役フッドは初回から出まくりで、どうやらフッド対サンダーバードで物語は進むみたいです。そのフッドの異母弟のキラノとミンミンが今回は居なくて、代わりにフッドの姪というケーヨという新キャラクターが登場しています。

 物語は随分とサクサク進むという印象で、オリジナルの一種重厚な感じから軽快になってしまったなあ。これはやはり、サンダーバードとは別ものという感想でございます。まあ、おそらくですけれどもジェフ・トレーシーは何らかの理由があって身を隠していて、いずれ登場するのではないかと思いますけれど、これはあくまで小生の予想です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツジュエンのセール

 こんばんは、チェスです。

 どうも今年は秋の訪れが早いのか、めっきり涼しくなってきました。と同時に早くも秋の長雨のシーズンに突入なのか、来週の東京のお天気は今朝の予報では、ずらっと雲/雨傘のマークが並んでいました。そういけばここ暫くはスカッとした青空を見ていません。

 先週、ウチのカミさんの誕生日であったことは記事に書きましたが、その誕生日の夕食のお店を予約した頃(だから8月頭頃か)に誕生プレゼントを訊いた所、「新しい水着が欲しい」ということで、そのうちにスポーツジュエンのセールの葉書が来るだろうからその時に買ってくれれば良い、と有り難いお言葉。
 というわけで、上野御徒町のアメ横通りから入った所にある、スポーツ用品専門店「スポーツジュエン」が確か毎年やっていたと記憶していた決算セールの案内葉書が来るのを待ち受けていたんですね。が、どうも待てど暮らせどその葉書が来ない。
 おかしいなあ、ひょっとするとあちらの都合でセールの時期が変わっちゃったのかな?と思って、今日「スポーツジュエン」のホームページを覗いて見たら、なんとまあ「総決算大感謝祭」の大文字が!なんだよ~やっているんじゃん。どうして案内葉書が来なかったのだろう?と思って、暫くジュエンで買い物をしていなかったからDMのリストから外されてしまったかな、とも思いました。

 しかし、そのホームページの大感謝祭の案内を読むと、会員カードかDM葉書を提示すれば良い、となっている。確かどこかに会員カードはあった筈だから、後は感謝祭は何時までか・・8月一杯だったです。未だ数日残っていた。セフセフ。土曜日はもう予定が詰まってしまったから、日曜日午前中にでも出撃するかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月からは「五嶋音楽会」へ

 こんばんは、チェスです。

 日曜日、朝の楽しみと言えば、小生の場合にはテレビ朝日系列放送で9時よりオンエアされる「題名のない音楽会」です。
 日曜日の朝はウチのカミさんの意向でTBS系の「サンデーモーニング」なのですが、9:00~9:30はチャンネルを変更することを認めてもらっています。(小生は「サンデーモーニング」は、正直サヨクの巣窟の様に思っているので、あまり好きではない)

 丁度、小生が結婚して、現在地で日曜日朝を迎えるようになった2008年4月から、この長く伝統のある番組の司会者は、今や世界的マエストロとなった指揮者の佐渡裕さんが務めておられました。
 番組のオープニングでの掛け声「みなさんといっしょに、新しいページをめくりましょう!」もすっかり板についてきたな、と思われた今年の夏初め、佐渡さんから「ウィーンのトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督をやることになり、週に1回の番組を作ることが不可能になってしまったので、9月で番組を卒業する」旨の報告がなされました。
 佐渡音楽会にすっかり馴染んでいた小生としては、さて、新司会者は誰になるのだろう、と些か心配になったものです。

 10月からは、新しい司会者として五嶋龍さんが就任されることが発表されました。彼は未だ20代の新進気鋭のヴァイオリニストで、最近のテレビCMではJR東日本の「のもの」に出ておられました。
 思えば、初代の司会者の黛敏郎さんと、3代目司会者の羽田健太郎さんは、この番組の司会を務めている最中に急逝され、司会者の急遽交代を余儀なくされる、というちょっと不吉な歴史を持っています。ですので、マエストロ佐渡が無事に番組を卒業されて、ウィーンで更なる活躍をされるというのは寧ろ目出度い。そして次の司会者が、この番組としてはありえないほどに若い音楽家になったということは、さて10月からどんな番組に衣替えするだろうか、とワクワクしますね。

 ちなみに、佐渡さんのアシスタントだった本間智恵アナウンサーも、朝の顔でお馴染みの松尾由美子アナウンサーに交代するとの事です。
 司会者よりアシスタントが年上になるというのも初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口内炎

 こんばんは、チェスです。

 西日本に大雨を降らせた台風は、日本海を北上して低気圧に変わったので、既に東日本には影響しないだろう、と思ったのですが、何らかの影響というのはあるもので、水曜日の東京の朝は結構本降りの雨でした。そして、ここ数日同じ様なことを書いていると思いますが、今朝も8月としてはびっくりするような低い気温で、涼しいを通り越して何やら寒い。

 ところで、東京がめっきり涼しくなってしまった週明けあたりから、どうも口内炎が発生してしまったようで、誠に不快なのであります。

 実は小生は、口内炎の帝王というか、その位に口内炎は良く作ってしまいます。歯並びが悪いのが原因なのか、食物の噛み方が悪いのか、とにかくうっかり口の中を噛んでしまってその傷が口内炎になってしまう。
 ただ、どうも今回はちょっと違うみたいで、右のほっぺたの内側がどうも異常なのです。場所的に、「うっかり噛んでしまった」という位置ではなく、また噛んだという記憶も無いのです。しかし、口の右の口角を引っ張って、鏡で口中を観察した所、確かに右のほっぺたの内側に、ピンク色の粘膜の中に青紫色に変色している部分がありますから、まあ間違い無く口内炎でありましょう。

 こんな所に何で?とも思うが、思い当たる節としては、小生はいつも右側を下にして、横向きに寝る。つまり右のほっぺたが下になる。その時に「何か」が右のほっぺたを押すことになり、そいつが原因になったか?兎に角早く治って欲しいですが、口内炎というのは中々治らないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月ですが

 こんばんは、チェスです。

 「24時間テレビ」の放送が終わると夏休みの宿題を云々、という記載をしたばかりだと思いますが、今週の東京は未だ8月とは思えない様な涼しさです。昨日も涼しいと思いましたが、今日は更なる涼しさで、今朝は夏の上着を着用に及んで出勤いたしました。
 こんなに涼しくなってしまうと、家の冷凍庫に待機させている「ガリガリ君」の出番が無くなってしまうのではないか、とつまらぬことを考えましたが、まあたぶん、いずれ暑さは戻ってきて、しかし秋への季節の進行は確実となり、毎朝飲んでいるアイスコーヒーは元のホットコーヒーに戻ることでしょう。

 8月はあと5日ほど余しているのですが、東京での今年の夏の総括をすれば、梅雨明けは平年より少し遅れ気味だったものの、梅雨が明けてしまえばやはり太平洋高気圧の勢力下に入った東京は猛烈に暑くなり、一日の最高気温が35度を超える「猛暑日」の連続記録なんていうのもたたき出したわけです。
 ところがお盆休みが終わったあたりから猛烈な暑さというのが一服して、どうやら夏の暑さのピークは過ぎたな、と感じられるようになり、8月の最終週に入るとエアコン要らずの涼しい日が到来した。
 素人考えでは、たくさんの台風の発生と日本への襲来は、夏の暑さと何らかの関連があるのではと思うのですが、どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事用眼鏡

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は何ともはっきりしないお天気の上、どうも涼しい気温で、半袖ワイシャツはどうかな?と思われたので、久しぶりに長袖のワイシャツを着て出勤。
 ところが、出勤途中の電車の中で気がつきました。会社に着いたらいつも掛け替えている「仕事用眼鏡」を家に置き忘れてきたと。

 通常は、会社の小生の机の抽斗に入れっぱなしになっている、仕事用眼鏡。パソコンの画面を一日中見ている小生のために、眼鏡屋さんが「度を弱くしたレンズ」にしてくれた眼鏡です。

 どうして家に忘れてしまったか?というと、この仕事用眼鏡のレンズ表面に少々傷ができたらしく、いくら拭ってもとれない曇りがあるのです。
 未だ一応見える、というか使用には耐えるので、使い続けていましたが、この仕事用眼鏡、普段使いの(度の強い)眼鏡の前の世代のフレームなので、かなりくたびれている。レンズだけ交換するという手もありますが、今はお安い眼鏡屋さんがあるので、安く新品が買えるならば仕事用眼鏡を新調してしまおうか、と思って、週末眼鏡屋へいく算段をしていたのです。眼鏡屋でレンズを入れてもらうのに、この眼鏡の度にしてくれ、とサンプルを出す必要があるだろうから、会社から持ってきたわけ。日曜日に確かに近くの眼鏡屋に行ったのですが、その眼鏡屋の眼鏡のお値段は、小生が考えていた程安くは無く、ケチな小生は眼鏡新調を取り止めて帰宅しました。
 が、その眼鏡ケースを通勤鞄に移すのをすっかり忘れていた。

 仕方なく、月曜日一日は普段使い眼鏡で仕事をしたのですが、もう近くがすっかり見難い老眼が進んでいるようで、ホントに参りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一つついていけないこと

 こんばんは、チェスです。

 今年の日テレ系の「24時間テレビ」は8月最終の土日ではなくて、第4の土日だったのですね。おそらく毎年、全国の小中学校の児童生徒の皆さんは「24時間テレビ」の放送の時期になると焦りまくって夏休みの宿題を片づけにかかっていたと思いますが、今年はまだ1週間ちょっとありますから、若干の余裕がありますね。

 日曜日の東京は、天気予報があまりよろしくなかったのですが、実際のお天気の方はさほど悪くなるわけでもなく、雨は落ちてこなかったようです。
 昼食を食べてから、かなりさぼっていたジムでの運動をするためにスポーツクラブへ出撃。

 ところで、昨日の記事で「向かい合って食事しているカップルが2人とも無言でスマホを弄っていた」のについていけない、などと書きましたが、オヤジとしては他にもついていけないことがあります。

 そいつはずばり「キラキラネーム」という奴。

 個性的で素敵な名前というのと、「キラキラネーム」はどこが違うのか。小生が思うには「日本語としての漢字の読みを無視している」のがキラキラネームの典型だと思います。例に挙げて申し訳ありませんが、「月」と書いて「ルナ」というのはちょっと如何なものかと思います。「月」という漢字には、誰がなんと言っても「ルナ」などという読み方は存在しません。どうしてもそう読ませたいのなら、カタカナで「ルナ」ではダメだったのでしょうか。

 子供にとって、親からの最初の贈り物が、名前です。それがキラキラネームになってしまうのは、どうもついていけないし、大げさに言えば許せないという気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そのスマホはちょっとどうなの?

 こんばんは、チェスです。

 この数日は涼しかったですが、土曜日の東京は残暑が戻ってきた感じで、午後は青空が広がって暑い一日でした。

 今日はウチのカミさんの誕生日であったので、夕方、表参道にあるイタリアンレストランへと出かけてきました。
 美味しくイタリアンを頂いてきたのですが、隣のテーブルに来ていたカップルが、どうもいやに静かなものですから、どうしたのかな?とちらりと見てみましたら、二人とも俯いてスマホの画面を見て、なにやら画面を弄っている。

 折角お料理を頂きに来たのに、その様子はちょっとどうなの?という気がしないでもない。

 しないでもないのですが、たぶんこれが片方だけではなくて、二人ともスマホ画面と向き合う状態なので、それなりに問題無いのでしょうかね。
 これが片方だけこういう態度だと、スマホを弄っていない方は確実に切れますよね。(たぶん)。

 オヤジとしては、全くついていけないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても無声だった・・無念

 こんばんは、チェスです。

 昨日の夜は8月唯一の句会でした。8月第2土曜日の本部句会の方は、以前に書きました東北水泳合宿(被災地を巡る旅)に参加した関係で、お休みさせていただきましたので。

 昨日小生が出句した5句は、まあ中には自分でもこの出来はどうかな?と思われるものもあったにはあったのですが、全体としては割合に良くできた、と少し自信があったものですから、どなたからも採っていただけなかったという結果には、ちょっと凹みました。
 更に、回ってきた清記用紙に書かれていた小生の句を見てびっくり。句帳から出句用の短冊に書き写す際に、誤字をやらかしてしまったのです。
 シャッフルされた短冊に書かれた俳句を清記用紙に清記する際、誤記(誤字)を見つけても、基本的には誤記は誤記としてそのまま書き写すということになっています。それは、清記者が誤記かと思っても、作者は何らかの意図があってその様な書き方をしたかもしれないという可能性もありますから、そのまま書く、ということになっている。

 まあしかし、漢字の書き間違い、これはケアレスミステイクであることが殆どでしょう。そのためか、漢字の書き間違いなどは、間違いを間違いとしてそのまま清記して、その側に(ママ)と書き添えることが多い。つまりこれは清記者のミスではないですよ、との表明でしょうね。
 これを見つけると、「ああ~っ、またやっちまった~」とがっくりします。実は過去一度、出句短冊書きでミスしていて、気をつけているつもりだったのですが、ちょっと気の緩みがあるとこれだ。
 結果的に、(ママ)を見つけた時の落ち込みの方が、その後の「無声」だったことの凹みより大きかったので、「無声」の結果を冷静に受け止めることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初動訓練

 こんばんは、チェスです。

 今週の火曜日に、会社で半日がかりのイヴェントがありまして、それに参加しました。
 これが「初動訓練」という奴で、外部から危機管理の専門家を講師としてお願いして、大地震の発生を想定した対処訓練なんですね。

 参加する前までは、「そんな講習会に半日も費やす必要があるのか?」と疑念を抱いていたのですが、実際に参加してみた結果は「本来は一日がかりでもおかしくない。半日でも非常に有意義だった」という感想を持ちました。

 講習会と書いてしまいましたが、実際にはケーススタディーとでも言いますか、講師から色々な場面設定や条件を提示されて、それに対してあなた方はどのように対応しますか?という訓練の色合いが強かったです。
 例えば地震発生直後、これこれの怪我をした人が出ましたが、どうしますか?という課題が出る。頭から出血している怪我、というなら、まあ素人的に考えても止血消毒して包帯巻いて応急手当しておけば、と回答できる。ところが、胸を強く打って意識朦朧、脈拍の数値これこれ、とか、妊娠中の女性がお腹を押さえて痛みを訴えている、などは、素人ではどうしようもない。とりあえず安静にして様子を見るしかない。

 病院へ搬送する必要、ということになっても、肝心の病院までの輸送手段はどうするか、搬送経路はどうするか、もうわからないことだらけです。

 講師から出てくる課題には、実は「正解というものは無い」というのもありました。それこそ、自分たちの頭で考える、という訓練だからです。
 実際に大地震がきたら、そんなに落ち着いてはいられないでしょうけれども、しかし準備はしておかねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうのとり 打ち上げ

 こんばんは、チェスです。

 東京は、朝はどんより曇って何ともはっきりしないお天気でしたが、そのうちに晴れ間が見えて、蒸し暑さも感じる一日でした。どうも明日~明後日は雨が降るような予報なので、早めに洗濯をしておけばよかった。

 当初予定では、今月16日(日)にH2Bロケットで打ち上げ予定であったHTV無人補給機「こうのとり」は、天候の悪化を理由に打ち上げ日が延期設定され、本日19日の20時50分打ち上げ予定となりました。
 現在の所はJAXAの宇宙センターがある種子島周辺には、雷を発生させそうな雲は見当たらず、後はロケットその他の機材に問題が出なければ、今日の打ち上げは実施されると思います。先ほどJAXAのサイトを見たところ、予定の変更という発表はありませんでした。

 改めて説明するまでもありませんが、「こうのとり」は軌道上で現在JAXAの油井宇宙飛行士、その他の方々が活動中の国際宇宙ステーション=ISSへ必要な物資を輸送する大事な任務を負っています。ISSと地球の飛行士の往復手段としては、今はロシアのソユーズ宇宙船しかなく、物資の補給手段としてはアメリカは民間企業へ開発を委託したロケットと補給機に任せているのですが、そのロケットの打ち上げが失敗している。ロシアの無人補給機プログレスは非常に信頼性の高いものでしたが、2011年に一度失敗しており、こうなるとJAXAの「こうのとり」は失敗するわけにはいきません。ここは何が何でも、無事に補給物資をISSに届けてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スターの存在

 こんばんは、チェスです。

 関東地方も大気の状態が不安定とか言われていましたが、東京は一日特に突然の雨なども無く、概ね晴れていたように思います。
 お盆休みが終わり、夏の甲子園大会が終盤を迎え、日本テレビ系の24時間テレビが放送される頃には東京の小中学生の諸君はそろそろ夏休みの宿題を処理しなくてはとプレッシャーを受けているのではないでしょうか。

 その、夏の甲子園大会ですが、今日は準決勝前の一日の休養日。何時からかこうした日程で開催されるようになったのですね。確かにベスト8に進んだあたりから、かつては3日連続での試合ということも十分にありえた。準決勝前に1日休める学校と、ベスト8(準々決勝)から3日連続の学校では、特にピッチャーにかかる負担はかなり違うものと思われましたから、準々決勝の4試合を一日でやってしまい、準決勝との間に一日休養日を挟む日程というのは公平になって良いと思います。
 それで今年のベスト4の学校を見ると、東京が2校、神奈川と宮城。その東東京代表と西東京代表は、大会開会前からマスコミが話題に取り上げていたスター選手がいる学校で、以前の記事にも書きましたが、小生はこういう取り上げ方は高校野球というスポーツの場合に如何なものか、と思っておりました。正直を言えば、1回戦で敗退してしまえばいいのに、とまで思っていた。野球はおまえ一人でできるものじゃないんだぞ、と他の学校が思い知らせてくれるだろうと。

 ところが、そのスター選手を擁する2校が見事にベスト4に残ってしまった結果には参りました。

 こいつはやはり、マスコミが取り上げただけの大物なのか、と思わざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報統制

 こんばんは、チェスです。

 昨晩遅くの時間から東京では雨が降り出し、週明けであって休み明けの月曜日はほぼ一日雨模様の一日でした。

 さて、小生が夏休みに入ったあたり、確か12日か11日頃でしたが、中国の天津で大きな爆発事故があったことは皆さんニュースでご承知かと思います。これに関して、中国政府はインターネットのサイトを次々と閲覧不能にするなど、ネット経由で色々な情報が拡散してしまうことを非常に警戒していて、そんなのを聞きますと経済発展著しい中国であっても、まだまだ自由という点においては共産党独裁政治なんだなと思い知らされます。

 政府による情報統制を敷いてしまうことによる恐ろしさは、我が国では先の大戦中にイヤという程感じたものと思います。
 所謂「大本営発表」というのが、戦争の始まった当初はともかく、敗色濃厚になってからはウソをウソで塗り固めるという内容になり、国民一般は戦争の状況を知りようが無かった。

 真実を知るということは、何よりも大事なのです。ネットに流れる情報が真実かどうか、ということを判断することも、現在は求められていると思います。天津の事故の状況についても、速やかに正しい情報を政府が公表すれば、ネットを必死に潰さなくてもいい筈。国民の目や耳を塞がなくてはいけないというのはあまりよろしくない状況だろう、とだれもが思いますからね。

追伸 本記事は昨日書いてアップしておいたと思い込んでいたのですが、今朝見たら上がっておりませんでした。ボケてしまって申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆帰省より帰京

 こんばんは、チェスです。

 お盆の夏休みを使って、山形に帰省しておりました。本日夜、無事に帰京いたしました。
 山形へ行った14日(金)と、翌日15日(土)は8月中旬とは思えない程涼しかったのですが、本日16日(日)は暑さが戻ってきて昼間はかなり暑かったです。この3日間は格別のイヴェントも無かったので、カミさんの実家の池の掃除やら、庭の草取りやら、包丁研ぎ等細かい仕事をして過ごしました。お盆のため仏間には提灯やら回り灯篭などが飾られておりました。お墓参りもしたのですが、その時に雨がパラパラと落ちてきて、慌ただしいお墓参りになってしまいました。

 さて、今日で夏休みが終了して、明日から会社・仕事に復帰です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな都心

 こんばんは、チェスです。

 夏休み2日目。昨晩は窓を開けて寝ていたら、夜中にかなり涼しくなったらしく、寒く感じて起きたというカミさんが開いていた窓を閉めてから寝なおしたそうです。
 その後夜明けにかけて小雨が降った様で、路面が濡れてはいましたが、朝には止んでおりました。
 午後も高い降水確率だったのですが、結果的には雨は降らず、寧ろ雲が切れて気温が上がりました。

 昼前に鳥越の実家に顔を出して、皆で昼食を食べた後に、弟のクルマで東京駅へ送ってもらい、明日の帰省土産の調達。

 木曜日でウィークディなのですが、お盆休みに入っている人が多いのか、都心へ向かう道路も非常に空いています。
 東京の都心で、ウィークディでもこれだけ閑散としているのは、夏のお盆休みとお正月くらいですね。

 もっとも東京駅は大きな荷物やスーツケースを引いている人で大混雑をしていました。大丸で明日用のお土産のお菓子を無事に買って帰宅。
 明日から16日(日)まで山形に帰りますので、記事の更新が滞ると思いますが、ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯機の洗濯槽

 こんばんは、チェスです。

 本日から小生の会社は夏休み。と言っても都合5日間ですから、大したことはありません。
 ウチのカミさんは今日も仕事ですので、家で洗濯物を片づけてから、昼頃に買い物に出かけました。ちょっと半袖のワイシャツが手薄なため、安い奴があったら買おうかと考えまして。
 その考えは図に当たり、イトーヨーカドーの紳士用衣料のフロアで、夏物現物限り売り出しをしておりました。ワイシャツも選り取り2点で40%オフという訳で、こいつはチャンスと思って買ってきました。

 さて、そのついでに100均に寄り、「酵素タイプ」という新しい型の洗濯槽洗浄剤を見つけて、試しに使ってみることにしました。暫く前にも一度洗濯槽洗浄をしたのですが、それをやっても未だ洗濯物に何やらゴミの様なものが付いているものですからね。

 で、昼食を食べながら、その洗浄剤を洗濯機に入れて、説明書き通りに洗浄をやってみました。するとまあ、びっくりする位の量のゴミが出てきました。一度洗浄が終わっても、すすぎをするべし、と書かれていたので、洗濯機の「槽洗浄」のコースですすぎをしてみますと、またまた多量のゴミ。こいつはいかん、と思って更にもう一度「槽洗浄」をやると、更にゴミが出てくる。
 3回目、4回目、とやってもなかなかゴミが無くなりません。もうキリが無い、と思って、4回で止めましたが、一体このゴミはどこで発生しているのやら、困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川内原発再稼動

 こんばんは、チェスです。

 昨日の東京は、昼間時折激しい雨が短時間ですが降ってくる、不安定なお天気でしたが、今日はそんなこともなく暑い夏の日が、いやまあ立秋は過ぎているから暦の上では秋の日ですが、戻ってきました。
 先日の東北水泳合宿とその後の宮城県における被災地巡りで大変お世話になった水泳のコーチは、我々の合宿が終わった後北海道で縦走登山をすると言っておられました。が、昨日あたりから北海道は記録的豪雨でかなり天候が悪い。そればかりか十勝岳では豪雨で土石が流れて登山者が下山できず足止めになっている、というニュースがあります。コーチがどのあたりにおられるかわかりませんが、無事に戻って欲しいです。

 ところで、九州電力の川内原発が再稼動したというニュースが流れています。東日本大震災での福島第一原発が大事故を起こしてからこっち、日本中の原発がずーっと停止していた中、とうとう川内原発が再稼動したという訳で「原発ゼロ」の状況が無くなったわけですね。

 福島第一原発の事故の処理というのは未だ進行中であって、さていったいどの位の年月がかかれば終息したと言えるのかもはっきりしない。(一応工程表は公になりましたけれども、汚染水の処理など、色々懸案山積みで到底計画通りに進むなんて、東京電力も考えていないでしょう。)
 まあそんな大事故をやらかしておいて、日本中がおそらく「原発なんていうのはもうこりごり」と思った。
 思ったのは確かだし、おそらく新規に原発が建つということは今後は難しいでしょう。
 しかし、現在停まっている原発については、単純に停まっているだけでも燃料棒を冷却しなくてはいけないのですね。止めていても相応のコストがかかっている。であるならば、福島第一の事故を貴重な教訓として(国は新基準というものを定めましたが)安全対策を設備面から見直して、より安全な原子力発電を実現するということならば、小生は再稼動には賛成です。

 暫く前に、日本航空123便の御巣鷹山墜落事故が起きて30年、と報道されました。あれは単独の航空機事故としては最悪の事故となりましたが、それ以後の航空機メーカーも運行する航空会社も、より一層安全な航空機を作り飛ばす努力をしているわけで、テクノロジーの進歩というのはそういうものではないかな。
 ただ、原子力発電という方式が大復活するのか、というと、未だにそれはわからない、というのが正直なところですけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水泳合宿~被災地を巡る

 こんばんは、チェスです。

 記事が2日分抜けてしまい、大変失礼しました。
 7日(金)の記事にAAさんがコメントを付けて下さいましたが、小生やAAさんが入っていた水泳愛好家団体「水夢王国」を母体とする水泳練習会がありまして、そのコーチは昨年10月から東北復興事業に携わるために宮城県へ転居された関係で、練習会は無くなってしまいました。
 しかしお仕事はどうやら軌道に乗って順調に推移しているということで、プライヴェートなお時間も取れるようになったということから、かつての練習会のメンバーに「水泳練習会の合宿をやるので来ませんか?」というお誘いを受け、先週の土日に行ってきたという次第です。

 8日(土)は午前9時仙台駅前集合で、コーチの運転するマイクロバスで三陸自動車道を北上し、石巻市の複合公共施設である遊楽館へ。丘の頂上にある施設の外観はなかなかモダンな建築で、400席ちょっとのコンサートホールに体育館、図書館、貸し会議室などがあります。プールの看板は無いが・・中に入るとありました。今はスポーツコメンテーターをしておられる田中雅美さんが泳いだということで、「田中雅美コース」という名前になっているコースを貸していただいて水泳練習会。普段真面目に練習していない小生はホトホト疲れました。

 正午を過ぎ、石巻市から南三陸町へ。南三陸町の志津川地区にできた「南三陸さんさん商店街」という仮設の商店街で昼食。土曜日のこととて各店舗結構混雑している様でしたが、コーチが入っていった先は蕎麦屋でしたので、そこは早そう、と後に続き、キス小天丼セットをいただきました。
 その後海産物直売所で「ホヤ、ホタテ、銀鮭」を仕入れて、神割キャンプ場へ。夕食はこれらの海の幸のバーベキュー大会。深夜まで宴会は続きました。

 翌日、9日(日)は小雨の降る生憎のお天気でしたが、先ずは名勝「神割崎」を見て、海岸沿いに南下すると北上川の河口に出ます。
 北上川の河口から最初に架けられた橋を渡って、河口方向へ少し戻ると「大川小学校」の建物があります。東日本大震災による津波で、小学校の多くの児童が犠牲となってしまった場所で、今は犠牲者の名前や小学校の校歌が彫られた慰霊碑があります。もし適切な避難誘導ができたら、その多くの子供たちは死なずに済んだのではなかったか、という場所なのですが、おそらくその当時は色々な錯誤が重なってしまい、津波に対しての適切な避難ができなかったのでしょう。どうしてこういう悲惨なことになってしまったのか、きちんとした検証は必要だとは思いますが、今の我々は頭を垂れて犠牲者の方々のご冥福を祈るのみです。

 石巻市の市内にある「復興まちづくり情報交流館」で、大震災当時の石巻市の状況を詳しく伺うことができました。
 今日の昼食は、そのお隣にある「橋通りCOMMON」で、小生は目玉焼きの載った焼きソバをいただきました。

 午後は「元気の湯」という日帰り温泉に寄って、帰り道の途中、奥松島の「大高森」という標高101m程の山に登り、そこから松島を眺めることができました。
Ohtakamori20150809

 コーチのおかげで、あちこちの大震災からの復興現場を見せていただきましたが、本当に復興途中、まだ何年もの月日がかかる、という場所の方が多いです。大震災からの復興は、単に予算を総花的に使えば良い、というものではなくて、地域再生をする大きな機会と捉えて復興庁と被害各県、各自治体は大変なお仕事ですが、取り組んでいただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深川めし

 こんばんは、チェスです。

 明日の土曜日は、かつて小生が大変お世話になった水泳愛好家団体「水夢王国」の練習会コーチが企画された「練習会東北合宿」がございます。
 仙台駅東口に朝9時集合なのですが、小生の場合にはもう金曜日の夕方から仙台へ行って前泊してしまおうと考えて、以前に仙台へ行った時に泊まったビジネスホテルを予約しておきました。上野から新幹線に乗れば仙台は2時間かからず、大変便利です。

 今朝、合宿用のリュックを背負って家を出る時に、ウチのカミさんから「今晩の夕ご飯は『深川めし』かな?」などと言われて、丁度考えていたことをズバリ言われてビックリしました。
 先日大阪へちょっと用事があって日帰りで出張した際も、東京駅で買った駅弁は深川めしでした。駅弁にも色々ありますが、小生は東京(上野)から新幹線に乗る場合に購入するのは、深川めし、ほぼ一択という強烈な支持者でございます。

 ところがネットで見ると、名前も内容もほぼ同じ「深川めし」という駅弁が、実は2種類あるらしい。そのうちの片方は新幹線改札内でしか買うことができない様なので、小生がいつも買って食べているのはそちらなのかもしれませんが、まあいずれにしても醤油あさりご飯に焼き穴子が載っているという基本構成は同じみたいです。これを食べるのが楽しみで新幹線に乗る、というのは言い過ぎか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阿川弘之さん

 こんばんは、チェスです。

 いつぞやの記事に、「朝出勤のために玄関を出ると、何故かエレベータが我がフロアに止まっていた」ということを書いたことがあります。その理由がわからなかったのですが、判明いたしました。お隣の家のご主人がゴミ出しをする時間が、丁度小生の出勤時間とほぼ同じのため、お隣のご主人が戻ってきた直後に小生が玄関を出るとエレベータがお迎えしている、という構図だったのです。わかってみればどうっていうことはありませんでした。

 今朝のニュースで、「作家の阿川弘之さんが今週月曜日に亡くなっていたことがわかった。94歳。」と報じられていました。

 旧帝国海軍の軍歴があり、かつて出演された「徹子の部屋」では「本当は艦隊勤務がしたかった」とおっしゃっていた画が流れていました。
 「軍艦長門の生涯」や帝国海軍の3人の提督物に代表されるように、阿川さんと言えば「海軍」のイメージがありますけれども、小生はむしろ「乗り物マニア」の小説家という捉え方をしていました。飛行機もお好きで、そのライヴァルと言えば斎藤茂太さん。ところが鉄道の方は更にお好きで、そのライヴァルは小生も大好きな紀行作家宮脇俊三さん。阿川さんの小説家仲間の、遠藤周作さん、北杜夫さんお二人のエッセイには、「阿川さん=汽車ぽっぽマニア」としてしばしば登場いたします。例えばマダガスカル島の鉄道に乗った時の紀行文を、阿川さんご自身と、その時に同行した(させられた?)北さんが共に書いているのですが、ご両人がいかなる気持ちで鉄道に乗車していたかが比較されて大変面白いです。
 鉄道紀行ものとして日本では最高の作家と小生は信じている宮脇さんは、阿川さんの作品の文章を凄く褒めていて、勿論先輩として立てていることもあるのでしょうが、おそらくは「同じ鉄道好き」としてのシンパシーの方が強かったのでしょう。このお二人の、東京-博多間を走る新幹線車内での対談という夢の企画が実現したことがあって、これも読みました。

 前記いたしました阿川さんを巡る人たちが全て故人になっていて、ついに阿川さんも天寿を全うされたとは言え、お仲間に加わってしまったのは、またお一人昭和という時代を作った方が亡くなった、という寂しい気持ちになります。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてどうなる新国立競技場

 こんばんは、チェスです。

 毎日の暑さを、皆様色々に工夫されて耐えておられると思います。夜は花火大会で華麗な花火を見物して、一時暑さを忘れるというのもよろしいでしょう。ところがその帰りの電車がストップしてしまって、冷房も切れた電車内に閉じ込められたとあっては大変なことでしたね。

 いったい、電車にとっては電気エネルギー供給を受けるラインである、大事な架線がなんで破断してしまったのか。その原因をJR東日本は総力をあげて徹底解明して、有効な対策を打たねばなりませんね。

 原因と言えば、ともかく白紙に戻ってやり直しになった2020年東京オリンピック用(だけではないが)新国立競技場の建設計画。

 なんだってまた、以前の計画があんなベラボウな建設費に高騰してしまい、そいつを認めた責任は何処にあるのか。あるいは何故チェックできなかったのか。勿論、時間はありませんから、新しく計画をスタートするならするで、以前の検証をのんびりやっている暇が無いのは確かでしょうが、次の計画も同じ様に、建設の経費が猛烈に高騰してしまわないとも限らない。
 ここはやはり小生の提案の様に「陸上競技は横浜国際(日産スタジアム)でやり、国立の跡地では開閉会式だけやる」というのでどうでしょうか。かなり安く上げられると思いますがね。せっかくの有り物は有効活用しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物持ちが良いのも・・

 こんばんは、チェスです。

 東京は、5日連続の猛暑日とか。なるほど暑いわけですね。午後からは大気が不安定な状況になるので、突然の豪雨に注意して~などと言われますけれども、南関東は(東京だけかもしれませんが)その不安定エリアから外れているのか、その豪雨も無いですからね。

 さて、小生の勤務先ではネット環境は有線のLANで構築されています。まあ個人のネット環境では無線が当然でしょうが、会社では無線LANというのは色々セキュリティー的に問題が大きいからでしょうね。
 で、そうなるとLANケーブルをあちこちに引き回して大変なのです。昔と違ってPCの台数も相当に多いですから。で、小生のいるフロアでは、各セクションに数台のハブが活躍しています。
 この4月から小生のセクションに転入してきた人がおられまして、彼が仰るには「どうもネットが尋常ではなく遅い。ちょっと使っているハブを見て良いですか?」と訊いてくるので、小生のデスクの脇にあったハブを見てみると、大きさが小型の弁当箱ほどの大きさがあり(厚さはさすがにその半分程)たくさんのPCを繋げるようにはなっているが、どうもかなり古い代物らしい。小生は実の所、ネットはそんなに遅いとは思っていなかったのですが、タスクマネージャを開いてみると、実に驚いたことに10Mbpsしか速度がでていない。これは明らかに古いハブを後生大事に使い続けていたためであって、こいつはいかん、と早速システムに頼んで新しいハブを貰いました。ハブは半分程の小型になりましたが、速度の方は1Gbpsが出ていると表示されていて、まあとりあえずはネットが遅いという問題は解決した模様。

 あまりに物持ちが良く、古い奴を大事に使い続けているというのも問題ではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルンバ

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、相変わらずの厳しい暑さの一日でした。マリアナ諸島を台風が西進しているようで、週末は沖縄に来るのではと言われていますが、またしてもサイパン、テニアンあたりは凄い暴風雨でしょう。夏休みに遊びに行った方はとんだ災難ですよね。

 昨日の日曜日、そろそろ活躍させなくては、と思ってエアコンのフィルターの掃除をしたのですが、ついでにと思って、掃除ロボットの「ルンバ」の奴も掃除しました。掃除ロボットの掃除です。
 ルンバのゴミを集めて溜めるケースは、思ったより小さいので、ゴミや埃ですぐに満タンになってしまいます。その周辺も、たくさん埃がくっついていて、たぶん吸引の効率を下げていると思われたので、これも普通の掃除機で掃除。
 結局、いくらルンバを働かせても、そのルンバを掃除するのに一般の掃除機が必要なんですね。最新型のエアコンの様に、自分で自分のクリーニングをして欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷汁

 こんばんは、チェスです。

 毎日同じ様な書き出しになってしまって恐縮ですが、東京は相変わらずの暑い日が続いています。北関東、特に群馬県あたりはかなりの雨が降っている様なのですが、東京にまでそうした雨雲が押し寄せることはありません。なんというか、さっさと止んでくれるなら、という虫の良い条件付きですが、こう暑いとざーっと雨が降ってくれないかな、と思います。地表の熱を気化熱にして奪ってくれるので多少なりとも涼しくなる筈です。

 で、夕食の味噌汁も、熱い奴はあまりねえ、ということで、既に今年のシーズン作るのは2回目なのですが、今日の夕食でも冷汁にいたしました。

 例によって「cookpad」で貰って来たレシピなのですが、誠に簡単なので重宝しています。

 お水(ウチは2人なので2杯分=400cc)にお味噌(出汁入り)を溶くのですが、一杯分が大匙1弱、そのため大匙2弱を溶きます。これにお砂糖を小匙1程度加える。後は具としてキュウリを輪切りにしたものと、本来は大葉なのですが、今日は無かったので代わりに茗荷を刻んで投入。
 あとは冷たく冷やして、食べる前に擂りゴマを加えるだけです。まことに簡単ながら、結構美味しいのでお薦めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駿河台

 こんばんは、チェスです。

 今日から8月。相変わらず暑い日が続きますね。何でも今日は岐阜県の多治見市で39.9℃を観測したそうで、これは今年の夏一番の高温記録らしい。 東京も暑い一日でした。昼過ぎに歯医者の3ヵ月に1回の歯のチェックとクリーニングをして、スポーツクラブへ。
 暑いものですからジムで身体を動かす気にならず、プールに降りていって泳ぎました。毎週の土曜日はキッズのクラスがあるため、大人用のコースはかなり減らされるのですが、夏休みに入ってキッズクラスでは「短期水泳教室」というのをやっており、それが15時からになっていたので丁度コースが空いている時間帯で、のびのびと泳ぐことができました。

 一旦帰宅して、夕方少し涼しくなってから千代田線に乗って新お茶の水まで。ウチのカミさんが、駿河台にちょっと入ってみたいお店がある、とか言っていたので、リクエストに応えて行くことにしたのです。
 お店の前に大きなビールの入ったビールグラスのオブジェ(というか立体看板)が出ているお店で、入ってみるとドイツビールを輸入していて、ドイツビールとドイツの料理のお店でありました。

 ドイツビールはさすがに輸送代がかかっているためか、日本のビールよりかなりお高いお値段でしたが、ウチのカミさんはビールが好きなので、彼女が喜んでくれればまあいいか。しかし土曜日の駿河台の坂道は、人通りが少なくて寂しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »