« みんなの党ついに・・ | トップページ | クロアチア政府観光局のイヴェント »

電子タバコ

 こんばんは、チェスです。

 現在我が国では、タバコの製造販売はJT(日本たばこ)が独占的にやっている訳ですが、小生が愛煙家を目の敵にするまでもなく、たばこの消費量は年々減少の一途を辿っています。
 でも、たばこと並んで「嗜好品」の代表格である、エチルアルコールを主成分とする液体=通称「酒」の方は、別に消費量が減少というハナシは聞きません。

 どちらも、「健康のためには、適切な摂取量を」というのは同じで、過ぎれば健康を害するのは同じ。
 ただ、タバコの方はひたすらに、小生ばかりではなく世間的にも色々と指弾され、愛煙家は肩身の狭い思いをされているのに対して、飲酒の方は特にそれほどのことは無い。

 でも、飲酒による害を考えると、これは必ずしも自らの健康被害だけではないですよね。
 アルコール依存症とかいう病気もありますし、飲酒により暴力的になったり、それで周囲の人間が怪我をするなどの被害がある。酷い場合には家庭崩壊に繋がり、人生が酒で狂ったという人もいると思います。小さなことをあげつらえば、飲み過ぎて気分が悪くなり、駅のプラットフォームやそこいら辺にゲロを吐く人も多い。
 こんだけ色々と問題があるにも関らず、お酒は精々「飲酒は20歳になってから」くらいにしか規制されていないのです。まあ、あと「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな。」もあるか。飲酒運転は厳罰でしたね。

 それで、別に小生はJTの味方でもなんでもありませんが、煙と臭いが発生しないのであれば、ご本人がご自分の健康にだけ責任をもてば、たばこはいくら吸っても別段かまわないと思うのですよね。で、煙や臭いが発生しない「電子タバコ」というものがあるらしいです。JTは、この際電子タバコを積極的に、大いに開発、拡販して、従来のタバコに置き換えていってはどうでしょうか。きっと消費量減少に歯止めをかけ、巻き返せると思いますよ。

|

« みんなの党ついに・・ | トップページ | クロアチア政府観光局のイヴェント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/58726813

この記事へのトラックバック一覧です: 電子タバコ:

« みんなの党ついに・・ | トップページ | クロアチア政府観光局のイヴェント »