« ベラボーな人出 | トップページ | 命知らず »

ちと厳しいかも

 こんばんは、チェスです。

 土曜日に、カミさんの友人が公募合唱団の一員として出演するコンサートに行き、コンサートが終わってから少し遅めの夕食を食べようと、とんかつの和幸に入りました。
 とんかつをはじめとしたフライ物が売り物のお店で、あちこちにチェーン店があります。
 小生はとんかつは食べられませんが、エビフライやカキフライ、クリームコロッケもあるので大丈夫。

 ところで、このチェーン店を展開している和幸商事という会社がやっている「恵亭松屋銀座店」などの4店舗で、お客の食べ残したキャベツやお新香を使いまわしていたという報道が流れていました。

 我々が入った「とんかつ和幸」の場合には、キャベツはメインのとんかつなんかの皿に添えられていて、お新香は別の小鉢に入っているのですが、上記のお店ではスタイルが違っていて、キャベツだけが入った大皿から、トングという専用の取り分け箸で好きなだけ取り分けて、それを食べるという方式だったらしい。
 お新香にしても似たようなもので、とするならば、これは所謂バイキング料理、ブッフェスタイルの料理と同じ様なものだから、別段問題にはならないのではないか、というコメントをネットの掲示板に書いている人もいるそうです。

 最初に報道を聞いた時には、とんかつの脇のキャベツを回収再利用したのかと思って、それはちょっとあんまりだ、と思ったのですが、どうもそうではないらしい。

 本当に「大皿取り分け方式」で余ったキャベツやお新香を再利用したのなら、それは(管理にもよるかもしれないが)OKの範囲の様に思います。
 だって、パーティのバイキング料理なんて、少なくなったお皿の料理を併せて盛り直すなんてやっていませんかねえ。

|

« ベラボーな人出 | トップページ | 命知らず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/58684769

この記事へのトラックバック一覧です: ちと厳しいかも:

« ベラボーな人出 | トップページ | 命知らず »