« 月日の経つはホントに早い | トップページ | みんなの党ついに・・ »

ようやっとロードワーク

 こんばんは、チェスです。

 風も無く穏やかな土曜日の東京でした。

 昼食後に、丸の内の「三菱一号館美術館」へ行ってまいりました。いつぞや見てきた旧古河庭園に現存する旧古河邸を設計したジョサイア・コンドルが設計したという建物を復元し、美術館として蘇らせたものです。
 現在は「印象派と世紀末美術」という、この美術館が所蔵しているコレクションからの展示でした。
 予めチケットぴあ(セブンイレブンにある機械ですが)でペアチケットを購入しておき(そうすると都合400円お得)、チケット窓口で入場券に交換すると、チケットの真ん中に描かれているのはルノワールの「長い髪をした若い娘」です。

 ルノワールの他、印象派と言われる画家たちが活躍したのは19世紀末から20世紀にかけて。美術史というものに全く不勉強であった小生は、印象派という人達はそんなに昔の歴史の人達ではないのだなあと、まあそんなことを感じた次第です。
 この頃の美術の中心はフランスだったのでしょうね。

 夕方帰宅して、少し時間があったので、走りに出ました。さすがにトレッドミルの練習だけというのはちとまずい。
 以前に走ったコースとは逆のコースをたどることにしました。つまり家を出て南に向かい、京成電鉄の堀切菖蒲園を越えたあたりで西へと向きを変えて京成とほぼ並行に走り、お花茶屋の駅で踏切を渡って北へと向きを変えて亀有方向へ。常磐線の高架はくぐらずに東へ向きを変えて綾瀬へと戻りました。1時間弱というロードワークです。

 ペースを上げずに、まあジョグという位でしたが、やはり外を走るのは良いですね。取り敢えず、今月の23日の足立フレンドリーマラソンの10kmロードレースまでにはあと2回位外を走らないといけませんな。

|

« 月日の経つはホントに早い | トップページ | みんなの党ついに・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/58715702

この記事へのトラックバック一覧です: ようやっとロードワーク:

« 月日の経つはホントに早い | トップページ | みんなの党ついに・・ »