« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

強風に負けたプランター園芸

 こんばんは、チェスです。

 会社で小生が始めた「水泳部」というクラブ活動なんですが、4月の人事異動で1人が転勤し、そして8月になってすぐにもう1人が海外へ赴任してしまうという状況で、いよいよもって活動が厳しいことになってしまいました。今日はとりあえず、ちょっとだけ泳いでから海外へ赴任する人間の壮行会です。

 水泳といえば、日本競泳陣が頑張っていて、盛り上がってきましたね。4コメの萩野さんは現役高校生だそうですが、フェルプスを負かしての銅メダルは値打ちがありますね。他にも女子の平泳ぎ100、男女背泳でそれぞれ銅メダル。今のところ〆て4個か。北島選手の100は残念ではありましたが、200で驚異の巻き返しがあるかもしれず、競泳陣はトータルで今大会かなりメダルを取れそう。

 オリンピックと全く関係はありませんが、小生の家のヴェランダ園芸。

 相変わらず元気なのは、春に植え替えた2つのワイルドストロベリーくらいで、ラーディッシュはほとんど全滅。オクラも本命の3本が次々に強風にやられて倒れてしまい、皮肉なことに本命を残すために間引きした苗を小生が貰って他のプランターへ植え替えた奴の3本だけが未だ生き残っている。その3本にしても、強風でいつなぎ倒されるかわからないという按配で、つまりは種から育てるのは中々難しいということなのかな。

 その強風に懲りて、東側にあるヴェランダに置いたプランターで朝顔をやっているのですが、実はこちらも何本か強風で倒されてしまっています。ただ生き残った4本が順調に蔓を伸ばしているので、来月早々には漸く朝顔の花を楽しませてくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発反対デモに思う

 こんばんは、チェスです。

 半月ほど前の事だったと思いますが、会社の同僚の一人が、「毎週金曜日に行われている原発反対のデモに参加している」なんてことを聞いて、ほお、その主旨への賛同はできないけれども、そうやって自分の意志を行動に移して具体的に表明するというのは大したものだ、とその行動力の方を褒めました。
 我が国のかなりの部分を占める給与生活者=サラリーマンという小生のご同輩たちは、アフター5に上司や役員の悪口を肴にお酒を飲んで、だんだん高揚してきたら悪口の相手は政治家や、日本国政府とか外国とかになってくるものですけれど、概ねは「口だけ番長」という奴で、ご本人のストレス解消にはなっているけれどもただそれだけ、な人が多いと思います。
 しかし、継続している反原発のデモは、この暑い中を良くやっていると本当に感心してしまう。

 感心はすれども、小生としては反原発デモには賛同できかねる。

 まず第一に、我が国の電力事情は、相当割合を原発に頼っている。その原発の殆どが休止している現在、しわ寄せは火力発電所にいっているわけですが、これは当然に化石燃料を燃やして電気を作っているのです。その化石燃料の殆どは海外からの輸入ですから、火力発電ばかりですと電気代はまず上がるでしょうね。

 そして、原発は「止めていれば安全」とかいうものではありません。原子炉には燃料棒が入っていますから、自然災害による事故を云々するのであれば、原発の原子炉を廃炉にしてしまわないと安全とはいえないし、使用済み核燃料をどのように処理、管理していくかという問題も含めて議論する必要がある。

 こうした状況の中、原発を全部ただちに止めるというだけで問題が解決するわけではない。

 現在の日本に必要なのは、福島第一原発の事故を受けて、全国各地の原発の安全設備、対策の総点検と、仮に不備があるならきちんとした対策を速やかに打ち、問題の無い原発については順次稼動させていくことだと思います。
 その上で、将来的に電気をどんな形で作って供給していくのか、政府は電気エネルギー戦略を打ち出して、国民に説明、理解を図るべきでしょう。小生も、原発はもうこりごりだ、とは思うけれども、我々の生活というのはあまりにも電気に大きく依存しすぎています。最早電気無しでは毎日の生活は成り立ちません。そのため、今ここにある原発は、対策させきちんとしているのであれば動かしていくべきだと思います。が、将来的には新規の原発の建設は止めて、現在ある原発は少しずつ数を減らし、時間を稼いでいる中で各種再生可能エネルギーを開発促進して原発に置き換える。そうやって長期的スパンで「脱原発」を図るというのであれば、これは賛成しますが、あくまで電力供給を犠牲にするべきではない。現在の電力供給をどうするかについて、きちんとした青写真が無いのであれば、反原発デモに賛成するわけにはいきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりテレビに釘付け

 こんばんは、チェスです。

 ロンドンオリンピックが開幕して、日本人選手が出るというと、これはどうしてもテレビを点けて中継しているチャンネルにしてしまいます。
 どの競技にしても、まあ大抵は「世界選手権大会」か、それに準じる世界大会があるわけですが、それらとの値打ちが決して変わるわけではないとは思うのですが、オリンピックの方は何せ4年に1回。でもって、様々な競技が一堂に会して開催されるというあたりが唯一で、どうにもこちらが注目されるのは仕方がないのでしょうね。

 世界陸上とか、世界水泳とかいった大会だって、相当のビッグイヴェントだとは思うのですが、今のところオリンピックを超える注目というのは集めない。

 もっとも、オリンピック競技から外れてしまったソフトボールとか野球なんかは、やっていれば我が国は確実にメダルが取れそうな種目でありますから、競技上のあらそいとは別に、政治的な駆け引きなんかも色々水面下でやられているのでしょう。もっと言えば開催地の誘致合戦とかね。

 夜、柔道の男子66kg級に日本の海老沼選手が出ているというので、応援していたら、準々決勝で延長でも決着がつかず判定になった。最初の判定では青(相手の韓国選手の色)3本だったのですが、ジュリー(審判委員とでもいう存在なのだろうか)が主審副審を呼んで、なんと判定やり直し。白(海老沼選手)3本上がって判定が覆りました。こんなのは初めてみましたが、びっくりしましたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドン開幕 こうのとり無事結合

 こんばんは、チェスです。

 まあ何と言いましょうか、今頃が一年の内でも一番暑い期間ということになるのでしょうね。
 とにかく暑い。うっかり正午頃に外に出ようものなら、暑さでクラッときてしまいますね。

 昨晩は、日本の無人補給機「こうのとり3号」がISSへドッキングするということで、インターネット中継がありましたからその様子を見守りました。JAXAのサイトより、NASAのNASA TVの方が繋がりやすい様で、小生はNASA TVの方で見守りました。説明が流れているのですが、やはりというか英語で、情けないことに小生の英会話能力ではほとんど聞き取れない。何となく、HTVがキャプチャーポイントに来るまであと何分です・・みたいなことを言っているらしいな、という程度しかわかりません。しかし画面を見れば、こうのとり3号が非常にゆっくりした速度でじわじわとISSに接近している様子はわかります。そしてキャプチャーポイントに到着したらしく、ISSのロボットアームが伸びて、しっかりこうのとり3号を捕まえました。筑波宇宙センターの管制室で、詰めている面々が拍手をしている様子が映し出されておりました。その後は見ていないのですが、JAXAからは「こうのとり3号はISSのハーモニーに結合しました」という発表がありましたので、まずは目出度い。

 そして、ロンドンが開幕しました。早速競技が始まっておりますが、これから約2週間の間は、テレビ番組はロンドンからの中継や録画で特別編成ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステテコデビュー

 こんばんは、チェスです。

 オリンピックロンドン大会の開会式は明日なのかな?オリンピックの開会式というのは大掛かりで華やかで、しかも各界の有名人なども登場したりして、一大イヴェントですからこれはちょっと見ない訳にはいかないですね。
 スケジュール的に厳しいためなのか、その開会式に先立ち、既にサッカーの男女の予選ブロックリーグ戦が始まっていますね。日本女子のなでしこの方は何せ人気も実力も大いに上がって注目され、難しいと言われる初戦を勝って良かった。一方の男子は、いきなり優勝候補のスペイン相手であったのですが、まさかの勝利。これは色々言われていますけれども「初戦がスペイン戦」というのがむしろラッキーだったと言えそうですね。無敵艦隊などと言われるスペインでも、初戦は結構落としている様で、徐々に調子を上げていくタイプなのでしょう。

 そんな具合に、世間の注目は英国ロンドンに集まっているわけですが、今日はちょっと空の上、国際宇宙ステーションの軌道上にも注目してもらいたい。日本の無人補給機「こうのとり3号」がISSに接近し、ロボットアームで掴まえてもらう日なのです。JAXAのサイトではインターネット中継が20時過ぎからあるようですから、こうのとり3号の到着を見守るというのも楽しい。

 ところで、あまりに猛暑になってきたので、先日「コナカ」にて夏用ズボンと一緒に買った所謂「ステテコ」を着用に及ぶことにしました。即ちステテコデビューです。
 見せて歩いたら頭のネジが緩んだ奴になってしまいますから、別に誰にも見せませんが、こいつは確かに具合が良い。ステテコを履いていない時よりも、涼しく感じますね。こんなに具合が良いのであれば、もっと早くにデビューしておけば良かったと現金なことを考えました。しかし、寒い時の黒タイツといい、夏のステテコといい、着用物が次第に若者からどんどんオヤジ系に傾斜していくのは避けようがありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競泳でマラソン?

 こんばんは、チェスです。

 昨日は、記事にも書いた様にメロディカードを捜して買うために、会社を殆ど定時退社しましたから、普段よりだいぶ早く帰ってきた。で、そうだそうだ、今月中に散髪すれば200円引きになるのだった(誕生月のお客さんは200円引きなのだ)と思いだして、床屋へ寄りました。

 運の良いことに、ドアを開けて入ると待っている客が一人も居ない。いつもやってもらうマダムの椅子が空いていて、そこへ座ることができました。
 いつもやってもらうマダムであれば、色々と仕上がり具合を説明しなくても、こちらの希望通りに切ってくれるので楽だし、鏡を見て「切りすぎていないだろな」とチェックしないでも済む。

 でもって、ご多分に漏れず世間話の好きなマダムに髪の毛を切ってもらいながら、開幕直前のオリンピックの話になると、マダムが言うには、何でもJR我孫子の駅に大きな応援幕が出ていて、それを見たそうで。

「競泳のマラソンって知ってます?確か10km。」

とかおっしゃる。ええーっと、屋内のプールでやる競泳種目には、さすがにそんなに長い距離のは無かった筈。トライアスロンじゃあないの?と訊くと、トライアスロンかなぁ、でも競泳で10kmと書いてあったと。

 屋内のプールで10kmもの長さのレースをやったのでは、これは大変なことになるから、それじゃたぶん海とかでやる奴なんでしょうなあ、と話していて、そうそう、確か「オープンウォーター」という競泳があった筈。
 でも、日本から選手が出るのかな、と独り言を言ったら、その選手の地元が我孫子だから、応援幕が出ていたのだという。なるほどね。で、その選手は何という名前なんですか、と訊いたら、マダムはその肝心の名前を忘れてしまったと。

 ググってみましたよ。オープンウォーター競技で、オリンピックでは確かに男女共10kmの開催だそうです。で、日本からの選手派遣は、今回のロンドン大会が初めてなんだそうです。男子代表が現役の明大生で平井康翔選手。この人が千葉ご出身というので、マダムが見たのは平井選手の応援幕だな。

 ロンドン大会では、海ではなくて人工の湖でやるそうですが、平井選手のご健闘をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メロディカード

 こんばんは、チェスです。

 会社で使っている小生専用のパソコンは、日立製作所のXPパソコンなのですが、使い始めて早8年が経過して(実は一度マザー・ボードがいかれて修理した過去がある)、さすがに動作が諸々遅くなってきてしまいました。システムの方からは、「計画的に更新する様に」とアナウンスされているので、10月からの下期の経費予算にパソコンの更新を放り込むことにしました。あと3ヵ月くらいは、何とかだましだまし使っていく他は無いでしょう。日立製作所はパソコンから撤退して久しく、現在当社ではHPのパソコンを入れています。

 そんな訳で、あと3ヵ月は機嫌良く動いてもらわないと、仕事の支障をきたしてしまうのですが、今朝出社してパソコンの電源を入れたら、これがもう尋常ではなく動作が不安定になっていました。うーん、こいつはまずいと思って、一度シャットダウンして様子を見ようとしたら、シャットダウンも中々できない始末。
 何とか時間はかかったものの、電源は落ちた。で、思い当たる節があり、パソコンの筐体を観察すると、通風孔とでも言うのか、内部へ風を取り込む細かい孔が沢山空いている所が、かなり埃で詰まっている様に見えました。一度これが原因で、中で熱暴走してしまったことがあり、今回もその可能性は否定できない。
 掃除機を持ってきて、その孔の埃を全部吸い取って、掃除しました。幸いこれでまた再び機嫌良く動く様になりました。ほっと一安心。

 ウチのカミさんの母上の誕生日がもうすぐ来るので、まあお金でも送って「好きなものを食べて」と言えばいいか、とカミさんと相談していたのですが、それだけでは味気ないので、音楽の鳴るメロディカードを送ってはどうかと思い付きました。昨日、ヨーカドーの文具売り場で探したのですが、あまり種類が無くて、見送ってしまいました。今や、街の文房具屋さん、というのも、本屋さんと同じで、風前の灯火。無いのですよね。
 ネットで買えば良い様なものですが、カード一枚をネット注文するというのもね。それに既に時間が無くなってきたので、今日改めて退社後にメロディカードを探して、一枚ゲットいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああオスプレイ

 こんばんは、チェスです。

 じわじわと暑さが戻ってきていますね。未だ猛暑という程ではないにせよ、やはりこれは7月も下旬になっているから当たり前か。火曜日の東京はそれなりに蒸し暑い一日でした。

 沖縄の普天間基地に展開中のアメリカ海兵隊が現在使っているヘリコプターCH-46は、これはもう随分と古い機種でして、こいつを世界初のティルトローター実用輸送機であるオスプレイに置き換えようとして、取り敢えず同じく海兵隊の基地のある岩国基地に搬入されたのですよね。

 ヘリコプターの有名なメーカーであるベルは、ティルトローター機の研究を随分と前から行っています。調べてみたところ、最初のタイプの実験機が初飛行したのは、何と1955年。小生が生まれるずっと前に、まあ実験機ではありますけど飛んでいるのですね。以後も開発が進められ、これに目をつけたペンタゴンは早期に実用化の道筋を付けたかったのか、1985年からはベルとボーイングの共同開発になった。
 そうして、アメリカ空軍、海兵隊、海軍がそれぞれ採用ということになったオスプレイは、従来の輸送ヘリコプターに比較すれば2倍の速度、4倍の航続距離という飛躍的に優れた輸送能力を持ちながら、なおかつヘリコプターの様に空中静止、垂直離着陸もこなす、という正に次世代の輸送機なんですね。
 ティルトローター機ですので、固定翼機の如く滑走離着陸もできるわけだ。

 新しいイノベーションを使った新機種に、最初のうちは事故はつきものですよ。とは言え、運用が予定されている沖縄の普天間基地は、近所に学校も住宅地もある過密な立地の危険な基地です。だからアメリカとしては、日米合意で普天間基地を返還し、その代替施設をキャンプシュワブ沖に作ることが実現していれば、少なくとももっとすんなりとオスプレイへの更新が進んだであろうに、と思っていることでしょうね。
 実はオスプレイに置き換えようとしているCH-46も相当な老朽機ですから、このまま使うのが得策とも思えない。つまりは普天間基地がそのままあることが、危険であることは変わりないのです。今の「オスプレイはアメリカへ帰れ~」という反対運動は、そうではなくて、普天間基地の早期移転、まあキャンプシュワブ沖ですよね、を実現させるということになるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの記憶

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日ですが、東京の児童、生徒、学生の諸君は学校が夏休みに突入したらしく、朝の電車が少しだけ余裕がありました・・かね。
 会社に着く直前、毎朝小学校の前を通る時には、校庭で遊んでいる子供たちをちらりと眺めて行くのですが、今朝からは校舎も校庭も静かです。それでも学校へ向かう子供たちがいて、彼らはみんなプール用具を袋に入れて持っている。夏休みの水泳教室に出るのでしょう。

 遠い昔の夏休みの記憶はどんなだったか。

 いつもは小学校の給食を食べなくてはいけなかった昼食を、家で好きな物を食べられるという幸せを感じていましたね。テレビは「ベルトクイズQ&Q 夏休み小学生大会」を必ずやっていた。
 小生が通う小学校も、今と同じように夏休みの水泳教室はあったと思うのですが、高学年まで事実上のカナヅチであった小生は、ビート板を持っていても良いバタ足練習までは楽しかったものの、そこから先はかなり辛かった。今はビート板は自分から持つことはありませんけどね。あんな疲れる練習はとんでもない。人間は易きに流れる生き物なのです。

 午後は図書館へ行くことが多かったです。何といっても涼しかったし、大好きな本に囲まれている夏の午後は至福の時間でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うすぼんやりの日曜日

 こんばんは、チェスです。

 本日も、うすら涼しい東京です。楽と言えば楽ですが、あまりに涼しいと、次に夏が復活して暑くなった時に、身体が追従できなくて参ってしまいそうな気がします。
 午前中は毎週の如く、トイレ掃除などしてなんとなく時間が経過。このトイレ掃除という奴も、真夏になると結構つらい~というのもトイレに窓が無いので、狭い空間に籠っての作業は暑い~のでありますが、今日は誠に楽。

 そのうちに昼の時間になってしまい、キッチンにいたカミさんが、「お昼はラーメンでいいか?」と訊いてくる。これだけ涼しければ熱いラーメンもよろしかろう、と答えて、ワカメの入ったラーメンを食べる。ラーメンだけではちと足らないので、実家からお中元にもらったクッキーの缶などを開けてぽりぽりと食べてしまう。

 午後はプールにでも出かけて、アクアヨガに参加するかなぁとぼんやり考えていると、何か重いものを買うのか、カミさんに買い物を付き合ってくれ、と言われてしまい、そんなら帰りに「コナカ」へ寄って先週のズボンを引き取ってくるか、と思って引換券を財布に入れて、買い物に出動。

 ヨーカドーの地下食料品売り場の一角にあった、たこ焼きや焼きそばを売っていたお店がいつの間にか閉店して無くなってしまい、ただの売り場に変わってしまっていた。場所がちょっと悪かっただろうな。お客さんがエスカレーターで降りてくる所だから、焼きそばなんか落ち着いて食べられない。

 カミさんの買い物が済んで、お菓子売り場で小生が今気になっていた「生ラムネ」というお菓子を見つけて、カゴに放り込む。元々、ラムネという駄菓子が好きだったのですが、「生ラムネ」とは果たしてどんなお菓子なのか。
 帰宅して早速食べてみましたが、さして感激するような味や食感ではなく、微妙なお菓子でした。正直これなら昔のラムネ菓子の方がいいかな、と思いました。

 こうしてダラダラと、特に何もしない非生産的な日曜日は過ぎていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうのとり3号打ち上げ成功

 こんばんは、チェスです。

 昨日は、遅れの小生の誕生日祝いということで、麻布十番のイタリアンレストランでご馳走になりました。
 週末金曜日の夜ということもあってか、お店は全テーブル満席という盛況でした。
 小生の頼んだマダイのグリルに何故かソースがかかっていないという不思議な厨房のミスはありましたが、その点を言いますと、ソースが別に直ぐに届けられましたので、良かったなと。
 デザートまで食べて、すっかりお腹いっぱいになりました。

 さて、本日土曜日。昨日に引き続いて東京は何やら涼しい、というか肌寒いと言った方が良い位の気温です。

 2012年7月21日 午前11時6分過ぎ、種子島宇宙センターから宇宙ステーション補給機HTV3号(こうのとり3号)は、H-2Bロケット3号機により打ち上げ成功、各イヴェントを無事にこなして、こうのとり3号はロケットから分離、予定の軌道に投入されました。
 後は一足先にソユーズで行って、星出さんが待つISSにドッキングし、荷物を無事に届けるだけですね。

 それにしても、日本のロケット打ち上げも安定したものです。予定の日時を延期することもなく、すんなりと打ち上げられるのは関係者の皆様の努力の賜物でしょう。しかし、ロケットの打ち上げはこうして連続して成功が続くと、そろそろ気の緩みとでもいうのか、別に油断ということはないのでしょうが、慣れた手順に落とし穴、ということもありそうですから、一発ふんどしを締め直して更なるシステムの円熟化を目指してほしいですね。

 打ち上げを見守ると、昼食後は何時ものようにスポーツクラブへ出撃、トレッドミルで3.5%負荷・1時間走るとしこたま汗をかきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

総選挙の争点

 こんばんは、チェスです。

 昨日までの猛暑がウソの様に、金曜日の東京は朝から涼しい。最早長袖ワイシャツは暫く出番は無しだろうと思っていたのに、今日などは上着を羽織って丁度良いかもという気温です。

 税と社会保障の一体改革~消費税増税の法案については参議院で審議されていますが、民自公の3党合意が揺るがない限りにおいては参議院でも可決されて、法案成立という流れになるのでしょう。

 で、今年中にあるのではないかと思われる解散総選挙。

 増税法案が通ってしまえば、野田民主党も谷垣自民党も、これを争点に選挙はできない。
 こうなると、今一番ホットなテーマは、「日本のエネルギー政策をどうするか」という点で、これが争点になるのではないでしょうか。少なくとも現政権は、未だこれからの日本のエネルギー、特に電気をどうやって作っていくのかというヴィジョンを示していない。いやまあ、民主党の以前のマニフェストには原発推進が書かれていたらしいが、もはやあんなものは誰もまともに信じませんよね。

 なんだかあちらこちらで、国民からの意見を聴取する会が開かれているらしいのですが(そこで電力会社の人が意見表明したので、また揉めています)、どうもこれは姑息なやり方の様な気がする。
 国のエネルギー政策こそ、与党と政府がまずはしっかりとしたヴィジョンを示し、それをもって国民に信を問うという形が望ましいのではないかと思います。原発への依存割合がどうとか、そんな単純な問題ではないと思うのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供運賃

 こんばんは、チェスです。

 朝から昼間は猛暑真夏日の東京でしたが、夕方になると風向きが変わり、北東の風は何やら涼しい。ということは今夜は快適に眠れる予感。

 本日の帰りの電車は、幸運にも綾瀬行きがやってきたので、比較的車内が空いていました。鞄を網棚へ上げてのんびりと本を読んでいると、北千住で前の座席の人が2人降りて空席になりました。もはや次の駅で降りるのではありますが、目の前の空席に小生が座ればそれだけ車内の空間が空くのだから、と適当な理屈をつけて鞄を下して目の前の座席に座る。と、小生の左隣の空席に、どこからともなくやってきた女性が座ってきました。

 この女性、一言でいってしまえば女芸人コンビ「ハリセンボン」の春菜に顔も体格もそっくり(まさかご本人ではあるまいな)。で、こういう体格の良い人が隣に座ると、もう密着という状態になって夏は暑いです。言いたくありませんが、言ってしまえばやはり迷惑。ま、駅一つだから我慢しますが。

 鉄道やバスには、小学生までの子供には大人の半額の「子供運賃」がありますよね。小生が考えるには、この位の年齢までの子供は、大人の半分以下の体重=質量であるため、これを輸送するエネルギーも小さくて済む。だから子供は大人の半額の運賃で良いという設定かと思います。

 が、大人であっても、倍くらい体重=質量が違う人はいますね。小生の体重は55~56kgという所なんですが、3ケタの体重の人であっても、運賃は小生と同じわけだ。これはちょっとばかり不公平ではあるまいか。
 体重が100kgオーバーの人には、割増運賃をとってはどうか、と思うのですが、どうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯夜対策

 こんばんは、チェスです。

 JAXAの星出さんを含む3名の宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船は、昨日無事にISSへドッキング。JAXAのサイトで中継を見ておりましたら、ISSに滞在している飛行士が乗り移りハッチを開くと、ソユーズから最初にISSに乗り移ってきたのは星出さん。ISSの滞在メンバーと合流した様子は、みんな非常に嬉しそう。
 さて次はH2Bロケット3号機で「こうのとり3号」をISSへと届けなくてはいけません。打ち上げ予定は21日。無事の打ち上げを祈念いたします。

 一昨日あたりから、夜がかなり寝苦しくなってきました。一昨日は夜中にカミさんが暑さに起きて、エアコンを入れたとの事。で、昨日はもうさすがに寝る時からタイマー1時間切セットでエアコンを入れました。
 当たり前ですが、エアコンの冷房効果を高めるためには、寝室のドアを閉めないといけません。が、そうするとエアコンが切れた後に寝室の室温が高くなるのが早いですよね。結果、またしても暑くて起きるということになる。

 こいつはいかん、と思って、今晩からは、保冷材をおなかに内蔵するネコの枕を出動させ、併せて冷凍庫で水を入れて凍らせておいた500mlのペットボトルも脇の下あたりに挟んで寝てやろうかと思っています。どちらも一晩も効果は保たず、朝には保冷材も氷も溶けているのですけれども、まぁ対策は打たないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわゆるステテコ

 こんばんは、チェスです。

 東京は真夏日。ギラギラと朝から暑いぞ~と参っていたら、関東甲信越地方は梅雨明けしたと見られる、と気象庁から発表がありました。さもありなんです。


 ウチのカミさんが、小生の誕生プレゼントに何か買ってあげる、と言ってくれたので、ほいじゃ会社に履いて行く夏のズボンが欲しい、と申し出て、昨日「紳士服のコナカ」にて夏用ズボンを2本買ってもらいました。

 で、まぁその時に、お店のスタッフから、「こんな下着は使っていらっしゃいますか?」と勧められたのが、所謂ステテコという奴。お店の人は、「ニーレングス何とかかんとか」と横文字を使っておられましたが、簡単に言えばステテコのことでしょう。ズボン下などともいう、膝丈長さの下着。
 夏は何しろ汗をかく。で、パンツの上にズボンをはいていると、汗で太ももあたりからズボンが張り付いてしまうという不愉快なことになりますが、こういうのを履いていると汗を吸収してくれて、むしろ涼しく感じるのですよ、とおっしゃる。この人も着用しているそうですが、効果は絶大だとか。

 小生、ステテコは確かに夏に効果がありそうな、とは思っていたのですが、あれは結局オヤジが履くもの、と思い込んでいて敬遠していたのですよね。でも考えてみれば50歳の大台に突入し、立派なオヤジ世代ですから、別にいいか、と思ってついでに購入に及びました。ズボンの裾上げができたときに一緒に貰うことにしたので、未だ履いていませんが、効果が楽しみです。

 学校の夏の制服で、男子はワイシャツのところが多いと思いますが、下に何も着ないで、直にワイシャツを着ている子を見かけます。暑いから、なのかもしれませんが、ワイシャツは汗を吸いませんから、汗をかいたらワイシャツがべったり肌にくっついて、如何にも気持ち悪そうなのですが、彼らは平気なのでしょうかね。吸湿性に優れたアンダーシャツを着た方が、明らかに涼しいと思いますよ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンカーン弁護士

 こんばんは、チェスです。

 三連休の終わりの「海の日」。東京は昨日を上回る猛暑で、予定が空白だったもののどこへも出かける気になれず。しかしダラダラ家にいるのももったいない話、と映画でも見に行くかね、と午後カミさんとお隣亀有アリオへ。
 MOVIXの会員になっていたので、「おさきネット」で予めチケットを買っておけるのですが、その時に気がついた「ネット50歳夫婦割引」=夫婦のどちらかが50歳以上になっていると、一人1000円でチケットが買えるのです。小生、こないだ50歳になったばかりで、おお、こいつはかなりお得だと嬉しくなりました。

 で、観たのは「リンカーン弁護士」。マシュー・マコノヒーという俳優さんが辣腕弁護士を主演しています。事務所代わりにリンカーンを使っている忙しい弁護士なので、こういうタイトルなんですね。

 不勉強ながら、マシュー・マコノヒーという俳優さんの顔をこれで漸く覚えました。未だ40代前半の若い俳優さんで、若き日のポール・ニューマンの如き精悍なマスクです。
 ジョディ・フォスター主演の「コンタクト」というSF映画に出ていたのですね。すっかり忘れていました。

 で、話は所謂法廷サスペンスという奴で、弁護を依頼された事件の裏に隠されていた事実が次々と浮かび上がってくる。テンポも良くて面白かったです。
 ところが、映画の途中で突然に上映が中断し、シアターが明るくなってしまいました。その後の放送で、アリオの駐車場で火災を検知したというのが理由だったのですが、これが誤報で、やがて上映が再開されました。が、あとちょっとでエンドロールが流れるというあたりで再び中断。またしても何か警報装置が働いたらしい。これも誤報だったのですが、2回の上映中断に激怒し、文句を言いまくったオバサンが、劇場から無料招待券を勝ち取り、我々も棚からぼた餅という格好でその無料招待券を貰って帰りました。ま、劇場には責任はないというか、警報にたいしては当然の措置だったのでしょうけれどもね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

東京は新暦でのお盆

 こんばんは、チェスです。

 梅雨は明けたと言われても納得してしまう様な、暑い日曜の東京でした。

 地方によっては「お盆」は旧暦の8月15日頃であることが多い様ですが(だから現在でもこの時期の夏休みを「お盆休み」と称するのですよね)東京では新暦の7月15日にやっているので、今年は小生の父親が死んでから最初のお盆~新盆~になります。
 そこで、高円寺にある実家のお寺から新盆の供養の案内をいただいていたので、行ってきたわけです。

 お寺のご住職がおっしゃっていましたが、お盆の期間はあの世に行っている方々が位牌仏壇のある家に里帰りしている期間なんですね。なので、お寺には当然お墓があり、そのお墓にはお骨が入っていますが、魂の方は家に帰っているので、今この時間はお留守番をしてもらっているという由。

 ということは、お墓に手を合わせてもお盆としてはちょっとおかしいのですが、仕方ありませんね。

 午後は「水夢王国」の水泳の練習会に参加するため新木場へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプラリー完走

 こんばんは、チェスです。

 梅雨末期の集中豪雨というのは、例年ままある気象現象だと思いますが、九州の熊本県や大分県各地を襲った豪雨被害は凄まじいですね。豪雨被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

 土曜日の東京は、大変蒸し暑い。昨晩雨が降った様で、朝がまた湿度が高くて、もあっとした感じです。

 午前中出かけたカミさんから、昼過ぎ戻るというメールを受信したので、スポーツクラブへ出かける支度をしてリュックを背負い、駅で待ち合わせて昼食。暑いので日高屋で冷やし中華。今年の夏の冷やし中華解禁。

 で、スポーツクラブで開催されていたスタンプラリーは今日が最終日なのです。しかしスタンプのカードを見ると、まだまだ空いている箇所があり、到底全部埋めるのは困難。
 所が今日は土曜日で、ダブルでスタンプを押してくれる、というので、機械の測定(体脂肪や筋肉量やらを測ってくれる機械)をやり、その測定をしてくれたスタッフさんと「ハイタッチ」(そういう項目がある)をやり、暫く後に行われた「ボディコア+F(ファンクショナル)」に参加して、とどんどん瞬く間にカードに空いていた四角がスタンプで埋まって、目出度くラリー完走ということになりました。

 頂いた賞品のスポーツドリンクは良かったのですが、ハンドタオルは誠に小さく、タオルというより正しくハンカチというサイズで、これはあんまりではないの、と思ってしまいました。もうちょっと大きいサイズが欲しかった。
 完走賞品は500円の商品券で、これは有効に使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめ問題

 こんばんは、チェスです。

 大津の中学校における生徒の自殺は、色々の報道を読む限りにおいてはどうもいじめがその原因にあったと考えざるを得ないですね。それにしても、当初の学校や教育委員会の対応というものは誠に非難されるべきものであり、中学校でのいじめは「無かったこと」にしてしまいたい意図がはっきりしています。

 小生が児童、生徒だったのは3~40年も昔のことですけれども、その頃からいじめというのは確かにありましたよ。なので、学校の「いじめは無かった」なんていう報告はナンセンス極まりない。いじめというものは昔からあるんです。そしてその解決というのは、決して児童、生徒の良心とか正義などに期待してはいけない。いじめ問題の解決には、先生という絶対的存在による強力な介入が必要なんです。

 小学校や中学校という、子供の社会においても、彼らは自分の身を守る為には敏感です。例えば国家の安全保障という重大問題に匹敵するのが、クラス内における子供の立場というか、旗幟を明らかにすることなんですね。本来的には「うちの子は優しい子で、人様の子をいじめる様なことは考えられません」という親御さんの感覚は正しいのかもしれませんが、そうした優しい子であっても、仮にいじめられている子を庇ったりすることで、「いじめらる側」になってしまうとしたら、心ならずもいじめっ子の仲間にされてしまうということもあります。そこまでいかなくても、「見て見ぬフリ」という局外中立を保つのが精一杯かもしれないので、本当はいじめられている子を見て、かわいそうと思っても先生に通報することも躊躇ってしまう。結局、子供同士の力関係からいじめられている子の味方になってくれるという子はめったなことでは現れません。

 そこで「密告」の如きシステムがどうしても必要になる。匿名でいじめを通報できる=密告に他ならず、子供同士の信頼関係を損ねるとかいう批判がありそうですが、しかしいじめによる自殺を防止するなら、この位は止むを得ないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

続オクラ

 こんばんは、チェスです。

 オクラのことを書いたばかりですが、昨晩から強く吹き始めた風のために、順調に背丈を伸ばしつつあったオクラが次々と倒されてしまいました。
 今朝、そのうちの1本を見ると、地下の根を伸ばしている所と、地上の茎の始まりの所、要するに茎の根元からぽっきりと折れてしまっていました。(泣)

 こいつはいかん、と思って、朝顔用の支柱が1本余っていた奴を急遽オクラに転用し、生き残りのオクラに添わせてビニタイで縛りました。

 果たしてこんなんで、強風に耐えられるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクラ

 こんばんは、チェスです。

 折角誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんが死んでしまったそうで、誠に残念。ジャイアントパンダの繁殖が難しいというのは、大人のジャイアントパンダに比べて、赤ちゃんは余りにも小さいという個体の体格差も影響しているのではないでしょうかね。今回は報道されているところでは、乳が気道の方に入ってしまって肺炎をおこしたのが死因になったそうですが。

 ところで、小生の家のヴェランダ園芸ですが、現在は例年この時期に大発生するコバエに、今年も悩まされておりまして、対策を打っていますが有効打にならないです。
 ラディッシュはどうやら失敗してしまったので、空いたプランターに、今度は「オクラ」を植えているのですが、未だ漸く間引きが終わった位。間引いた苗ももったいない、と他のプランターの空き地に植えたのですが、どうも中々大きくなってくれません。

 南に向いて日当たりは大変良好なのですが、何せ風が強いので、中々難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩グレープフルーツ

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京は、正しく真夏の暑さで、梅雨明けも近しと思われました。
 とは言え、明日あたりからはまた梅雨空が戻ってくる、などと気象情報は伝えていますけれどね。
 梅雨が明けたら明けたで、暑い暑いとこぼすことになるわけですが、折角の夏なんですから、夏を楽しまないといけませんよね。
 人によって、夏が来たら○○を解禁、という自分ルールみたいなのがあるのではないでしょうか。

 お酒好きな人なら、ビヤガーデンでの大ジョッキ解禁、とか、麺類好きな人なら冷やし中華解禁、とか、まぁ色々ありそうです。
 小生の場合には、これはやはり「ガリガリくん解禁」でしょうかね。スーパーに買い物に行くと、そろそろアイス売り場が気になる。ガリガリくんは、これはやはり青い「ソーダ味」にとどめをさす。(如何にも身体に悪そうな色だけどね)
 が、しかし今はガリガリくんを仕入れる訳にはいかないのです。というのも、1週間位前だったかオハヨーの「塩グレープフルーツ」という名称のアイスキャンデーをつい衝動買いしてしまい、冷凍庫に1箱入っているのです。これがある以上は、ガリガリくんを仕入れるとたぶんカミさんに怒られる。まずは先行している奴を片づけないと、と思って暑かった本日、1本を齧ってみました。

 塩グレープフルーツ、思った以上に1本が小さい。あまりに小さいその大きさにちとガッカリ。で、味の方ですが、塩とグレープフルーツのコンビネーションってどうなの?と思ったのですが、これが微妙な気がする。小生の好みでは敢えて「塩」の追加は要らないのではないか、と思ってしまいました。少し苦味のあるグレープフルーツの味をそのまま活かして欲しかったな、と思ってしまいました。決してダメとは思わないのですが、微妙ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後ろのパネル

 こんばんは、チェスです。

 民主党から小沢一郎氏を中心としたグループが造反離党して、さて「作っては壊し」がお得意の小沢氏、果たして今度はなんと言う名前の党にするのかな?と思っていると、現在報じられているところでは、「国民の生活が第一」というのが有力なんだとか。

 で、このスローガンは元々は民主党が使っていて、例えば民主党本部で幹事長とか誰かが記者会見を行なうときに、よく後ろに立ててある衝立、民主党とか書いてある奴ですが、あれから「国民の生活が第一」という文字が消えたのですって。なんでも、反旗を翻して出て行った連中の宣伝になってしまうから、とかいう理由らしいですが、何とも情けないというか、バカバカしいというか、そんな感想しかありませんね。

 いつぞやの記事にも書きましたが、この後ろのパネル、何時から使うようになったのでしょうね。
 いつの間にか大流行して、あらゆる組織で使われるようになりました。正式名称はあるのかな。

 俳優業から司会業へと転身して大成功を収めた関口宏さんが司会をしている「ザ・今夜はヒストリー」というテレビ番組がありまして、番組の出演者やらレポーターやら関係者一同が、歴史上の大事件があったその日にタイムスリップして、その事件をレポーターが取材し、出演者の面々はスタジオからその様子をあれこれとコメントする、という趣向の番組です。

 面白いのは、その歴史上の大事件の関係者へ、レポーターがインタビューしたりするのですが、例の背景パネルが登場している。江戸幕府の老中といった高官だと、背後のパネルには「幕府」と書かれていたりする。歴史上の大事件でもワイドショーにしてしまうのですから、お遊びとして良いでしょうが、相当の大事件でもお笑い風に演出されてしまいますね。あのパネルが効果的に使われているんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半世紀かあ

 こんばんは、チェスです。

 朝まで小雨が残る東京でしたが、昼頃から雲が切れてきて、午後には気持ちの良いお天気になりました。
 午後からスポーツクラブに行って、スタンプラリーのスタンプ稼ぎです。とは言っても、このイヴェントも今週末で終了ですから、いかに頑張ってもスタンプを全部埋めるのはちょいと厳しい。

 小生が住んでいる集合住宅から駅へ行く途中の道の歩道には植栽があるのですが、歩道と植栽の切れ目あたりに一昨日あたり、どうも犬のウンチが放置されていた。これが結構大型犬らしく、大量なのです。
 で、殆ど同じような場所に、昨日も同じような忘れ物。非常に迷惑極まりない忘れ物ですよね。

 もうかなり昔になりますが、インターネット普及前、パソコン通信という仕組みがありまして、小生はNIFTY-Serve(今の@ニフティの前身です)という所に加入していました。中でやっているのは、今でいうならミクシィみたいなもの、と言えばわかりやすいでしょうか。
 小生の家では、当時雑種の犬を飼っておりました(その犬の名前が「チェス」です)。そのため、犬猫飼い主の集うフォーラムというのが、小生の溜まり場でしたね。
 一時期は結構使命感に燃えていた、というか、ペットの飼い主への啓発活動もどきもしていましたね。今考えると、もう汗顔の至りではあります。ではありますけれども、当時も今も、散歩途中で出した犬のウンチは、やはりきちんと持ち帰っていただきたいものです。

 なんとなく過ぎてしまった日曜日ですが、気がつけば小生の50回目の誕生日でした。50回~半世紀ですね。信長が「人生50年~」と敦盛を舞っていたそうですが、もう半世紀。適当に時間を過ごしてしまって、反省せねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッサージチェア

 こんばんは、チェスです。

 7月に入って1週間が過ぎようとしていますが、折角の土曜日にもかかわらず、終日いかにも梅雨という鬱陶しいお天気の東京でした。

 にもかかわらず、スポーツクラブでやっているスタンプラリーの期限が残り1週間ということもあって、午前中からいそいそと出撃したのでありました。
 で、頑張って腹筋運動などもこなし、トレッドミルで1時間走り、お風呂やらサウナも入って大いに満足して帰ろうとした、その時、「マッサージチェアが新しくなりました。7月6日からご利用になれます」という貼り紙を発見。

 おお!と思わず足が止まり、一旦止まったその足は、マッサージチェアのある休憩室へと向かったのであります。

 これまでのマッサージチェアは、そりゃ確かに昔風呂屋の脱衣場に置かれていたような、背中と肩あたりをグイグイと押すだけの代物ではなくて、色々なメニューを用意した近代的マシンではありました。が、導入後にかなりの年数が経過して、チェアによってはかなり傷みが見えたり、使い込まれ感は否めませんでした。

 で、最新型は果たして、と行ってみると、何故か誰もいない。どうしたことか、と思いつつ、端っこの1つに座ってみると、(乗ったことないけど)まるで飛行機のビジネスクラスの如き座り心地の良い椅子。電源スイッチを入れると自動的にリクライニングして倒れます。
 マッサージのやり方も、今までの奴は時折「ちょっと強引で痛いな」と思う時もあったのですが、最新型は優しく上手にマッサージします。予約時間の20分はたちまちにして過ぎ、しかしなお利用者がいなかったので、更に20分を予約し直して、最初の「全身メディカルコース」というのとは別の「指圧あんまコース」というのを体験してみました。最新型はさすがにハイテク?が駆使されていて、気持ち良いマッサージでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POP CORNE

 こんばんは、チェスです。

 昨晩は、ウチのカミさんの知り合いの、ホルン奏者の東谷慶太さんのライヴを聴きにいってきました。
 この方のライヴは今回で3回目。以前はバンドのメンバーに、編曲家でピアニストの深町純さんが入っていたのですが、深町さんが亡くなられてしまったので、メンバー再編成となったようです。

 今回のライヴツアーは、「POP CORNE」(ポップコーン)という名前が付いていました。

 東谷さんの解説によれば、POPは所謂ポップスのポップ、で、CORNE(コーン)というのは即ちホルンのことなんですね。ですから、ホルンをフィーチャーしたポップスのライヴだと。
 これまでは、東谷さんのホルンの脇を固めるのは、ピアノ、ベースギター、ドラムの3人だったのですが、今回はエレクトリック・ピアノになり、新たにフルート奏者の女性が入りました。

 最も演奏が難しい金管楽器といわれるホルンをジャズなどの方面の音楽で活躍させる、という奏者は少ないと思います。そのホルンとフルートの管楽器2本の掛け合いなど、中々面白かった。
 本来は終わりまで聴きたかったのですが、カミさんのやむを得ぬ都合で、途中で退席しなくてはなりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風呂掃除の現況

 こんばんは、チェスです。

 ニュースで、上野動物園のメスのジャイアントパンダ「シンシン」が赤ちゃんを産んだ、と伝えていました。繁殖が難しいというジャイアントパンダ、上野動物園でも自然交配で赤ちゃんが生まれたなら、これは初めての快挙らしく、是非元気に育って欲しいものです。

 さて、小生の家の中での、トイレ掃除と並んでの重要な仕事がお風呂の掃除。

 現況は、毎日中々大変なことになっています。

 まずは浴槽のお湯を抜きつつ、洗剤をつけたスポンジで浴槽の内側を洗います。
 次にお風呂のドアの内側と、壁、床を先ほどのスポンジで擦っていきます。
 で、シャワーで水をかけて流す。水の方がカビ発生の防止になるそうなので。

 これでまあ良いだろう、と思っていたのですが、2ヵ月ほど前からは、100均で購入したゴムワイパーを使って、天井、壁、ドアの内側、床の水滴を拭き取っていきます。本当は窓拭きのための道具らしいのを流用。

 ここまでで漸く終了です。風呂上がりの作業が、毎度結構大変です。
 春頃まではどうということはなかったのですが、最近は夜も暑い。で、これだけ働くと、風呂から上がっても汗が引かないのです。
 折角お風呂に入って、汗を流したのに、また汗をかいているというバカげた行動ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にか

 こんばんは、チェスです。

 梅雨末期の集中豪雨という奴なのでしょうか。九州の北部地方では連日豪雨による土砂災害などが報道されていて、大変なことになっているようです。お見舞い申しあげます。

 東京では、今日は昼前から典型的な夏空となり、気温が上昇してどうやら「真夏日」になったみたいです。

 ところで、毎朝同じ電車の、同じ箱に乗車していると、概ね同じ様なメンバーが乗っているということになる。それらの方々は誰一人として知り合いはいないのですが、しかし顔だけは覚えているという不思議なことになります。

 そんないつものメンバーのうちの一人、身体つきがかなり「メタボ」で、しかもその人、ドアの脇に好んで立つものだから、下りる時には大きなお腹が邪魔だな~と思うこともあるので、非常に記憶には残る人。
 この人、何時も乗車後は携帯電話の画面に見入っているのですが、今日その様子をちらりと見たら、何とこの人、いつの間にか「スマホ」に変えていたのであります。
 勿論、ガラケーからスマホ使いになったにはちゃんと理由があるのでしょうが、ガラケー使いがスマホへと転向してしまうという現在の時流はこんなところにも押し寄せていたのか、と小さくショックを受ける。ガラケー使いの同志が一人減ってしまったという訳でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こごめ大福

 こんばんは、チェスです。

 小生の勤務先では、40歳を過ぎると5年おきに「日帰り人間ドック」を受診できるという制度になっていまして、いやま、「日帰り」なんて大層な名前がついてはいますが、会社に検診車がやってきて従業員がまとめて受診する「生活習慣病健診」と比較しても、検査項目にはそんなに差は無いのです。内臓の超音波~エコーという奴ですね~が追加されているくらいかなぁ。他の項目は、会社で受診するのでもやっている。ひょっとすると、例えばレントゲンの機械などが検診車に比べると高精度とか、そういうことはあるのかもしれないですが。

 しかしそれでも、この「日帰り」のタイミングに該当する人は、大抵人間ドックの方に出かけていきますね。何故かと言えば健診センターのサーヴィスが中々良いからなのです。

 日帰り人間ドックに使用されているフロアはちょっとしたホテルの如く綺麗な内装で、あちこちに案内してくれるスタッフは、まるで航空会社のCAさんの如き格好ですし。
 一通り検査項目が終了すると、朝食を抜いてやってきている受診者のために、お弁当が出ます。時間的には昼食にはちょっと早いので、半端なのですが、ブランチという感じでしょうか。このお弁当が結構美味しい。パンフレットが付いていて、健診センターの近所にあるレストランがお弁当を作っているのだそう。

 お弁当が終わると、飲み物の注文を訊きにきます。色々選べる飲み物も無論タダで、ホットコーヒーは結構美味しい。で、この飲み物に御菓子として「こごめ大福」が付いてきました。
 餅米ではなくて、こごめを使って作った大福餅なんですが、久しぶりに食べました。実は「こごめ大福」は結構お高い和菓子だったと記憶しているので、嬉しいです。

 結果の概要を診察していただいたドクターが説明してくれましたが、特段問題は無さそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろ上着やめるか

 こんばんは、チェスです。

 昨日から7月に入りましたが、やはり週明けの月曜日から新しい月がスタートという感じです。
 小生の勤務先に限らず、四半期決算というのをやっている会社では、4-6の第一四半期が終わって、実質今日から第二四半期。3ヵ月なんていうのはあっという間ですから、数字をまとめる部署は一年中決算期という有様で大変です。

 沖縄県と、鹿児島の奄美地方までは梅雨が明けたそうですが、関東地方は未だ暫く梅雨空は続くでしょうね。梅雨寒なんていう言葉もあるくらいで、時折肌寒い日があったりする6月でしたが、7月になればさすがに蒸し暑くはあっても、寒い日というのはさすがに無いでしょう。ならば、夏物の上着を着て会社に行くのもやめにしてもいいのではあるまいか、と考えています。
 上着を着ている時にはバランス上長袖のワイシャツを着ていて、会社に着いたら肘のあたりまで捲っているのですが、上着をやめてしまえばワイシャツの方も一気に半袖へと断行することができる。
 以前の記事に書いた様に記憶していますが、何となく半袖のワイシャツというのは日本のサラリーマン社会に於いては、どことなくインフォーマルというか、「デキるビジネスマンは真夏でも長袖」みたいなイメージがある。夏に半袖シャツになるのは自然だと思いますが、それは何だかイナカの役場の窓口氏みたいで、真夏でも長袖シャツにスーツ姿ですと、冷房が効いているオフィスで働いているのよ、みたいなアピールをしている・・というのは考えすぎでしょうか。
 でも昨今は、節電クールビズを国を挙げて奨めているのですから、さすがにTシャツ短パンは無理にしても、涼しそうな格好で出勤は時流には乗っていますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プールで筋肉痛?

 こんばんは、チェスです。

 昼間一杯はお天気がもつ筈の東京でしたが、しかし空は今にも泣きだしそうな雲行き。

 広尾に用事があるというカミさんに付き合って、昼前に家を出て、日比谷で地下鉄日比谷線に乗り換えて、広尾へ。
 日比谷線というのは結構乗る機会の多い路線なのですが、この駅は初めて降りたかもしれないな。
 日曜日ですが、地上の広い道路に歩いている人はあまりいない。閑散としています。広尾から西麻布方向へ歩いて、カミさんの用事が終わったので、六本木方向へと歩いてランチタイムの寿司屋で昼食を食べて、カミさんの買い物に付き合って帰宅しました。

 未だスポーツクラブのプールでやっている「アクアヨガ」に間に合うかな?と家には戻らずに、直接スポーツクラブに行って階段を上ると、途中でプールの様子が見られるのですが、残念ながらアクアヨガは既に始まっていた。

 仕方ないので、そのすぐ後にやっている「ミットトレーニング」だけ出ることにして、プールに降りると、まだアクアヨガが終わっていません。
 歩いたり泳いだりしているうちに、やがてミットトレーニングが始まる時間になったので、ミットを1つ借りて、手に着けて待機。これでおよぐと速く泳げそうな気がするな。

 ところでこのクラスの名前が、今週から「ミットトレーニング+F」と変更になりました。このFは何かというと、「ファンクショナル」のFで、つまりは昨日ジムでやらせてもらったTRXと同じような「動ける身体にする」というコンセプトの機能トレーニングというんですか、そういうものだそうです。
 途中から、ミットだけではなくボールも使って、色々やりました。プール終わってひと風呂浴びて、スポーツクラブを出ると、小雨よりは強めの雨が降っていました。何やら二の腕が筋肉痛の気味で、真面目にやった証拠ということにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »