« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

江戸バス

 こんばんは、チェスです。

 5月最終日の土曜日、東京は暑かったです。東京だけでなく、全国的に今日は暑い日になったみたいですね。
 国立競技場のラストイヴェントで、夕方の東京の空をブルーインパルスがスモークを引いて飛んだということですが、うっかり見逃してしまいました。

 朝は、下垂体腫瘍のホルモンコントロールの薬が切れそうだったので、病院へ行って処方箋を出してもらい薬局に寄って薬を補充。

 その足でアキバのヨドバシカメラへ行き、ぶっ壊れたKindleの後継機として、ASUS MeMO Pad HD7というのを買いました。このタブレットも登場してから時間が経ち、既に生産を終了しているとの事で、元々4色あったカラーもお店にあったのはブルーのみ。また、保護フィルムや専用ケースといったものも既に売られていないという始末でした。(これらは帰宅してからマイクロSDカードと一緒にアマゾンで注文しました。)

 その後、カミさんと合流してランチを食べて、東京駅へ移動。

 中央区が運営しているコミュニティーバス「江戸バス」に乗りました。
 「江戸バス」は、北循環と南循環の2ルートがあります。本日乗ったのは北循環。バスの本数は20分に1本なので、タイミングが悪いと20分待つということになり、ちょっと不便。今日も15分ほど待ちました。

 北循環のルートは、8の字を描いています。そのため、北の丸と南の丸が交差するあたりの停留所で、無料で乗り換えることができるようになっています。東京駅を出ると、呉服橋、室町コレドのあたりを過ぎて、昭和通りを横断して小伝馬町、馬喰横山という繊維問屋街に入ります。
 方向を南に変えて浜町、明治座前を過ぎ、隅田川にぶつかると隅田川は渡らずに(渡ると中央区から外れてしまう)ちょっと戻る形で東京シティエアターミナル、人形町。我々はここで降りて人形町の街歩きをしましたが、バスは新川から一度東京駅方向へと走り、8の字の交点を過ぎると新富町、中央区役所、八丁堀と「南の丸」を走ってまた8の字の交点を過ぎ、東京駅に戻ってきます。

 江戸バス、という名前の通り、中央区の殆どは、かつての「江戸」の街に相当します。各地に観光的要素があるので、一日乗車券を買って江戸散歩というのも面白いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリガリくん解禁

 こんばんは、チェスです。

 仕事があまり好きではなく、お休みが好きな小生としては、週末が近づくにつれて機嫌が良くなり、金曜日がやってくると上機嫌最高潮となるわけですね。
 そこへもってきて、金曜日の東京は暑い暑い。どうだろう、東京の最高気温はどのくらいまで上がったのかな?昼のニュースでは埼玉県の秩父で30℃をこえて「真夏日」になったとか報じていましたけれどもね。

 となると、週末でもあり暑い日がやってきたこともあり、これはもう今年の「ガリガリくん解禁日」に相応しいですね。

 ビール好きな人たちにはさしずめ「ビヤガーデン解禁」みたいなものでしょうね。(違うかな?)

 で、いつぞやの記事に書きました「ガリガリ君リッチ ほとばしる青春の味」を格安スーパーで見つけて買い込んでおき、予め我が家の冷凍庫にしまってあった奴の1本を取り出して、勢い良く齧ってみる。定番であり、小生にとってのガリガリくんはこれにとどめをさす、の「ソーダ味」に比較して、果たしてどうか?

 結構色々な味わいがします。全体的には甘さを抑えたリンゴ系のキャンディなんですが、かなりの比率でほろ苦いラムネが混合していて、ラムネも一緒に齧ることになりますから、これが中々忙しいです。これをもってして「ほとばしる青春の味」というのでしょうか。
 遥かな昔になってしまったので、青春とはどんな味だろうか、と考えても忘れてしまいましたが、オヤジ世代(子供はいませんが)になった今となっては青春とは「恥ずかしいことが一杯」な時代だったのではなかろうか、と思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丼丸

 こんばんは、チェスです。

 小生は、まあどちらかと言えば寒がりであって、暑いのはそれほど苦にしない方なので、暑い夏が来ると言っても別段ウンザリはしないのですが、ウチのカミさんは小生に輪をかけて寒がりであります。そのため、もうそろそろ冬の厚い羽根布団を止めて薄くて軽い掛け布団に変えよう、と言っても、これが中々ウンと言わない。

 ところが昨晩は、かなり気温が高く、寝苦しかった。そのために小生はベッドの端っこへ移動して、厚い掛け布団を跳ね除けて横を向いて寝ていたのでありますが、それでもあまり良く眠れなかったです。あまつさえ、変な格好で寝ていたためか、久しぶりに左足のふくらはぎを攣りました。痛くて目がさめました。
 朝起きたあと、カミさんに「暑くて良く眠れなかったよ」と言ったら、彼女は爆睡していたとのこと。うーん、小生のいびきがうるさくて眠れない、といっていたカミさんの気持ちがわかりました。

 話変わって、我が集合住宅から歩いてほんの2、3分ほどの所に、「丼丸」という持ち帰り専門のどんぶり寿司屋がオープンしました。

 小生は迂闊なことに知りませんでしたが、東京の葛飾区四つ木が発祥の地で、今やあちこちにチェーン店を展開している「株式会社ササフネ」という会社が元締めなんですね。
 オープンしてから未だ2週間くらいかな。丼丸へ行く途中にあるクリーニング屋さんに、このお店の評判をカミさんに聞いてもらったところ「まあまあである」ということ。勿論これはお寿司の味の評価であろう、と思って、昨日の夕食はここの丼を買ってきて食べることにしました。
 メニューはいわゆる「海鮮丼」だけで、巻物や握りという寿司はありません。が、海鮮丼だけでもかなりの種類のメニューがあります。また追加料金で具をトッピングすることもできるようです。お値段は全部500円で消費税をプラスして540円。まあ安いと言えますね。
 肝心の味ですが、昨日食べた奴はマグロ、イカ、サーモンにネギトロが載っていましたが、何れもまずまず美味しい。他のメニューも試したくなるという水準でした。
 近所に小生にとっては便利なお店が出来て、これは嬉しい限りです。繁盛して続いてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週は日本ダービー

 こんばんは、チェスです。

 沖縄県は既に梅雨入りしておりますが、関東地方は梅雨入りには未だ少し時間があります。と言っても今日は5月28日。気がつけば週末の日曜日はもう6月に突入です。6月というと1年の折り返しですから、時間の経過は誠に早い。
 で、競馬ファンは1年のうちで最も盛り上がる期間のうちの一つが、今週ということになりますね。何せ先週の日曜日は3歳牝馬の頂点を決める「優駿牝馬」=通称オークス、が開催され、続く今週は東京競馬場の芝2400mという同じ舞台で、3歳馬の頂点を決める「東京優駿」=通称日本ダービー、が開催されます。

 1国の首相になるよりも、ダービー馬のオーナーになることの方が難しい、と英国の首相をしたかのウィンストン・チャーチルが言ったとか。

 まあそのくらい、全ての競馬関係者が目指すのが、日本ダービーというレースです。

 ただ、全体的に競馬の人気が翳りを見せているためか、一般マスコミによる競馬関係のニュースの扱いが小さくなってきたと思います。
 小生が独身時代に競馬や「一口馬主」に夢中になっていた頃は、競馬人気が絶頂でした。これは今でもそうだと思いますが、日本ダービーの指定席券は抽選であって、中々当たらないものでした。それでも1度だけ抽選に当たって指定席で日本ダービーを生で観戦したことがあります。
 1997年の日本ダービーで、関東馬(美浦トレセン所属ということ)のサニーブライアンが、この年の皐月賞を勝ったにもかかわらず単勝は6番人気という低評価を見事に覆し、逃げ切りで勝ったレースでした。鞍上は大西直宏騎手で、小生とほぼ同年輩(大西騎手が一つ上かな)でしたので、嬉しかったです。指定席のスタンドで小生の直ぐそばでご夫婦と思われる2人連れが観戦されていて、女性の方がもの凄い大声で「大西~、逃げろ~」と迫力たっぷりの声援を送っていたのに度肝を抜かれたのを覚えております。

 さて、今年の日本ダービーで勝つのはどの馬になるのでしょうか。小生は結婚してギャンブルご法度になっているので、予想もしておりませんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿命1年は妥当なのか

 こんばんは、チェスです。

 東京で昨日の夜から降りだした雨は、今朝も小雨程度に残っていたのですが、こういう時は傘の扱いが困ります。
 天気予報では、天気は回復していくということでしたので、傘は要らないのではと思ったのですが、出かける時に外を見ると、みんな傘をさして歩いている。仕方ないので折り畳み傘を持って出勤いたしました。

 ところで「やれやれ・・」という記事で書きましたKindleの顛末なんですが、ひょっとしたら奇跡的に復活することがあるか?と思って時々様子を見たのですが、これが全くダメなので、こいつはやはり決定的に壊れたものと判断しました。
 当初小生は「たったの1年で壊れるなんて、なんと信頼性のないタブレットだ」と嘆いたものですが、さてそれじゃと次の7インチタブレットは何が良いか、どうせ大した用途は無いのだから(映画なんかの動画すら見ない)性能がどうのというこだわりは無く、最優先は価格。何と言っても前のKindle fire HDが15,800円という破格の安さでしたから、今度もタブレット如きに2万円以上を出す気はないのですが、そうしてネットで口コミなどを読んでみると、なんと皆さん「1年程度無事に使えればよし」としている人が多いのに驚いた。
 逆に言えば、7インチタブレットなんていう製品はそんなに信頼性は無く、1年も無事に使えれば元は取れたと判断すべきなのでしょうか?

 そりゃまあ、10万円以上するパソコンと違って、その1/5程度の価格であれば、おもちゃみたいなものかもしれませんね。

 今度買う時には「販売店による延長保証をつけてもらおうかな?」とか考えていたのですが、それが高額であれば意味無いというものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アサリ全滅

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事で、さきたま古墳公園へ出かけたことを書きましたが、その日の夕食に前日(土曜日)の夕方スーパーで購入したアサリを使うことにしていたのです。
 で、アサリは砂吐きをさせておかないと、料理して食べるときに不愉快になりますから、外出している間にやっておこうよ、ということになった。

 バットに冷蔵庫に入れてあったアサリをいれ、これに500ccの水に小さじ1/2の塩を溶かした食塩水をアサリが浸る程度に入れると。
 で、バットに新聞紙をかけて暗くして、後はしっかり砂を吐いてくれば良し。

 ところが帰宅して新聞紙をどかしてみると、水がちょっと濁っていて、アサリが全部死んでしまったみたいなんです。
 前にアサリの砂吐きを同じ方法でやったときには、フタに使った新聞紙に、砂を吐いた時に一緒に出る水がついていて、新聞紙が水分でよれよれになっていました。今回は新聞紙が乾いたままだったので、こいつはおかしいぞと。

 考えてみると、昨日の日曜日は気温が高かった。キッチンには直射日光は入りませんが、南向きのリビングルームは気温が上がりやすいのです。
 冷蔵庫に入っていたアサリは低温に慣れていたので、外の暑い気温で全滅してしまったのかもしれないですね。冷蔵庫で砂吐きさせれば良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さきたま古墳公園

 こんばんは、チェスです。

 何故かはわかりませんが、実家にいる弟が「ヒマだったら稲荷山古墳に行かないか?」と言ってきて、本日日曜日、母親、うちのカミさんも入れて4人で行ってきました。

 明治維新の頃とか、戦国時代の城址とかでしたらわかりますが、弟が日本の古代史に興味があるとは知りませんでしたが、まあ兎に角彼が運転するクルマに拾ってもらって、やってきたのは埼玉県行田市にある「さきたま古墳公園」。
 埼玉県は、この「さきたま古墳群」のあるあたりが地名発祥の地である、という案内板もありまして、関東地方では最大の、全国を見回しても有数の古墳群があります。その中でも上に登ることができる「稲荷山古墳」からは、「金錯銘鉄剣」という国宝に指定された剣が出てきたことで有名で、その国宝は公園の中にある博物館で見ることができます。

 丸墓山古墳は、日本最大の円墳と言われていて、この上に登ると、忍城(跡に復元された櫓)が小さく見えます。戦国時代に石田三成が忍城攻略のための本陣をおいたのだとか。その時の戦いは「のぼうの城」という小説や映画になりました。

 かんかん照りではなかったものの、あちこち古墳を見て歩くと、結構疲れました。が、色々謎の多い古代史を研究する人にとっては、興味深い場所ということでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サボっていたツケが

 こんばんは、チェスです。

 東京は良いお天気で、初夏の日差しが降り注いでいます。タブレットでも買いに行きたかった所ですが、午前中は宅急便の荷物受取があって外出不可。で、11時にはカミさんが短大時代の友人2人とランチということで出かけてしまいましたので、午後は外出しようかなあ、などと考えておりました。が、「そうそう、今日は昼過ぎにJAXAの『だいち2号』の打ち上げがあるんだった」と思い出し、インターネット中継を視聴。無事に「だいち2号」が軌道投入されたことを確認してから昼食を食べる。

 その後、さて出掛けるかな?と考えていた所、暫く浴槽のエプロンを外しての掃除をしていなかったことを思い出してしまいます。(今日は色々と思い出すものだなあ)と考えながら、風呂場に入ってエプロンを外して浴槽の内側を見ると、さすがに長い事掃除をサボっていたために結構汚れていますし、エプロンの縁も汚れている。仕方が無いため、覚悟を決めて風呂場の浴槽掃除を開始。
 昼間の間はエプロンを外したままで内部を乾燥させておいた方がいいかな?と思い、エプロン外しておいて、その間に今度はトイレ掃除。こちらは週1回はほぼ必ず実施していますから、普通にやることで十分です。

 しかし結局、風呂場の掃除で何やら腰が痛くなり、どこにも出掛ける意欲は無くなってしまって、土曜日は夕方になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいち2号

 こんばんは、チェスです。

 宇宙航空研究開発機構=JAXAが明日5月24日(土)のお昼過ぎに種子島宇宙センターから陸域観測技術衛星「だいち2号」を打ち上げる予定、とプレスリリースがでております。

 じつは小生は、この衛星の先代の「だいち」が打ち上げられるときの衛星名称募集に応募して、「だいち」が採用になり、記念品をJAXAから頂戴いたしました。確か「だいち」の投票数が一番多かったのだと記憶しています。
 先代のだいちは期待に違わぬ性能を発揮してくれたのではありますが、意外に早く機能を停止してしまい、この点はJAXAはかなり誤算ではなかったのかと思います。明日打ち上げられる予定の「だいち2号」は衛星そのものの性能も去ることながら、おそらく「設計寿命をどのくらい伸ばすことができるか」についても再三開発改良が行われたのではないかと想像いたします。

 打ち上げそのものについては、明日使用されるロケットはH2-Aの24号機ということで、かなりの信頼性があるロケットになりましたから、まず問題なく打ち上げられるものと思います。最近ロシアのプロトンロケットが打ち上げと衛星の軌道投入に失敗していますから、「枯れた」技術であったとしても必ずしも心配ないとはいえませんが、油断無くしっかり打ち上げて、日本は有人宇宙飛行でも大丈夫ですよ、くらいに信頼性を高めて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干せばよかった

 こんばんは、チェスです。

 小生の家は、小生とカミさんの2人しかおりませんから、洗濯物は大して溜まらないだろう・・とは思いますが、それでも3日も経つと、どんどん放り込まれる洗濯機の中は洗濯物でかなり一杯になるのですね。
 前回洗濯したのは日曜日、これは小生が昼間やりましたが、それから3日経って、今朝出勤前に洗濯機を回しました。

 で、洗濯物を外に干すことができればよかったのですが、朝の天気予報では今日は何やら不安定な天気になり、突然の雷雨があるかもしれない、などと言っていた。
 ヴェランダに干していて、昼間突然の雷雨があったりすると、それを取り込む人はいない。ということは折角洗濯したものがまた濡れてしまってやり直しになってしまう。

 仕方がないですから、今回は部屋干しです。しかしリビングにはたくさんの洗濯物は干せない。一部を風呂場へ持って行きました。風呂場には天井に洗濯物干し用のパイプが通っていて、換気扇にも「乾燥」というスイッチがついている。風呂場を乾燥機として使えるということだろう。但しこいつは電気代がかかる。
 単に換気扇を回しておくだけでも、それなりに乾燥させてくれるかもしれん、というような話を出勤前にカミさんとしてきました。

 しかし、雷雨の方はどうであったか?関東地方では確かに西から局地的な雨雲が発生したみたいなのですが、川崎市や横浜市を経由して東京湾に抜け、房総半島の方へ行ってしまったようで、東京では殆ど雷雨はなかったのですね。外に干せば良かった、と思いましたが、こればかりはわかりませんから結果論ですね。

追伸

東京では、というか小生の住んでいる綾瀬付近ではちょうど帰宅の時間の19時頃に結構猛烈な雷雨がありました。ということで、洗濯物を外に干さないのは正解でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やれやれ・・

 こんばんは、チェスです。

 一昨日の記事で書きましたが、色々と重宝していた我がKindle fire HDですが、どうにもこうにも直りませんのでユーザーサポートに故障修理の問い合わせメールを出しました。すると返事があり、電話対応を24時間行っているので、こちらの都合の良い時に申し込むと先方から電話がかかってくるということで、「すぐに」と「5分後」という2つのタイミングが用意されておりました。
 で、「すぐに」を選んで申し込むと、本当に申し込んだ直後に指定の電話番号に電話がかかってきました。アマゾンはユーザーサポートにどれだけ人件費を割いているのでしょうかねえ。で、先方の指示に従って画面の状態を説明したり、USBケーブルでパソコンと繋いだ状態で再起動をかけたりとやってみましたが、結果は同じで、全く画面表示が正常になりません。先方として良く提案するのは「工場出荷状態に戻す」という方法なんだそうですが、何せ画面に何も表示されないのではその方法もとりようが無い。

 で、結果として「ご注文いただいてお手元に届いたのが2013年4月なので・・1年が経過しておりますから、有償交換ということになりますが」と言われてしまった。つまりは、アマゾンとしては修理というオプションは持っていないらしい。やっぱり危惧したとおり、修理してもコストがかかるため、ユーザーにとっても依頼できない話なんでしょうね。
 ならばその有償交換というのはいくらで応じてくれるのか?と訊くと「13,000円です」と。Kindle fire HDの16GBは、15,800円だったのです。少しだけ安いにしても、今は新型が登場していますからねえ。それに使い始めて1年と少しで壊れてしまう、というのも、不運と言ってしまえばそれまでなんですが、Kindle へのブランドの不信感も沸き上がり、有償交換というのは「ちょっと考えさせて下さい」と言って一旦電話を切りました。

 昨年から今年にかけて、7インチタブレットはネクサスに限らず新型が登場しています。コストパフォーマンスの良い機種もあるでしょうから、Kindleに執着しなくても良いかもしれない。Kindleは僅か1年でお払い箱ということになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏用の背広

 こんばんは、チェスです。

 3シーズン用の背広とは別に、夏用の背広が2着あるのですが、昨日の朝そいつを着たところズボンのウエストがちょっとキツかった。
 キツくてとてもズボンは履けない、という程ではないですが、これではベルトを締めなくてもまったく大丈夫、という程にきつい。
 キツくても他に夏用の背広は無いので(実はもう1着も殆ど同じ時期に買ったので、ウエストが同じサイズ)仕方無しにこれを着ていったのですが、今日はもうこれを履くのを止めて、3シーズンの方に戻してしまいました。どうせ会社に着いたら上着はロッカーに入れて、ワイシャツ姿で一日居るわけだから、3シーズン用でいいだろ、と思ったわけ。

 どうして夏用だけ、ウエストがキツいのか?

 この2着の背広を買ったのは、最早かなり前の40代前半の頃なのですが、丁度その頃に小生はめったやたらと水泳に凝っていて、平日は会社の帰りに上野のスポーツクラブに寄ってプールで泳ぎ、土日は近所の公共プールへ行って平気で半日位過ごす、ということをやっていたのです。そのためか、60kgほどあった体重はどんどん減りに減って、最盛期には53kgくらいになっていたと思います。で、たぶんこの頃に買ったスーツが、この夏用の2着なのではあるまいかと。

 そもそも、夏用のスーツの出番は少ない。
 今頃、3シーズンを着ていくのはいかにも暑いな、と感じたら夏用の出番になりますが、現在では会社は服装がクールビズ対応となっていて、ノーネクタイは無論のこと、上着も着なくて良いということになっている。となれば、暑かったら上着無しで出社すれば済む。
 もっと暑くなれば、半袖のワイシャツの出番となり、確か「スーパークールビズ」の期間になればポロシャツでもOKだったと思うので、もはや夏用背広なんぞは着ないでしょう。

 つまりはそういう環境になってしまったので、夏用背広のズボンのウエストが少々キツくなったから、といって、それじゃ夏のボーナスをちょっと流用して夏用スーツを新調するかな?という動機がおきないのですね。代わりに、夏用の換えズボンは買いましたね。
 実は同様の理由で、3シーズン用でもちょっと着ることが無くなった(要はズボンがキツい)スーツが1着ある。そいつらをまとめてコナカへ持っていって、夏用換えズボンを買うというテもあるなと考えている次第です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Kindle fire HD 壊れる

 こんばんは、チェスです。

 最近では毎日の様に「数独」のために起動されるので、「数独」マシンと化していたウチのKindle fire HDなんですが、昨晩いきなり不具合が発生しました。
 このKindleは純正のカバーを付けて使っていますが、このカバーを閉じると自動的に電源が落ち、使うときにカバーを開くとスタート画面が現れる、というスタイルになっていまして、いちいち電源スイッチを押さなくても良いのは大変便利、と思っておりました。

 で、昨晩はうちのカミさんが「数独」をやるためKindleのカバーを開くと、画面がめちゃくちゃできちんと表示されていない。
 「大変だあ~」というカミさんの声で見に行くと、まあそういう状況。
 これは一度システムをリセットすれば簡単に治るのではないか、と思って、殆ど使ったことが無かった電源スイッチを長押しして、一度電源を落として、2、3分してから電源を再投入。すると嬉しや、Kindleのロゴが出てきた後にいつもの見慣れたスタートの画面が現れました。

 やれやれ、治ったぞとカミさんに渡すと、彼女は早速数独を始めたのですが、暫くして再び画面表示の障害が再発。

 今度は同じテを試みても、治りません。何回か電源再投入をやり直しても同じ。

 どうやら、深刻な故障かもしれない。とすると故障の修理を依頼しないといけないのかもしれません。
 Kindleのユーザーサポートに、故障の修理依頼のフォームメールがあるのかな?と思いましたがそんなものは無い。但し、問い合わせはできるようなので、ここにメールすれば良いか。ところで、このKindle、いつ購入したのかとブログの記事を検索したら、2013年の4月だと。丁度1年が経過してから、手に負えない様なぶっ壊れ方をするとは、なんということでしょう!(確か1年間はアマゾンから保証されていたと思う)
 でも、このKindle fire HD 価格は15,800円と同じくらいの大きさのタブレットではかなり安い方なんです。買うときに比較したネクサス7より安かったと思う。仮に深刻な故障で、修理代金が15,000円とか言われたら、新品を買うのと変わらないけど、そういうことにならないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上から見ると・・

 こんばんは、チェスです。

 昨日に引き続き、日曜日の東京もお出かけ日和。
 とは言え、午前中に出掛けたカミさんと午後落ち合う約束があるので、どこかへ出かけるという訳にはいきません。
 まあ洗濯日和とも言えるので、2回洗濯機を回して溜まった洗濯物を片づけ、その後にトイレ掃除というお決まりのパターンです。

 ヴェランダで洗濯物を干していると、眼下に見える駐車場で不自然な感じでクルマが動いている。どうやら、どこかの区画にクルマを駐車させたい様なのですが、その意図が良くわからない。暫く眺めていて、漸く、ああ、あの区画へクルマを入れたいのだな、と判明します。

 ですが、上空から眺めていると、その駐車がなかなか遅々として進まない。まあ、あまり人様のことは言えないのですが、自分の技量は脇に置かせてもらって、このクルマのドライバーはどうもあまり車庫入れが上手ではない。

 ええと、日産自動車でしたっけ、嵐のメンバーが宣伝しているクルマに、「アラウンドビューモニター」というのが取り付けられる(たぶんあれはオプション装備だと思う)のがあって、上からクルマの動きをモニターで見ることができるので、ちょっと難しい縦列駐車なんかも一発で決まりますよと、まあそういう効果があるのですね。
 それは、確かに上からクルマの動きを見ていると、本当によくわかります。ああ、あの位置だとバックを始めるのにはちょっと遠すぎるな、とかハンドルを戻すのが遅いから角度が悪い、とか、手に取る様にわかります。
 クルマの運転では、バックが苦手という人は結構いると思います。それは、空間認識力とでもいうのか、車両感覚というか、これだけハンドルを切ってバックすればクルマの姿勢はこういう風に変わって、ここでハンドルを戻せば上手くあそこに収まる、という感じは、慣れではあるのでしょうが、何時までも下手な人は多い。小生はかなりマシになりましたが、以前は車庫入れが下手でした。

 で、こういう言い方をすると敵を作りそうですが、女性はクルマの運転が下手な人が多いと言われますよね。何か原因があるのかもしれませんが、兎に角世間一般でそういう括り方をされることが多い。でもって、小生が今日見ていた、車庫入れが下手なドライバーも、やっとクルマを入れて出てきた人を見たらどうやら女性でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汐留

 こんばんは、チェスです。

 東京都の新交通システム「ゆりかもめ」に新橋駅から乗ると、ちょっと走ってすぐの駅が汐留なんですが、このあたり、ゆりかもめから見ると再開発が進んでえらく近未来的というか、人工的な眺めなんですね。で、いつもゆりかもめの車窓からの眺めで終わっていましたので、一度あのへんに行って散歩してみたい、とカミさんに言っていたのですが、本日漸く出撃と相成りました。

 土曜日の午前中というのはどうしてもだらだらしてしまうもので、その上に日曜日は休みになってしまう八百屋の買い物とかクリーニング屋といった用事を片づけていると正午を過ぎてしまい、それからやっと出撃です。

 午後1時頃にJR新橋駅に到着。

 汐留地区というのは、新橋駅から東側にあたります。実は日本の鉄道発祥の地でもあるので、そうした記念施設もあるのですが、鉄にあまり興味のないカミさんがいるため本日はオミット。そいつはいつか一人で見に行きます。
 昼食が未だであったので、まずはランチ、という訳で、新橋駅の地下に入って地下道を東へ進み、汐留シティーセンタービルに入ります。
 一旦1階に上がって、そこから高層階(41・42階用)エレベータに乗り換えて、42階へ。
 42階に2店入っているのは和食のお店と「オレゴンバー&グリル」というお店。そのオレゴンバー&グリルに入って、ランチブッフェを頼みました。パスタが付いてくる一番安い奴にしましたが、それでも色々の種類のサラダやパンを食べることができ(ミネストローネは温かったが)これなら安いと言えるかも。何しろ、42階からの眺めが素晴らしいです。銀座の街の向こうに東京スカイツリーが聳えていて、皇居の森の向こうには日本武道館や東京ドームの白い屋根が見える。今日は天気が良いため、筑波山の稜線がかなり大きく見えました。
 コーヒーやデザートもしっかり食べ(フルーツは残念ながらあまり美味しくなかった)、ランチ終了。

 日テレのビルの外側にある、宮崎駿さんデザインの大きなからくり時計を眺めて、電通本社ビル(斬新なデザイン)の前を通り過ぎ、カレッタ汐留へ。ここは劇団四季の劇場や、広告ミュージアムがあるのですが、いやまあ、どうも人が少ない。お天気の良い土曜日というのに、お客さんの数がこれでは、飲食店は潰れてしまうのではと心配になりました。

 これらの再開発された汐留の街はまとめて「汐留シオサイト」と言うのだそうですが、どうも集客力としてこれではどうでしょう?

 汐留を後にして銀座へと向かい、一度入ってみたかった老舗のカフェー「パウリスタ」に入ってお茶。
 ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が来て良く座ったというソファーにたまたま案内され、小生はアイスコーヒーを飲みました。
 ジョン・レノンとオノ・ヨーコがサインしたというカップがあるらしい。(その写真が飾ってありました。)平日は喫煙できるらしいのですが、土日は禁煙になっている様で、小生には大変快適な空間でした。

 日テレのからくり時計と、パウリスタの看板写真はFACE BOOKに載せましたので、そちらもよろしかったらご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅の日

 こんばんは、チェスです。

 5月も中旬となれば、もうさすがに冬物の背広をクリーニングに出しても良いかな?とんでもなく寒いという日は、たぶんやってこないだろうと思うのですが、往々にしてこういうのはクリーニングに出したとたんに季節外れの大寒波襲来、ということになりますからね。たぶんまあ大丈夫だろう。

 今日、5月16日は「旅の日」なのだそうです。過去、当ブログでも○○の日なんていう記事を書いたと思いますが、今や365日、なんでもない日はたぶん無いのではないかと思うような状況で、どの日であっても複数おしあいへしあいして主張しあっておりますから、この手の記事もちょっとバカバカしいかもしれません。
 とは言え「旅の日」は何を記念して決めたのだろうと調べてみると、松尾芭蕉が「おくのほそ道」の旅に、深川の自宅を出発したのが5月16日なのだとか。
 勿論、松尾芭蕉の頃は旧暦ですので、「元禄2年3月27日」ということになるのだそうです。

 「おくのほそ道」の出だしはみなさん覚えておられますかね・・「月日は百代の過客にして、行きかう年もまた旅人なり」という文でしたかね。日本の古典文学中では、まず間違いなく最も有名な紀行文であって、その中にたくさんの有名な俳句が詠われており、むしろ本文よりそれらの俳句の方がはるかに有名ということになっています。
 だからこの日を「旅の日」にして、芭蕉の如くみなさん旅に出ましょう・・というのが狙いなのでしょうが、当然のことながら商業主義丸出しですよね。いや、歴史の浅い○○の日なんていうのは、まず100%商業主義で作られているでしょうけれども。

 ただ、「旅」というのは芭蕉の「おくのほそ道」の如く、壮大なものでなくても「日常からの脱却」ということを目的にするのであれば、ちょっとしたことでも「旅」になりますよ。毎日の通勤ルートからちょっと外れて寄り道をして、知らない街を歩いてみる、というのも非日常を感じることができます。旅向きの気候になってきたので、一と駅電車に乗らずに歩いてみるのも面白いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健闘ということ

 こんばんは、チェスです。

 午前中に雨が降りますが、そいつはあがって昼からお天気は回復します、という天気予報でしたが、終日曇り空の東京でした。
 昨日に比べるとかなり気温が下がるとのことでしたが、そんなに寒いという感じはしませんでしたが。

 午後、会社で総務課のスタッフから訊かれたことがあります。「祝電を打つのですが、『健闘をお祈りします』という文句は目上の人に向かっては失礼でしょうか?」という事。

 ハテ、スポーツなどの世界で「健闘を祈る」なんて普通に使っている様に思うが、目上に向かって言うのは本当に失礼にあたるのかな?単に「頑張れ~」くらいの意味で使っているのかと思っていました。そうなると、「健闘」という言葉の意味を調べないといけませんね。お手軽にネットの辞書では、

〔健闘〕[名](スル)困難に屈せず、がんばって闘うこと。不利な条件があるのによく努力すること。「―をたたえる」「強敵に伍して―する」(デジタル大辞泉)

 何となくわかってきました。「困難に屈せず」とか、「不利な条件があるのに」というあたりがポイントなんですね。

 もうすぐ開幕するサッカーのワールドカップで言えば、我が日本代表は未だ決勝トーナメントで勝ったことが無い。その位の実力にもかかわらず、南米やヨーロッパの強豪チームと対戦したとすると、これは明らかに相手は格上な訳です。その明らかに格上な相手に対して、結果はどうあれ恥ずかしくない試合内容だった、例えば最終的には負けたけど、それは90分プラス延長でも決着つかずにPK戦で惜しくも負けた、ということであれば「良く健闘した」というのだろうと。そんな用法なんでしょうね。

 で、今日の質問内容は「目上の人に対して使って失礼ではないか」というと、対象の人が「不利な条件があるのに」という前提にしてしまうというのはなるほど失礼にあたるかもしれない。やはり人生勉強のタネは尽きませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリガリ君はまだまだ元気

 こんばんは、チェスです。

 毎朝、テレビの情報番組を見る目的としては、交通情報とともに天気予報が大きな要素となるわけですが、ここでそろそろ「本日は今年初めての真夏日となり・・」なんて言われますと、小生としてはそろそろスーパーやコンビニのアイス売り場のチェックに向かう日々が来たな、と思うわけです。

 で、高級・高価なカップアイスクリームは、あれはあれで食べたいですが、まあ小生としては湯上りの友として毎年外せないのが赤城乳業の「ガリガリ君」でございます。(と、共に「ガツンとみかん」もあるが今回は略。)

 数あるガリガリ君のシリーズの中でも、小生が最も支持しているのはやはり元祖というべき「ソーダ味」であって、最近連発しているキワモノなイメージの「ガリガリ君リッチ」は、あれはあくまでも傍流と捉えています。「ナポリタン味」に至っては、試すのも憚られる・・

 が、最近登場の「ガリガリ君リッチ ほとばしる青春の味」は、その抽象的な主張がこれまでのキワモノシリーズとはどうやら一線を画しており、しかもそのフレーバーがガリガリ君の主流方面に大きく振っている様なんです。ちなみに同社のガリガリ君のサイトには、この様に紹介されています。『爽やかな青春をイメージした青りんご味のキャンディーに、ヨーグルト味のかき氷と甘酸っぱくほろ苦いラムネを入れたアイスキャンディーです。』
 ヨーグルト味のかき氷とほろ苦いラムネ・・・主流方面に大きく振ったフレーバーとは書きましたが、書いていてちょっと不安になりましたね。
 果たして、どうなっているのだろうか?本日の東京は、真夏日にはちょっと届かないくらいの気温で、明日にかけてまた雨が降るらしいですから、焦ってガリガリ君を仕入れる雰囲気ではなさそうです。週末に暑くなったら、コンビニに突撃して仕入れてレポートさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薫風

 こんばんは、チェスです。

 昨日の夜は風が凄く、ヴェランダに置いてある我がサンダルが所定の位置から飛ばされていたようです。夜遅くには雨が降り出し、その雨が今朝もちょっと残っていた様でした。天気は回復に向かい、昼間は暑くなるなどと言われていましたが、結局東京で青空を見たのは夕方近かったように思います。
 朝晩の、少し低めの気温と、昼間の初夏の陽気。この気温差がこの季節の特徴でしょうかね。

 でもまあ確実に季節は進んでいるようで、夜、風呂から上がってくると暑い暑い。

 思わずヴェランダに出て、所定の位置にカミさんが戻してくれたサンダルを履いて、風に吹かれて涼みました。
 5月の、木々の間を吹いてくる爽やかな風のことを「薫風」などというそうですが、木々は一斉に新緑が鮮やかとなり、昨晩の雨で濡れたせいか、例の新緑の匂いも風が運んでくるようですね。

 東の方を眺めていると、殆ど乗客の居ないガラガラの上野行き上り電車が亀有駅のカーヴを曲がってこちらへ走ってくるのが見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貧相なミニバラ

 こんばんは、チェスです。

 今年の母の日の花はどうしようかなあ、と半月程前にあれこれ考えていて、目星をつけていたサイトから注文を出そうとした所、「母の日の発送繁忙のため現在お休み」となっていて、目論みは崩れてしまいました。これに焦って、今まで注文したことが無かった業者のミニバラを手配してしまったのです。
 で、母親から先週の木曜日に、「ミニバラが到着した」とお礼の電話があり、随分早いな、とは思ったのですが、日曜日は配達が集中するから前倒しになってしまったのだろうと好意的に受け取っておりました。

 で、「京橋」の記事を書いた土曜日、東京スクエアガーデンから銀座に行き、三越の地下でお惣菜を買って実家の鳥越へ行ったわけです。

 到着していたミニバラの鉢を見ましたが、これがどうにも・・花がなんともはや小さくて貧相。ミニバラと言っても、かつて別の業者から送ってもらった奴は、中々豪華な花を咲かせてくれる品種もありましたが、今年のは「これは本当にミニバラ?」と訊きたくなるような小さな花。

 いやまあ、実物を見ることができなくても全く差し支えない物を注文するには、ネット通販は誠に便利なのですが、そうではないものも多い。今回の母の日のプレゼントなんていうのも、どうもちょっと業者選択を誤ったというのが反省点でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

階下の1階は果たして

 こんばんは、チェスです。

 最早初夏の陽気を感じる日曜日の東京でございました。
 「題名のない音楽会」が始まるちょっと前だったか、今朝、断水騒ぎがありました。
 停電もかなり困るが、断水というのも困る。トイレが流れない訳ですからね。まあ、元々本日はスポーツクラブへ出撃しようと思っていたので、断水が続くようならいっそのことスポーツクラブに早目にでかけて、あそこのトイレを借りればいいか、などと思いつつ、取り敢えずは集合住宅の管理会社のユーザーサポートに電話して、断水が発生している旨伝えました。

 ま、幸いにして断水は約1時間程で復旧しました。

 どうも原因は、1階で行われていた工事にあったらしい。

 小生の家は賃貸の集合住宅なんですが、1階は店舗のスペースであって、小生が入居した時からずーっと美容室が入っていました。
 その美容室がどうやらお店を閉店させてしまったらしい。張り紙には「5月1日を以て柏店と統合しました」とありましたが、ここのお店が閉店になったのは間違いないらしい。
 現在は、店舗の中の設備や什器類、内装などの撤去工事をやっていたみたいで、トラックが横付けされてそれらが積み込まれておりました。

 さてそうなると、気になるのは次にどんなお店が入ってくるのか?

 美容室は、クリーニング屋とか歯科医院と同じように、この辺では些か過当競争ぎみの業種です。
 まあ、上の住人として一番ありがたいのは、コンビニが入ることかな。ファミリーマート、セブンイレブンはありますが、ローソンが無いですから、ローソンならくるかも知れません。1階がコンビニなら便利なんですがねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京橋

 こんばんは、チェスです。

 昼間、ちょっと風が強かったものの、お天気の方はほぼ申し分の無い好天に恵まれた東京でした。

 これだけお出かけ日和ですと、これはやはり何処かへ出かけましょう、とカミさんと相談していたものの、GW明けでもありお金はあまり使えない。勢い近場への外出ということになり、家を出た時間は既に正午をだいぶ過ぎてしまったものの、外でランチという予定で千代田線に乗りました。

 西日暮里で降りて、JR山手線に乗り換えて、有楽町で下車。

 東京駅方面へ少し戻って、鍛冶橋の交差点を東へ折れてほんのちょっとの所に、昨年オープンした「東京スクエアガーデン」という新しいビルがございます。行ったことが無かったので、今日はこのビルの視察。

 地下1階~地上2階が飲食店街やショップ、という構成なのですが、もうそろそろランチの時間が終わりそうというタイミングになっていましたので、目についたカレー屋さんに入ってお昼。ランチカレーはご飯、カレーのソース、サラダなどのサイドディッシュに、ルイボスティーとコーヒーが付き、これらが食べ放題。まあ、そうは言ってもそんなにたくさん食べられるものでもありませんけれどもね。

 ランチ後、ビルの中を見て回りましたが、ショップはアウトドアブランドの「モンベル」が1階と2階に入っているのが目立つ程度で、後はコンビニ程度でした。
 このビルは地下鉄銀座線の京橋駅に直結なのですが、この京橋という町は、繁華街の銀座やビジネス街の日本橋にも近く、東京駅からもほんの僅かの距離という場所にもかかわらず、銀座の様に賑わいがなく、不思議な所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大声は迷惑

 こんばんは、チェスです。

 GW明けであるため、今週は水曜日から3日間の稼働日で週末がやってくるという次第でした。
 その週末金曜日の東京は、午前中まことに良く晴れて気持ちの良い週末であるなあ、と思っていたら、午後2時半頃から一転雲行きが怪しくなり、スコールの如き雨が降り出しました。一旦は上がったのですが、また降り出して、結局もう大丈夫だろうと思ったのは夕方になってからでしたね。こんなめまぐるしい変化のお天気でも、ちゃんと朝には予報されていましたので、天気予報の精度は相当に上がっていると考えてよさそうです。

 会社に行く途中、ビルの建設現場で何やら古参の作業員の人が、若い人を叱っている様子を見かけたのですが、この人の声が非常に大きい。
 関係ない周囲の人間まで、何やら怒られている風で、あまりに大声というのはかなり迷惑な話ですよね。
 実は小生も地声が大きいらしく、どうかするとその大声が周囲に迷惑をかけていることがあるのかもしれません。
 会社で電話をしていて、電話の相手と口論というかそれに近い状態になってしまうと、これが知らず知らずに大声になっているみたいなんですね。事務所のメンバーは間違いなく迷惑な話ですから、注意しないといけません。
 元々、大声で話す癖がある場合には、慣れている相手はわかっているから良いですが、知らない人ですと、大声というのは威圧的に感じるかもしれません。先ほどのビル建設現場の様子も、わざと大声を出して威圧しているかの様な叱り方であったと思います。
 何事も、感情に任せて大声を出すのは控えないといけないな、と思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカヤマボウシ

 こんばんは、チェスです。

 まだまだ山形ネタが続くので大変恐縮なのですが、まあご容赦下さい。

 東京では、もうすっかり花が終わって、現在は新緑が美しいハナミズキが、山形では丁度満開の見頃でした。
 ちなみに、どなただったか忘れてしまいましたが、その満開のハナミズキのことを「アメリカハナミズキ」と言っていましたが、これは間違いで、ハナミズキの別名「アメリカヤマボウシ」と「ハナミズキ」とがごっちゃになってしまったのでしょうね。

 気温的にはそれほど差は無いのではと思われた東京と山形の市街地であっても、花の季節的にはやはりズレがあるのですな。

 花のズレと言えば、さすがに山形でも桜のソメイヨシノはすっかり終わっていたのですが、枝垂れ桜の方は未だ花を付けていて、見頃は過ぎていたとは言え、桜の花を見ることができました。何でも枝垂れ桜の方は、ソメイヨシノより1週間位は開花が遅いとか。それと花の持ちも多少は違うのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指定席の空席

 こんばんは、チェスです。

 昨日、15時46分山形発の山形新幹線「つばさ」で帰京したのですが、GW最終日ということもあり、山形駅のプラットフォームでは2両連結されている自由席に並んでいる列が非常に長く伸びておりました。この新幹線のあと、16時台に上り新幹線が1本あるのですが、これは新庄始発であるため自由席は新庄駅で満席になってしまい、山形から乗っても座ることはできない。で、山形駅で自由席車両に並ぶ人はいません。
 この様に、GWなどの混雑時期に指定席を取れず、自由席に乗車しようとすると、途中駅からの乗車ではまず座ることはできず厳しいわけです。
 が、昨日は面白い光景を見ました。

 我々が座っている指定席の隣は、山形では乗車する人がおらず、空席になっていました。空席になっていましたが、車内アナウンスでは「本日の指定席は全席売り切れで自由席からの変更は出来ない」旨を流していました。つまり、どこかわかりませんが、途中駅から乗車してくる人がいるのだろう、と思っていました。
 空席の状態のまま、米沢に着き、その空席に母子と思われる2人連れが座りました。現在JR東日本では新幹線の車内検札は省略ですが、指定席の発売状況とその席の利用状況は車掌が回ってきてチェックしています。で、その母子2人連れは指定席券を持っていなかったのですが、空席に座っていたというわけ。当然車掌が、そこは予約されていますよと注意するのですが、どうやら母子2人連れは福島で下車して仙台方面へ乗り換えると車掌に説明しています。つまり、本来の指定席の発売状況が福島から先だったのであれば、米沢-福島間は空席であり、その間の指定席料金を支払えば座れるということになる。というわけで、この2人は米沢-福島間を指定席の空席をうまく使って座って乗車できたというわけ。ルール違反でもなんでもなく、上手いことやったということでしょう。

 確かに、始発駅から終着駅まで、指定席が全て満席であるということは殆ど無いでしょう。しかし指定席券を持っていないのに指定席車両に乗るというのは小生の如き小心者には結構度胸が必要です。が、上記の2人連れの場合、僅か米沢-福島の1駅間でしたから、指定席の空席がある確率が高いと踏んだのかもしれず、あるいは以前の経験があったのかもしれません。まあ万一指定席に空席がなくても最悪1駅間を立って行けばいいだろうと思ったのでしょうが、その場合指定席車両では立って行けないのでデッキなどに居る必要がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫の知らせか

 こんばんは、チェスです。

 山形から無事に帰京いたしました。岳父の一周忌法要の方も滞りなく終了いたしました。

 ところで、昨日になりますが、5月5日の早朝5時18分に伊豆大島沖を震源とする地震がありました。山形市でも多少の揺れがありまして目が覚めたのですが、大したことは無いかと思ってそのまま再び寝込みました。
 が、起床してニュースを見ると、東京では震度5弱を観測した地域があるそうで、こいつは果たして小生の家のキッチンは大丈夫だろうか?と些か心配になりました。
 と言いますのも、例の3.11 東北地方太平洋沖地震が発生した時、小生の家のキッチンにある食器戸棚は観音開き開閉構造が災いして、かなりの数の食器が扉から外に落下、その中には結構高価なコーヒー茶碗などもあって大きな被害を出したからなのです。
 一応、扉が開かない様にする仕掛けを用意しておいて、今回の様に泊まりがけの外出時はそれで扉を開かない様にしておくのですが、時々そいつを忘れる。が今回は虫の知らせとでも言うのか、きっちりと対策して出掛けておりました。
 で、本日夜に帰宅してみると、食器戸棚の内部は無事に収まっておりました。

 GWも終わって明日から平常運転です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいカラーリング

新しいカラーリング
山形駅に貼られていたポスターです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つばさ177於山形駅

つばさ177於山形駅
こんばんは、チェスです。

山形新幹線のつばさ号なんですが、新しいカラーリングの車両が走り始めておりまして、それに乗って山形に来ております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京みやげ

 こんばんは、チェスです。

 昨日の東京は、ほぼ晴れて気持ちの良い一日でしたが、夕方ちょっと雲行きが怪しくなり、小生の勤務先である東京の北の外れではにわか雨がありました。
 実際北関東ではもっと雨が降ったらしい。
 今日はそんなこともなく、まあ一年のうちで最も過ごしやすい季節を実感させるお天気でしたね。

 明日からは今年のGWの後半戦の4連休。ということで、小生はカミさんの実家の山形へ帰省です。
 今年は岳父の一周忌という法事がありますので、もう帰省はマストです。
 お寺の住職をしている叔父には、義母が色々世話になっておりますから、お寺へは必ず東京土産を持参します。

 が、東京みやげというのは、今や中々難しい。なんとなれば、東京の有名なお菓子屋さんなどは、県庁所在地にあるデパートなぞへ行けばお店を出していて、同じお菓子を買うことができます。更には、いまや「ネット社会」ですから、通販に対応している会社なら全国どこからでもネット注文できてしまう。

 東京ならではというお土産が少なくなってしまいました。
 で、我が家ではだいぶ以前から、「ねんりん家」さんというバームクーヘンを売りにしているお菓子屋さんの焼き菓子を買ってもって行くことにしています。
 「ねんりん家」さんは、通販には対応していません。地方発送は、お店に行けばやってくれますけれどもね。また、そのお店は都内の他は、横浜とさいたまにあるくらいで、他の地方にはありません。というわけで、上記の「東京ならでは」という条件をほぼ満たしています。

 「ねんりん家」さんの系統で「和のねんりん家」というお店も、東京駅と羽田空港にあります。扱っている商品が「ねんりん家」さんとちょっと違う。そこで今回は「和のねんりん家」さんで仕入れることにしました。
 というわけで明日~6日まで、本ブログは更新が滞ると思います。GWが明けましたら、またご贔屓によろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな心配・・したようだ

 こんばんは、チェスです。

 東京は朝のうち昨晩からの雨が残っていましたが、次第に回復して気温が上昇しました。
 明後日から漸く連休後半となりますが、どうやらお天気は良くなりそうですね。

 ところで今日は5月1日でメーデー。労働者のお祭りの日です。が、けしからぬことに日本では最大の労働団体である「連合」が中央メーデーを5月1日には開催しなくなりました。先週日曜日にもう開催済みなんですね。安倍総理も呼ばれて参加したとか。まあこれは、「5月1日に中央メーデーをやってしまうと、GWの中頃にみなさんを拘束してしまい旅行などに行きにくい。そこで・・」ということらしい。しかし、共産党系の団体はあくまで5月1日に拘り、本日メーデーをやっている模様ですが。

 更にところで、昨日だったかな、結構大変なニュースが出て、会社では小生のお隣のデスクで、帰宅したら小生のカミさんが、全く同じ様な反応をしていたのにビックリです。
 現在の、Windows 対 Macのユーザー比率というのはどのくらいなのかな?8:2くらい?まあとにかく、多数派(だろう)Windowsのユーザーは、XPだろうと最新の8.1だろうと、多くの人はインターネットのWEBを見るためにIEを使っているでしょう。上記のニュースを読んだ時に「インターネットエクスプローラーって何だ?」との反応を示す人は、まず間違いなくIEのユーザーなのですからね。
 で、そのIEの脆弱性がどうの、と言われると、そこで慌てて対策を打たねば、と反応する。同じ様に反応して、上記のお二人とも使用中のIEを中止して、ならばとGoogle Chromeを使い始めたところまで同じ。
 勿論、他にもブラウザとしてはSafariだとか、FireFoxとかもそれなりにユーザーが多い様なのですが、何と言ってもGoogleは検索エンジンとしての著名性が際立っていますからね。若しYahoo JAPANが専用のブラウザを用意していたら、こいつが乗り換え最有力になるのではとも思います。だって、本当の意味でのホームページに指定されているYahoo JAPANもかなりの高い比率だと思うんですよ。
 小生も、カミさんの様子を横目で見ながら「これを機会にあまりシェアの高くないブラウザに乗り換えるのも良いかな」とは考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »