« コーヒー割引券 | トップページ | 早くもハナミズキ »

厳しいぞ人類

 こんばんは、チェスです。

 本日の東京は、昼間は大変に暖かい一日でした。今年初の夏日~25℃を超えた所もあったらしいです。ところが夕方以降、風向きが北に変わると気温が急降下。春はこういうことがありますからねえ。気をつけませんと風邪を引いてしまいます。

 ところで、昨年も「電王戦」=コンピュータソフト対プロ棋士の5番勝負のことを書きました。昨年は「第2回電王戦」なのですが、昨年から5種類のソフト対5人のプロ棋士の対局というスタイルになっていますから、昨年が実質的には第1回と言っても良いでしょう。で、同じスタイルで今年も開催されていて、「第3回電王戦」の第4局が先週土曜日に終了しています。
 昨年の第2回はプロ棋士側の1勝1分け3敗という成績でした。今年は少しレギュレーションに変更が加えられていて、各プロ棋士が対戦する本番用将棋ソフトとハードが予め提供されていて、対戦するプロ棋士はソフト相手の練習対局をすることができるようになったのだそうです。
 それと昨年はソフト側が使うハードウェアは演算能力を高めた(クラスター)仕様だったそうですが、今年はクラスターは使えなくなり、演算能力に制限がつけられた形となりました。全般的に言って、人間プロ棋士サイドに有利な方向にレギュレーションが変わったと言えるわけで、更に5人のプロ棋士も第2回のメンバーより強いメンバーが選ばれているとのことです。
 となれば、今年の第3回は人類の雪辱か・・?と思っていたのですが、第4局までの結果は、第1局:ソフトの勝利、第2局:ソフトの勝利、第3局:プロ棋士豊島7段の勝利、第4局:ソフトの勝利、ときて、まさかまさかのプロ棋士側の1勝3敗。トータルでの負け越しが決まってしまったのです。今週土曜日、将棋の聖地「将棋開館」での第5局で屋敷9段が意地を見せて2勝3敗にするか、ソフト側が4勝目を挙げるのか、将棋ファンならずとも注目でしょう。

 それにしても、将棋ソフトというのは本当にこいつは強くなったと言わざるを得ない。来年第4回があるかどうかはわかりませんが、今年の結果を見る限り、かなりプロ棋士側が厳しくなったのは確かです。

|

« コーヒー割引券 | トップページ | 早くもハナミズキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳しいぞ人類:

« コーヒー割引券 | トップページ | 早くもハナミズキ »