« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

9月が終わり

 こんばんは、チェスです。

 9月30日日曜日、東京は誠に目まぐるしいお天気でした。
 午前中は青空が広がっていて、中々良いお天気、しかし台風17号が西から接近中という気象情報のため、洗濯は早目にやってしまった方がよかろうと思って、朝食後に早速洗濯機を動かして、ヴェランダに洗濯物を干す。未だ台風は遠いにもかかわらず、風が強いので、洗濯物をしっかりと留めておく。風が強いから洗濯物はすぐに乾きそう。

 今日の「題名のない音楽会」は、1960年頃に流行したというアメリカのテレビドラマ音楽がテーマ。

 アメリカドラマ、と言いつつ、何故か1曲目は「サンダーバード」。言わずと知れたイギリスで制作されたSF人形劇ドラマですよね。金聖響さんのタクトで神奈川フィルが、あのカッコいいサンダーバードのメインテーマを演奏します。小生は小学生の時にこのドラマに完全にハマっておりまして、以来この年齢になるまで、サンダーバードの大ファンですから、オーケストラが威風堂々と演奏するサンダーバードを聴いて、涙が出そうになってしまいました。

 後はアメリカドラマの名作を次々と演奏します。曰く、「スーパーマン」「コンバット」「奥様は魔女」。
 「鬼警部アイアンサイド」は、テレビ版のタブロイド夕刊紙というべき「ウィークエンダー」という番組に使われていて、こっちのほうで有名でしょうね。〆は「スパイ大作戦」でした。

 午後になると、早くも雲行きが怪しくなったので、出かけているカミさんに代わって買い物をして帰ってくると、予定より早くカミさんが帰宅していました。
 夕方には雨が降り出し、台風はどうやら愛知県あたりに上陸した模様。関東地方を通過するのは夜遅くでしょうか。
 今日で9月が終わります。この台風で首都圏の水ガメが溜まると良いですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強のふたり

 こんばんは、チェスです。

 台風が西から日本本土に迫ってきているという気象情報ですが、土曜日は未だお天気の良い東京でした。

 友人とランチというカミさんと2時過ぎに落ち合って新宿へ。京王百貨店で櫻井幸雄さんの作品展を見てきました。新潟在住の櫻井先生は、子供たちのちょっとした様子を誠に可愛らしく、バックの空と雲が美しいタッチで描く画家です。

 で、池袋へ出て、映画「最強のふたり」を観てきました。フランス映画なのですが、この映画が凄くヒットしていて、各劇場の入りは大変良い様なので、ネットで席を予約しておきましたが、これが大正解。ほぼ満席状態でした。

 フランスの俳優さんは知らなかったですが、映画の方は大変面白かった。ある実話を元に創られたハートフル・コメディーとでも言うのでしょうか。
 重い状態の障害者である大富豪。彼はその状態が故に、自分の世話をしてくれる介護者を必要としているのですが、中々に難しい人で、大抵の人は1週間位で辞めてしまう。そこへ失業手当を貰うために、ただ単に応募してきた家庭環境複雑な青年がやってくる。ま、そんな感じで映画が始まります。

 画面は時折、詩情溢れるというか、如何にもフランス映画という描かれ方が出るのですが、全般に流れるのは、人間が元々持っている優しさ、面白さでしょうか。監督は性善説で映画を撮っているな、としみじみしてしまいます。

 ヒットしたのが頷ける、素直に「良い映画だった」と思える作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラボ

 こんばんは、チェスです。

 数日前だったか、ミスタードーナツが「人気の15品種を半額セール」やったところ、これが大人気になって、お店によっては品切れで営業時間短縮にしたとか。ドーナツチェーンでは、なんでも世界最大のチェーンはダンキンドーナツなんだそうで、日本でも一時期、お店を展開していましたけれども、営業不振だったためか撤退してしまいましたね。つまりドーナツチェーンの大手と言えば「ミスド」一択なのが現在の日本。

 昨日、カミさんがこの半額セールでドーナツを買ってきてくれて、今朝の朝食で食べたのですが、気のせいかどうなのか、かつてのミスドのドーナツに比べて、少しだけ大きさが小さくなった様に感じてしまいます。「半額セール用に小さく作って売っているのではあるまいか」と、貧乏人は疑り深いのであります。

 ところで、新宿では日本のカジュアルファッションの巨人ユニクロと、家電量販店の大手ビックカメラがコラボレートしたお店「ビックロ」というのをオープンさせました。はなはだ実験的な試みなのだろうと思いますが、でもどちらも集客力という点においては甲乙付けがたい強力なものを持っています。これがコラボして、更なる客層の掘り起こしに成功するか、はたまた両者の持ち味を逆に殺してしまうかは、ちょっと見ものですね。

 最近あまり入っていないのですが、小生は「スタバ」のファンでありまして、あの薫り高いコーヒーは残念ながらドトールなどの日本勢カフェは及ばないと思っています。で、コーヒー飲むときにスイーツを一緒に買う方も多いわけで、当然スタバのお店にはドーナツやケーキ類を置いていますけれども、ここは一つ実験的に、「スタバとミスド」のコラボをやってはどうか。これはかなり強力な相乗効果を得られそうに思いますけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレ正直

 こんばんは、チェスです。

 9月も残すところあと数日、というあたりで、急速に涼しくなった東京でございます。つい先週までは半袖のワイシャツで出勤していましたが、今週は長袖シャツに切り替えました。但し9月中の会社は未だ「クールビズ」実施中であるので、ネクタイは締めない。いやま勿論締めたい人はネクタイを締めればいいのですが、ネクタイは無い方が楽なんですよね。一度楽に慣れてしまうと、人間楽に流れてしまうもので、クールビズ期間が終わってしまうのが誠に残念です。ではありますが、朝晩は涼しいを通り越して肌寒い日も出てきますから、そうなると夏用の背広を着たくなります。背広を着ると、これが不思議なもので、ネクタイを締めないとなんとなく、これが文字通り「締まらない」感じがする。結局、会社員人生が相当に長くなってネクタイ締めて出勤するのは染み付いているのかもしれませんね。

 元々トイレが近いという困った体質である小生は、涼しくなると、これがテキメンに表に出てきます。

 会社でデスクに着席して仕事をしていて、トイレに行ってから1時間半も経過すると、又トイレに行きたくなるという状況になる。今日はそういう状況になりました。あまりにこれは間隔が短いな、と思って前回から2時間までは我慢しました。どうせトイレに行きたくなっても、大してオシッコは溜まってはいないのです。ただ、トイレを我慢していると、これは集中力を些か欠くという困ったことになる。ですから仕方なくトイレに行くわけですが、トイレが近くなったということは、確実に季節が移っているな、と体感している次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補給来る

 こんばんは、チェスです。

 自由民主党の総裁選挙が本日行われ、当初は過半数を獲得した候補がいなかったので、上位2名による決選投票となり(これ自体随分と久々なことらしい)、結果、次の総裁として安倍晋三氏が選ばれました。
 安倍さんは皆様ご存知の通り、自民党の長期政権となった小泉内閣の後をついで、総理の座についたわけですが、ご自身の体調悪化により1年ほどで辞職ということになってしまった過去があるわけです。但しご健康は回復され、体調に自信がついたために今回の総裁選挙に立候補されたのでしょうから、自民党としては政権奪回に向けて、まずは次の選挙をこの方で戦うという腹を決めたということでしょう。

 全く関係はありませんが、小生が大好きな谷甲州先生の、「覇者の戦塵」シリーズの最新刊が出た、という知らせを、中央公論新社のC-NOVELのサイトでキャッチいたしました。
 新たな視点からの満州事変~太平洋戦争を描いている、非常に長い大作となっているこのシリーズには、ファンも多く、しかし中々新刊が出ないで待たされることでも有名なのです。で、ネットにおける甲州ファンたちは、新刊のことを「補給」と称しているのですね。まあ今頃は巨大掲示板で、補給来ると盛り上がっているでしょう。
 早速に小生も、補給を受領=新刊の購入に動きたいところであります。

 この世界の戦争も、かなり大詰めになっており、サイパン島を巡る戦いになっています。どんなことになっているか、非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨だった

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事の続きになりますが、中国海軍へ引き渡された、旧ソ連の中古空母は「遼寧」という名前になったそうです。
 中国初の航空母艦であり、勿論かの国の海軍としては最大の大きさの軍艦になるわけですから、例えセコハンの空母といえども、大中華、とかいったようなデカイ命名がなされるのかな?と期待?していたのですが、なんだか案外平凡な、というか事実上の艤装を行った地名に落ち着いた様です。尖閣諸島の魚釣島を、中国では釣魚島と呼んでいるそうなので、これはひょっとすると空母「釣魚」とかになるかもしれん、とも思ったのですが、さすがにそれは止めたのですね。

 さて、昨日の記事で、昼間は気持ち良く晴れて洗濯日和だ、などと書いたのですが、夕方になると雨が落ちてきて、小生が会社を出るとこれが相当の雨脚になっていました。
 昼間はあんなに良いお天気だったのに、何たること、と思いながらも何とか帰宅して、そして今朝になると、京浜急行で脱線事故があり、負傷者が出たとのニュースが流れておりました。
 脱線の原因となったのは、線路の傍にある山からの土砂崩れによる土砂が、線路を覆ってしまい、これに走ってきた電車が乗り上げてしまったことの様です。脱線事故があった区間は不通になっていて、事故からやがて1日近くになりますが、未だ復旧はしていないとのこと。
 土砂崩れは、その直前に降った豪雨によって発生したのでしょう。とすると、昨日の夕方の雨が関東地方のあちこちでかなり降ったということになりますね。

 首都圏の水がめの方にも、多少は恵みの雨になったらしいですが、こちらは未だ十分ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国海軍の空母

 こんばんは、チェスです。

 昨日の日曜日は、終日雨降りの東京でしたが、週明けの月曜日はカラッと気持ち良く晴れました。
 いかにもお洗濯日和というお日様が元気な様子でしたので、洗濯物がたくさん干されていたでしょう。

 さて、中国海軍でははじめての航空母艦が、近々就役することになるそうです。造船会社から中国海軍へ引き渡されたというニュースがこちら
 元々は、崩壊する以前の旧ソ連が計画した空母で、完成する以前に大元のソ連が崩壊してしまい、この空母を作っていた造船所が現在のウクライナにあったために、ウクライナの所有になったのですね。艤装は途中だったらしい。ウクライナも自前の空母を運用するほどのお金は無く、売却という話になったのですが、それもかなりの金額なので買ってくれる国が無く、結局回りまわって艤装途中の空母は中国の持ち物になったということ。
 旧ソ連→ウクライナ→中国、とオーナーが変わったこのフネの名前は、ワリャーグとか、ワリャクとか、ヴァリャーグとか、その表記も色々です。ですが、いまや中国海軍の軍艦になったのですから、中国式の名前になるでしょう。

 見たところ、艦首にスキージャンプ台がついていますから、短距離/垂直離陸の可能な戦闘機を搭載して運用するということなのでしょう。但し、中国海軍はこのタイプであっても初めての運用となりますから、まずは空母の運用データを取って、いずれは本格的な空母を自国開発・建造しようという目論見なのでしょうね。

 今現在で、蒸気カタパルトとアレスティングワイヤーで固定翼機を運用することができる大型の空母を持っているのは、アメリカとフランスくらいです。他の国にも、一応「空母」と名乗るフネはありますが、その殆どは上記の如く、載せる航空機がかなり限定される空母になります。ま、だからと言って中国の空母が日本にとってなんでもないかと言えば、これはこれで圧力にはなるでしょう。かつては「砲艦外交」などという言葉があったように、空母の如く大きな軍艦がいるだけで、威圧を受けるものです。

 ですが、実際の空母というのは、いざ戦争ということになったら、単独では動けません。海の忍者、潜水艦に付け狙われたらもうどうしようもない。それでアメリカは、1隻の大事な空母を潜水艦や敵機から守るために、たくさんの護衛艦で取り囲んでいます。空母を動かすというのは、莫大なお金がかかるということですね。まあ、今の中国はお金を持っていますから、そんなのはどうにでもなるのでしょうが、今のところはソ連の中古の空母をとりあえず使える様にした、というあたりで受け取っておけばいいでしょう。これが、国産の大型空母を2隻、3隻と就役させるようになったら、これは相当の脅威になるでしょうが、そこまでいくには最低10年はかかるのではないでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終日雨模様

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事を載せた後で、早速パソコン部屋で使っていた小型扇風機~サーキュレータとも言う、の箱を出して、収納してしまいました。
 何せ独身なので時間はあるのです。

 そして日曜日。東京は朝から雨降り。昼過ぎに用事と買い物をしようと外へ出たら、これが結構な本降りになっていて、ズボンの裾が濡れました。イトーヨーカドーでは「ジャイアンツ優勝セール」を開催中で、明日の月曜日まで諸々安い・・らしい。特に買いたいものも無かったので、熱心には見ませんでしたが。

 遅い昼食を食べて、例によってDVDレコーダに録画した「世界ふれあい街歩き」をDVDへダビングする。「ぴったり」モードでダビングするとこれが番組そのままの時間がかかるため、つまり一日に何枚かしかできないのです。何しろ効率が悪い。時間がかかるのですが、何せDVDへダビングする他はどうにも外へ録画番組を逃がす手段が無いため、地道にやるしかないのです。

 夕方の新幹線でカミさんが帰ってくるので、それまでの時間にスポーツクラブで一と泳ぎしようと思って、ダビングのセットをして、プール用装備で出撃する。あまり時間がないなあ、と思いながらも、やはりそこはそれ、ちんたらとお散歩クロールを泳いでいると、突然に「SUICA」を家に忘れたことを思い出したのです。シマッタ、仕方ないから切符を買って行くか、と一度は思ったのですが、相当にケチな小生は水泳を少し早目に切り上げて家に取りに戻ったのでありました。

 定刻に上野に着いたつばさ号で、カミさんが帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

扇風機のシーズン終了?

 こんばんは、チェスです。

 ここ数日の東京は、めっきり秋めいてきた感じがします。空気がすっかり入れ替わったとでもいうか、昼間の日差しが厳しくとも、身体に纏わりつく様な熱気はなくなりました。
 未だ家の中ではTシャツ一枚ですが、外に出る時にはそれではちょっと涼しい。

 ついこの間、箱から出して、暑い時に動かしていた小型の扇風機、もうそろそろ箱に戻してもいいかもしれません。早いものだ。


 昼にカミさんからメールが来て、お義母さんは無事に退院したとの事。あと、特に問題がなければ明日日曜日の夕方にはカミさんが帰ってくる予定です。なんであんなに重くなるのか、女性の皆さんに伺いたい所ですけれど、女性の旅行鞄というのは相当に重いですよね。カミさんが山形へ出発するときに鞄を持ったら、あまりの重さにびっくりしました。一体なにを詰めればこれだけ重くなるのかと。
 あれをまた持って帰ってくるので、気の毒ですから上野まで迎えに行かねばなりますまい。

 今年の秋分の日は22日で土曜日だったのですね。土曜日が祝日にあたってしまうと、振り替え休日が発生しないので、なんだかちょっと損した様な気になりますが、なんでも民主党の方で、こういうケースは金曜日をお休みにするとかいう法律を考えていると、昨日か一昨日のニュースで言っていた様な記憶があります。そうなると連休が増えますから、レジャー関係の活性化になりそうではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1番人気に乗る?

 こんばんは、チェスです。

 ここ数日は、「東シナ海 波高し」という状況でありますが、まあおそらくは大事にはなりますまい。
 アメリカさんが一言「尖閣諸島は日本の領土ですよ」と言えば、それで終わりなんですけれどもね。

 東シナ海とは関係なく、小生の1週間の独身生活は終わりに近づいてきたわけです。
 で、朝食のパンは、いつもは食パンをトーストして食べているわけですが、ここは一つ、何か贅沢をして美味しそうなデニッシュでも買ってやろうかと考えて、いつものパン屋で色々と物色する。そうすると、パンの値札の隣に「当店の人気No.1」とか、「当店の人気No.2」とかの売れ行きの高さをアピールするカードが追加されているパンがある。

 パン屋に限らず、こういうのは時々見かけますよね。
 「これが今、大人気なんです!」と煽られると、思わず「それじゃ試しに買ってみようか」と思わせるのでしょうね。

 小生などは、天邪鬼的なところがあるので、本当は1番人気にはあまり乗りたくはない。競馬の単勝1番人気というのは、これはオッズが最も低い馬なので、仮にその馬に賭けて勝っても、払戻金は大して戻ってはこない。ギャンブルとしてはつまらない。(元手資金が豊富にあればまた話は別だけど)。
 ましてや、パンなどでは、これは人気に惑わされずに自分の好みのパンを買っておいたほうが、間違いがないです。
 問題は、選択の決め手が無くてあれこれと迷っているときですね。そんな客であれば、これは人気に頼るのもありかもしれません。

 いや、選択が白紙に戻ってしまったBDレコーダ、これが困ってしまいましたのですけれどもね。人気に頼るなら、パナかソニーを買っておけ、とそういうことになるのでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥越に寄る

 こんばんは、チェスです。

 確か、今年の春先、プロ野球が開幕してから暫くの間(半年前のことなのに記憶があやふや)小生が、「監督は先輩だから」という理由で応援しているジャイアンツは調子が非常に悪かった。何連敗だかをしでかして、諸々の過去のデータから、最早今年の優勝は無し、みたいな言われ方をしておりました。おまけにその後、その先輩の監督に関して、ずいぶん昔の女性スキャンダルを週刊誌に書き立てられて、評判を落としました。
 ところが、暑い季節がやってきて、世間の注目がプロ野球からロンドン五輪に向かう様になった頃(このあたりも記憶あやふや)、いつの間にか調子を上げてきたジャイアンツは、セ・パ交流戦で初めてセリーグのチームとして優勝して、セントラルリーグの1位にも躍り出ておりました。
 そしてロンドン五輪が閉幕した頃には2位のドラゴンズをじわじわと引き離しにかかり、気がつけばマジックナンバー点灯、そのナンバーもみるみるうちに減っていき、気がつけばマジックナンバー1。つまり優勝にあと1勝になっていると。
 それなら春先のアレはなんだったのでしょうかね。

 山形帰省中のカミさんからメールが来て、お義母さんの退院が22日になったので、23日には帰れそうだとの事。すると、丁度1週間の山形滞在ということになりますね。

 今日は仕事で昼過ぎから夕方まで虎ノ門へ外出だったので、会社には戻らずに、実家の鳥越に寄って夕ご飯を食べさせてもらいました。
 昨日作ったカレーがまだたくさん余っている、ということだったので、丁度良かった。久しぶりに食べた母親のカレーは甘めではありました。

 今日はおかげで一食分助かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕食面倒

 こんばんは、チェスです。

 小生は概ね、夜8時少し前には帰宅しておりまして、帰宅して着替えて手洗い、うがいすると夕食ができている、という誠に恵まれた環境におります。毎日朝・夕食を作ってくれるカミさんに感謝しております。
 が、月曜日の夜からそのカミさんが居ない。で、食事はどうするか?という問題になるわけです。

 別に朝食は問題無い。元々朝はパン食で、パンをトーストして、何か簡単なおかずと果物飲み物を摂ればいいだけですから。

 問題は夕食で、1週間位のことだから、外食で済ませてしまう、というテも無論ある。しかし、元来がケチな小生は、その選択はしないのであります。
 ところが、自分ひとりのために夕食を用意する、というのが意外に面倒である。例えば週末に小生が夕食当番で何か作るのと違って、食べるのが自分だけとなると、いかにも張り合いが無く、何か作ろうかという気持ちにならないのですね。
 味噌汁一人分なんて、作らないですね。これはもう、買い置きのインスタント味噌汁で十分。
 ご飯は、過去の夕食の残りが冷凍してあるので、これを使えばいいのですが、解凍するのに時間がかかるかと思えば、総菜屋で一人分のご飯を100円で買ってくれば話は早い。

 問題はおかずなんですが、これだって冷蔵庫・冷凍庫を漁れば、食べられそうな奴が出てきます。

 世の中、一人暮らしをされている方は少なくないと思いますが、一人分=自分用の食事の用意を、皆さんどのようにされているのでしょうね。クックパッドのレシピも、大抵は2人分から、3、4人分の分量が殆どで、1人分という分量のレシピはあまりお目にかかったことがありません。(無いことはないです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクラ収穫

 こんばんは、チェスです。

 なんですか、ここ数日は夜中にちょっとした豪雨の如き雨が降る東京です。昨日の夜、ではなくて、今朝未明なのかもしれませんが、音をたてて雨が降っていました。そのためか雨上がりの今朝は少し爽やかな感じがしましたが、それはほんの僅かで、会社に行く頃にはもう厳しい日差しになっていました。

 会社に行く前に、ヴェランダに並べているプランター植物に水遣りをするのですが、今朝は2つ目のオクラの花が咲きました。と共に最初に咲いた花の後、オクラの実がそれらしい形と大きさになっていました。
Okura_20120918_3

「花が咲いた後4、5日」が本日に該当するため、鋏で切って収穫。とうとうオクラを1つ収穫いたしました。
 カミさんは田舎にいるため、携帯電話のカメラでオクラの花と実とを撮影して、最初の収穫を報告。「悪くなるといけないから、納豆にでも入れて食べちゃって」という指示があったので、納豆ご飯に入れて食べてしまうことを決定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帯状疱疹

 こんばんは、チェスです。

 カミさんからの報告では、義母はどうやら帯状疱疹らしいということでした。一時は顔がかなり腫れていたらしいのですが、かなり腫れが引いたということで、まずまずそんなに心配はないらしい。但し、一人残っている岳父は、これがあまり家事というものをやらない方なので、義母はウチのカミさんに家のことをあれこれとリモコンの様に指示していて、そちらの仕事が残っている模様です。

 ま、折角行ったのですから、4、5日は田舎に滞在して、義母の退院の目途がつくか、あるいは退院後に戻ってきなさいと連絡しました。

 帯状疱疹というのは、確か小生は社会人になってまもなくの頃に罹りました。小生の場合も顔に赤い発疹ができて、なんじゃこれは、と皮膚科を受診すると、こいつは感染するから暫く会社には行くな、と言われて1週間程会社を休んだ記憶があります。
 こいつは非常に痛い、ということで、事実、義母も痛さで食事が取れなかったそうなのですが、小生はそれほど痛かったという記憶はありません。

 折角の三連休というのに、何だか色々とバタバタしているうちに過ぎ去ってしまい、明日からまた会社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然独身生活

 こんばんは、チェスです。

 うちのカミさんが、概ね週に1回、まあ大体は土曜日の午前中ということが多いですが、山形の実家に電話を入れて、田舎の様子を訊いています。あちらではカミさんの両親2人だけで暮らしており、お年寄り世帯ということで何かと心配が多い。
 で、昨日の電話では、珍しく岳父が出た。いつも電話に出る義母が出ないのはどうしてか、と思ったら、岳父が言うには、義母は口に出来物ができて、何も食べられない状態なので入院してしまったのだと。
 生憎と週末の出来事なので、どんな病気でいかなる状態なのか良く分からない。まずいことに岳父は耳が遠くて、電話の会話も結構不自由です。

 でもって、急遽カミさんが山形へ様子を見に行くことになりました。

 小生の亡父の一周忌に出て、その足で東京駅へ行き、山形新幹線に乗って行きました。

 義母は大事なければ良いですが、なにぶん高齢なので些か心配ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

困った奴

 こんばんは、チェスです。

 一昨日の記事で、「オクラの花が咲いた」と書きましたが、その花が終わった後を観察しましたら、おお、こいつはまごうかたなき本物のオクラが顔を出しておりました。あと数日待って、連休明け頃にはオクラ収穫第一号ということになりそうであります。
 次の花も、直ぐに咲きそうな状態になってきましたから、第二号の収穫も直にできることでしょう。

 さて、以前からのDVDディスクのファイナライズ、これが思った以上に難航しています。

 最初に小生が取り組んだ時、これは確か先週の日曜日だったと思いますが、20枚程度は何の問題もなくできたのです。で、20枚程度終わって、読み込みができなくなったディスクが出てきてしまい、まあその時には丁度小生も外出しなくてはいけない時間になっていたので、これはディスクがエラーをおこしてしまったのかな、くらいに考えて、残りをカミさんに任せたのです。

 ところが、その翌日からカミさんがファイナライズをやると、だいたい5枚程度実施したところで、読み込みができなくなったりという、前回の小生と同じような不具合が発生して止まってしまう。これが毎日の様にでるものですから、ファイナライズ作業が遅々として捗りません。
 その読み込み不可で止まってしまったディスクは、翌日に電源を入れ直した状態でやり直すと、これがあっさり出来てしまうというおかしな状態なんです。つまりは、一度電源オフして休ませてやると、復活してファイナライズができるようになる、というかなり持久力が無い困ったレコーダなのです。

 そうこうしているうちに、目を付けていた東芝のBDレコーダ、値段の割にHDDが大容量でいいぞ、と思っていたのですが、これが旧モデルなので、店頭在庫が無くなればハイそれまで、という製品であったので、今頃は売り切れになっているかもしれません。
 ま、こうなれば我が家での東芝は完全にブランドとしての信用を失墜しておりますから、パナソニックあたりの売れ筋を買っておこうかと考えています。もはや慌てる必要は無くなりましたからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼鏡の価格破壊

 こんばんは、チェスです。

 いつまでも残暑が厳しいですね。そろそろ「夏バテ」が出てくる方もいらっしゃるようで、健康第一として体調管理に気をつけましょう。
 つい数日前、ウチのカミさんが掛けていた眼鏡の、鼻に載せる部分のプラスチックの小さな部品、あれが突然眼鏡からポロッと取れて落ちてしまったのですね。

 ま、その時には「いつの間にかネジが緩んで外れてしまったんだな」と眼鏡用のドライバーでその部品をつけているネジを締めたのです。
 が、翌日になると、またもや同じ現象で落ちてしまった。これはどうも、プラスチックの部品に開いていた穴が割れてしまい、ネジの軸から取れて落ちてしまうらしい。
 彼女が買った眼鏡は、我々が今住んでいる集合住宅のお隣の眼鏡屋さんで買ったものなので、持っていって直してもらう、と言っていました。
 が、それはそれとして、眼鏡が一つしかない、ということは、今回の様に何かトラブルがあった場合、たちまち不便に陥ってしまうということで、予備を一つ買っておく、とも言っておりました。

 カミさんが予備の眼鏡を買いに行った先が、JINSという最近流行っている眼鏡店。テレビコマーシャルも打っているので、ご覧になった方もいるでしょう。日本全国に凄い勢いで店舗を増やしているそうです。ここの眼鏡は、とにかく安い。1万円以下は当然で、5千円でも眼鏡1台買えてしまうのだそうです。しかも、カミさんの如く、「今掛けているこの眼鏡のレンズと同じレンズでいい」という人であれば、注文してから30分程で眼鏡が出来上がってくるそうだ。

 これらを聞いて、「うーん、眼鏡業界の価格破壊だな。眼鏡のユニクロか。」と呟いてしまいましたよ。

 小生の父方の祖父は、金を加工して枠を作る眼鏡職人をしていまして、亡父は眼鏡の卸売り店(確か小売もやっていた)の営業をしていまして、亡父の友人には眼鏡フレームも作る鼈甲細工の職人さんがいましたから、眼鏡の業界については一般の方より多少は詳しいのです。昔からの眼鏡店で、眼鏡を1台新調しようとすれば、勿論フレームにもよりますけれども2万3万あたりまえ、5万6万でも普通にかかるという高価な買い物でありました。しかも眼鏡店で注文したら、出来上がるまでに3、4日はかかるという有様でした。

 JINSの如き商売を展開されては、これはもう街の眼鏡店はバタバタと潰れてしまいますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

またも無知を晒した

 こんばんは、チェスです。

 9月は2回祝日があり、今年2012年の場合、敬老の日は月曜日にあたりますから、土日がお休みの会社勤め人などは「おお、三連休になる~」と喜べるのですが、秋分の日の方は土曜日で、こちらは逆に「一日お休みを損した!」とがっかりになりますね。こいつは暦の都合なので、いかんともし難い。しかし、秋の訪れと共に、こうして土日休みの他に祝日などがあると、それじゃどこかへ旅行に行こうか、ということになります。
 しかし、秋の三連休に福島の裏磐梯五色沼へ行った時は、高速道路が猛烈な渋滞で、それはそれは酷い目にあいましたから、秋に旅行するにしても、金曜日か月曜日のどちらかを休んで「三連休」を作り、それで出かけたほうが列車や宿の予約を取り易い、というわけでこの方式になりました。

 目下、うちのカミさんが、10月の頭頃に旅行する計画を立てていますので、計画が固まったらまた書かせていただきます。

 さて、数日前の「オクラ」の記事で、「花も咲いてないのに実がなった」などと書いた小生ですが、やはり普通に考えて、そんなことは有り得なかったのであります。
 そいつが今朝ほど判明しました。小生が勝手に「実」だと思っていたのは、実は花の蕾でした。なんというお粗末。
 今朝見たら、一番大きい奴が、朝6時頃に開花を始めていて、「なんと言うことだ、あれは花の蕾だったか!」と仰天し、驚いている暇もあらばこそ、花はどんどんと開いていきました。「花が咲かずに実がなる」なんていうことはなかったのです。オクラの実が成った、と思い込んでいたのはなんとおめでたいことでしょうね。

 いやしかし、何はともあれ、今朝ほどまずは一つオクラの花が咲きました。オクラの種が入っていた袋の説明によると、花が咲いてから4~5日で、実を収穫できるそうなので、来週の火曜日頃にはヴェランダ園芸の「初オクラ」が取れるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイナライズのその後

 こんばんは、チェスです。

 昨日はサッカーWカップ最終予選のイラク戦がホームであったにもかかわらず、うっかり会社の水泳部の練習を入れてしまって、テレビ観戦ができなかったです。
 帰宅後にニュースのスポーツコーナーで結果を見ると、1-0の際どい勝利だったようだ。ま、1-0であっても勝ち点3を重ねたのは大きい。

 で、例の録画で撮り貯めたDVDのファイナライズ、カミさんが奮闘していたらしいのですが、5枚程終わったところで止まってしまったとか。
 日曜日に小生がやったときには、20枚位は無事にできたんだがな。どうもこのDVDレコーダ、お払い箱になると判って、職務放棄を始めたのではあるまいか。
 DVDのファイナライズは、録画したレコーダでないとできないようなので、前倒しでBDレコーダを買ってしまうわけにはいかないです。いやま、買ってもいいのでしょうが、DVDのファイナライズが終了していなければ、現在のレコーダを放り出す訳にはいかないから、新旧2台並べておかなければいけない。そんな場所はないです。

 早い所、手持ちのDVDをとっととファイナライズしてしまわないと、BDに買い替えられないのですよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクラ

 こんばんは、チェスです。

 いつぞやの記事に書いたかと思いますが、ヴェランダ園芸で1本だけ生き残ったオクラは強風に耐えられる様に支柱に沿わせたのが良かったのか、大きな葉を次々と出して成長してきました。葉の裏に結晶の如き虫?が付いたのも、薬剤その他で退治し、肥料も追加して頑張って育てていましたら、小さな実が2つ、若しくは3つ、上に向かって付いたのですね。
 ただ、良く考えたら植物は花が咲いて、その花が終わってから実をつけますよね。このオクラは、いつ花が咲いたのかがわからなかった。花が咲かないのに実を付けるということはありえないでしょうからね。我々が気がつかないうちに、ひっそりと花が咲いて、さっさと散ってしまったのかもしれませんが。

 なんとか、現在の3つの実がもうちょっと大きくなって、食べられる様な大きさにならないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シクラメン

 こんばんは、チェスです。

 9月に入っても、東京では雨が少ないです。一時、雷が鳴ったり強いにわか雨があったりして、不安定なお天気になりましたが、今では昼はすっかり夏の続きで、ギラギラ太陽がのさばっています。こうなると首都圏の水がめが大変心配になりますよね。東京では西部は多摩川水系から取水している様ですが、主力は利根川水系からの上水道ですね。この利根川水系の各ダムの貯水率がかなり低下している模様で、ニュースではとうとう利根川水系からの取水制限が始まる模様です。取水制限のうちは未ださほどの影響は受けませんが、これが給水制限になりますと、場所によっては水圧低下や断水ということが起こりえますよね。
 そこまで行く前に、まとまった雨が降ってもらわないとヤバイです。

 昨年のクリスマスに買ってきたシクラメンの鉢。随分長い間花を楽しませてもらい、花が終わった後も夏の暑い間でも葉を茂らせていたのですが、9月に入ってとうとう、まるで力尽きたかのように葉が次々と枯れ落ちてしまい、球根だけの坊主姿になってしまいました。もともと園芸品種のシクラメンは、初夏の頃には葉を落として休眠状態になってしまうのだそうですが、家のは休眠しないでこのまま秋を迎えてくれるのかな、と思っていたので、ちょっと寂しい。
 管理上も、これはどうするのか、ちょっと悩みます。とりあえず、一回り大きな鉢への植え替えは実施したところですが、球根だけの状態で、水遣りはどうしたものか。

 今年の冬もまた華やかな花を咲かせて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無知というのは恐ろしい

 こんばんは、チェスです。

 昼間は残暑が厳しくとも、日が落ちるのが早くなったためか、夜に入ると風は涼しくなりましたね。

 さて、9月2日の記事で「やはりBDレコーダーかなあ」なんていう記事を書き、いよいよ具体的に、それじゃどこのメーカーのどんな機種がいいか、などと楽しく下調べをしていた矢先、現在使っているDVDレコーダのHDDに録画した番組、新しいBDレコーダへとさっと移せるのかな?という点が気になって、会社で詳しい人に訊いてみたら、これがまあ、いかなる方法を使ってもそれは出来ない相談であると、悲しい事実が判明したのです。

 まあしかし、本当に欲しい番組は既にかなりDVDにダビングしてあるし、と思い直したら、その詳しい人が一言「そのダビングしたDVDは、ファイナライズしてないと、新しいBDレコーダで認識してくれないかもしれないよ」と言われてしまったのです。

 うわ~っ、別の機械で再生することなんて考慮していなかったから、ファイナライズなんて、てんで意識してなかったよ!

 で、調べてみましたよ。そしたら、まるっきりファイナライズなんてやっていないのです。
 当初のDVDレコーダの設定そのままでは、ファイナライズは「しない」になっているので、意識しないとファイナライズなんてやらないのです。

 た、た、大変だ~、と、取説を一所懸命に読む、のではなくて、あちらにとって迷惑にも、メーカーの相談電話に掛けて訊きましたよ。そしたらファイナライズとやらは、後からでもできるのだそうだ。ああ、やれやれ。

 ま、無知というのは恐ろしいものだなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山霊園

 こんばんは、チェスです。

 行こうと思えば何時でも行ける様な近さにあるのに、一度も行ったことがないという場所は、東京都民を長いことやっている小生にとっても都内に結構あるものです。
 そうした場所の一つが、東京都が管理している霊園=墓地の一つ、青山霊園です。

 都が管理している墓地であるため、宗教は関係ないのですね。つまり、菩提寺というものが無い、あるいは何かの事情でお寺のお墓に入らない、あるいは入れないという方も、こうした公共の墓地に眠ることができる。

 それで、この青山霊園は、都の霊園の中でも著名な方のお墓が多く存在するということで有名なのだそうです。

 今日、そうした方々のお墓参りに行ってきました。

 地下鉄銀座線の外苑前で降り、まずはおしゃれなカフェで昼食を取った後、いよいよ青山霊園へ。
 まず、管理事務所へ向かいます。さすがに訪れる人が多いのか、案内図などが整備されていて、受付でいただくことができます。またパソコンの検索システムで、どんな時代の、どんな分野の著名人のお墓が、霊園のどこにあるかがわかる様になっている。
 それと、そのパソコンの脇に、司馬遼太郎先生の「坂の上の雲」の文庫版がずらっと並べられていて、更には「坂の上の雲」コース約60分というこの小説に登場する人達のお墓を巡るモデルコースなどが紹介されていることも、この作品を元にしたNHKのスペシャルドラマの反響が大きかったということなのでしょう。

 さて、まずは管理事務所の近くの、斎藤茂吉、志賀直哉といった歌人、小説家のお墓を捜したのですが、これが無念にも見つからず、また本日は天気予報とは裏腹にお天気が良くて日差しが強いので、かなり暑い。この時点で、先行きに暗雲が垂れ込めてきました。

 しかし、明治の元勲、大久保利通卿の大きく立派なお墓を見て、元気が少し回復し、浜口雄幸、井上準之助といった厳しい時代に頑張った政治家たちのお墓を見つけることが出来て、お墓参りに調子が出てきました。
 そして、日露戦争時の外務大臣、小村寿太郎のお墓も無事に発見。

 日露戦争関係で、「常陸丸事件」の際に受難された近衛連隊の大きな碑も見つけることができました。

 そうなると、これは当然外すことができない、「軍神廣瀬」の廣瀬中佐のお墓。むろんしっかりお参りいたしました。

 このあたりで、実はかなり暑さに参って疲れてきたのですが、しかし頑張って霊園の南の端の方まで歩き、「坂の上の雲」の主人公の一人、秋山好古のお墓を捜します。そのすぐ手前に、明治の偉大な細菌学者、北里柴三郎先生のお墓を見つけることができたのは望外の喜びでした。

 で、秋山家のお墓は確かに見つかりましたが、これがそれまでの人達のお墓と些か異なり、「新しく普通の(一般的な)」お墓だったのです。
 墓誌があり、秋山好古さんのお名前も見つけましたから、間違いはないものと思いますが、おそらく秋山家によって新しく作られたお墓という感じがいたしました。

 この様に、すごくたくさんの著名人のお墓があるのですが、ここはあくまで霊園。若し訪ねられる場合には、故人が静かに眠っている場所である、という気持を忘れずに、お参りいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスマッチと思いきや

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日がやってきました。素直に嬉しい!東京は朝からすっきり青空で、風が爽やかです。残念ながらこのお天気は本日限りで、明日の土曜日は下り坂のお天気になってしまうらしいですが。
 アイスキャンディもぼちぼちシーズンオフになりつつありますが、まだ9月も上旬だから大丈夫か。「ガツンとみかん」を毎年食べているファンとしてはあるまじきことですが、これを今年は未だ食べていない。安売りスーパーでも、大手のヨーカドーでも困ったことに見当たらないのです。こういうものはコンビニだよ、とうちのカミさんに言われたので、コンビニを探してみるかな。
 そして、アイスキャンディの定番中の定番、「ガリガリ君」。その更に定番であるソーダ味は当然の如くいただいていますが、何でも最近「リッチコーンポタージュ」というフレーバーが出た、とのニュースを見たのです。リッチ、は兎も角として、「コーンポタージュ」のアイス??ああ、赤城乳業も、とうとうやっちまったか、なんぼなんでも、コーンポタージュ味のアイスなんて、いったい誰が齧るんだよ、と呆れていたら、これがもうビックリ。売れに売れすぎて供給が間に合わなくなったのだそうです。こちらがニュースリリース。
 さすがに、赤城乳業だけのことはありますね。もう脱帽です。
 ちなみに、上記のリンクをご覧いただければわかりますが、赤城乳業のタグライン(Tag Line)は「あそびましょ」というものです。
 クールを狙った横文字が多いタグラインにあって、こいつは誠に斬新です。だからアイスのフレーバーに「リッチコーンポタージュ」なんでしょうねえ。

 コーンポタージュがありなら、「しじみの味噌汁」はどうだ、「サバの塩焼き」は?(これは単に小生の好物)、「松茸ご飯」なんてリッチでいいぞ、と赤城乳業の商品企画部にメールしたくなった小生であります。

 そうそう、「あそびましょ」のタグライン、こういうのをタグラインと呼ぶのは、最近ある人に教えてもらいました。小生はてっきり、キャッチフレーズとかいうのかと思っていました。
 人生勉強のタネは尽きませんなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケッコウ

 こんばんは、チェスです。

 そろそろ秋風が吹いて残暑はお引取りを願いたいと思う昨今ですが、今朝などは湿度が高いのか、会社へ行く際には妙に汗が出て、会社に着いたらワイシャツの下のアンダーウェアのシャツは汗でどっさり濡れました。これが乾くまでの間は気持ち悪いこと。
 その湿度の高さは、どうも西からやってきた雨雲によるものだったらしく、東京は夕方近くから雨が降り出しました。

 さて、「白黒つけない、あいまいで玉虫色表現が得意」な日本人であり、日本語だ、などと言われますが、特にやっかいな言葉に「結構」があります。

 これ、使い方によって了解・肯定の意味にも否認の意味にもなります。我々は、その場の流れとか前後の文脈とかで、推測しています。

 「ご説明は大変良くわかりました。その条件で結構です。」 → 了解の意味で使っています。

 「色々と説明されたけれど、どうにも話にならないな、条件が合わないからもう結構だ。」 → 否認の意味で使っています。

 話者にとっては、了解とか否認の意味ははっきりしているのですが、どちらにも取れる(両方の意味がある)言葉ということは、聞く方はこれを都合よく解釈することができますね。
 最近は小生のところにはやっかいな電話はかかってきませんが、以前には、やれ投資用マンションを買えだの、先物取引をしろだのの売り込み電話がかかってきました。
 で、こちらは断るつもりで「結構です」というと、あっちはこれを都合よく「契約OK」に解釈して、その後に何やら送りつけてくる、なんていうこともやりかねない。ですから断るのであれば、「結構です」よりははっきりと「お断りします」と言った方がいいですね。

 が、これら通常の用法は、形容動詞としてであって、「結構」には実は名詞としての意味もある。辞書から名詞の説明部を引用します。

けっ‐こう【結構】
[名](スル)

1 全体の構造や組み立てを考えること。また、その構造や組み立て。構成。「布置―」

「法則を設けて物語を―するは」〈逍遥・小説神髄〉

2 もくろみ。計画。

「基房亡(ほろぼ)すべき―にて候ふなり」〈平家・三〉

3 したく。用意。

「お斎(とき)を下されうずると有る程に、畏ったと云ひて参れば、中々―を取り調へて」〈虎明狂・宗論〉
以上「大辞泉」より

 如何でしょう。こういう意味で使われる「結構」は、現在は殆どないのではないでしょうかね。「結構」が、もくろみとか計画といった意味になるなんて、ご存知でした?あ、そんな話はもう結構ですか。失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯石取り

 こんばんは、チェスです。

 昨日だったかな、小生がいつも通っている歯科医院から葉書が来ました。葉書の表書き、つまり住所と小生の名前は、実は3ヵ月前に小生が書いたものです。歯科医院は、小生の名前に「様」をくっつけて、切手を貼って出してきたというわけ。

 そう、僅かに3ヵ月前のことなんです。通っている歯科医院は、かつては半年毎に来院して歯石取りを主としたクリーニングなどを受けてくれ、と言っていたのに、前回担当の先生が院長から別の先生に変更になったとたんに、半年では間隔が開き過ぎだから、3ヵ月で来るようにと言ってきたのですね。
 正直、世間の皆さんはそんなに頻繁に歯科医院に通っているのか?と疑問に思うようになりました。
 何せ、行けば行ったで1回の診察と歯石取りでは済まない。最低2回、下手をすれば3回とか通わないといけない。で、それらのトータルの医療費が1万円近くに達するのですね。
 おまけに、この記事にも書いたと思いますが、今度の先生の歯石取りはなんだか痛いのです。

 しかし、歯石取りが必要だということは理解しているつもりです。だから比較的まじめに行っていた。

 で、これも以前の記事に書きましたが、駅前(というか高架下モール内)に新しく開業した歯科医院、ここに試しに行ってみて、歯石取りがそれほど痛くなく、しかも2回くらいで開放してくれるのであれば、行きつけの歯科医院を変更してもいいかな、と考えている次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイカ

 こんばんは、チェスです。

 日が落ちるのがめっきり早くなりましたね。日中は残暑厳しくても、日が落ちれば涼しくなる。確実に秋がやってきている様です。
 このように、そろそろ夏は引き上げつつあるというのに、昨日漸くスイカを食べました。
 スーパーの果物売り場で、カットされたスイカがパックになって売っているでしょ、あれです。

 夏の果物の王様は、これはなんと言ってもスイカだと思うのですが、何分スイカは大きい。夫婦2人家族だと、とてもじゃないが丸のスイカは食べ切れない。
 それでまあスーパーでは適当な大きさにカットされたスイカを売っていますが、1/4サイズでも未だ大きいのですね。昨日カミさんが買ってきて、夜食べたのは、赤い果肉部分だけが食べ易い大きさにカットされていたので、元のサイズは推測するしかありませんが、1/8も無いのではあるまいかと思います。それでもスイカを食べたのは確かなんですが、既に切ってあるスイカにフォークを刺して食べるのは、どうもなんだか物足りない。
 同じカットされたにしても、皮付きで大きな奴に塩をパラパラ振り、大口を開けてかぶりつく、これがスイカの正統的な食べ方ではないでしょうか。

 食べるのは涼しい夜よりは、未だ暑い夏の昼下がりが望ましい。で、お腹いっぱいになるまで飽きずにスイカを食べ、眠くなってお昼寝をする。スイカの中身は水分が多いので、いくらお腹いっぱいに食べても直に元に戻るのもいいですね。晩御飯を食べるのに支障はでないのです。以上は40年くらい前の夏休みの午後に実践しておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊富な品揃え?地域密着?

 こんばんは、チェスです。

 9月に入り最初の月曜日、ということで、東京では小中学校、私立は知りませんが公立高校が今日から2学期スタート、その影響が大きく、朝の電車が混む様になりました。

 一時期、韓国からの女性アイドルグループ、KARAとか少女時代がかなりの人気を誇っていたことがありましたが、2012年現在においてもなお女子アイドルグループと言えば「会いに行けるアイドル」AKB48が一番の人気であることは間違い無いでしょう。

 女性アイドルグループとして、「たくさんのメンバーが居る」=品揃え豊富、というコンセプト(かどうかは知らんが)なのは、小生が確か高校生の頃、「おニャン子クラブ」というのが既にありました。(今は無いはず)。会員番号○○番、とか、グループ内ユニットなんていうのも編成されていたと記憶しています。
 そこからずーっと後に、今度は「モーニング娘。」というのができた。こちらの方は、創業(とは言わないな)当時のメンバーはさすがに卒業してしまいましたが、メンバーが新陳代謝していて、現在でもちゃんと存続活動しています。

 してみれば、「とにかくたくさんの女の子を集めたアイドルグループ」というのは以前より存在していたわけだ。AKB48がそれら従前のグループと違っている点は何か?これはもう、グループ名に表れている様に、「アキバのアイドル」というのを前面に出していることでしょう。
 世間的には、アキバというと「オタク」というイメージが連想されることが多い。リュックサックを背負ったうつむき加減の男が、アニメ関係のお店に屯していたところへできたのが、メイド喫茶という存在で、更には数年前にトラック突入無差別殺人事件が起きてしまった。言ってみれば些か特殊に見られても仕方が無い街であったのに、今や一世を風靡したアイドルグループの本拠地というか聖地である。変われば変わるものです。
 AKB48の成功を受けて、他の地域でも、やれ名古屋の栄だ、大阪のなんばだ、福岡だと次々派生グループが立ち上がったのですが、それらが本家同様、各地域で大人気なのかどうか、それは知りませんがどうなのでしょう。アキバの成功を「水平展開」しているわけですが、これはいかなる事業でも限界が訪れる。次なる一手はどういったものになるのかな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりBDレコーダかなあ

 こんばんは、チェスです。

 天気予報通り、本日日曜日は朝晴れ間が見えていても、見る間に雲が広がってきて驟雨になるという不安定なお天気。
 昨日、スポーツクラブのジムで少々きつめにマシンを動かした反動が出て、今日はプールにも行く気がせず、家の中で大人しくしておりました。
 実質的に今年から使い始めた、日本エイサーのパソコンは、問題なく大変快適に動いているのではありますが、一つだけ不満なことがありました。付属していたスピーカは、USB給電タイプのスリムなスピーカで、場所を取らないというメリットがあるものの、このスピーカが出す音が、これがなんともはや薄っぺらでプア。元々お安いデスクトップパソコンに付属するスピーカだから仕方無いのかもしれません。が、たまにはヘッドフォンを外して音楽を聴きたいという時もあり、我慢していたのです。実は以前のDELLのパソコンの時には、オーディオテクニカ製のスピーカを繋いで使っていたのですが、USB給電ではなく直接プラグを刺すタイプで、もうこうなったら前のスピーカに戻すか、と、一旦退役させたスピーカを引っ張り出して繋ぎ直しました。するとさすがに、遥かにこちらの方が音がよろしい。付属のUSB給電のスピーカは入れ替わりに退役です。

 ところで我が家では、テレビの録画機能の他に、DVDとHDDで録画するレコーダを使っているのですが、これが立ち上がりが遅くて、カミさんから不興を買っていました。いわく、とんだ外れを買ってしまったと。
 4年前に買ったので、未だBDは出たてだったか、凄く高かったのですよね。それでBDレコーダは諦めて普通のDVD/HDDレコーダにしたのですが、ハイビジョン放送をHDD録画で見る分にはいいのですが、DVDにダビングするととたんに画質が落ちてしまいます。
 これはやはり、ハイビジョン放送を取っておくにはBDだな、いっそ立ち上がりの早い奴に買い替えるかな、と色々調べてみると、実売価格で3万円ちょっとで買えることが判明。今のレコーダを弟に譲って、BDレコーダに買い替えるか、と思案中なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パラリンピック

 こんばんは、チェスです。

 さて、9月になりました。東京は確かに残暑厳しいのですが、何やら黒い雲も時折押し寄せてきて局地的に雨を降らすなど、不安定なお天気であります。明日の日曜日の東京は雨の予報が出ています。
 
 ロンドンオリンピックが終わり、あの熱狂と共に夏が終わっていくなあ、などと感傷にふけるそこのアナタ、そのロンドンで、パラリンピックが開幕したのはご存じでしょうね。
 カミさんが昨日、とあるセミナーで東京都の猪瀬副知事の講演を聞いてきたのですが、その講演の中で猪瀬さんが、パラリンピックの観戦チケットは既に全部売り切れている、とおっしゃったそうで、ロンドンではそれなりに注目を集めているようです。
 小生は何かテレビ番組で見たと記憶しているのですが、イギリスの場合だったかな、パラリンピックへ出場する選手へも、オリンピックへの出場選手と同じ強化費が支出されるのだそうです。ちなみに日本の場合には比較にならないらしいですが。

 しかし、世間に向かって「オリンピックと同様にパラリンピックも関心を持って欲しい」とアピールしても、肝心のマスメディアにおける扱いが殆ど無いに等しい状況では、これはなかなか難しい。民放の場合にはスポンサーという強大な存在がありますから、直ぐに視聴率が取れないかもしれないパラリンピックを中継するとかは、放送権料との兼ね合いもあって難しいのかもしれませんが、それならこういう時にこそ、「皆様のNHK」の出番じゃないでしょうか。NHKに視聴料を支払っている我々が声を上げて、パラリンピックもきちんと報道しろ、と言わないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »