« ウルフ・オブ・ウォールストリート | トップページ | グランルーフ »

BBCうらやましい

 こんばんは、チェスです。

 昨日の「題名のない音楽会」は英国マンチェスターからの番組でした。マンチェスターを本拠地とする「BBCフィルハーモニック管弦楽団」が登場し、「サンダーバード組曲」と英国の現代作曲家のウォルトンの交響曲第1番(第4楽章)が演奏されました。
 英国発祥の素晴らしいSF人形劇ドラマ「サンダーバード」の音楽はバリー・グレイという作曲家が担当していますが、サンダーバードのあの素晴らしいオーケストラ音楽は、小生にとってはベートーヴェンやブラームス、チャイコフスキーと並ぶ存在なんです。本場のオーケストラがサンダーバードを演奏する!というだけで、もうワクワクして1週間前から楽しみに待っておりました。
 実は、2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震が発生した時、このBBCフィルは日本でのコンサートツアーの途上にありました。が、大震災勃発により、ツアーは中断せざるを得なくなり、オーケストラは急遽帰国することになりました。
 しかし昨年2013年、BBCフィルは再び来日、2年前に中断してしまったコンサートツアーの続きを行ってくれたのです。一緒にツアーをした佐渡裕さんは「まるで国際救助隊が来てくれた様だった」と振り返ります。それだけに、「サンダーバード」は思い入れの深い音楽なんですね。

 ところで、小生は誠に勉強不足認識不足だったことに、BBC(英国放送協会)のオーケストラと言えば、BBC交響楽団しか知りませんでした。
 BBC傘下のフル編成のオーケストラとして、多くの巨匠が常任指揮者としてタクトを取った名門オーケストラ。

 ところが、BBC傘下のオーケストラは、BBC響だけではなかったんですね。
 昨日番組に登場した、マンチェスターが本拠地のBBCフィルハーモニックのほか、ウェールズのカーディフを本拠地とするBBCウェールズ交響楽団、スコットランドのグラスゴーを本拠地とするBBCスコティッシュ交響楽団、更にはポップスなども得意とするBBCコンサート・オーケストラというのもあるんです。地方のオーケストラがこれだけ充実していて、うらやましい限りですね。

 翻って、我が日本の公共放送NHKはどうか?
 確かに名実共に日本一のプロオーケストラと称されるNHK交響楽団はある。あるけれども、N響はやはり在京のオーケストラですよね。
 BBCの様に、北海道N響、西日本N響、四国N響、九州N響くらいあっても良いではないか、それでこそ、日本全体で音楽文化を育てることができますよ。

|

« ウルフ・オブ・ウォールストリート | トップページ | グランルーフ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/59106456

この記事へのトラックバック一覧です: BBCうらやましい:

« ウルフ・オブ・ウォールストリート | トップページ | グランルーフ »