« 東京はやはり楽 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎの旅 »

ホテルオークラ

 こんばんは、チェスです。

 昨年の1月4日の記事を読んでみますと、マラソン練習のためにジョギングに出た所で、ウチのカミさんが転倒して眼鏡のフレームで目の縁を切り、その日の夜に大学病院の形成外科の救急外来へ行ったことを書いています。
 で、実は今日も1年前と同じようにロードワークをしようかと言っていたのですが、午後外出をしたので結局ジョギングは無しとなりました。

 その外出は、ホテルオークラ東京に行ってきたのです。

 と言っても、優雅にホテルでランチを食べたとか、ましてやお正月をホテルで宿泊したとかではなくて、ここで行われている書の展覧会を見ただけなんですけどね。
 地下鉄日比谷線の神谷町で下車すると、お正月でまことに静かな様子でした。

 歩いて5分程の高台、米国大使館に隣接するような敷地に、ホテルオークラ東京は立っています。帝国ホテル東京、ホテルニューオータニと並んでホテル御三家と言われているこの高級ホテルは、本館ができたのが1962年で小生と同い年。
 中を歩くと、さすがに重厚というか、古くて伝統格式を誇るホテルであるなと感じます。

 ですが、さすがに各種の設備の老朽化は覆うべくもなく、今年2015年8月末をもって本館は閉館して立て替えになるそうです。

 ホテルのティールームは高いので、帰り道に溜池山王のスタバでコーヒーを飲んで帰宅しました。

|

« 東京はやはり楽 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎの旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/60923163

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルオークラ:

« 東京はやはり楽 | トップページ | ローカル路線バス乗り継ぎの旅 »