« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

10億かぁ

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事の続きと訂正です。
 「あまからや」さんの苺生クリーム大福なんですが、中に入っていたのは「つぶし餡」ではなくて、「白餡」でございました。で、抹茶生クリーム大福の中には抹茶クリームと普通の「つぶし餡」が入っていました。
 間違いを書きましてすみませんでした。謹んで訂正いたします。

 さて、4月17日の小生の記事に書きました「石原都知事がぶち上げた『尖閣諸島を東京都が買い取る』」というお話。専用の口座を開設して、買取のための寄付金を募ったら、これがもう凄い勢いで集まる集まる。なんとまぁ、既に10億円が集まったということです。絶海の孤島と言ったら言い過ぎですが、現在は無人島になっているいくつかの小さな島を個人所有となっている所有者から買い取るという話に、10億円も寄付が集まるって、なんだかちょっとおかしいと思います。中国が色々とちょっかいを出してきて、国防上の理由から個人所有のままにしておくと問題がある、というのなら、それはきちんと国が買い上げるべきであって、どうして東京都が?と思いますし、更に寄付金がこんなにも集まるというのも首を捻ってしまう。

 寄付金といえば、小生が皆様にお願いしているJAXAの寄付金、4月分の集計が18,534,000円 (JAXAのホームページより)なんだそうです。1億にも遠く及ばない。しかもこれは寄付金のトータルですから、実現がピンチと言われている「はやぶさ2」のプロジェクトに対しては上記金額の何割かになりましょう。
 これではおそらく、「はやぶさ2」を打ち上げるには全然足りません。何かもっと、小さな島を買い取るよりもきっと有意義に違いない、「はやぶさ2」プロジェクトを応援するために、JAXAは効果的な広報を打って、広く寄付金を募らないとなりません。どうか一つ、皆様の御浄財を「はやぶさ2」プロジェクトにご寄付いただき、「はやぶさ2」を宇宙へ送り出して下さいませんでしょうか。よろしくお願い致します。JAXAの寄付金のページはこちらです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生クリーム大福

 こんばんは、チェスです。

 先週の土曜日に、ユニクロの誕生感謝祭に出撃した帰り、西亀有で発見した和菓子屋さん「あまからや」さんに、一度偵察に行ってみなくてはなるまい、と思っていたのですが、昨日ウチのカミさんがお散歩がてらに行ってきたよ、と買ってきた御菓子を夕食後にだしてくれました。

 出てきたのは、苺味と抹茶味のそれぞれ生クリーム大福、それに俵型をしたおまんじゅう。

 そんなにたくさんは食べられないので、昨日は苺の生クリーム大福を賞味しました。
 お餅(求肥でしょうか?)の方は、少し塩味がついていて、非常に滑らかで柔らかい。内側には、生クリームに包まれてつぶし餡が入っています。生クリームもあんこも、程よい甘さで上品な感じです。大きさは、やや小ぶりなのですが、まぁこんなものでしょうか。

 おまんじゅうの方は、まだ食べていないので感想は書けません。
 抹茶味の方も美味しかったらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャカシャカ

 こんばんは、チェスです。

 朝の満員の地下鉄に乗っていると、何とも耳障りな音が近くから聞こえてくる。あのシャカシャカシャカという音を久しぶりに聞きました。

 最近は、イヤーインナータイプとでもいうのか、昔風に「イヤフォン」と言ってしまえば小生の如きオジサンにはわかりやすいですが、要するに耳に突っ込むタイプのイヤフォンが主流になった様で、携帯音楽プレーヤーですとか、スマホで音楽を聴いている人から、音楽が漏れてくるということは少なくなった様に思います。
 音が漏れてしまうというのは、これはやはり耳の外側にのっける「ヘッドフォン」タイプで聴いている人が多い。

 で、今朝はどこから漏れてくるのかな?と周りをそれとなく観察しましたら、小生が立っている直ぐ傍の、ドアの脇のスペースに立っている若者から、と判明しました。この若者は、例によってヘッドフォンを装着して音楽を聴いているのでしてね。
 で、少々驚いたのは、この人、この気候なのに帽子を耳まですっぽりと被っている。耳を帽子で覆っていて、帽子の上にヘッドフォンを掛けているのですね。
 で、うるさい電車の中だ。
 そりゃま、少々ヴォリュームをあげた位では、音楽は聞えないでしょうよ。
 だからと言って、周囲の人間にシャカシャカシャカを聞かせているかどうか、わからないのかな。おそらく、そんなことは気にしちゃいないのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンはISSへ

 こんばんは、チェスです。

 昨日の日曜日は、東京は初夏を思わせる陽気でした。水泳の練習会があって、新木場のプールにでかけていましたが、夕方終わって帰途につくと、それでも涼風が吹いていて、日中の暑さは去っておりました。何にせよ梅雨入り前のこのひと時が、一年のうちでも一番過ごしやすい季節であることは確かですね。
 その水泳の練習会のためにリアルタイムで観戦できませんでしたが、昨日は東京競馬場で日本ダービー。好天に恵まれて、大勢の観衆が詰め掛けたダービーは、同じ馬主(サンデーレーシング=社台系ですね)による1-2フィニッシュだった様で、これはびっくり。

 なんていうのんびりしたことを書いていたら、今日の東京は些か不安定なお天気で、午後2時過ぎから急速に暗くなり、かなり激しい雨がふりました。雷鳴も轟いていたので、寒冷前線の通過があったのかもしれません。

 ISS=国際宇宙ステーションへと向かっていた、米国スペースX社のドラゴン宇宙船は、無事にISSとのドッキングに成功したそうです。となれば、アメリカも漸く自前のISSへの補給手段を確保した、ということで、元々ドラゴンは有人宇宙船として設計されていますから、いずれは宇宙飛行士の足として活躍することになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外に使い勝手が悪い

 こんばんは、チェスです。

 5月8日の記事に書きましたが、小生の本を収納するために、カタログギフトから2個組の木製ラックを注文し、こいつが金曜日に届いておりました。で、土曜日の早朝「ユニクロ」へ出撃した後、この2個の木製ラックを組み立てました。
 1個はリヴィングルームの片隅に置き、カミさんが日常使っている諸々のバッグ類を各段に納めて使うことになりました。
 残る1個については小生のパソコンデスクの隣に置かせてもらい、現在あふれつつある小生の本を収容してやろう、と算段をしていました。
 無事にラックはパソコンデスクの隣に設置されたのですが、こいつが本当にシンプルな形状の上に、寸法的に書棚として使うには不便であることが判明し、頭を悩ましています。

 まず、シンプルな形状の方ですが、5枚のスノコ状の棚板と、四隅の柱から成っています。背板や側板というものは無いので、このままでは本を並べようがない。この点は、100均へ行ってB5サイズの書類立てというものを買って、これを並べることで解決しました。

 寸法的な問題というのは、ラックの幅は40cm奥行き30cmくらいでしょうか。幅は別に何cmでも良いのですが、奥行き30cmというのは、例えば文庫本を並べると、2列並ぶ程の奥行きなのです。しかし、2列並ぶからと言って2列にして納めれば、奥の列の本の背表紙は全く見えない。何の本があるのか見えないというのは、これは困る。
 要するに、本来は別の用途のラックを、強引に書棚として活用してやろうという所に、無理が生じているのですね。

 何か他の物なら幾らでも納められるのですがね。プール用の道具を入れたバスケットとかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早起きして

 こんばんは、チェスです。

 世の中には、ご職業上毎日早起きされている方々がいらっしゃるのは承知しておりますが、まぁ、世の中の平均的な起床時間と思われる朝6時に起床している小生としては、十分に早起きの範囲になる5時少し前に起きて、朝ご飯も食べずに出かけました。
 出かけた、と言ってもそう大した所ではなくて、隣の駅「亀有」から徒歩10分程の所にある皆さんご存じの「ユニクロ」に行ったのです。そんな早い時間に行っても、ユニクロは開いていないだろう、と普通は思いますが、今日に限っては「6時開店」をやっている店舗があるのです。
 「ユニクロ」が何でも「誕生感謝祭」というイヴェントを今日から3日間やっていて、初日の本日、店舗によっては早朝6時に開店すると。で、それに間に合わせてやろうという訳で早起きしたのです。

 ユニクロには、大きな商業施設にテナントとして入っているお店がありますが、さすがにそうしたお店では6時開店はできませんね。ユニクロが単独で独立した建物に出している店舗が6時開店をやっている様です。ですので、亀有のユニクロというと、今までは「アリオ」の中のユニクロしか知りませんでしたが、環状7号線沿いのお店に今回初めて行きました。

 で、5時30分頃でしょうか、ユニクロに到着すると、お店の外の駐車場に何やら既に行列ができています。みんな開店前にやってきたお客さんの様です。その列の最後尾に並びますと、ユニクロのスタッフから何やら袋を手渡されました。中にはユニクロの名前入りのアンパンとパック入りのお茶が入っています。実は、これを貰おうと思ってイヴェントに来たのです。それから少しして、今度は「3,000円以上お買い上げの方へのプレゼント」という色鮮やかなナイロンバッグの見本を持ったスタッフが現れました。みんなが3,000円以上買い物をするかどうかわからないだろうに、と思っていると、みんなバッグの色を指定して引換券を貰っています。それならオレも取り敢えず貰っておくか、と思ってカミさんの好きなオレンジ色を選んで、引換券を貰いました。

 そして、6時になって開店。目指すは1枚290円という破格のお値段のTシャツです。お客さんが群がっている中、白と黄色とブルーのシャツを買い物かごに入れました。
 で、実はこれで目的は達成したのですが、そうすると例のプレゼントは当然貰えないのですね。
 ズボンの棚を眺めていると、「限定価格 1,990円 2タックパンツ」というのがあります。で、思わずこいつを2本買って裾上げしてもらい、オレンジ色のナイロン袋をゲットしました。結果的には予定より散財してしまいましたけどね。

 帰りは、亀有-綾瀬間をのんびり歩いて帰りました。途中、西亀有のあたりで「あまからや」という名前の何やら美味しそうな和菓子屋さんを発見したのですが、さすがに未だお店は開いていません。いずれこのお店には偵察・調査に来なくては、と思いつつ帰宅すると、7時30分、いつもの土曜日の起床時間になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監視カメラ

 こんばんは、チェスです。

 数日前の事件、東京の渋谷駅(東京メトロ)のエスカレータで、ナイフで人を刺した容疑者が逮捕されました。報道されているところでは、容疑者が使ったサバイバルナイフは、護身用に持っていた、とか、被害者に2度ぶつかられたので刺そうと思った、と動機などが段々に明らかになっていますが、そのあたりはさておき。

 今回の事件で、容疑者が犯行現場からどのような足取りで移動していったかが迅速に判明し、また公開されたかについては、あちこちに設置されている監視カメラに記録された映像が物を言ったのは間違いないところかと思います。
 事件の捜査当局である警察が、監視カメラを設置している管理者に対して、捜査上必要だからと映像の記録の提供を要請すれば、これは断れるはずはないのでしょうから(おそらく法律的にも担保されているのでしょう)今後類似の事件が発生した時に、方々に設置されている監視カメラが有力な事件解決のための手掛かりや、裁判の時の証拠となっていくことでしょう。

 元々は、防犯の目的として設置された監視カメラですけれど、いつの間にか知らないうちに我々が映像に記録されているということはありうることです。

 例えば小生が殺人事件に巻き込まれて、無実の罪に問われたとしましょう。証拠も証人もいないけれども、こいつには殺しをやらかす動機があるから、と警察に重要参考人で引っ張られてしまったとする。
 で、当然小生としては、そんなことはやっていない、と無実を主張しますが、それだけでは根拠が乏しい、となったらどうするか。殺人が発生した時刻-被害者の死亡推定時刻というのはかなり正確にわかるのですよね-に、小生は現場にはおらず、殺人は実行不可能と証明すれば良い。いわゆる現場不在証明=アリバイという奴です。
 ですが、市井の市民にとって、これはなかなか困難な話です。それで、「丁度その時間は、電車に乗って○駅で降りて、どこそこへ向かっていた。監視カメラに映っているかもしれないから調べてくれ」と言って、果たして警察が調べてくれるかどうか。あるいは、依頼された弁護士が監視カメラの記録映像を調べることができるものかどうか。上記の如く、警察の捜査ならどの監視カメラでも、まずもって記録映像を調べることは容易でしょうが、そうでないとこれはちょっとわからない。どうなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝くじの賞金

 こんばんは、チェスです。

 昨日に引き続き、東京は気持ちの良い初夏の陽気です。朝、明るくなるのも早いので、今朝などトイレに起きて「もう起きる時間ならこのまま起きてしまうか」と時計を見たら、未だ5時だった。さすがに早かったのでもう一度ベッドに入りました。

 テレビを見ていると、宝くじのCMに起用されているキムタクが、何やらジョニー・デップ主演の海賊映画風の扮装で歌っている。今度のジャンボ宝くじは、1等賞金を1億円に抑えたかわりに、それが175本でるのだそうです。

 小生も、この方向性に賛成なのですが、この位ではまだ宝くじを買おうかなという食指は動かない。そもそも、宝くじは控除率が他のギャンブルに比較して飛びぬけて高く、従って期待値は最も低いですから。ま、そのかわりに賞金には所得税、住民税は免除されているという特典がありますが。その特典は、高額賞金に当せんしませんと享受できませんけれどもね。

 宝くじの当選金額は、おそらく法律で制限がされているのだろうと推測いたしますが、それなら法律を改正すれば以下の様なこともできるのではないかと考えました。

 最大多数の最大幸福、とかいうことをベンサムという哲学者が言っていた様に思いますが、そんな思想を持ち出さなくても「うれしいと思える当せん金額」というのがあると思います。そこから考えれば、現在のジャンボ宝くじの300円という当せん金額は、到底うれしいとは思えないので、これを全廃してしまいます。
 あくまで、宝くじを買っても3000円、という小生の感じ方ですが、

1万円=少し嬉しい。10万円=すごく嬉しい。100万円=もの凄く嬉しい。1000万円=めちゃくちゃ嬉しい。

 という感覚ですので、1000万円=1等、100万円=2等、10万円=3等、1万円=4等、とシンプルに4等の賞金から各10倍ずつになるというのはどうでしょうか。ひょっとしたら4等1万円もいらないかもしれませんが、目下のところ日本はデフレですから、1万円もそれなりに使い道がありますよね。
 要約すれば、現在の賞金の、上と下を削ってしまって、中間を分厚くするわけです。小生は、数学の単位のために危うく大学を卒業できなかったという位に数学が弱いので、例えばジャンボ宝くじが現在の賞金体系から上記の様に変更することで、当たりの本数がどの位になるのかシミュレーションもできませんが、それはやる気さえあれば容易にできそうにも思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイルドロケットその後

 こんばんは、チェスです。

 昨日火曜日は、随分と寒い一日でしたが、今日は昼間は五月晴れになり、オープンから2日目となった東京スカイツリーに登ったお客さんも、むしろ今日の方が東京の街の展望を楽しめたことでしょう。

 米国の民間宇宙輸送会社「スペースX社」によるドラゴン宇宙船は、延期が繰り返されましたが、ファルコン9ロケットで漸く無事に打ち上げられました。今後、ISSに接近し、ドッキング成功となれば米国としてはISSへの有人輸送手段獲得の第一歩となるわけです。

 ロケット、と言えば、ベランダ園芸で花が咲いてしまった「ワイルド・ロケット」。種が入っていた袋を見たら、残念ながらこの品種はやはり1年草で、後は枯れてしまうだけなのですね。
 では、限りのあるプランターであることだし、さっさと引っこ抜いて新しい種を蒔けば良さそうなのですが、見かけが枯れてくれないものですから、どうも情けをかけて水遣りを続けていたのですよね。

 そしたら、花が終わった株に何やら鞘の如きものができました。こいつは、鞘の中に種が入っているのかな?と思って、強風で折れてしまった株の鞘を開いてみたら、ごく細かい種の如きものが入っていました。ただ、これはいかにも未だ早い感じでしたので、もうちょっとして、鞘が大きくなったら種をとって、そいつをまたプランターに蒔いてやろうかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

禁酒令

 こんばんは、チェスです。

 昨日の金環日食の翌日、朝から気温が低くどんよりと曇り空で、雨も降り出しておりました。僅か一日違いで、昨日の朝が何とかお日様が拝める天気であったのは、本当に天佑であったと言うべきですね。今日では日食は全く以てどうしようもありませんでしたから。
 世界一の高さを誇る自立式電波塔「東京スカイツリー」が今日オープン。ただ、これも残念ながら東京は前記の如くのお天気ですから、展望室からは殆ど何も見えなかったでしょう。折角苦労してオープン日のチケットを入手された方は、残念でしたでしょうね。でもスカイツリーの方は日食と違い、今後いくらでも登るチャンスはあるでしょう。

 さて、少々びっくりしたニュース。

 福岡市の市長が、市の職員を対象にして「自宅以外での飲酒は一切禁止。仕事上の酒席でも飲酒はダメ」という、まるで「禁酒令」というべきお触れを出したのだそうです。ま、さすがに個人の生活に関して強制力はもたせられないので、これはあくまで要請という形だそうですが。そして期間は1ヵ月。
 なんぼなんでも、ちょっと厳しいな~という印象なんですが、これは福岡市の職員が、飲酒が原因での事件や不祥事を立て続けに起こしていることへの、市職員全員への警告って所なんでしょうかね。

 小生は、このブログをずーっとお読みくださっている読者の皆様はとうにご存知かと思いますが、お酒を殆ど飲むことができない甘党なので、仮に小生が福岡市の職員だったとしてもビクともしませんが、お酒が好きな方にとっては、これはとんだとばっちりだと市長を恨むことでしょう。
 アルコールは、良く知られている様に、成人が適量を嗜む分には、ストレスの解消に繋がり、利点があるのですね。しかし反面、思考力、判断力、反射神経などを低下させるので、お酒を飲んだら自動車の運転は法律で厳しく禁止されています。一時的な大量の飲酒は急性アルコール中毒で命にかかわりますし、そうでなくても健康を害する可能性もあります。人によっては飲酒が習慣性の「アルコール依存症」になってしまうこともあります。ですので、世界では、主にイスラム教の国々ですが、法律で飲酒に対して厳しい規制をしている国もありますね。

 酒が殆ど飲めない小生ですらが、上記のニュースに接して「ちょっと厳しいな~」と思うくらいですから、我が国世間一般としては更にびっくりのニュースなのではないでしょうか。そのくらい、我が国は飲酒と酒飲みに対しては寛容な国なんですよね。
 良く「酒の力を借りる」なんて言う位、飲酒によって普段は抑圧されていた本性がむき出しになって、とんでもない事を言ってしまう人がいる。相当の爆弾発言でも「あれは酒の席のことだから」と許されてしまうのですよね。

 でも、ここでちょっと考えてもらいたい。

 「酒の席」ではあっても、みんながみんな、飲酒でハイになっているわけではありません。例えば小生の如く、ほんの僅かしか飲めない人間にとっては、素面と変わりません。その状態で、例えば普段言わない様なことをいきなり面と向かって言われて、「あれは酒の席のことだから」と後で言われても、わだかまりは残ります。言われた方からすれば「あの人のホンネはそうだったんだな」と受け取りますからね。
 だからと言って、福岡市長の禁酒令を支持しているわけではないですよ。ただ、酒の飲めない人間にとっては度を越えた酔っ払いは迷惑以外の何者でもない、ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金の環

 こんばんは、チェスです。

 東京でも見ることができたという金環日食、皆様はご覧になりましたか?

 朝の情報番組を見ていたら、主に太平洋岸にかかっていた金環日食帯では、意外にお天気に恵まれ、多くの場所で「太陽が金の環になった」瞬間を見ることができたみたいですね。

 小生の住む東京都の北東部ではどうであったか?
 何時もの様に朝6時に起床すると、思ったより強い日差しに驚き、「あれ、こいつは晴れているぞ、ということは日食見られるぞ。」と(眼鏡が無いので)悔しい思いを新たにする。
 しかしまあ、東京がこんなお天気なら他でも見られるのでしょう、と思って、テレビをつけると、朝の情報番組は、画面の一部を使って太陽が欠けていく様子を伝えていました。もう既に1/3くらいが欠けているな。

 で、朝食後に改めてベランダに出て見ると、晴れてはいるけれど、雲も多く、これは肝心の金環日食時に太陽が出ているかどうかは微妙な感じ。いずれにしても、見る手段は無いわけだが。

 で、日食眼鏡は無いものの、何かで見た「ピンホールカメラ」方式というのを思い出す。ボール紙の中央に、ピンホールを開けて、そこから太陽を他のボール紙に映して見る方式。
 ボール紙2枚を探して持ってきて、さてどのくらいの穴をあけたらいいものやら、と思ったけれども、最早時間が無いので、千枚通しで直径3mm程の穴を開ける。

 で、このピンホールを通して太陽を見てみると、おお、なるほど、大きく欠けた太陽が映っている・・のですが、薄雲があって、時折隠れてしまう。リヴィングルームのテレビでは、東京でまもなく金環食になるとか言っている。
 で、その時間。何とか、ボール紙に映った、環の状態になった太陽を見ることができました。日食眼鏡があれば、もうちょっときちんと見ることができたのにねえっ。

 来月には、「金星の太陽面通過」というイヴェントがありますから、日食眼鏡は未だ出番がありますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さすがに今更・・

 こんばんは、チェスです。

 以前のこの記事でも少し書いた記憶がありますが、アメリカの有人宇宙船はスペースシャトルが退役して以降は、民間会社で開発中の「ドラゴン」という宇宙船しか無く、そのドラゴンが今回、まずは無人でISSへのドッキングを果たすべく打ち上げられる・・筈だったのです。
 が、伝えられる所では、何かトラブルが発生(どんな内容のトラブルかは報道されていませんでした)して、打ち上げは中止になってしまった様です。

 ここにきて、打ち上げスケジュールの延期とか、直前での打ち上げの中止とか、何か俄かに暗雲が垂れこめてきた感じがするドラゴン宇宙船ですが、さすがに人間を乗せるとなると、安全性が最優先となるでありましょうから、少し位の遅れは仕方あるまい、とは思います。ですが、ちょっと心配にはなりますね。

 ちょっと心配、と言えば、明日の朝発生する金環日食、天気が心配ですね。東京の明日の天気予報は曇り。
 薄曇りくらいだったら、雲の隙間から見ることができるでしょうが、本日の夕方あたりから何やら雲が増えてきていて、どうも明日は「本格的な」曇りになってしまいそう。
 ところが、ウチのカミさんが「やっぱり日食を見たい」と言いだし、安全に見るための日食観測用眼鏡を捜しに行く羽目になりました。
 が、これほどマスメディアで騒がれていてはねぇ。ああいうものは本屋さんやコンビニに売っているそうですが、どこも前日とあってはさすがに売り切れ。そりゃそうですよね。

 こうなっては、逆に完全に曇天になって「どうしても日食見ることができない」という状態になった方が、悔しくならずに済むかもしれません。心が狭いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツクラブ用のイヤフォン

 こんばんは、チェスです。

 若い頃は基礎代謝も高く、あるいはまた何か元気にスポーツをしているとかで、ウエストも細かったという人であっても、中年を過ぎてくると基礎代謝は落ち、仕事が忙しくなって運動なんぞしているヒマが無くなってくると、気がつけばベルトの上にお肉が乗っていて、些か見苦しい体形になるという人は多いと思います。
 小生はそんなに贅肉は溜まってはいない方ですが、それでもやはりお腹はせり出てきつつあり、スポーツクラブへ行くと何はさて置き腹筋運動、とこれだけは外せないと頑張るわけです。

 ま、しかしそれだけが目的では、スポーツクラブも面白くないので、有酸素運動としてトレッドミルは欠かせない。であるからして、トレッドミルに付いているテレビ用に、イヤフォンを持参しています。
 ところが、以前スポーツクラブの受付で買ったイヤフォンは、耳の穴に突っ込む部分が中華鍋の如き形をしているのですが、これが小生の右の耳に上手く入らず、走っているうちに振動で外れてしまうのですね。走っている時にイヤフォンを差し直すというのは結構イライラします。

 で、イヤフォンによっては耳の穴に突っ込む部分が少しカーヴの付いた筒状になっているのがあり、あれが小生の耳にはしっかり入って外れない。あれに変えようと思っていました。

 が、しかし。

 今現在、諸般の事情でお金が無い。お財布代わりの普通預金の口座は、25日の給料日が来るまでマイナスだ。だから無駄遣いは極力避けねばならないのです。
 中華鍋で我慢するかなぁ、と思っていた所、いやいや、最近の100均は何でも売っているから、イヤフォンもあるかも、とお昼のおにぎり(これだって値引きシールが貼ってあるのだ)を買ったついでに探してみると、あるんですね、イヤフォンが。しかも欲しい形状の奴が。

 どうせ音楽を聴くのではなく、トレッドミルのテレビの音声を聞くだけですから、音質なんて二の次三の次。耳から外れない事が大事なのです。で、100均のを付けてトレッドミルで走ったところ、こいつが誠に快調でした。
 100均も、上手く使えば便利ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柔軟剤

 こんばんは、チェスです。

 第1期水循環変動観測衛星「しずく」や、韓国の衛星を載せたH2Aロケットは、本日1時39分に無事に打ち上げ成功、これらの衛星を軌道に投入しました。
 次は7月、ISSへの無人補給機「こうのとり」の打ち上げが控えており、JAXAの種子島宇宙センターはまだまだ忙しい日々が続きます。

 ところで、何時頃からかははっきりしませんが、洗濯物が何やら甘ったるい匂いがする様になりました。

 洗濯用石鹸は、最近は頂き物の液状の奴を使っているので、石鹸ではないような気がします。
 すると、洗濯の時に洗濯機の洗濯槽のポケットに入れる柔軟剤かな?

 実は小生、独身時代は洗濯に柔軟剤を使うなんてことは知りませんでした。
 で、現在は、小生が洗濯をするときには何の考えも無く柔軟剤を投入していますが、以前に使っていた柔軟剤がいつの間にか変更になっていたらしい。
 その変更が原因で、どうも妙に甘ったるい匂いが洗濯物にくっつく様になった・・のではないかと思っています。正直に言えば、あまりに甘ったるい匂いなので、もうちょっと爽やか系の匂いにして欲しい。いやいや、毎度毎度柔軟剤を入れているけれど、本来は柔軟剤なんてのはバスタオルなんかを洗う時だけでいいのではないのか?と思っているのですが、またぞろカミさんにケチと思われるのが面白くないので、黙っています。(既に十分ケチとは思われている。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たま卵チーズ

 こんばんは、チェスです。

 「しずく」他の衛星を搭載したH2Aロケットは、昼には射点に移動して、いよいよカウントダウンが始まりました。今のところ「トラブルが発生したので打ち上げは中止」という発表はありませんので、日付が変わって早々に打ち上げがある予定。今回も無事に軌道への投入が成功することを祈念いたします。

 ところで、一昨日大阪出張から帰る時、新大阪駅のお土産物屋さんで、「たま卵チーズ」という御菓子を買いました。ウチのカミさんはチーズケーキが好きなので、お土産に丁度良いかなと。
 ただ、一箱が1050円で、その箱持ったら結構軽かったので、お土産物屋さんの御菓子にしては、少しばかり高いじゃないのとやや不満でした。
 が、このチーズケーキは厳重に保冷パックに入れられて、「お持ち帰りのお時間は6時間です」などと告げられると、そんなにデリケートなものなのかい、と。

 で、帰宅後に一旦冷蔵庫に入れて、夕食後に箱を開けて見ると、可愛らしい小さなチーズケーキが8つ入っています。食べてみると、物凄く口当りが滑らかで柔らかい。で、チーズの濃厚な風味。ちょっとこいつはね、「お土産物の御菓子」と侮れない美味しさです。「たま卵」は、「たまらん」と読むのだそうですが、美味しくてこりゃたまらんね~と食べた人に言わせるね。
 箱の中に入っていた案内書によると、WEBでも売るようになったそうですから、チーズケーキが大好物、という方は一度お試しになってみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お天気は・・?

 こんばんは、チェスです。

 昨日はなんとも鬱陶しい一日でしたが、本日水曜日は初夏の陽気、東京ばかりではなくあちこちで「夏日」になったみたいです。
 5月の紫外線というのは1年のうちで最も強いそうですから、お肌大切な女性の皆様は、もうしっかり紫外線対策を打たなくてはいけませんね。

 お天気と言えば、週末金曜日の、種子島のお天気はどうかな?と気象庁のサイトから天気予報のページを閲覧してみると、木曜日から金曜日は問題なさそうな予報が出ています。ということは、ロケットの方の技術的なトラブルが無ければ、「しずく」は予定通り金曜日の午前1時過ぎ~夜中だから打ち上げのライヴ中継は見られないな~に打ち上げられることでしょう。いっそのこと、1日延期になれば頑張って夜中起きて中継を見ますが、金曜日はお仕事がありますからね。睡眠不足に極めて弱い小生は、日付が変わるともう起きてはいられません。
 概ね23時にはベッドに入ってしまいますから。

 お天気はどうなる?という関心事がもう一つ。週明けの月曜日にありますよね。金環日食。
 これを見ることができる日食帯とでもいうのか、観測できる帯が、東京のあたりを通っているのですよね。だから、日食観測用のグラスが売れているらしい。しかし、朝7時34分とかは、丁度会社へ出勤する時間帯なので、いずれにしてものんびりと空を見ているわけにはいかない。
 お昼のニュースで流してくれるでしょうから、それで見ますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車内検札?

 こんばんは、チェスです。

 1ヵ月半ほど前に、大阪にある運輸系企業に出張しましたが、本日はその続きの仕事のため、再び新幹線で大阪へ。
 先方との約束の時間から逆算すると、再び新幹線車内で昼食を取らないといけないため、今回もまた東京駅で「深川めし」を買ってランチに。

 幸いにして、仕事の方はスムーズに片付き、同行した技術屋さんや営業さんと暫しコーヒーを飲んでから、予約しておいた新幹線より約30分早い「のぞみ号」に変更して帰京できました。
 200番代の偶数の列車番号がついている「のぞみ号」は新大阪発なのである、と一緒に帰った技術屋さんに教えてもらって、ふうーん成程、などと呟きつつ、まだ空席目立つ「のぞみ号」に乗車。

 ところで、JR東日本が運行している新幹線~東北や上越新幹線ですね~では、現在では車内の検札は廃止されてしまいましたが、JR東海運行の東海道新幹線では未だに車内検札があるのですね。

 新大阪で我々が乗車した後、我々のすぐ前の席に座っていた初老のオジサンに、名古屋から乗車してきた乗客が、「そこは私の席の筈だが」と訊いていました。あれ、これは指定席の二重売りでもあったのかな?と何気なく様子をうかがっていたら、どうやら最初に座っていた初老のおじさんの方が乗る新幹線を間違えたらしい。おじさんの乗るべき新幹線は既に発車していて、つまりはオジサンは新大阪で乗り遅れたのですね。

 で、そのオジサンは座っていた座席を明け渡し、自由席にでも移るのかな?とみていたら、同じ車両の空いている席に座ってしまったのですよね。ま、名古屋を出て次は新横浜ですから、空席に座って問題ないのだろうとは言え。
 暫くして、名古屋発車後の車内検札のために車掌さんが回ってきました。で、件のオジサンも検札を受けていたのですが、車掌さんチケットにハンコ押して、去っていってしまいました。いちいちチケットと席番号を照合しないのね。

 新幹線の車内検札って、なんだかメクラ判じゃないの、と思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次世代音楽メディアは?

 こんばんは、チェスです。

 金曜日から週末、そして週明け月曜日までの4日間は気持ちの良い穏やかなお天気が続いた東京ですが、どうも明日の火曜日から下り坂になってしまうようで、今夜あたりはそろそろ風向きが変わってきた気がします。

 毎年今頃の季節になりますと、木々の密度の高いあたりでは、新緑の匂いとでもいうのか、独特の生々しいにおいがしますよね。生命力を感じます。

 話は変わって、現在映像メディアとして最も情報量をたくさん記録できるのは、ブルーレイディスクなんですかね。高密度DVDというのも開発されていたと記憶しますが、規格争いに敗れてブルーレイに一本化されたと。
 一方で、音楽メディアの方は、相も変わらずコンパクトディスク=CDが頑張っています。

 ただ、以前に比べるとCDは売れなくなってきたらしい。

 何しろネット環境が普及しましたから、オンデマンドで聴きたい音楽をダウンロードできる。音楽プレーヤーの方も小さなMP3プレーヤーは一応健在なれど、スマートフォンが相当普及してきましたから、あれがMP3プレーヤーを駆逐してしまうというのは考えられる。

 つまり、LP盤の如きアナログレコードから、CDへとメディアが変わったけれども、音楽メディアとしてはもはや「ポストCD」というものは登場せず、静かに市場からCDが退場していくという流れになってしまうのかもしれません。
 ネットによるメディア無き音楽の流通。あと20年くらいは小生は生きているつもりですが、20年後もCDは存在しているでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母の日

 こんばんは、チェスです。

 5月13日日曜日は、母の日です。
 毎年ウチのカミさんは、山形のお母さんへ花束を贈っているそうで、今年も無事に届いたとの電話が昨日の夜ありました。
 一方、小生の母親へは、毎年色々と頭を捻って贈る花を考えます。
 最近の数年は、ミニバラが多かった。カーネーションというのが定番でしょうが、花束はともかく、鉢植えのカーネーションというのは意外に育てるのが難しい。
 で、鉢植えとしては楽しみやすいミニバラにしていたんです。

 しかし、ミニバラばかり続くのもねえ。

 で、今年は少し変わった品種の紫陽花にしました。ピンクの花なのですが、紫陽花としてはちょっと変わった形の花なのです。
 本日午前中、母親から花が着いた旨の電話がありました。
 昨日京都へ日帰り旅行していた弟が、お土産がある、と言っていたので、そいつを貰いに行きかたがた、どんな紫陽花なのか実物を見に行きました。

20120513_ajisai
 花は、こんなのでした。

 うっかりすると、白ネコの「ゆきかぜ」が花を食べに来ますのが、困ったこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダーバードはやはり・・

 こんばんは、チェスです。

 東京は、少し風が冷たいかな?と思われましたが、昼過ぎから良く晴れて気持ちの良い土曜日でした。
 GWは運動不足であったので、久しぶりにスポーツクラブへ行き(いや6日も行ったけど、水遊び少々だった)、トレッドミル他各種機械を動かし、腹筋運動で身体をいじめました。

 午後からカミさんが出かけていて、夕食はチャーハンを作って一人で食べ、さてこれまた久しぶりにサンダーバードのDVDを鑑賞。
 ジェリー・アンダーソンの他のシリーズも配達されるのですが、やはり何と言っても「サンダーバード」がダントツで面白い、というか子供の頃に夢中で何度も観ていたので、思い入れがひとしおです。

 今観ていても、例えば夜のシーンでサンダーバード2号の翼端灯が、きちんと右翼が青、左翼が赤になっているのをみても、きちんと作りこんでいるな~と感心してしまいます。

 それから、国際救助隊のニセ者が登場するエピソードでは、なんとサンダーバード1号が出動しないで話が終わってしまうという、大変珍しい展開になっています。(救助活動には3号が出動しました)。
 世界中どこでも真っ先に短時間で飛んでいき、状況偵察と救助活動の現場指揮にあたるスコット操縦の1号は、全エピソードに出動するものと思い込んでいましたので、自分の迂闊さにびっくりです。まだまだ修行(なんの?)が足りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しずく」打ち上げ迫る

 こんばんは、チェスです。

 本日午前中は所用のため、半日休暇を取って木場へ行ったのですが、東京メトロ東西線に走っている新型の電車、いつぞや紹介したかもしれませんが、本当にドアが大きいですね。これだけ開口部が大きいとなれば、確かに乗降はスムーズになるな。東京メトロの各線は混雑が激しいですから、他の線でも検討して欲しい・・とは思いますが、有楽町線などで始まっている「ホームドア」とは上手く連携できるのだろうか?

 さて、JAXAの「しずく」の打ち上げが迫ってきました。予定では来週の金曜日、5月18日ですが、気象条件はどうかな?3日くらい前になると、確度の高い気象予報が出ますから、打ち上げスケジュールを延期しないですむかはっきりしますね。
 「しずく」というのは愛称でして、正式な名称は「第一期水循環変動観測衛星」と言います。
 「第一期」と付いているので、この後継機も計画されているのでしょうね。
 「水循環」というのは、何のことでしょうか。
 我々の住むこの惑星は、日本語で「地球」といいますけれど、宇宙から見れば大部分の海の中に陸地が少し、という感じで「水球」の方が正確なのかもしれません。地球表面の大部分を被っている海の水が大気中に蒸発して、雲を作って、やがて雨になって地表へと戻ってくる、水循環というのは大変に大雑把に言えば、そういうことですね。液体で存在している海の水、空の雲、雨、霧、こういったものを長期間にわたって観測することで、「地球の健康診断」をやりましょう、というのが「しずく」を打ち上げる目的なんだそうです。
 例えば、海水温の異常上昇だとか、異常低温だとかが、遥か遠方の気候に影響しているらしい、というのは最近の研究でわかってきました。全地球的な水の循環を定量的にデータを取ることができれば、今まで明らかではなかった気象や気候の変動の原因がはっきりするかもしれません。

 ところで、「しずく」はH-2Aロケット21号機で打ち上げられますが、ペイロードの余力を利用した2つの小型副衛星と、韓国の「アリラン3号」という衛星を軌道に投入することになっています。海外の衛星打ち上げを行なうのは今回初めてですね。きちんと無事に上げて、今後の商売拡大に繋げませんとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竜巻こわい

 こんばんは、チェスです。

 今週日曜日の午後でしたか、東京では急に雷雨と雹が降るなどの天候の急変があったのですが、皆様ご承知の様に茨城県のつくば市では、竜巻が発生し、死者が出て、家屋などの被害がかなり出ましたね。
 で、昨日の天気予報では、今日の午後も北から寒気が侵入してくるために、関東地方などでは大気の状態が不安定になり、急な雷雨や、日曜日の様な竜巻の発生に注意すべし、と言っていました。
 現実に東京でも昼過ぎ、14時頃だったかな、雷鳴轟き急に雨が降り出しました。ただ、今回は幸いにも、竜巻の発生は無かった様で、夕方には竜巻注意情報は全面解除されていました。

 気象状況の急変というのは、空を飛ぶ飛行機だって怖い。現在の旅客機は、気象レーダーを搭載していますから、危険性の高い積乱雲などの雲がコース上に発見されれば、これを回避するために事前にコースを変えるなどの対処ができます。ですが、晴天乱気流などという現象の場合には、気象レーダーでは感知できませんから、航空機にとっては突然の危険ということになり、やっかいです。

 試験飛行が1年ばかり遅れることになった、国産の中距離ジェット旅客機MRJの、直接的なライヴァルの1機種である、「スホーイ・スーパージェット100」がインドネシアにおいてレーダーから消失し、行方不明になったと言われていたのですが、今日になってインドネシア当局が残骸を発見したそうです。
 この飛行機は、報道されているところでは、デモンストレーション飛行のために招待客50人程を乗せていた、ということですから、新型旅客機のインドネシアへの売り込みだったのでしょうね。インドネシアというのはたくさんの島からなる島国ですから、このクラスの所謂「リージョナル・ジェット」は大いに活躍の可能性があり、既に実機がデビューしているスホーイ・スーパージェットとしてはどんどん売り込みたいところだったのでしょう。これから事故原因が調査されるのでしょうが、何か突然の気象条件の悪化であれば、こんな不運なことはないですね。また、万一、機体に不備や原因が見つかった場合には、当然のことながら今後のセールスに大きく影響することは避けられないですから、スホーイは事故原因調査結果がどうなるか、今は震え上がっていることだと思います。新しい航空機の就航直後というのは何かと事故が起こりますから、MRJも少々の開発の遅延は気にせずに、安全な機体設計に取り組むべきですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就活失敗が原因の自殺者増加

 こんばんは、チェスです。

 昨日のニュースでしたか、警察庁の調査で、「就職活動の失敗が原因の自殺者が増加している」というのがございました。

 小生の記事で、我が国の自殺者数が毎年3万人を超えていること、この数字を国は重くみて、諸々対策を打っていかないと我が国は滅びると、過去書いて参りました。
 2011年の自殺者数も3万人を超えているのですが、ここ数年では少ない方であったのです。が、上記の如きニュースに接すると、若者の自殺者数が多くなっているということで、全体としての自殺者数に仮に歯止めがかかったとしても、現状はかなり憂うべき状況であるというわけですね。

 何せ我が国は、少子高齢化社会へ向けてまっしぐらなのです。そこへ持ってきて、10年後、20年後の日本の中核となるべき人材が、「就職活動に失敗」が原因で自殺されてしまうとは。
 確かに、日本の経済状況が一向に好転してこないのは確か。デフレが原因だ、という学者もいますし、最早円高は是正できないから、外需より内需を高めていくべき、とする意見も聞きますし、それぞれ尤もだと思います。
 が、新卒者の就職率が低迷したまま、というのはどうしたことか。
 これは結局、企業の「雇用形態の流動化」ということに帰結してしまうのでしょうか。総従業員数に占める正社員の割合が低下している=派遣社員、契約社員、アルバイトという非正社員の割合が増加しているというのはかなり前から聞かれていますよね。それはそのまま、新規採用数を絞るという流れに直結してしまいます。

 就職活動が競争激化してしまい、競争に敗れた人が将来に悲観して自殺する原因は、ざっとそういうことなのか。
 いったいどうすればいいのでしょうか。

 正社員となることのメリット、まぁ「終身雇用」という安定性は未だ健在ですよね。余程のヘマをやらかさない限りは、数十年に亘ってお給料をもらえるばかりでなく、厚生年金、健康保険、雇用保険という備えも大きい。
 しかしですね、今やその「備え」の方がかなり怪しい。大企業の正社員と言えども、前記3つは今後どうなるかわかったもんじゃない。つまり「正社員」でござる、という身分がグラついてきたのも事実。

 いっそのこと、国と企業は正社員の上記3つの備えをばっさり見直し、「正社員」雇用コストを引き下げてはどうでしょうね。小生にとっては自分の首を自分で締める様な話になるけど、それが結局企業が正社員採用数を増やしていく近道の様な気がします。あまりメリットは無くなったけど、それでも企業が「正社員」を増やしてくれる方向がやはり望ましいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局書棚増設

 こんばんは、チェスです。

 数年前に結婚して、今の集合住宅に住み始めて決意したことは、「新しい書籍は基本的に買わない」ということでした。なんとなれば、一旦この決意が崩れれば、本の増加はとどまるところを知らず、たちまちにして狭い部屋から本が溢れていくのは目に見えているからです。

 ただ、以前にジェリー・アンダーソンのDVDシリーズやら趣味のものではない必要資料などの収納のために、シンプルな組立式ラックを1台注文し、これに掟を破って買っていた少数の本などもこっそりと納めていました。

 が、ここへ来て、紀行作家の宮脇俊三先生の未読の本などをアマゾンで注文したり、鳥越の実家から同じく宮脇先生の再読したい本を持ち帰ったりしたために、上記のラックには到底収容しきれなくなってしまった。

 早くも数年前の危惧は、現実のものとなってしまったのです。

 で、先月あった従姉妹への結婚祝いのお返し(カタログギフト)を眺めているうちに、上記の如くのシンプルなラックがあることを発見し、しかもこれは2個組であったので、これらを並べればかなりの収容力を発揮するはずだ、とカミさんを説得して、こいつを貰う計画を遂行中なのです。
 注文は未だなのですが、決定が覆されないように注意していないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三島通庸

 こんばんは、チェスです。

 今年のGWの帰省では、文翔館の見学をしてきました。

 文翔館というのは、2代目の山形県の県庁舎(初代は山形市の大火で消失)で、レンガ造りの中々趣のある建物です。山形市のいわゆる官庁街に位置しています。県庁通りという道が山形駅の東口付近から延びていて、その終点にこの文翔館が建っています。昔の県庁舎に通じる道であったので、そうした名前なのでしょう。現在は夏の「花笠祭り」の踊りの終点になっているようです。

 県庁舎が新しく出来た時、こちらの旧庁舎は取り壊して駐車場にでも、という話になったらしいですが、国から重要文化財の指定を受けたために内部外部を綺麗に復元工事して、現在は誰でも見学できる施設になっています。ボランティアガイドという内部の説明をしてくださる方がいて、今回説明をお願いしました。
 内部の装飾や豪華なシャンデリアは美しく、それに反して知事用の椅子というのは硬い座り心地でしたが、ガイドさんの説明でちょっと面白かったのは歴代の県知事の顔写真がずらり並んでいるところ。
 山形県の初代県令(今の県知事)は、三島通庸(みしまみちつね)という薩摩出身の武士-明治新政府の役人-なのですが、この人は最終的には警視総監になって、反政府的、反国家的な人物は徹底的に取り締まるというかなり強権的、弾圧一辺倒で強行な人物なのです。ですから敵も多く、暗殺の対象になったこともあるようなのですが、どういうわけか文翔館のガイドさんは、この人のことを非常に褒めていましたね。「山形の現在があるのは、この人のおかげ」とまでおっしゃっていた。
 どうして?というに、この人は「土建政治家」のはしりの様な人で、道路整備をどんどん進めていったのです。山形県という地域は、太平洋側の大都市仙台とも、より東京に近い福島とも山で隔てられていて交通不便です。所謂、峠道しか無かった。
 このため、山形の物流というのは、最上川の水運を使って、日本海側の酒田へと運び、そこから日本海沿岸航路~北前船という奴ですね~で大阪へと繋がっていた。
 三島県令は、それだけではダメで、これからは中央の東京と物流のパイプを作らないといけない、と考えたのかどうか、山形県の南側の玄関口の米沢と、福島とを結ぶ道路や、山形と仙台とを結ぶ道路の建設整備を推し進めました。当時は道路交通と言ってもせいぜいが馬車で、陸上の物流の主力はいずれ鉄道になってしまい、トラック輸送のために道路が再び必要になるには随分と先の未来のことなのですが、しかしそのように考えると、先見の明があったのか、たまたまかはわかりませんが、ガイドさんが褒めた理由も理解できます。
 しかし、「土木県令」とまで言われて道路工事を進めるには、かなり強引なことをやったらしいので、評価は色々でありましょう。

 中央政府から任命されていた「県令」から、選挙で選ばれる「県知事」に変わって、ずいぶんと後に、漸く地元山形出身の県知事が登場します。東北各県は、一度は明治政府に弓を引いたので、随分と睨まれた過去があったのですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「太平洋奇跡の作戦 キスカ」

 こんばんは、チェスです。

 今年のGW最終日。山形の土産を鳥越に届けておしゃべりしていたら、何やら天候が急変、雨が降り出しそうだったのでクルマで送ってもらいました。途中で雹が降ってきたのには驚きました。

 ところで先日、DVD「太平洋奇跡の作戦 キスカ」が届いていた(アマゾンは本当に便利)ので、夕方からの空き時間に鑑賞いたしました。大変古い白黒映画で、東宝映画の俳優陣が総出演という豪華なキャストなのですが、女優さんは一人も出ていません。(戦争映画なので当然ですか)

 音楽を担当していたのが、團伊玖磨先生という、これまた大物の起用なのですが、当時は新進気鋭の作曲家だったのでしょうかね。

 映画ですから、もちろん色々と演出はあって、第五艦隊の川島中将(実在は「河瀬中将」)が海兵同期の大村少将(実在は「木村少将」)を南方から呼び寄せてキスカ撤退作戦を命じ、三船敏郎演じる大村少将は、山村聡演じる川島中将に色々と無理難題をふっかけて、足りない駆逐艦を融通してもらうといった描写があるのですが、実際は河瀬中将は海兵の先輩で上部組織の上官ですから、こんなのはありえない話でしょう。
 ですから本当とは異なる点が数々あれど、「貴重な戦史」を良く制作していると思います。慎重な上にも慎重を重ねて、無事に撤退作戦を成功させた木村提督の指揮は見事でありますし、同時に救出艦隊がキスカ島に突入する日、島を封鎖していた米艦隊が補給のためにたまたま島の封鎖を解いていた、というのも奇跡と言われる所以です。

 若き日の児玉清さんが、気象観測担当の少尉として出演していたのも、面白い配役でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

団子屋

 こんばんは、チェスです。

 15時59分山形始発のつばさ号で無事帰宅いたしました。今回の山形帰省はあまりお天気がよろしくなく、外出の際には傘を手放せないという感じでしたが、帰る日になって漸くお日様を拝めました。

 山形の田舎の家の近所に、一軒の小さなお団子屋さんがあり、正直言いまして探すのは苦労するだろうな、と思われる様な場所に立地しているのですが、実はこのお団子屋さん=「渡辺だんご」というのですが、「知る人ぞ知る」という人気店らしく、お団子は大体午前中には売り切れてしまうという絶大な人気があるお店なのです。

 で、本日東京に帰るにあたって、あのお団子屋さんの団子を食べたい、とリクエストしてみた所、既に時間は正午に近かったのですが、義母が電話を入れてくれて、幸い残っていたお団子を確保してくれました。

 で、買ってきたのがお醤油味の所謂「みたらし団子」と、仙台やこちら山形では和菓子に非常に良く使われている「ずんだ」のお団子。
 最近は仙台のお菓子の会社が上手く宣伝したせいで、だいぶ知れ渡る様になりましたが、ずんだというのは枝豆をゆでて潰して作った薄い緑色のペーストというか餡ですね。
 で、小生は元は東京の人間ですから、みたらし団子の方がなじみが深いのですが、「ずんだ」のお団子も、これが実に美味しいです。あまり甘すぎず、自然なほど良い上品な甘さで、何しろ緑色が美しい。

 ずんだのお団子は、お勧めですので、仙台や山形へお越しの際はぜひどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専称寺

こんばんは、チェスです。
折角山形に来たのに足の遅い低気圧のために雨模様です。それでも午後、専称寺を参拝してきました。
人影疎らでしたが、本堂は非常に立派なお寺でした。
最上義光の娘の駒姫の墓があります。秀次事件に連座させられ、京都の三条河原で非運の最期を遂げた駒姫は、今故郷山形で静かに眠っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三津屋

三津屋
東北新幹線は停電があったとかで、山形には30分位は遅れて着きました。昼食は市内の三津屋さん。桜えび掻き揚げと蒸籠大盛を頂き、非常に美味しいお蕎麦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

峠の力餅

峠の力餅
こんばんは、チェスです。
山形へは何度も来ていますが、福島山形の県境になる板谷峠にある、峠駅名物の『力餅』は食べた事が無く、今回初めて買って食べました。
但し山形新幹線車内で売っている、コレは米沢の別の会社の物だそうですが。
こし餡の入った小ぶりのお餅八個入りで530円だったかな。漸く食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DVD再生停止

 こんばんは、チェスです。

 西から低気圧が接近していることから、東京は本格的な雨模様になってきました。明日3日にかけて東日本では広い範囲で雨天になってしまう模様。山形へ行きますが生憎のお天気で残念です。余程のことがない限りは雨で新幹線は止まりませんが(大雪や強風は結構止まる)明日は山形市内の文翔館の見学などしようと思っていたので、雨天はうんざりなんです。

 レコーダで録画していた、NHK BSの「世界ふれあい街歩き」が、レコーダのHDD容量を圧迫してきたので、DVDにダビングして、HDDの方を消す作業を繰り返していたのですね。そしたら以前にDVDにダビングした番組が、途中で再生が止まってしまう、とウチのカミさんから苦情が来てしまいました。
 あれま、大して時間が経過していないのに、DVDがもう劣化してきて再生不良になってしまったのかな?と思って、問題のDVDを我が日本エイサーのパソコンで再生してチェックしてみました。
 番組全部を見ていると時間かかって大変なので、途中は早送りして飛ばしながら見ると、ちゃんと再生できる。何の問題もありませんでした。

 そうすると、テレビに繋がっている東芝のレコーダの再生機能に問題があるのか?

 この番組のDVDは数十枚貯まってしまったので、全部をチェックするのは大変なんですけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クールビズ開始

 こんばんは、チェスです。

 5月になりました。昼のニュースでも「本日からクールビズが始まりました」と報じられ、ネクタイ、上着無しの軽装で出勤する様子が流れていました。小生の勤務先も同様で、本日から暫くの間(10月末までだったかな?)はネクタイは締めず、上着は無しですよ、ということでございます。
 ではあるものの、これまでの習慣というのは恐ろしいもので、小生はついついネクタイを付け(今日は「クリップ式」にしていた)、上着を羽織ってしまっていました。エレベータで下降中(そうだった、今日からクールビズ!)と思い出したのですが、戻るのも面倒とそのまま出勤してしまったのです。

 今日と明日はGW期間中の「普通の日」であるため、電車も昨日の如くには空いていませんでしたが、始発電車を待つ列の長さがいつもよりは若干短かった。お陰様で今日も座って出勤です。さり気なく周囲を観察すると、ネクタイを締めていない男性が多い、というかネクタイ派の方が明らかに少ない。どうも「クールビズ」というのは着実に浸透している様です。
 そこへ持ってきて、昨年の東日本大震災による電力不足です。昨年夏は、東京電力管内が厳しい電力不足に陥り、電車は特別ダイヤ、コンビニは照明を落として営業など、大きな影響を受けました。冬になればなったでまた電力が足りなくなるだろうと予想されましたが、幸いなことに大規模停電など起きることも無く冬は乗り切れました。

 そして、再び暑い夏が直ぐそこまで迫っています。多分ネクタイ業界は悲鳴を上げることになります。
 ただ、エアコン設定温度が28℃になりますと、ネクタイを外したくらいでは、真夏はおっつかない。本当のことを言えばペラペラのTシャツ一枚というくらいにならないと、暑くて仕事にならないのですが、さすがにTシャツ一枚というのは「まかりならん」ということになっているのですね。
 原発再稼動は絶対反対~けど、暑いからエアコンは動かすぜ~ってのは、矛盾する話なんですね。電気が足りなくなってきたら、クールビズなんていうのでは絶対に間に合わない。もし今年の夏が例年並に暑かった場合には、「電力の安定供給」の声が原発を再稼動させるようになるのではないでしょうか。原発はこりごりなれど、この暑さのためには目をつぶって原発動かせ!
 となりそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »