« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

ラジオ

 こんばんは、チェスです。

 昨日、会社からの帰り道に散髪に寄りました。

 小生が通常使っている理容店はポイントカードを配っていて、5回分ハンコが溜まると6回目は200円引きといった風に割引サービスがあります。と同時に、誕生月には200円引きサービスがあり、このサービスは月が変われば無くなってしまうため、7月生まれの小生はその件を思い出して寄った次第。
 ウィークディの夕方にもかかわらず、お店は混んでいました。誕生月サービスを受けようとする人で、月末は混むのかもしれません。次回は月初めにしてみるかな。

 このお店では、店内にいつもラジオ放送が流れています。昨日の夜はプロ野球中継「ライオンズナイター」が流れていたので文化放送ですね。いつも文化放送のダイヤルに固定されているのかは知りませんが。ナイター中継なんぞを聞くのは久しぶりですが、淡々と中継するテレビ中継に比べると、ラジオのナイター中継というのはアナウンサーの実況技術で試合の模様をドラマチックに伝えるためか、誠に大仰で面白い。ソロホームランが1本出ただけなのにまるで優勝が決まったかのような盛り上げです。文化放送の場合にはライオンズの試合を中心に中継しているためか、ずばりライオンズ贔屓で、昨日は楽天戦でしたが楽天のファンは面白くないでしょう。(しかし昨日はライオンズが負けた)。聞くとも無しに聞いているうちに、色々考えました。

 テレビ放送が地上波デジタル放送に移行したり、衛星放送やケーブルテレビと付加価値がついたり多チャンネル化したりと進化しているのに対して、ラジオ放送の方はテレビ放送より歴史が長いにも関らず、中身はあまり変わっていませんね。一般的な中波放送に、音質の良いFM放送、遠距離まで届くため海外受信ができる短波放送といった種類も、ずーっと変化はありません。視覚に訴えるテレビに比して圧倒的に情報量で不利なラジオは消えてしまうのでは、とも思いますが、どっこい残っているというのは、それなりにレーゾンデートルがあるからでしょう。

 例えば昨日の理容店の様に何か仕事をしながらでも、仕事の邪魔にならずに聞くことができる利点は大きい。この利点があるため、プロドライバーが主要なラジオリスナーというのは頷けます。このような「仕事しながらのリスナー」は、想像ですけれど1つのチャンネルをずーっと固定して聞いているタイプが多い様な気がします。とするとラジオ番組も長時間のワイド番組が多いのではないでしょうか。
 昔からテレビに比べてラジオ放送というのは、リスナーと放送局の距離が近いというか、リスナー参加番組が多い様な気がします。これも、かつては葉書の投書でしたでしょうが、FAXに加えて今はネットという便利なものがありますから、リアルタイムでリスナーが番組に参加できますね。
 ラジオ放送を聴くための受信装置が小型簡便で済むというのは、万一の災害などの時の情報収集手段としては有力ですよね。ラジオの多くは電池で聴くことができますから、例え大地震や風水害で停電になったとしても、ラジオがあれば情報を収集できます。

 テレビに対する特徴を考えてみましたが、21世紀もまだまだラジオは健在の様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイカ

 こんばんは、チェスです。

 子供たちは、まあなんだかんだ言っても夏休みを楽しんでいることでしょうね。日本で多くの会社の場合、夏休みと言ってもせいぜい3日、土日をくっつけて5日というあたりが標準的でしょうから、1ヵ月以上の夏休みがある児童生徒学生諸君はやはり羨ましいというべきです。
 大人の我々も、10日~せめて1週間位の夏休みを取ることができれば、それなりに色々と計画を立てられるのでしょうけれどもね。

 遥か昔の子供時代の夏休みの記憶というと、まあ色々なものがありますが、スイカを思う存分食べたということでしょうか。小生のハンドルネームのチェスというのは、結婚前に実家にいた雑種犬の名前なのですが、彼は何故かスイカが非常に好物でした。
 「スイカだよ~」というと、どこかで寝ていても飛び起きてきて、貰った一切れを前足で押さえて、ガリガリと夢中になって齧っていました。赤い部分は無論のこと、人間は残してしまう白い部分も食べてしまって、ペラペラの皮だけ残るのは見事という他無い食べっぷりでした。

 さて、今現在スイカを食べたいと思っても、小生とカミさんの2人だけですと、1/4切れのスイカでも結構持て余してしまいます。スーパーでは食べ易い様にカットしてあるスイカを売っていますが、お値段を見ると「これだけでこの値段かあ」と割高に感じてしまい、ケチな小生は止めてしまう。
 そんな状況が毎年続いて、なかなか夏にスイカを食べられません。

 何人か集まって、スイカパーティーとかできないものかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さもありなん

 こんばんは、チェスです。

 マスコミの扱いとして実際にどうなのか、テレビニュースなどでは無視される様なネタかと思いますが、結構印象深かったので当記事としてはトップ扱いとさせていただきます。大阪市西成区の男が詐欺容疑で逮捕されたというニュース

 単なる詐欺罪なら、その金額が莫大ではない限り、全国紙が扱う様なニュースではないでしょう。
 今回の詐欺罪の容疑が、何しろ祭りの露店で、「当たりくじが入っていなかった」というものだからなのですね。

 小生がかつて住んでいた東京の下町鳥越では、鳥越神社という夏祭りが賑わう神社がありまして、子供の頃は毎年6月初旬のお祭りを楽しみにしていたものでした。
 焼きソバ、お好み焼き、イカ焼きにたこ焼き、杏飴にチョコバナナといういわば定番の露店に混じって、大抵、今回逮捕されたお店の如き、「くじ引き」の露店が出ていました。

 この記事を読みますと、今のくじ引きの高額賞品は「PS3」とか「Wii U」などの人気ゲーム機なんですね。ちなみに、価格.comで調べると、PS3の本体最安値は約2.6万円程度の様です。小生が小学生の頃のこうしたくじ屋の高額賞品は、今考えると戦艦大和のプラモデルとか何やら怪しいモデルガンなんかでしたから、これらはまあまともに買えば1万円もしない賞品だろうなあと思います。にもかかわらず、家の2階の窓からくじ屋の商売を眺め続けていて、高額賞品を引き当てた子を見たことはありませんから、こうしたくじ屋は昔から「当たりくじの無いくじ」を引かせていたということになるでしょう。ま、仮に正直に1等賞の当たりのあるくじを引かせていて、お祭りの初日の早い時間に1等賞が出てしまったら、店先から最も訴求力のあるディスプレイが無くなってしまうわけで、露店商(我々は「テキ屋」と呼んでいました)がそんなリスクを取るわけがないから、最初から「当たり」なしのくじを引かせていたのは、もうこれは「公然の秘密」の様な話でしょう。

 だから、このニュースに触れて一番驚いたのは「1万4千円分もくじを引いた」という人がいたということ。この人は、単純に「くじでゲーム機をひき当ててやろう」という動機があって、それで熱くなってそれだけの金額をつぎこんでしまったのか、本当のところはわかりませんが、世の中にはまた変わった人がいたものだなあ、と感心してしまったことでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プールサイドのバケツ

 こんばんは、チェスです。

 昨日は半日出歩いていたので、今日は地元のスポーツクラブへ午前中から出撃です。午前中であればプールも空いているだろうとカミさんと2人でプールへと下りて行くと、何故かプールサイドにいくつかバケツがおいてある。
 当初は気にしていませんでしたが、昼近くまで泳いで、もうそろそろ上がるかね、という頃になってから、どうも気になってガードのビブスを着ているスポーツクラブのお兄さんに「あのバケツは何か?」と訊いてみました。

 そしたら、熱中症予防のためのものだそうで、バケツの中には冷たい水が入っているので、頭に水をかけて冷やして下さい、というお答えでした。
 そういえば成程、プラスチックのバケツの脇に、やはりプラスチックのコップが2個置いてあります。

 お兄さんの話だと、シリコン製のスイミングキャップは、熱を内部に貯めやすいために、今日の様にプールの水温が高い時には頭の体温が上がってしまうと。そこでキャップを一度取って、コップで水をかけて下さいね、ということでした。

 そうか、あのコップは水を飲むためではなかったのね。(水を飲むならプールサイドにウォータークーラーがありますから)納得して、試しにキャップを取ってコップで水をかけてみると、冷たくて非常に気持ちがよろしい。

 水泳の場合、汗をかいているという感じがしませんから、意識して水分補給をしないといけませんね。そこへもってきて水温が確かに高めなので、プールであっても熱中症対策が必要なのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレゼント先渡し

 こんばんは、チェスです。

 ウチのカミさんの誕生日は実際には来月8月なのですが、来月のお盆休みの頃は岳父の新盆ということで三度山形へ帰省する(かも)というわけなのです。そのため来月の誕生日プレゼントを今月先渡しさせてもらうことになりました。

 実は昨年のカミさんの誕生日プレゼントは、外食のみで何も物はプレゼントしていない。
 これには訳があって、1年分を貯金して、今年に2年分の予算でプレゼントしましょう、という昨年の約束があったからなんですね。


 今日は午前中、小生の下垂体腫瘍の残党のためのホルモン剤の薬が切れてしまったために、脳神経外科の予約がありました。で、まずは秋葉原駅で下車して病院へ。薬を買う処方箋を貰うのが目的ですから、診察はごく簡単な問診のみで、さっさと処方箋を使って毎週飲んでいる薬を無事に購入。

 ほんの少し鳥越の実家に寄って用を済ませて、再びJRで有楽町駅へ。駅前の百貨店の入り口でカミさんと合流して、まずはランチを食べてから、小生久しぶりの銀座の百貨店へ。既に銀座松坂屋は閉店してありませんが、銀座三越と、銀座松屋があります。
 この両店で色々と見て回りましたが、どうも今ひとつ気に入ったものが無いとの由。カミさんの希望は、自分が持っていないちょっとモダンなデザインのネックレスが欲しいという事だったのです。

 欲しい物が無いのにムリムリ買うというのも、プレゼントする方にとっても張り合いが無くなってしまうため、まあ今日は一旦撤退、ということで地下鉄に乗ったのですが、まあ見るだけでも、と御徒町の所謂「ジュエリータウン」に寄りました。
 ここは工場直営の問屋さんのお店があり、お値段は百貨店よりかなり安い。で、色々見ているうちに「一品モノ」のデザインのネックレスがカミさんの眼鏡に適い、無事に購入となりました。

 隅田川花火大会は、突然の雷雨で打ち上げている途中に中止となってしまいましたが、小生にとっては良い土曜日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても・・

 こんばんは、チェスです。

 今年(2013年)10~12月には初飛行というスケジュールで開発中の、MRJ(三菱リージョナルジェット)ですが、この予定がまたしても延期されるということが報道されました。いやもうガッカリです。

 経済産業省が後押ししている、つまりは国が大きく関与している地域ジェット機の開発なんですが、ここにきてどうにも色々と問題が発生して、開発スケジュールがどんどん延期になっています。スケジュールの延期はこれで3回目になるのかな?確かに、ボーイングやエアバスといった経験豊富な旅客機メーカーとは違って、我が国で民航用の航空機を開発するのは、YS-11以来ということで、三菱重工業(開発を担当しているのは三菱航空機)にとっては軍用機は別にしても初めてという事業になるでしょう。ですから諸々のトラブルで開発スケジュールが遅れるというのはある程度想定内な話なのかもしれませんが、それにしても今回の遅れがどの程度のものになるのかによって、セールスにも大きく影響してしまうでしょう。

 記事によると、今回の遅れの原因は、MRJのエンジンとして採用された、P&W(プラット&ホイットニー社)の新型エンジンがどうも遅れていることの様です。世界で初めて採用したとされる新型エンジンなんですが、これが遅れると機体への取り付けや、取り付けた後の諸々の試験なども全て遅れるということになりますから、素人的に考えてもスケジュールが相当に後ろにずれるのは避けられないと思います。

 現在実際に使われている、つまりは実績を重視してエンジンを選定すれば、こうした事態は避けられたのでしょうが、そうしたらしたで「技術的な冒険をしていない、新味がない」との批判は避けられませんから、新型エンジンを採用したのも致し方ないのでしょう。今後新たなスケジュールが発表になるでしょうが、半年や1年の遅れで済めばめっけものでしょうね。しかしこの調子ではもっと遅れそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯ブラシ不調

 こんばんは、チェスです。

 戻り梅雨とかで、何やらすっきりしないお天気が続いている東京です。どうせならカッと暑い中で「雨が少なく水不足」といわれるなら納得しますが、東京周辺はゲリラ豪雨を含めそれなりに雨が降っているのに、ダムの方にはまとまった雨が降らないから、今後水不足が心配で早速10%の取水制限、とか言われると、それはそうなんだろうけど、上手くいかないものだなあとイライラしてしまいます。
 しかも、そのダムがある利根川上流域の更に北、東北地方の南部の山形、福島両県では相当の雨が降っていて、その雨の何割かでも群馬県の北に降れば、水不足の虞れは一挙に解消するのに、そう都合よくいかないものなのですね。

 小生は会社に「ハピカ」という製品の電動歯ブラシを机の引き出しに入れていて、昼食後の昼休みに歯磨きをしています。これは随分以前に、何かのプレゼントで貰ったもので、電源は充電方式ではなくて、単三電池を一本本体に入れるだけという簡便な方式のためでしょうか、本体価格は電動歯ブラシとしてはかなり安い製品の様です。

 本当にかなり長い間使い込んだ歯ブラシなのですが、寄る年波という奴なのか、ここ数日、何やらかなり不調になってきました。スイッチをONにしても振動せず、あれ、おかしいな、と思って仕方なしにそのまま歯磨きを始めると、漸くウィーンと動き出すという状態。しかも、せっかく動き出しても途中で止まってしまうこともあります。

 さすがに、この電動歯ブラシはもう引退させて、普通の安い歯ブラシで手磨きにチェンジするか、と思ったのですが、暫く前にこの「ハピカ」用の換えブラシ4本組というのを買って、残り3本が未だある筈なんですね。(と思って、その換えブラシを探したのだが、何故か見つからない。)また、動かなくなったのは電池が無くなったせいか、と思ってスーパーで単三電池を買ってしまい、単三電池が何本も机に入っています。
 そうすると、新しく「ハピカ」を買い換えて、それで歯磨きを継続する、という案も浮上する。(見つからないけど)それなら換えブラシや単三電池がムダにならない。

 安くてお手軽な「ハピカ」にもう少しお世話になりますかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DJ車掌とか

 こんばんは、チェスです。

 昨日の7月23日は、葛飾納涼花火大会だったのですね。平日に設定するというのもどうなの?と思いましたが、昨日の記事で書きました様に東京はあちこちでゲリラ豪雨があり、この花火大会も中止になってしまいました。中止の場合には翌日、つまり本日に順延だったのですが、哀れ今日も雨模様のお天気で、中止と決まった様です。再順延はたぶん無いのでしょうから(わかりませんが)そうなると今年の葛飾花火大会は無しですか。楽しみにしていた地元葛飾区の方々は残念無念でしょうね。開催されれば、我が家のヴェランダからも結構良く見える花火なのですが。次は隅田川か。

 中学生の頃だったかな。この葛飾の花火が行われる会場は、実家の鳥越から比較的行きやすい場所だったので、友達数人と見物に行ったことがあります。寅さんで有名な柴又の駅から歩いて江戸川の河川敷へ出たと思いますが、江戸川の河川敷は大変広く、のんびり座って花火を見ることができたと記憶しています。

 ところで、今朝の情報番組で、この葛飾花火大会が取り上げられていました。中止になった大会に何故?というともう皆さんご存知の、警視庁のあの「DJポリス」が観衆整理のために出動していたからなんですね。どこでそんな情報を拾ってくるのかいな?
 まあ確かに、拡声器で一方的に注意とか警告とかを受けるだけというのは、受ける立場にしてみれば中々にストレスばかりが溜まって、心の中では「ウルセー、言われなくてもわかるわ」と思ってしまいます。が、DJポリスの如き巧みな話術を駆使されれば、心穏やかに注意に従えるでしょうね。
 で、JR東日本など、鉄道会社の各社も、あの話術は多いに活用できるのではあるまいか、と思うのですよね。
 このごろは自動アナウンスが主流で、車掌さんが車内アナウンスをするのは稀ですが、ここぞ、という時に、あのような話術を駆使して車内アナウンスをしてくれれば、殺伐になりそうな車内の雰囲気を和らげることもできるのではないでしょうか。突然の人身事故が発生して、電車が止まったとか、まあそういう時に、話術が活きると思いますよ。
 勿論、そういった時に話術を発揮するには、日頃からの教習訓練、研究が必要であることは間違いありませんけれどもね。そうだ、駅のアナウンスにも同じことが言えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲリラ・・

 こんばんは、チェスです。

 昨日あたりから、東京の公立の学校は夏休みに入ったのでしょうかね。通勤で朝乗る電車にも、学生さんの姿があまり見えなくなりました。その分電車が空いているかというと、まああまり空いてはいないですね。学生さんが多く乗る時間帯ではないのかもしれませんが。

 本日は、昨日までと比較すると、かなり蒸し暑い東京でした。朝会社に着いて、既にぐったりという感じで、ここ数日の快適な気温の反動が出てしまった感じです。
 小生の仕事上、特許庁との諸々の手続きが多いのですが、それらの殆どは今やインターネットで済むようになったため、霞ヶ関にある特許庁へ行くことはめったにありません。
 が、ごくたまに、これはどうしても書面での手続きをしないといけない、というものもあって、その準備を先週末から進めていたのですが、今日準備が整ったので書類を持って特許庁へと出かけました。
 何やら西の方角が曇っていて、しかも遠くに雷鳴が聞こえるので、こいつは通り雨があるやもしれぬ、と思いつつ地下鉄に乗りました。

 で、地下鉄を乗り換えて、銀座線の虎ノ門の駅から地上に上がると、これが物凄い豪雨です。
 折り畳み傘を持っていたので、これを開いて特許庁へと歩きましたが、あまりの雨に歩道を歩いている人は殆どいません。
 僅か5分の徒歩で、相当にずぶ濡れになりました。

 こういうのを、ゲリラ豪雨というのでしょうか。とうとう遭遇してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回の投票率

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事に書きました様に、今回の参議院議員選挙の投票率は、総務省の発表では、前回の参議院選より5ポイント以上低い52.61%だったのですね。

 ま、今回の選挙で、投票率が低くなってしまうという要因は、素人的に考えても諸々ありそうです。

 せっかく政権交代して3年半の間政権を取った民主党が、結局の所殆ど日本の政治を変えられず、寧ろ悪くさえしてしまった。その結果が前回の総選挙で、あっさりと自民党に政権が戻った。
 政権に返り咲いた安倍自民党は、もっぱら政策として「経済対策」をメインに据えて、この参議院選までは所謂「安全運転」に徹してきた。民主党はあの体たらくだし、といって他の野党も、自民党の政策に真っ向勝負できる対案を提示できないでいる。となれば、マスコミの選挙前の情勢分析なんかなくても、まず自民党が勝つだろうな、と予想してしまいます。

 でもって、今の我が国は急速に進む少子高齢化のために、高齢者世代にお金がかかる。年金、医療費などの社会保障費です。高齢者世代に支持されているのが自民党ですから、そりゃもう今回の選挙は黙っていても自民党が勝ちますわね。

 でも、この流れが変わらないと、若い世代にとっては誠に夢の無い、なんともモチベーションの上がらない国に進んでしまうのは明々白々です。だから、若い世代が投票に行き、自民党政治にきちんと物を言い、できれば政策を変えさせる代表を国会へ送らないといけません。
 まあ、投票率が低いというのは議会制民主主義の危機ですから、期日前投票の制度とか、投票日当日の投票時間の延長など、色々と対策は講じられてはいるのです。が、そうした制度ではなくて、若い世代の利益代表となって、世の中を変えてくれる政治家や政党が出てこないと、本質的に投票率は高くならないのではないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風呂掃除

 こんばんは、チェスです。

 カミさんが朝から出かけたため、懸案になっていた風呂の浴槽のエプロンを外しての大掃除をやっつけました。
 通常の風呂掃除では、この浴槽エプロンを外しての掃除というのはやりません。何故というに、理由は「大変だから」という単純なものですが、そうは言っても2カ月に1度位はやっつける必要がある。
 で、「そう言えば暫くやっていなかったなあ」と思って、始めた次第。

 これを始めると、意外に大変なのです。で、エプロン自身を掃除したり、エプロンを外してのその内側を掃除したりといったことを終了して、やれやれ、風呂掃除を撤収するかと周辺を見回すと、思わぬ汚れを見つけてしまい、見つけてしまった以上は再びスポンジを持ってゴシゴシやる。床も、あれ、あの部分はちょっと気になるなあ、とブラシを持ってゴシゴシとやる。そうやって部分的に綺麗にすると、今度は他の部分の汚れが目立ってしまう、という状況で、中々撤収できません。

 結構時間を取られてしまいました。

 その他、トイレ掃除なんかもやって、途中昼食を食べたりしたものですから、気が付けば午後2時過ぎだ。
 今日の夕食当番を申し出ているので、献立も検討して買い物に行かねばなるまい。その途中で、参議院選の投票も済ませなくてはならない。
 あれこれと考えると、最早スポーツクラブのプールというのは諦めた方がよさそうだな、とすっぱり諦めて、スポーツクラブへ行く途中にある小学校で投票をいたしました。比例代表の方の投票用紙を受け取っていると、出かけていたカミさんが帰りに投票に寄ったらしく、小生の直ぐ後からやってきました。マックでソフトクリームを食べたいと言うので、付き合って小生はマックシェイクを飲みました。

 参議院選の結果は、まあマスコミの予想通りでした。特に風は吹かなかった様です。しかし、投票率の低さが気にかかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり鈍っていた

 こんばんは、チェスです。

 なんだかんだとありまして、ここ暫くジムで運動していなかった(その間プールには行ったと思う)のですが、この週末は漸く特に予定が無かったヒマな週末になりましたので、午前中の歯科医院の予約診療(定期検診)を終えて昼食を食べた後、ジムへ出撃いたしました。

 昨日の時点では、今日はプールに行こうかと考えていたのですが、カミさんがジムで運動する、というのでそんなら今日はジムで付き合ってプールは日曜日にした次第。

 で、ジムでこれまでと同じような感じでマシンを動かしたのですが、どうもさすがに身体は鈍っていたようで、同じ様な負荷をかけているつもりでも結構キツく感じる。腹筋運動も、25回×4セットの筈が、今日のところは3セットで止めてしまいました。
 となると、トレッドミルは果たして大丈夫かな、とは思ったのですが、まあこいつは速度を上げなければ辛くはないし、キツいと思ったら何時なりとも中止できるから、と考えて走り始めました。
 案の定というべきか、2km走らないうちに、何やらキツくなって、これは今日は3~40分で切り上げるかな、と思ったのですが、我慢して走り続けているうちにだんだん調子が戻ってきて、結局いつもと同じくらいの距離(相当)を走りました。3%負荷もかけましたので、まずまずかと思います。

 本日の夜は足立区の夏のイヴェント「足立の花火」。もし今日が雨だった場合には、翌日は今年は参議院選があるために順延できずに中止になってしまう所でしたが、お天気は申し分なく、みんな花火を楽しめました。
 さて、明日は参議院議員選挙。マスコミは与党の圧勝を予想しているため、どうも若い世代の投票率は低くなってしまいそうですが、しかし今後の日本を変えるには若い人たちからの投票行動が不可欠です。「どうせ投票しても結果は同じ」などと思わずに、良く考えて投票所へ足を運びましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぷたぷ大変

 こんばんは、チェスです。

 昨日、用事があって会社が終わった後に鳥越の実家へ行きました。まあ丁度昨日までは独身生活であったので、ついでに夕飯をご馳走になってから引き上げました。
 実家にいる、白猫の「ゆきかぜ」=通称「ゆき坊」は、益々甘えん坊になってくっついてきましたが、気のせいか以前よりは少し痩せてスマートになっていました。

 そこへ行くと、どうも最近、我が下腹がたぷたぷとしてきていて、これはどうにもまずい。
 なんでも「サルコペニア肥満」というタイプの肥満がクローズアップされているみたいなんです。
 これは、筋肉量が低下した肥満ということらしい。運動をせずして、食事量だけを減らすと、このタイプの肥満になるということみたい。
 確かにここ最近は、めっきり運動量が減っていて、まずいと思っています。明日はプールで鍛えてくるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斎藤選手の巻き返しはあるか

 こんばんは、チェスです。

 本日東京の朝は昨日からの続きで、スカイツリーの上の方が隠れるほどの曇り空でしたが、次第に雲が取れて晴れ間が広がり、昼前には夏空になりました。
 ここ数日が涼しかったために、またぞろ猛暑のぶり返しになるようで、これからの夏を頑張って乗り切らなくてはなりませんね。
 明日は帰ってくるはずのカミさんがいる山形は、かなりの雨が降った模様で、特に庄内や最上地方では河川の氾濫などがあったらしい。この雨が首都圏の水がめに降っていれば・・
 まあ、そうそう上手くはいかないものです。そろそろ節水の指令が東京都水道局からでてくるでしょうか。

 話変わって、日本のプロ野球は昨日の試合で上半期(前半戦)が終了。オールスター休みを挟んで後半戦へと突入していきますが、今年は混戦ムードのパシフィックリーグが面白い。何と言っても、球団創設以来初めての首位での折り返しを決めた、星野監督率いる東北楽天に注目です。楽天の本拠地は皆さんご存知の仙台ですが、二軍の本拠地は山形県にある(が、状況は以前より流動的)ため、将来の山形県人たる小生はそうした意味では楽天を応援しています。
 その楽天の大エースは、言うまでも無く田中将大投手です。今年は向かうところ敵無し状態の連勝を続けていて、この調子では来年はメジャーへ行ってしまうのではあるまいか、という日本を代表する投手になっています。
 が、その彼と高校野球の時に投げ合って勝っているライヴァルを、皆さんは忘れてしまっているのではないでしょうか。そうそう、現在北海道日本ハムにいる斎藤佑樹投手ですよね。例のハンカチ王子。
 彼は早稲田実業を卒業後、早稲田大学に進学して、東京六大学リーグで活躍はしたものの、その後日本ハムに入団してからはどうにも成績が上がらず、故障にも悩まされてとうとう今年は2軍からのスタートです。
 高校野球の時には田中投手の好ライヴァルだったのですから、斎藤投手の才能を疑う者はいないでしょうが、高校卒業後の4年間でこれだけ田中投手に水を開けられてしまった原因は何か。興味深いところです。

 故障をしっかり治して、斎藤投手には後半戦で1軍に上がって、活躍して欲しいところではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こむら返り

 こんばんは、チェスです。

 山形に4日ばかりいた時には「こちらは未だ梅雨の最中だから、暑さもさほどではないが、東京に帰ると猛暑が待っているだろうな」とうんざりしていたものですが、いざ15日の夜に帰京すると、夜は涼しくて全く寝苦しくはなく、拍子抜けしたものでした。
 昨日、16日も依然として涼しさを続いていて、あまりに窓を大きく開け放っていると却って夜中に寒くなってしまうほどだったので、窓はほんの少しだけ開けておき、風が通る様にして寝ておりました。

 で、夜明けごろ、たぶん早朝4時頃だったと思いますが、左足がちょっとおかしいな、と思って動かそうとしたところ、左足のふくらはぎが攣りました。いわゆる「こむら返り」という奴です。

 小生は、睡眠中に時々、こむら返りという奴を発症します。過去の記事でも時々登場しているはずです。その痛さといったらまあ筆舌に尽くし難いというか、眠っていて朦朧とした意識がいっぺんに覚めてしまうほどです。
 何故かはよくわかりませんが、こむら返りを起こすのは、大抵左足なんですね。今朝もそうでした。

 どうも、今朝の早朝の場合には、意外に気温が下がったにもかかわらず、これまでと同じ様に肌掛け布団もどかして寝ていたのが悪かったのかもしれません。
 この症状が水泳中に起こった場合には、プールなら兎も角として、仮に海で泳いでいたとしたら、溺れてしまうかもしれないですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あわわわ・・

 こんばんは、チェスです。

 昨日、小生が山形のカミさんの実家を辞する直前のこと。

 岳父の四十九日、納骨が終わったので、それまで仏間に据えられていた段ボール製の祭壇を壊して片付け、仮の位牌(頭のところに「空」という文字が入っていた)をお寺に納めて、本式の位牌の方に魂を入れていただいたので、この位牌を仏壇に収納することになりました。

 が、定位置が既に一杯で、岳父の位牌を納める場所が無い。

 でもって、昨日の午前中、ちょっと顔を出した叔父(=お寺の住職)に、どうしたものかと相談したところ、元々この仏壇に入っている「先祖代々の霊」と書かれた集合位牌(などという言葉は無いのだろうが)は、中に木の札が入っているだけの、目下のところは単なる飾りであるから、あれをどかして下に置き、その場所に(岳父の位牌を)置けばよかろう、とアドヴァイスしてくれました。

 で、小生が帰る時間になって、そうだそうだ、位牌の再配置をやっていきましょうかね、と、その「先祖代々の霊」をその位置からどかそうとしたらですね、仏壇というのはたくさん色々と飾りがついているじゃないですか、あれを一つをポロっと外してしまったのです。

 いやまあ、びっくりしました。

 でも、呼んでもらったタクシーが来てしまう時間になったので、もうその外れてしまった飾りの修復は、あと何日か滞在しているカミさんに託して帰京してしまいました。あれは接着剤でくっつけるしかないだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八溝山地

 こんばんは、チェスです。

 本日、岳父の四十九日法要のための帰省を終えて帰京いたしました。
 山形は未だ梅雨が明けておらず、毎日雨が降らない日はありませんでしたが、東京に戻るとドカンとした暑さで閉口しました。

 東北新幹線で宇都宮のちょっと手前あたりまで来ると、上り列車の左側の窓際席からは、前方遠くに筑波山が小さく眺められます。
 宇都宮の街に入って一旦建物に隠れますが、その筑波山がどんどん近付いてきて、小山のあたりで真東に綺麗な稜線を見せてくれます。
 が、その筑波山に続いて、福島県南端部あたりまでずっと、比較的低い山が連なっているのが見えており、これらの山々を八溝山地と総称しているのだそうです。八溝山地はその主峰の八溝山がやっと1000m程度の標高ですから、全体としてあまり高い山は無く、注意して見ないとそれを気が付きませんが、なるほど、こうやって東北新幹線の左窓を眺めてみると、東京方面から見ると独立峰に見える筑波山が、実はその八溝山地の南端部の山である、ということが良くわかります。

 上り列車の左側に座ってしまうと、安達太良山や那須岳などは見えず、平凡な車窓になってしまってつまらない、と思っていたのですが、思わぬ発見をした気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四十九日法要

こんばんは、チェスです。

岳父の四十九日法要は無事に終了しました。まずまず、ヤレヤレです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

義母誕生祝い

義母誕生祝い
こんばんは、チェスです。

本日は、諸々の買い物などと、山形の家の庭にある池の掃除などをこなして、夕方は義母の誕生日をホテルメトロポリタンのレストランで祝いました。実は義母の誕生日は今月末ですが、その頃は我々は山形にはいませんので、前倒しでお祝いしたわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名義変更

こんばんは、チェスです。

今日から山形に来ています。先ずは亡くなった岳父のクルマの名義変更です。クルマのディーラーさんがやってくれるのですが、結構必要な書類が多くて揃えてのが一苦労。
こちらは未だ梅雨なので、猛暑はありませんが、湿度は高いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工事終わる

 こんばんは、チェスです。

 小生は勤務先の会社では、知的財産の管理を主な業務としています。まあ他にもこまごまとしたことをやってはおりますが、メインはこれ。
 会社はメーカーですから、材料開発や改良などをやっているディヴィジョンがあり、そちらで「これは!」という発明があれば、それを特許にするのが大事な仕事です。
 特許出願をするまでが結構時間がかかり、その後出願審査請求をして、特許庁との中間手続を経て、無事に「特許査定」の通知を受け取ると、やれやれ、この一件も一区切りがついたな、と一安心します。

 ところで、月曜日から始まった玄関下駄箱と、トイレの水漏れに起因するクロス張替え工事。昨日漸く完了しました。
 終わったのが夕方であったので、帰宅しても未だリビングルームに大量の靴が並べられたままでしたが、ぼちぼちと片付けて、かなり部屋はすっきりしてきました。
 こちらもやっと一区切りついた、と安心していたら、玄関ドアの脇についている呼び出しホンが鳴らない。
 あと、下駄箱に入っていた家庭用消火器、これが結構古いなと気になって、使用期限を調べたら、なんとまあ2008年の3月になっている。5年以上も前だわ。取替をしなくても大丈夫なのかいな、と本日管理会社へまたもや電話を入れました。

 さて、岳父の四十九日の法要のため、明日から15日まで再び山形へ行ってきます。
 東北地方は未だ梅雨明けしていないようで、雨のマークがついていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日のプレゼント

 こんばんは、チェスです。

 一昨日の小生の誕生日には、一日早く日曜日に丸の内へ食事に行って、カミさんにお祝いをしてもらったのですが、今年のプレゼントはソニーのヘッドホン一体型のウォークマンをもらいました。

 実はこれ、水泳の練習会でお世話になっているカズンコーチから、結構長い間お借りしているものと同じなのです。小生やカミさんが会員になっているスポーツクラブのプールでは、このウォークマンをつけて泳いでも特に注意を受けるということは無いので、これまで何回か音楽を聴きつつ泳いでみましたが、中々快適で楽しいです。ただ、小生はクロールを泳ぐときは右側呼吸で泳ぐため、左耳ばかりが下に沈むためか、左耳に水が入り、左チャンネルが少し聞きづらくなるという問題はありましたが、これはどうやら小生の耳の問題らしく、どうしようもなさそうです。

 プールで泳ぎながらもいいですが、マラソンの季節になりましたらこいつをつけてマラソン練習をするのも楽しそうですね。

 ところで、今日の昼のNHKニュース(確か関東地方のローカルニュースだった)で、本日から日本科学未来館にて約50年前に制作された特撮ドラマの展示会が開催されている、と報じられていましたので、ちょっと驚きました。
 こいつはまさしく、小生が必ず行かねば、と思っている「サンダーバード博」のことですね。
 NHKが昼のローカルニュースとは言え流すくらいですから、結構な人気になっているのでしょう。
 そうなると、土日に行くのはちょっと止めておいた方がいいかもしれない。平日に休みを取っていくかな。
 考えてみると、日本科学未来館、もう開館してから結構経ちますが、未だ一度も見学に行ったことがないのです。サンダーバード博も含めて一度じっくりと見学してみたい施設でありますね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お腹のこと

 こんばんは、チェスです。

 昨日の東京は、午後~夕方に局地的な雷雨がありました。この記事でも書きましたが、かなり激しい落雷がありました。今朝のニュースで、小生の勤務先からさして遠くないところで落雷による事故があり、2人が亡くなり1人が重傷だということで、ああ、なるほど、確かに物凄い雷鳴が轟いたけれども、あれは落雷だったのだな、と腑に落ちました。

 今、さらっと「腑に落ちました」と書きましたが、現在の日本語ではこのように肯定形で表現することはあまり無いみたいです。ですが、この表現は特に「誤用」ということはなく、辞書にも掲載されています。
 よく使われるのは、否定形の「腑に落ちない」という表現ですね。

 「腑に落ちない」の意味としては、納得できない、すっきりしない、合点がいかない、というあたりでしょうか。

 「腑」というのはこれはすなわち内臓のことですね。昔の表現で「胃の腑」なんて言ったらしい。ですが、何か食べたものがのどのあたりにつっかえて胃に落ちないから気持ちが悪い、ということではないんですね。
 昔の日本人は、精神作用というか、心というものが「腑」=内臓にある、と考えていたので、何かの事象に対して、これを合理的に説明する理由がなかったりすると、納得できないという様子を「腑に落ちない」と表現したと。

 腑ではないですが、「お腹」を心に例える表現では、「物言わぬは腹ふくるる業なり」なんていう言葉があります。
 小生なりの解釈では、この言葉は色々と言いたいことがあるにもかかわらず、気を遣ってそれを言わずに黙っているとストレスが溜まって良くないよ、ということかと思います。心の中に面白くないことが鬱積する様子を「腹ふくるる業」と表現するあたり、何だか上手いなあと感心してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴロゴロ

 こんばんは、チェスです。

 昨日は関東甲信地方で梅雨明けと言われていましたが、今日は西の方、九州から東海地方まで、ずらっと梅雨が明けたのだそうです。
 週明け月曜日の東京は、朝から快晴で気温はお昼には既に30℃を超え、関東地方の内陸部では35℃超えの猛暑日になった模様です。

 ただ、これだけ急激に気温があがると、午後からは大気の状態が不安定になって、積乱雲が発達し、東京では夕方4時頃から雨が降り出しました。雷もかなり鳴っていましたね。
 明るい時間帯の雷というのは、稲光の方があまり目立たないものです。これが夜ですと、ピカっと光って、少し音が遅れてゴロゴロと聞こえてくる、その時間差がわかりやすい。時間差が無くなってくると、つまりは雷雲が近くに来たというわけですね。
 昼間は明るいので、稲光の方がよくわからず、ゴロゴロの方が次第に大きくなってきた、ということだけで、雷雲の接近を感じることになります。が、あれ、どうも結構近くなってきたな~と思っていたら、次の瞬間にドカンと強烈な音が響き渡りますと、さすがにビックリしますよね。
 もし平坦なゴルフ場なんかで雷が接近してきたら、これはプレイを直ちに中止して、安全なところへ逃げた方が良いらしいです。雷はゴルフクラブを持っている人間にも落ちるようですのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

工事始まる

 こんばんは、チェスです。

 小生のトイレの換気扇排気口からの水漏れに端を発した、漏水事件。
 やがて玄関の下駄箱の天井からも水が漏れていることが明らかになり、被害としてはむしろ下駄箱の天井部や壁のクロスが酷いことがわかりました。

 オーナーの指令を受けた建設会社の調査で、どうやら漏水の原因は判明し、水が落ちてくることは無くなりましたが、黒カビが生えてしまった下駄箱のクロスなどはそのままでした。

 トイレの天井や、下駄箱の周囲のクロスの貼り替え工事が、今日漸く始まりました。

 クロスの下の石膏ボードもダメになっていましたから、石膏ボードのチェンジを含む結構大変な工事です。
 あと2日かかる予定です。

 夕方、小生の誕生日(明日ですが)をカミさんがお祝いしてくれて、新丸ビルに入っているフレンチの創作料理のレストランで夕食を食べました。
 新装なった丸の内側の東京駅が良く見える、中々良い景色のレストランでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武術太極拳

 こんばんは、チェスです。

 昨日の東京は、未だ蒸し暑さだけでしたが、天気予報通りというか、今日の東京は午前中からぐんぐん気温が上がり、真夏の暑さになっていきました。関東地方全体でも35℃を超える真夏日になった地点もあり、そしてとうとう関東甲信地方の梅雨が明けたものと思われる、との発表が気象庁からでました。ちょっとこれはかなり早い。あまり雨が降らなかった梅雨でしたが、ダムの貯水率は本当に大丈夫でしょうか。

 昨日の7月5日~明日の7月7日まで、東京体育館で第30回の記念大会となる武術太極拳の大会が開催されています。
 太極拳に凝っているウチのカミさんと一緒に暑い中をその東京体育館メインアリーナへと行ってきました。

 中はエアコンが効いていて涼しくて快適でした。が、てっきりタダで見学できるものと思って行った小生は、入場料が1000円と聞いてびっくり。そのチケットで開催3日間が通して見学できるとはいうものの、結構なお値段ではないでしょうか。

 そして、観客席は失礼ながらもっと空いているかと思いましたが、意外にも混雑しておりました。2階席はかなり埋まっていました。
 我々がイメージする、あのゆっくりした動作の太極拳も行われていましたが、その他にものすごくスピーディでハードな太極拳も行われていて、こいつは若い人でないととても無理ですね。
 それから、太極拳はいわゆる採点競技であって、柔道やその他の格闘技の如く、対戦して勝負を争うというものではないことに漸く気が付きました。動作や技の正確さを競うという点において、体操競技やフィギュアスケートをイメージした方がより近いと思います。

 ただ、武術なので、素手でやる他に、剣を持ったり、槍、棍棒をもったりして行うやつも多い。

 残念ながら昨日のプログラムだったので今日は見ることができませんでしたが、先日映画「グランド・マスター」で観た様な伝統的な中国の各種の拳法なども演じられていたようです。そちらも是非観たかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸自でアニソンや特撮ソング

 こんばんは、チェスです。

 朝の天気予報では、週末金曜日の東京は、午後から晴れて気温が上がり、何やら猛暑がやってくるかの様に言われていましたが、実際の東京はそんな猛暑という感じではなくて、梅雨の続き(というか未だ梅雨の最中)という空でした。
 しかしながら湿度は高く、肌にまとわりつくかのような湿気は誠に不快。
 でもって、明日はいよいよ猛暑が来るらしいです。

 今年の夏は、東京の日本科学未来館で「サンダーバード博」が7月10日から開催されるそうで、サンダーバードの大ファンを自称する小生としては、これは見逃すことはできません。
 で、サンダーバードのあのバックに流れる名曲は、バリー・グレイという作曲家が書いているのですが、この名曲、航空自衛隊の音楽隊が演奏しているのを動画投稿サイトで見た(聴いた)ことがあります。スマートなイメージの航空自衛隊と、サンダーバードのイメージは中々良くマッチしていると思いました。

 それから、海上自衛隊の護衛艦が海外の任務のために出港する際に、岸壁にいた音楽隊によって演奏されていたのが「宇宙戦艦ヤマト」のオープニングでした。これも非常にピッタリな選曲だな、と感じ入りました。

 となると、陸上自衛隊の優秀な中央音楽隊によって演奏されるアニソン、あるいは特撮ソングとしては、どんな曲がいいだろうか、とヒマな事を考えてみたのです。
 小生は当然、旧帝国陸軍の軍楽隊がどんな曲を演奏していたかは知りませんが、何となく想像するに、軍歌だとか日本のマーチだとか、まあそんなのを演奏していたのではないでしょうか。
 そこへ行くと21世紀の我らが陸上自衛隊は、特撮やアニソンをカッコ良く演奏してもらっても良い筈です。

 とは言え、そこはそれ、いかに名曲でも哀愁に満ちたメロディーとかは行進曲には使えませんし、やはり勇壮な曲で、陸自のイメージに合った奴が良いですね。
 最近のアニメは全く知らないので、昔の奴(30年以上昔になるか)に限られますけどね。
 ファーストガンダムのオープニングも良いですが、ちとマーチには向かないテンポですね。
 水木一郎さんの大ヒット「マジンガーZ」も名曲だと思いますが、これもちょっとマーチには少し早いな。
 陸自のイメージとして、すぎやまこういち先生の「サイボーグ009」とか、どうでしょうか。マーチとして丁度好さそうに思います。
 古典的なところで、「エイトマン」なんかも良いメロディーなんですが、如何でしょうか。
 「十万馬力」の「鉄腕アトム」も強くて優しいイメージは良いんだが、空を飛び回る感じが強いから、ちとダメですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参院選公示

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、西日本でかなり局地的な大雨が降っており、今日はその雨が関東にもやってくる、とか予報されてはいたのですが、小生が働いている東京の北部では殆ど雨は落ちてきませんでした。関東地方と言っても広いですから、いや東京だけでもそれなりに広いですから、どこかでは雨は降っていたと思います。昼間外で空を眺めましたら、何やら黒い雲が移動していましたからね。

 雨はおちてこなかったものの、湿度が高くて不快な一日でした。

 そんなお天気の東京ではありましたが、世間的には参議院議員選挙の公示日であり、現在の安倍総理になってから初めての大きな国政選挙でしたから、昼のNHKニュースはこいつをトップに扱い、時間もかなり割いていましたね。

 とは言え、直前にあった都議会議員選挙の結果を見る限り、よほどの事件が選挙期間中に発生しなければ、これはもう現在の与党~自民党と公明党とが大きく勝ち、減るのは民主党ということになるでしょう。
 小生は政策的には「みんなの党」を支持していますが、残念ながら現状では大きく議席を増やすというわけにはいかないと思います。でもまあ、維新の会がだいぶ支持を落としていますから、以前には維新に投票したであろう有権者がみんなの党に回る可能性はあり、何とか存在感を増して欲しい。

 というような参院選の予測は、これはもう専門家がやっても素人がなっても似たようなものになるので、そうすると選挙後は参議院においても与党が過半数を獲得し、結果現在の「ねじれ」が解消して、安定した政権運営がなされるようになる、というのもほぼ確定的な話でしょう。

 するとどうなるか。いよいよ、安倍総理がやりたい「憲法改正」という四文字が実現味を帯びてきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病的・・かもしれんが

 こんばんは、チェスです。

 先日の、会社の飲み会で、隣席にいた同僚との話題で、「小生はかなり喫煙に対して厳しく、仮に喫煙OKのお店であっても煙が来ると露骨にイヤな顔をする」などといった話をしていました。その飲み会のはホテルの中のレストランでしたが、テーブルの上には灰皿が無かったので、喫煙は所定の場所で、ということだったのでしょう。
 で、更に「いつぞやは、とあるお店でおばさんの吸っていたタバコの煙がやってきた時、目の前のメニューで扇いで煙を押し返した」と言ったら、この同僚、さすがに驚いて「それは凄いことやりましたね~」と目を丸くしていました。(ちなみにこの同僚もタバコを全く吸いません)

 この位、タバコの煙が嫌いな小生は、些か病的ですらある、と昔誰かに言われたことがあります。ウチのカミさんだったかもしれません。しかしまあ、世の中の喫煙状況は小生にとってフォローの風が吹いているようで、飲食店などではかなり分煙化が進んできて、場合によっては完全禁煙というお店も登場するようになりました。

 所謂居酒屋などでは、まだまだですけれど、チェーン店の居酒屋などは分煙化が進んできました。

 ただ、コーヒーとタバコというのは、お酒とタバコと同様、割と相性が良いらしく、カフェはあまり分煙化が進まなかったです。小生の好きなスターバックスは、店内は基本的に禁煙で、ここでタバコ吸いたい人は店の外に出るしかありません。大変結構なのですが、綾瀬駅周辺には相変わらず「スタバ」が進出してきません。
 先日から、ベローチェというチェーンのカフェが、飲み物50円引きのチケットを配っていて、このチケットをもらったのです。元々安いコーヒーが50円引きというのは、実にデカい。でも、ちょっと驚いたのはこのチケットに「店内禁煙(喫煙ブース有)」と書いてあったこと。
 実は、綾瀬のベローチェは、禁煙席と喫煙席の区分はあったものの、特に仕切り壁があるわけでもなく、禁煙席であっても、場所によっては結構煙が流れてきたり、臭いがしたりという「なんちゃって分煙」だったのです。
 それが、「喫煙ブース」ということは、店内は基本的に禁煙とし、タバコを吸う人はそのブースの中でね、というルールに変わったらしい。こいつは、チケット持って確認に行かねばならぬ。

 何せ「病的」なので、禁煙の状況の評価は大事なのです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊急夕食当番

 こんばんは、チェスです。

 相変わらず、東京ではあまり雨の降らない空梅雨状態が続いています。このまま梅雨明けなんてことになったら、本当に夏は渇水になってしまうね。東京には降らなくても、北関東のダムの方に降雨があれば良いのだが、と虫の良いことを考えてしまいます。

 この月曜日~水曜日の3日間、ウチのカミさんが仕事で帰宅が遅くなる、ということで、昨日は2人で駅の近くの定食屋で夕食を食べました。
 本日は小生が早くに会社から帰宅して、緊急夕食当番をすることにしました。
 といっても、ご飯に味噌汁、冷蔵庫に入っている納豆。納豆には大根おろし。

 と、これだけではおかずが無いので、ロシア産の塩鮭を買ってきて、こいつを焼くだけ。おっと、日曜日に買って半分使ったブロッコリーが残っていた。これを茹でる、と。

 緊急だから、まあこれで勘弁してもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車保険のこと

 こんばんは、チェスです。

 岳父が亡くなったとき、岳父のクルマを使わせてもらって、ずいぶんと重宝いたしました。
 が、その時にはセレモニーホール~お寺~実家の行き来で、バタバタとしていましたから、特に深くは考えていませんでしたが、よくよく考えると、岳父が契約していた自動車保険は、生計を共にしていた家族が運転していた場合には適用されるものの、東京から出かけてきた小生や、カミさん(は運転しなかったが)には適用されないのですね。

 となると、万一、その時に何か重大な交通事故を起こしていたら、岳父の自動車保険は全くカバーしてくれないということになり、文字通りの人生破滅ということになっていたかもしれません。今考えると、冷や汗ものです。

 で、今度岳父の四十九日の法事の際に、また山形の実家へ帰省することになりますが、その時にはこの自動車保険=任意保険=を契約しなくてはならないでしょう。これは自動車を運転する以上は、常識というものでしょう。

 が、生計を共にしている人間ではない小生では、岳父の保険料の割引を引き継ぐことは出来ないのだそうです。
 そうすると、全く新規の加入ということになり、割引ゼロからのスタートで、結構な保険料になります。

 年間で、おそらくせいぜい10~20日間程度しか乗らないクルマの保険を、年払いで契約するのは誠にもったいないですよね。で、たぶんそういった用途の保険と思われるのが、東京海上日動がやっている「ちょいのり保険」という奴なんですね。これだと、一日500円。車両保険を付けると一日1000円。クルマを使う毎に、その日単位で契約できるので、ムダがありません。次回はこいつをとり合えず契約しておこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »