« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

さくらんぼ

 こんばんは、チェスです。

 カミさんの親戚筋からさくらんぼが届きました。
 山形県の中央部、所謂、村山地方と言いますが、村山地方を中心にしたあたりは県内では降雪量は比較的少なく、色々な果物の栽培が盛んです。
 で、カミさんの親戚筋にも果樹園をやっている親戚がおりまして、ありがたいことに毎年さくらんぼをいただける。
 さくらんぼは、山形市の北隣になりますが、天童市や、東根市あたりが特に出荷量が多いですね。全国的には佐藤錦という銘柄が有名なんですが、ここ数年は紅秀峰という銘柄も登場していて、徐々に知名度を上げている様です。こちらも中々美味しいです。

 箱に一杯のさくらんぼはあまり日持ちがしないので、小生とカミさんで頑張って毎朝食べています。

 こういうのは贅沢な悩みとでも言うのでしょうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しかった

 こんばんは、チェスです。

 先週に引き続き(と威張っていますが、週に僅か1回なんだよね)再びスポーツクラブへ出撃。
 プールに入ってしまうと、ついついダラダラと遊んでしまって、たぶん殆どトレーニングの効果が無いと思われるため、ジムの方へ入ります。

 機械を動かした後、恒例のトレッドミルへ。かなり混んでいる時間帯でしたが運良く空いた機械に飛びこんで3%負荷で1時間。しかし最初の方はスピードを上げることができず、結局7kmに少し届かず。

 スポーツクラブを後にして、カミさんは美容室へカットに行き、頼んでいる買い物があったので、夕食当番の小生が夕食用買い物をして先に帰宅。

 汚れ物が溜まったので、洗濯機フル稼働でまずは洗濯。終わって早速ヴェランダへ干す。で、夕食の料理にかかったのですが、先ほどまで青空ものぞいていた空がいつの間にか黒い雲が押し寄せてきて、見る間に雨が落ちてきた。
 最初はまあ、ちょっと降ってすぐに止むだろう、とたかを括って様子を見ていたのですよね。ですが雷鳴も轟き、物凄い土砂降りに変わったのでこれは不味いとヴェランダに干した洗濯物を引っ込める。

 そんなことをやっていると料理が中断である。

 どうも中々忙しかったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチの相場

 こんばんは、チェスです。

 昨日に引き続き、折角の週末土曜日ですが東京は梅雨空の一日でした。
 午前中など、一時的にかなり強い雨も降っていましたが、幸いお昼頃には一旦雨が上がりました。

 小生の誕生日は来月7月なのですが、カミさんが誕生日プレゼントを前倒しして買ってくれる、というので、ならば遠慮なく、と靴を一足買ってもらうことにしました。

 正午頃に駅でカミさんと落ち合って、東京駅八重洲地下街へ。
 昼食が未だでしたので、八重洲地下街にある飲食店をぶらぶらと眺めて、夜はお酒中心のお店になるのかな?というお店に入ってランチを食べました。定食が980円で、日常的に420円のお弁当を買っている小生としては結構な出費と感じましたが、東京八重洲地下街でのランチであれば、こんなものなのでしょうか?まあ、美味しかったので文句は無いのですが、サラリーマンのランチの相場は果たしてどのくらいかな?
 1回で1000円を超えるのは、例えば銀座にお勤めで、毎回外にお昼を食べに出る、という方なのではないでしょうかね。
 平均すれば5~800円位に落ち着くのではないかと考えていますが、どうなんだろうなあ?

 さて、この地下街にある靴屋が、小生ご用達なのです。ここ数年、ほとんど指名買いしている「ハイドロテック」という靴を売っているからなんですが、無事にサイズ丁度良い奴を一足買ってもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻つまみ者

 こんばんは、チェスです。

 週末になった東京です。梅雨前線が北上してきたらしく、午後は東京でも雨が降ってきました。まあ梅雨らしいお天気ではありましたね。
 W杯ブラジル大会は、グループリーグ戦が終了して、半数が決勝トーナメントへと進んだわけですが、顔ぶれを見ると、さすがに南米ブラジル開催ということで、南米選出国がかなり残っていますね。エクアドルだけが脱落なんですか?これはやはり地の利というものもあるのでしょうね。強豪国ではスペイン、イングランド、イタリア、ポルトガルといった欧州勢が敗退。それから衝撃的なのが、我ら日本を含むアジア枠から出場した4ヵ国がいずれも1勝も挙げられずに全滅敗退。最後登場の韓国が何とか1勝して望みを繋いでくれるかな?と思ったのですがダメでしたな。アジアサッカー界はレベル低いという評価になると、出場枠を減らされるということになるかもしれませんね。

 グループステージを総括するわけではない(全部の試合を見るほど熱心ではないし)のですが、相手選手に頭突きを見舞ったり、噛み付いたりと困った選手も登場しました。

 一般に、ですけれども、嫌われ者、を表現する言葉として「鼻つまみ者」がありますね。学校なんかでもイジメの被害に遭っている様な子はしばしば「あいつはクラスの鼻つまみ者だな」みたいな言われ方をするわけです。当人が別に臭いわけでもないのに、この表現自体イジメだと思うのですが、学校の世界に限らずイジメというのは容赦無いですからね。

 が、しかし。

 通勤電車は本来均一に混雑しているものなのですが、極くたまに、何故かある一角が妙に空いていたりする。でも「おお、席が空いているじゃないか」と喜んで近くのドアから乗車しようとするのは、判断が甘い通勤電車のアマチュアですね。
 通勤電車のプロは「これは、不自然に空いている原因がある」と疑うものです。

 で、大抵その通り、原因があるのです。その一角の中心には、もう軽く1年位は風呂に入っていないだろうと思われる酸っぱい臭気を発生させている人物が座って居眠りしていたりする。そんなところへ座ろうものなら、地獄ですから、できれば他の車両に乗車するのが吉でありますね。
 こういう人物は、掛け値なし、正真正銘の「鼻つまみ者」であると思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい数独

 こんばんは、チェスです。

 昨日の東京は、雷鳴轟き局地的な豪雨が降り、かなり荒れ模様な一日でしたが、木曜日の本日はまずまず安定して穏やかな日でした。

 ところで、ぶっ壊れたKindle Fire HDに代わって導入した7インチタブレット、通称「ミーモちゃん」はKindleの時と同じ様に、電子書籍用読書ツールとして真面目に動いています。
 同様にして、数独の方もダウンロードしてカミさんに楽しんでもらおうか、と適当な数独を選んでダウンロードしたのですが、これが失敗でした。

 今度の数独は、舛に間違えた数字を入れてしまっても、それをゲームの方で「間違ってるよ~」と親切に弾いてくれるという機能がありません。
 となると、どうなるか。数独のゲームを進めていくと、その間違った数字が後の方で効いてきてしまい、あれれ?ということになる。どうもこの数字が違っていたらしい、とそれを消去して、つまりちょっと戻って考え直す訳ですが、間違えた原因がもっと前の段階だったりすると、更に数字を消さないといけない。そのやり直し作業が膨大になるとウンザリしてきて、「もうこの数独はいいや」と放り出すということになる。結果、コンプリートの満足感が無いので、面白くない。

 本来の数独は、雑誌の上の問題を鉛筆で数字を埋めていく方法ですから、上記の如くになる可能性は十分ある。だから慣れた人は、「この数字の可能性があるけど、他の数字の可能性もあるからな」という時には舛の隅っこに数字を小さく書いて「候補」の扱いにしておくのですね。で、他の舛が埋まって「間違い無し」になったら数字を大きく書き直して確定させると。

 最初にやったやつは、「間違い無し」でないと舛に数字を入れさせてくれなかった。つまりは「過度に親切」だったということなんですね。
 新しい数独は、より、リアルに近いルールだと言える。カミさんもそれで頑張ってみるべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

局地的豪雨

 こんばんは、チェスです。

 「まあ、めったに起きないことだから『奇跡』とかいうのだろうよ」と嘯いて、今朝は特に早起きもせずに、何時もどおりに6時に起床し、テレビをつけるとW杯ブラジル大会の日本対コロンビア戦は後半が始まったところでした。1-1だったので、「おお、意外に良いゲームじゃないか。これはひょっとするかも・・」と思ったのも数分後、コロンビアに勝ち越され、後は皆様ご存知の通りです。

 朝食を食べながら見ていたテレビは、日本チームが叩きのめされる様子を伝えていたのですが、窓の外は丁度物凄い豪雨。雷鳴も轟いていて、精神的に凹んでいるところへもってきて、このお天気では会社には行きたくねえなあ、などと呟いてみたものの、そうも言ってはいられず大きな傘を手に持ち、レインシューズを履いて出勤いたしました。

 ところが、地下鉄からJRに乗り換える西日暮里駅では雨が止んでおり、王子駅で降りると地面は乾きかけている。
 家を出る時にはあれほど凄い雨だったのに、これはいったいどういうことかしらん?
 と思って、国土交通省のXバンドレーダーによる降水データサイトで関東地方の地図を出して見ると、東京の中でも降水の多い赤や黄色の分布が狭い。つまりは局地的に豪雨があったということらしい。
 午後になると勤務先のある北区でも雷鳴轟き、豪雨がやってきました。
 梅雨とは思えない雨の降り方ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

司法取引

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事にも書きましたが、本日は小生の勤務先の株主総会開催日でした。
 小生は総務部のスタッフでありながら、総会関係の仕事はこれまであまりタッチしておりませんでしたが、本日は久しぶりに現場へ出ました。
 ましかし、法律上は重要なイヴェントなのだと思いますが、結構毎年さらっと終了してしまう株主総会は、日本ならではなんでしょうかね。
 尤も大変に時間のかかる総会というのは、大きな問題を抱えている会社さんであることが多いので、さらっと終わることができるのを幸せに思うべきか。

 読売新聞が、ちょっと大きなニュースを取り上げていました。

 確か英語では「bargaining」という単語に含まれる意味かと思うのですが(うろ覚えですみません)、今回のニュースでは「司法取引」が日本で導入される様になるそうです。

 海外ドラマなどでは良く見かける、犯罪の容疑者が取調べとか裁判になってからも、その人しか知り得ない様な秘密を証言することによって、更なる巨悪を暴き出すことができる場合には、その証言をした見返りに罪を軽くしてやる、という奴ですね。
 海外ドラマで良く見かけることから、つまりは他の先進国では結構導入されている制度なのでしょう。日本の法律には馴染まないというか、運用が難しいとされていたのでしょうかね。まあ、確かにいくら捜査に協力して重要な情報を出したからと言って、既に犯した罪が消えるという訳でもないでしょう。そのあたりの整合性というのはどのようになっているのか。法律の専門家がいずれテレビ番組で解説してくれるのを待ちたいと思います。(横着者だから。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼鏡に鎖つけるか?

 こんばんは、チェスです。

 小生の勤務先では、明日が株主総会の開催日になるため、本社の関係するスタッフは準備のために会場に行ったりと忙しなく動いています。
 元々小生は株主総会に関与する業務ではないのですが、今年は久しぶりに手伝いの声がかかったので、明日は現場=会場に出ることになりました。その場合には直接会場に向かえば良いので、家を出る時間を遅くできるのがありがたい。

 ところで、ここ数年はいよいよ老眼が進んできて、手元の細かい文字を読むのが辛くなってきました。焦点が合わなくて、明らかに老眼です。ミーモちゃんを使って電子書籍の読書を復活させたのですが、文庫本の電子書籍だともはや厳しい。対策を打たなくてはと考えています。

 遠近両用レンズというのも世の中にはありますが、かつてこれを使っていたというカミさんの話を聞くと、これが意外に使いづらいということです。
 それなら、眼鏡の弦の部分に鎖というか紐をつけて、手元の細かい文字を読む時には眼鏡をちょっと外しても、胸元に眼鏡があるようにしたらどうだろうか?
 かつて会社で眼鏡をそうやって使っていた方が何人がおられたものですからね。
 これなら大した設備投資をしなくても済みそうだ、というのも大きいですな。確か100均でも見かけた覚えがあります。ただ、何となく年寄りくさいイメージがあるので使いたくない、というヘンな拘りがあるのも確かです。試しに使ってみればいいのでしょうけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クモ

 こんばんは、チェスです。

 午前中雨が降っていた東京でした。昨日に比べてだいぶ涼しい感じ。雨は昼頃上がって、午後少し時間が空いたので、プールでちょっと泳ぎました。


 小生とカミさんが住んでいるのは集合住宅の11階ですので、外から飛来する虫などを除けば、室内に例の黒光りする嫌われ者などは見たことがありません。まあ、なかなかここまで登ってくるのは根性が要るということなのでしょう。(もっともあの嫌われ者は飛びますけどね)

 でも、室内に全く虫などがいないかと言えば、そんなことは無い。

 先週末は山形帰省であったので、2週間ぶりにトイレ掃除をしていたら、トイレの床のはじっこの方をほんの小さなゴマ位の奴が移動しているのを見つけました。これは時々みかける物凄く小さなクモなのです。足を除いた頭と胴体部分(という表現で良いのでしょうか?)の大きさは、1ミリ~2ミリ位で、移動しているから見つけることができますが、もしじっとしていたら老眼が進みつつある小生の眼では居ることはわからないでしょう。

 換気扇の排気パイプの中とか、そういう所を住みかにしているのかも知れませんが、この誠に小さなクモが人間以外の居住者と言えば言えるでしょう。あまりに小さいので、見つけても退治するとかいうアクションは起こさないのですが、知らぬ間に踏みつぶしてしまうとかいうことはあるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 こんばんは、チェスです。

 どんよりとした曇り空の東京でしたが、湿度が高いのかむしむしと蒸し暑い一日でした。
 北関東の方では今日もゲリラ的豪雨があったらしい。

 ところで、午前中、先週行ってきた山形の土産を持って、実家の鳥越へ行って参りました。
 何やら、雨樋が壊れたとかで、その修理を依頼して工事してもらった業者から、蔦についての問題を指摘されたとの事。

 数年前から実家の家には蔦が這っていて、これが相当のことになっています。
 雨樋を直した業者によると、その蔦が家の壁だけではなくて、両隣の家まで進出して広がっているとの由。

 蔦はとにかく繁殖力が強く、もうどんどん蔓を伸ばして建物の壁面を覆っていきます。
 これが家だけの事だったら、特にさしたる問題は無かったのですが、お隣に広がり、しかも蔦が原因で雨漏りが発生することがある、と聞けば、こいつはちょっと放置できませんね。コンクリート製の家の壁は特に問題は無いですが、木造モルタル造りの建物の場合、蔦が壁を這って、張り付いた箇所から根を伸ばし、ついには壁にクラックを発生させてしまうのでしょうね。

 家だけの事なら、まあ放置でも良いでしょうが、お隣にも広がっている以上は、蔦を何とかしなくてはいけない。
 結局、その雨樋の業者に、引き続き蔦の除去をお願いしたそうです。

 午後は久しぶりにジム。ここの所ジムはサボっていたので、腹筋台の運動も、トレッドミルも些かキツい。しっかり運動しないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大声

 こんばんは、チェスです。

 昨晩から今朝にかけて、東京では少し降雨があったのかな?今朝出勤時に地面にそれらしき痕跡がありました。
 でもお天気の方は、梅雨の最中らしからぬ快晴。で、気分爽快で週末の仕事を始めたいところでしたが~

 会社の事務所に出社してきた面々が、みんな暗い顔をして俯き加減。サッカーワールドカップブラジル大会で、われらが日本は天下分け目のギリシャ戦だったのですが、0-0のスコアレスドローに終わったと。これで、もう殆ど事実上日本のワールドカップは終わったと。(一応もう1戦残っているけどね。)
 「負けられない戦い」であったはずで、確かに「負けなかった」のではありますが、勝って「勝ち点3」をもぎ取ることはできませんでした。1点も取れなければ、それは勝てませんわね。残念無念でございます。

 ところで、日常生活で思わず「怒鳴りつけたくなる瞬間」ってありませんかね。

 本当に怒鳴りつけてしまうと、その後どんなトラブルが待ち受けてしまうかわかりませんから、常識人としては声を荒げるということは余程のことが無い限りはしないし、また、しちゃいけない、ということになっています。
 ただ、何と言いますかあ、大声がでそうな怒りの感情の発露をぐっと堪える、というのは何かストレスが溜まるような気がしますね。
 というのも、我々の生活で「大声を張り上げる」というシーンが中々無くなってしまったからかもしれない。学生時代とか、運動系のクラブに入っていた方は、「声を出せ~」と叱咤されたと思いますが、とにかくスポーツに大声は付き物だ。が、社会人はそもそも大声を上げないといけないということが無い。

 強いて挙げれば「カラオケ」と「スポーツ観戦」かな。「カラオケ」の方は歌唱という音楽だから、むやみやたらと大声を出せばよいというものではなく、上手に歌えなければ逆にストレスになってしまうかもしれない。が、プロの野球やサッカーを観戦しにいって、スタンドから声援を送る、若しくは野次を飛ばす、檄を飛ばす、というのは「大声」がまあまあ許されるし、大声の方が迫力があって良いかもしれない。しかし常識はずれの大声だと、お隣の人から怒られるかも知れないから、まあそこは常識の範囲ではあるでしょうが、「大声を張り上げてストレス解消」にはなり得るような気がします。
 遥かブラジルまで応援に行ったサポーターの皆さんも、大声で応援して下さったでしょう。ストレスは溜まっちゃったかも知れませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水虫

 こんばんは、チェスです。

 先週末、ちょっと山形へ行って、帰京したらまた梅雨空が戻るのかなと思っていたのですが、今週の東京はあまり雨が降りません。
 朝の情報番組は欠かさず見ていて、一旦南に下がっていた梅雨前線がまた北上してきました、西から雨がやってきます、な話があったのが月曜日くらいじゃなかったかなあ。
 確かに九州や四国、関西方面では梅雨らしい天気になっているらしいのですが、雨雲が東に移動する過程で息切れしてしまったのかどうか、東京はお天気が続いています。
 本日木曜日も、午前中~昼頃にちょっと雲行きが怪しいかな、と思ったのですが、結局雨は落ちてきませんでした。

 もっとも北関東ではこれまでにかなりの雨が降っていて、東京の水がめである利根川水系の各ダムは満水に近い貯水率です。今後のお天気次第ではどうなるかわかりませんが、今の所は今年は水不足の心配は無さそうです。

 さて、毎年のことですが、この梅雨の時分になりますと、すっかりオヤヂ世代となった小生にとっては、水虫復活が困ったことだ。

 一日中革靴を履いているというのが水虫に悪いのは明らかなので、会社で席についている時には革靴からサンダルに履き替えているのですが、もはや古い付き合いとなっている水虫にとっては「それがどうした?」位の対策の様で、今年も例年と変わらずに義理堅くやってきます。市販の水虫薬をつけていた頃もあるのですが、一旦良くなったかな、と思っても表面的に治っただけで、1年経つとまた登場する。根気負けしてしまって放置状態なんですね。困ったものです。

 足裏がウンザリする状況であるため、せめてもと思って散髪に寄って、頭の方をさっぱりさせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タブーな話題

 こんばんは、チェスです。

 各種メディアはサッカーワールドカップブラジル大会で大変盛り上がっておりますね。
 我が日本はというと・・初戦勝って勢いをつけて欲しかったですねえ。いきなり負けてしまって、すでに崖っぷちなんですね。
 あと2戦を何がなんでも勝つことが、決勝トーナメントへ進むためのマストなんしょうが、今の日本チームにその力があるのかどうか?前回大会の南アフリカ大会では、直前のテストマッチでボロボロであって、メディアの評価はダメダメだったのですが、イザ本番となったら前評判を覆す快進撃でベスト16へと進めたのを思い出します。
 サッカー素人が言うべきは「頑張れ!」しかないのですが、良い意味で開き直っては如何かと。

 ところで、仕事なんかで初対面の人と話をするときに、仕事の話以外では「止めておいた方がよい話題」というのが存在します。
 曰く「政治・宗教・そして野球」と。

 例えば政治の話題なんかですと、支持政党の無いノンポリな人だったら問題は無いでしょうが、こちらがアンチ自民党、あちらがガチガチの保守本流とかだと、間違いなく気まずい雰囲気になってしまいますでしょ。
 宗教というのは、日本人は比較的無宗教な人が多い様に思いますので、大丈夫そうに思えるのですが、ついうっかり公明党の悪口を言ったりして、相手が創価学会の会員だったらこれはでかい地雷を踏んでしまったことになる。まあ止めておいた方が無難ですね。
 野球というのはつまり日本人に最も人気のあるプロスポーツがプロ野球だからですが、これも中々難しい。相手が大阪出身だからと「ここのところタイガースは絶好調ですねえ!」などと先回りしたら、意外にも「私ドラゴンズのファンなんでして・・」と言われたりして、ドラゴンズが低迷しているとフォローしにくくて困ったりする。

 そこへ行くとサッカーワールドカップの話題なんつうのは、「頑張れニッポン」でいけばいいわけですから、無難な話題といえますよね。
 ただ、比較的若い世代を中心にJリーグも人気が出てきていますから、ひょっとするとサッカーの話もプロ野球と同じ様なタブーになる可能性もある。いずれ気をつけないといけないかも知れないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学校の同窓会

 こんばんは、チェスです。

 昨日の会社帰り、駅の改札を今まさに通過しようかというタイミングで携帯電話が振動し、画面を見てみると随分珍しい人の名前が出ていたので、改札通過を中止して電話に出ました。
 電話を掛けてきた主は小学校時代のクラスメートで、小生が独身時代に実家の家の近所でばったり会った時に電話番号を交換したのでした。

 何でも、小学校を卒業して40年経つので、同窓会をやりたいと。で、今度打ち合わせをやるから来てくれんかということでした。その日は特に予定が入っておりませんでしたので、とりあえずは了承し、詳しい時間などが決まったらメールする、ということで電話が切れました。
 メアドは知っているのかな?と思っていたら、次の瞬間にショートメッセージメールで彼のメアドが送られてきたので、こちらのメアドを返信で送りました。なるほどね。

 それは良いのだけれども、小学校の同窓会なんて、こいつは「言うは易し」だが実施は困難でしょうな。だいたい、一体何人に連絡がつくことやら。
 中学校の同窓会は良く行われていて、確か昨年小生も久しぶりに顔を出したのですが、これはつまりそれなりに名簿作成がしっかりされているということでしょう。それでも「現在連絡がつかない」という人も結構いることになっている。

 小学校の同窓会なんて、小生の記憶では今まで案内があったかどうか?勿論、大掛かりな学校のOBによる同窓会組織はあるのでしょうが、小生は個人情報が漏れるのがいやで学校の同窓会名簿への協力を一切していません。立派な印刷物の同窓会名簿があるのかもしれませんが、あんなものはどうせ名簿屋に流れるに決まっていて、そいつをコピーして様々な営業攻勢に晒されるのがオチです。

 ということになれば、学校の同窓会名簿がアテにならないのは明らかです。そこへもってきて、我々の世代だけの連絡用名簿を整備するとなると、いったいどうすれば良いのか?
 雲を掴む様な話になるのではないでしょうか。一応打ち合わせには行ってみますが、やるのは難しいのではないでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原山

 こんばんは、チェスです。

 今回の山形帰省では先週の金曜日に休暇を取って朝から山形へ行ったのですが、梅雨の中休みでお天気は良かったです。
 つばさ号の指定席が進行方向左側の窓側であったので、今回は結構じっくりと車窓風景を楽しみました。
 福島までの東北新幹線の車窓は、進行方向左側に座った方が景色が良いと思います。進行方向の右側ですと、小山のあたりで筑波山が見えますが、後は比較的平凡で低い山並みの八溝山地~阿武隈山地で、ちょっと退屈です。しかも頻繁に上り列車とすれ違いますからこれが鬱陶しい。

 一方、進行方向左側は、小山を過ぎてそろそろ関東平野の北の端にさしかかるあたりで、栃木県の北にある山々が見えてきて楽しいです。

 実は小生、小山~宇都宮にかけて左の車窓に見える山を、最初は那須連峰と勘違いしていたお粗末な話なのですが、この山は高原(たかはら)山だったのですね。
 山が好きな人は一目瞭然に区別がつくでしょうし、地理的にもおかしいと言われてしまいますが、宇都宮の前で那須の山が見えるわけが無いです。

 昔、会社に入って間もない頃に部署の面々と忘年会を兼ねた温泉旅行に行きました。その行き先が確か鬼怒川温泉にある民宿だったと思います。小生は単に宴会に参加して温泉に入って翌日帰ってきただけだったのですが、スキーをやる人たちは、朝早くに車で出発して、鶏頂山だとかいう山のスキー場でスキーをして、夕方に温泉組に合流したと記憶しています。そのスキー場が、高原山の近くにあるのではないかと思います。

 まあそんなことを思い出しながら高原山の稜線を眺めつつ、宇都宮を過ぎて那須塩原を通過する頃に、本物の?那須連峰が見えてきます。
 更には、安達太良山、会津磐梯山や福島の吾妻連峰などが次々と見えるようになるため、東北新幹線は進行方向左側に座るのが良いと感じる次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大は小を兼ねないようです

 こんばんは、チェスです。

 無事に山形帰省から戻りました。

 小生が使っている小銭入れは、実は100均で買ったものでして、大きさといい丁度良かったのでありますが、さすがに100均だけあって、一部が剥がれてきてしまいました。何せ元が100円なので、ここまで良く使えたとも言え、では小銭入れをどちらかで新調しようか、と考えたのが先週のこと。

 先週の土曜日、用事があって実家の鳥越に行った後、浅草橋の皮革屋さんの店先をちょっと覗いたのです。皮革の材料なんかの他に小銭入れもありましたが、1個1000円なのです。それまで使っていた奴と比べると、実に10倍の価格だ。ただ、皮革屋さんで売っていたので、革製の小銭入れなのでしょうね。きっと値段なりに丈夫なのだろう、と思って1000円出そうとしたのですが、大きさがちょっと、それまで使っていた小銭入れに比べると、深さが倍は大きくたくさんコインが入りそうなのがちょっと気になった。

 ですが、ケチな小生にしてはあまり深く考えずに、この一件を買ってしまったのです。1080円(税込)出して。

 そして1週間の使用の結果。

 大は小を兼ねる、という言葉がありますが、どうも小銭入れについては、あまりその言葉が使えないみたいです。
 深さが深い小銭入れは、例えば100円硬貨を捜す、10円硬貨を捜す、という局面で殆ど無力です。深い所に硬貨があるので、100円硬貨と10円硬貨の区別が付かない。だからレジで支払いの時にぴったりあるはず、と小銭入れを中を捜して、すぐに諦めて1000円札にしてしまう。

 小銭入れについては、安くても浅い構造の奴が使いやすい様です。ならば、あの1000円(皮革製)の一件はどうしようか?コンバート先がどこかにあるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取れた

こんばんは、チェスです。

喉に引っかかったエビの尻尾、まあ正確には尻尾にくっついているエビの殻でしたが、山形へ行く前に、風呂に入っている時に、意識してえずきあげて、吐き出す事に成功いたしました。スッキリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビのしっぽ

 こんばんは、チェスです。

 午前中に降っていた雨は意外になかなか降り止まず、午後になって漸く曇り空になった東京でした。
 湿度が高く蒸し暑く感じる一日でした。

 GWに山形へ帰省したのですが、明後日の土曜日に別件の法事があり、これが本来なら出なくても良さそうな法事だったのですが、諸般の事情から出席せざるを得ず、明日の金曜日は休暇を取って前日山形入りです。

 で、持参するお土産を仕入れるために、会社が終わった後東京駅でカミさんと落ち合い、お土産を購入。

 八重洲の地下街にて夕食を食べることになり、何とかのお蕎麦屋に入りました。お蕎麦屋と言っても串揚げもある居酒屋風お蕎麦屋。

 でもって、エビの串揚げを食べたわけです。小生はエビ天など、尻尾まで食べてしまうので、この串揚げも尻尾まで食べたのですよね。

 そしたら、食べた後、どうも喉に違和感が残る。魚の骨が刺さるといった痛いものではなく、食べ物はちゃんと飲み込めるのですが、何かが喉に引っかかっている感じがするのです。どうもこいつはタイミング的に、エビのしっぽの一部が喉のどこかに引っかかっているか、張り付いているかしているのではなかろうか?
 まずいことに、明日は上記の理由で山形に行かねばなりませんから、耳鼻咽喉科へ寄って診てもらうという時間は無い。

 仕方がないので、健康保険証を持参して、山形で耳鼻咽喉科を捜して診てもらうことにしました。明日の朝までに自然と取れて、その必要が無くなると良いのですがね。
 ということで、帰京する日曜日まで、更新が無くなると思いますが、悪しからずご了承の程。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続 熊本

 こんばんは、チェスです。

 先日の記事で、「ブラジルの国民のみなさんは余裕が無いんじゃないの」などと無責任なことを書きましたが、連日報道されているニュースをみる限りでは、治安が悪化している地域においてはその状況は相当に悪く、麻薬密売組織と警察の銃撃戦で住民が巻き添えになったとか、警察も住民から信頼されないどころか、W杯当日に警察官がストライキを予定しているとか、どうも色々と信じられない話が続出しています。こんなんで本当に無事にW杯は開催、成功するのでしょうか?


 ところで、これも数日前の記事で書きました、熊本旅行の件。まずは往復の足を確保しなくては、と思って、全日空のマイルを使って、往きの飛行機の2人分を予約。
 さすがに帰りの飛行機の2人分まではマイルは無いので、株主優待券を使うか、と思って予約画面を見ていた所、「旅割28」だったかな、これの方が割引が大きくて安いのですね。帰りの飛行機はそっちで予約しました。結局株主優待券は、早割なんかが使えない直前の旅行で、空席があれば威力を発揮する、という理解で良いのか?あまり使い勝手は良く無いのですかね。
 連休なので2泊するか?と考えていたのですが、2泊するとそれなりにお金もかかるし、2泊ギリギリまで遊んで帰ってくると翌日辛いので、結局1泊で帰ってくることにしました。
 そうすると、1日目は阿蘇近辺のハイキングで、2日目は熊本城とかでしょうか。

 移動はやっぱりレンタカーが便利かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイマー炊飯の件

 こんばんは、チェスです。

 幸い小生は、昨晩は傘のお世話になることは無かったのですが、東京を含め関東地方全域で夜にゲリラ的に豪雨が降った様ですね。
 で、明日あたりから西日本に梅雨前線の本体が接近してきて、明後日の木曜日には東日本にもその雨がやってくるということです。

 金曜日は休暇をとって(またまた)法事のために山形へ行くのですが、雨が降らねば良いがと思います。

 ところで、現在はうちのカミさんはフルタイムで働いているため、夕食のご飯用の炊飯は、朝お米を研いで炊飯器にセットして、タイマーで炊飯しています。
 寒い間は、その炊飯の予約時間を18時とかにセットして、特に問題は無かったです。


 が、だいぶ気温が上がってきて、炊飯器の水に浸したお米を10時間近く放置しておくのはどうか?という話になった。まあこの話は今に限ったことではなく、以前にもカミさんがフルタイムで働いていた時にも夏場の炊飯でその対策をどうする?と議論になりました。その時は、炊飯器に氷を放り込んだりして水温の上昇を阻止するとか、対策したと思います。

 現在使っている炊飯器は、カミさんが持ってきた奴から2代目になっている新型ですが、これを買う時にメーカーの人と上記の問題の話をしました。
 メーカーの方の見解では、「今の炊飯器の保温機能は進んでいるので、朝、炊いてしまってそれを保温して夕方召し上がっていただいて問題はない」ということでした。
 つまりは、30℃以上の環境で水浸漬状態にしておくよりは、先に炊飯してしまって保温状態の方が良いということらしい。

 小生的には、保温状態で6時間も7時間も置いておくと、ご飯が不味くなっちゃうのでは?と思ったのですが、そうでもないらしい。
 で、中間的なところを狙って正午に炊き上がる予約時間にセットするようにしました。それから炊飯器内部もまだそんなに温度は上がらず、かつ、保温時間も多少は短くできますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余裕が無いらしい

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日。東京は雨が上がってなにやらいささか蒸し暑い、という程ではなくても、湿度が高い感じがしましたね。
 昼過ぎに、スコールの様に俄か雨が降りましたし。

 さて、世間的にはいよいよ開幕迫る、4年に一度のサッカーワールドカップのブラジル大会が、一番関心を集めていますかね。
 アメリカでの開幕前の最後のテストマッチ、ザンビア戦では、かなり点を取られたものの、後半盛り返して最終的には勝ちはした。でも、まだ本番はこれからなんですから、選手の皆さんにとって大事なことは怪我をせずにコンディションを上げて本番にあわせることでしょう。怪我なくテストマッチが終われば良しですよ。
 ここまできて、今更戦術がどうのとか言われても、急にそんなの変えられるわけはないでしょうからね。

 それより心配なのは、開催国ブラジルの国内情勢だ。

 なにより、ブラジルの国民への調査では、なんですか、4割を超える人が「ワールドカップの開催に反対だ」ということらしい。

 これはまあブラジル国内の経済状況が、ワールドカップ開催招致をした時点と比較して大幅に悪化してしまったというのが、衆目の見るところの原因ですよね。
 でも、開催反対とデモをかけている人たちは、ここまで来てしまっている状況で、今更開催中止なんていうことは不可能だとわかっている筈ですよね。
 だいたい、デモやら何やらで開催の妨害をしたらしたで、ブラジルという国の国際的な信用が下がるに決まっています。
 そうなると、「あれだけ危ない国にはちょっと投資はできないぞ」となって、国外からの企業の投資意欲が減ってしまう。
 結果、益々ブラジルの経済は悪化するということになる。

 今は、国内一致結束して、ブラジル大会を盛り上げて大成功させないといけないという段階です。ブラジルは優勝候補の最有力なのですから(そうなんですよね?)なおさら、盛り上げないと。それがきっかけで国内経済が好転するかもしれない。
 と考える余裕すらないほど、ブラジル経済が厳しいのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯槽洗い

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京。昨日から降り続いていた雨は朝も降り続いていた様ですが、それも午前中には一旦上がりましたので、昼前に簡単な買い物に行ってから天ぷらを載せたうどんで昼食。
 そして午後は月に一度参加している水泳の練習会のため、地下鉄を乗り継いで新木場へと向かいました。

 同じプールで過ごす2時間であっても、近所のスポーツクラブのプールではダラダラのんびりと泳ぐだけできつい練習は殆ど無しなのに対して、練習会の方は真面目に取り組めばそれなりにあちらこちらに筋肉痛が発生する水泳です。明日はどこかしらが痛くなるでしょうか。

 そして帰宅すると、一昨日の記事に書きました洗濯機の「洗濯槽洗浄」が実施されておりました。

 洗濯槽に何も入れずに、洗濯槽を洗うためだけに動かすわけ。

 で、どうやらゴミの発生個所が判明しました。今後は洗濯物にゴミは付着しないものと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたバウンドテニス

 こんばんは、チェスです。

 梅雨に突入した関東地方は朝から雨模様。どころか、地域によってはかなりの大雨になっているらしい。
 で、毎年この梅雨入りの時期に開催されるのが、東京下町の鳥越神社の祭礼。
 午前中、ちょっと用事があって、実家の鳥越へ行ってきました。もう昼近くでしたが、この雨模様のお天気でお祭りのお客様も少ない感じでしたね。気温も低かったので、雨に濡れてのお神輿担ぎはちょっと辛いかもしれませんね。

 で、鳥越での用事を終えて、浅草橋から総武線で千駄ヶ谷へ。

 カミさんの叔父様のお一人が仙台ご在住なのですが、この方がいつかの記事にも書きましたように、バウンドテニスの名手なのです。
 今年も宮城県大会を勝ち抜いて県代表の座を勝ち取り、全日本大会へと出場されていたのです。しかもご夫婦で!

 そこで、会場である東京体育館へ応援に行きました次第。

 叔父様は、昨日金曜日に行われたダブルスの男子シニアの部で、見事準優勝となっておりました。ご本人はダブルスを組んだパートナーのお陰と謙遜されていましたが、ダブルスの試合はやはり息のあったコンビネーションが鍵でしょう。準優勝は素晴らしい。

 今日はシングルスの試合だったのですが、こちらは残念ながら我々が東京体育館に到着した時点で、敗退されておりました。たぶん、昨日で燃え尽きてしまったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗濯槽の問題

 こんばんは、チェスです。

 今週の週明けくらいまでは、もう真夏の如き暑さで、これはどうもちょっと季節外れだよなあ、と驚いていましたが、西から梅雨入りが進んできて関東地方も順当に?今週は梅雨入り。そうなると気温の方も平年並みに落ち着いてきて、ヤレヤレという感じです。

 それは良いのですが、今週はちょっと洗濯のタイミングを測りかねているうちに梅雨入りしてしまい、またぞろ洗濯機に洗濯物が溜まってきてしまいました。

 最早これまで、ということで、今朝は起床と同時に洗濯機を稼動させて、出勤前のタイミングで何とか洗濯物を干し終わりました。朝から雨が降っていたので、ヴェランダへ干す訳にはいかず、乾燥機能を動かした風呂場に干しました。こいつはだいぶ電気代がかかるけど、仕方が無い。

 ただ、この頃どうも洗濯物に細かいゴミが付着する様になりました。ゴミというのは、黒っぽい繊維状のゴミなんですが、どうも気になります。

 以前にも一度、この様なゴミが付着したことがあったのですが、再発です。これは洗濯槽の見えないところにゴミが溜まっていたりするのか、どうなのか?
 最近は「洗濯槽用の洗剤」みたいなのを売っている様ですから、こいつを使って洗濯槽を洗ってみようかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンピンころり

 こんばんは、チェスです。

 本日、6月5日は岳父の命日です。昨年の今日、全く突然の訃報でびっくりしました。連絡があってすぐにカミさんが山形へ帰ったのは無論ですが、小生は翌日に浜松へ出張予定があって、これが終わった後、昼過ぎに浜松を出る「ひかり」に乗ることができたので、東京駅で「つばさ」に乗り換え、夕方には山形に着きました。
 突然亡くなってしまったので、我々含めて家族や親戚一同などびっくり呆然という感じではあったのですが、時間が経って客観的に考えることができるようになると、まあ岳父は見事な旅立ちだったな、と思うばかりです。

 どれだけお金を持っていたとしても、まあ人間である以上、誰でもいずれは寿命が来てあの世(というのがあれば)へ行かねばならない。これはもう逆らいようがない宿命です。

 である以上は、理想的なのは誰もが考えますが「ピンピンころり」という逝き方です。死ぬ直前までは、誰の世話にもならずに普通に生活をしていて、その時が来たらあっさりと(できればあんまり苦しくない経過で)さっさと死ぬと。岳父はまさにこれでした。
 突然ばったり、というのは若い人にむしろありそうなパターンなのですね。というのは、老人になってしまうと多かれ少なかれ何かかんかで病院にかかることが多くなる。となると、身体の不調はさっそく入院ということになり、ひょっとすると本人は望まない延命治療なんてこともあるかもしれない。そうすると、長生きをしてなおかつ「ピンピンころり」は至難の業と言えるかもしれません。

 ある程度長生きすることができたら、周囲に迷惑をかけない様に適当な時期に自分の意思であっさり人生の幕引きを図る。今後はそれができる様になるといいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUS MeMO Pad HD7

 こんばんは、チェスです。

 やはりというか、西日本がどんどん梅雨入りしてきましたね。ひょっとすると明日あたりは関東甲信地方も梅雨入りするのでしょうか?

 再起不能と判断されたKindle fire HDの後釜として、先週の土曜日にアキバで購入したASUS MeMO Pad HD7(余談ですけど、この7インチタブレットは「エイスース ミーモ パッド」と読むのが正しいらしい。小生は「メモパッド」と読んでいました。)は、現在の所いわゆる初期不良というのも発生せず、マトモに動いている様です。Kindleが1年で壊れたことに懲りて、今度のミーモちゃんを買う時にはお店の延長保証を付けてもらおうと思ったのは以前の記事に書いたとおりです。その延長保証を適正な費用でつけてもらうために少々高い値段には目を瞑って~価格.comで調べるとネットならもっと安く買えた~アキバの大きな量販店で買うことにしたわけ。実際、購入時に付与されるポイントで延長保証を賄うことができました。

 初期設定は、まあ特に迷う様なこともなく、滞りなく終わり、グーグルのアカウントを使ってアプリのストアから試しに「数独」をダウンロード。無料の「数独」だけでもたくさんあるのに驚き。使い出しとしてはまずまず順調な感じです。

 ただ、以前のKindleでは、何か文字入力をしたいときには画面の下1/3くらいのスペースにタッチ方式のキーボードが現れて、これで文字入力ができたのですが、今度のミーモちゃんの場合には、タッチ方式の携帯電話のテンキーが現れる。これだと、数字、英文字、かなの3モードを切り替えつつ入力する訳ですが、これが携帯電話の入力とはちょっとタイミングが異なり、慣れないとイライラします。例えば「c」を入力したいときには、「a」の部分を3回タッチ(タップと言うの?)しないといけませんが、その段階でちょっともたもたしていると、次の文字、次の文字と移ってしまうのですね。これはやっぱり、Kindleの様にキーボードから入力できるようにして欲しいな。設定で変更できるのでしょうか。にしても、ユーザーマニュアルというものが殆ど無いので、参照できないのです。これはKindleの時もそうでしたけれども、最近の奴はユーザーマニュアルが殆ど無いのですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

皇太子とは言え

 こんばんは、チェスです。

 6月に入ったばかりというのに、暑い日が続く東京です。しかし西日本ではどうやら梅雨に入ってきたようで、九州は既に梅雨入り、四国・中国地方も今日あたりは・・という状況ですから、東日本、北日本も今週末あたり梅雨入りになるかもしれませんね。雨が続くと思うとうんざりしますが、ここで雨が降りませんと夏に渇水になってしまいますから、まあ仕方ない、豪雨にならない程度に降って下さい、と願うばかりです。

 昨日の産経新聞の記事になりますが、今朝のテレビでも報道されていました。スペインの国王が退位して皇太子に譲位すると発表したというニュース

 国の中に王様や女王様が実際にいたとしても、政治的に実権をもって権力を振るっている、という国は今や僅かで、実際の仕事は形式的なものとか儀礼的なものになっている王様や女王様がほとんどだろうとは思いますが、にしても王室の系譜がちゃんと続いている国も結構あるもんだなと感心します。
 で、朝のテレビ番組でこのニュースを見ていたウチのカミさんが「46歳で皇太子なんだって、カワイソ」と言っていました。それを聞いて小生は思わず「そんなこと言ったら、ウチはとうに50歳を超えているぞ。」とつぶやきました。無論、日本国の皇太子殿下のことで、小生より年上(本日現在殿下は満54歳)ですからスペインのフェリペ皇太子がカワイソなら殿下はもっと可哀想です。

 今上陛下はご高齢で、いかな儀礼的なお仕事とはいえ、公務はかなりお忙しいらしい。一般庶民であれば悠々自適のご隠居状態のお歳であり、「生前の皇位継承」があってもよいのではないでしょうか。上記のスペインの一件も、記事を読むと譲位に関する法的な制度が無く、これから首相が手続を取ると書いてありますから、日本も法律を整備すれば可能になるのではないでしょうか。
 ただ、今上陛下が自ら「健康上の問題から退位したい」と言い出されるかというと、おそらくそれは無いだろうな、と思われ、と言って陛下に向かって「ご退位されてはどうでしょうか?」と言える人間が日本にいるか?というとたぶんいないでしょうから、これは無理筋な話になってしまうのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本

 こんばんは、チェスです。

 ここ暫く旅行へ行っていません。直近の1年間は岳父が亡くなったために山形へ頻繁に帰省していますが、カミさんの考えでは山形へ帰るのは「旅行」とは別物だということです。まあそりゃそうでしょうね。

 で、7月の祝日「海の日」が今年は日曜日で、翌日月曜日が振替休日になっているので、ここが3連休になる。

 カミさんの考えでは、ここを使ってどこかへ旅行したいと。で、行ったことがない九州熊本へ行きたいということになりました。
 小生も九州は福岡、大分、佐賀の北部3県しか行ったことが無い(ひょっとすると熊本県を少しかすめているかもしれないが、まあ端っこです)ので、熊本というのは面白いかもしれないと思いました。
 となると、阿蘇ですよね。阿蘇のハイキングコースをこれから調べてみようと思いますが、そんなに厳しくないお薦めハイキングコースがあれば、是非教えて下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直球一本勝負

 こんばんは、チェスです。

 昨日乗りました中央区のコミュニティーバス「江戸バス」のキャラクターは茶トラ模様の猫らしく、停留所やバスの中のあちこちに登場しておりました。この猫の名前は存じません。

 で、猫と言えば読売新聞の日曜版に毎週掲載されている「猫ピッチャー」という漫画(正式名称は「直球一本勝負 猫ピッチャー」)が最近の小生のお気に入りです。
 小生の家では新聞を取っておりませんが、山形の実家では読売新聞を取っているんですね。で、山形へ行くのは大抵日曜日にかかりますから、日曜日の朝にこの漫画を目にして「おおーっ」と思ったわけ。

 何せ読売の朝刊ですから、阪神タイガースや中日ドラゴンズのファンは端からこの漫画はご存じないでしょうね。しかし、猫好きならこの漫画はおそらく気に入ること間違いなしですよ。

 架空のプロ野球「セロリーグ」の「ヨリウミ ニャイアンツ」に入団した猫なのにプロ野球選手「ミー太郎」が主人公です。ミー太郎は豪速球と猫ならではの魔球?を武器にニャイアンツで活躍。でもそこはやっぱり猫。猫好きなら思わずニヤリとしてしまう場面が続々登場です。
 で、コミックの1巻が発売されていて、先週これを買ってしまいました。何でというに、コミックを買った読者プレゼントとして、ミー太郎のお座りぬいぐるみが100名にあたるという企画があり、当初は3月末で終了だったのですが、これが延長されたということを知りまして。
 先週の木曜日にコミックを買い、直ぐにプレゼントに応募すれば良かったのですが、葉書がうちにありませんで、昨日の土曜日にやっとコンビニで葉書を買いました。で、今日ポストに出そうとしていたところ、延長されたプレゼントの締切日が5月31日だったと・・ガーン。昨日じゃないの~せめて昨日の夜に投函しておけば・・

 今日はもう6月1日なんですね。もう葉書に応募券を貼り付けてしまったし、1日遅れですがダメで元々と投函しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »