« 続オクラ | トップページ | スタンプラリー完走 »

いじめ問題

 こんばんは、チェスです。

 大津の中学校における生徒の自殺は、色々の報道を読む限りにおいてはどうもいじめがその原因にあったと考えざるを得ないですね。それにしても、当初の学校や教育委員会の対応というものは誠に非難されるべきものであり、中学校でのいじめは「無かったこと」にしてしまいたい意図がはっきりしています。

 小生が児童、生徒だったのは3~40年も昔のことですけれども、その頃からいじめというのは確かにありましたよ。なので、学校の「いじめは無かった」なんていう報告はナンセンス極まりない。いじめというものは昔からあるんです。そしてその解決というのは、決して児童、生徒の良心とか正義などに期待してはいけない。いじめ問題の解決には、先生という絶対的存在による強力な介入が必要なんです。

 小学校や中学校という、子供の社会においても、彼らは自分の身を守る為には敏感です。例えば国家の安全保障という重大問題に匹敵するのが、クラス内における子供の立場というか、旗幟を明らかにすることなんですね。本来的には「うちの子は優しい子で、人様の子をいじめる様なことは考えられません」という親御さんの感覚は正しいのかもしれませんが、そうした優しい子であっても、仮にいじめられている子を庇ったりすることで、「いじめらる側」になってしまうとしたら、心ならずもいじめっ子の仲間にされてしまうということもあります。そこまでいかなくても、「見て見ぬフリ」という局外中立を保つのが精一杯かもしれないので、本当はいじめられている子を見て、かわいそうと思っても先生に通報することも躊躇ってしまう。結局、子供同士の力関係からいじめられている子の味方になってくれるという子はめったなことでは現れません。

 そこで「密告」の如きシステムがどうしても必要になる。匿名でいじめを通報できる=密告に他ならず、子供同士の信頼関係を損ねるとかいう批判がありそうですが、しかしいじめによる自殺を防止するなら、この位は止むを得ないでしょう。

|

« 続オクラ | トップページ | スタンプラリー完走 »

コメント

この事件に関しては、特に学校側の『事なかれ主義』と教師の保身行為が顕著に感じられます。
直前に金10万円をカツアゲされた疑いも出てきたため、刑事訴訟までいって関係者に一定の責任を追及すべきでしょう。

投稿: <鈍速> | 2012.07.14 13:53

><鈍速>さん

 大津の中学校の事件は、マスコミの取り上げ方が意外に大きくなったためか、警察が重い腰を上げた様ですね。なんとか学校における責任の所在をはっきりさせてほしいものだと思います。

投稿: チェス | 2012.07.14 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめ問題:

« 続オクラ | トップページ | スタンプラリー完走 »