« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

バス事故

 こんばんは、チェスです。

 世間的にはGW期間ですが、本日の30日(振替休日)は、小生の勤務先のカレンダーでは出勤になっておりまして、いつもの月曜日と同じ様に起床して出勤いたしました。まるで休日出勤という雰囲気でしたので、地下鉄千代田線は始発電車でなくてもガラガラに空いており、座って本を読みながらという優雅な出勤です。

 連休を使って遠出をされている皆様もいらっしゃるとは思いますが、自動車の長距離ドライブはくれぐれも過労になりませんようにお気をつけ下さい。

 既に大きくマスコミにより報道されていますから、皆様も承知されていると思いますが、長距離バスの事故で7人もの方が亡くなったという大事故が発生しました。事故現場からの中継の画面を見る限り、高速道路の道路脇に設置されている防音壁の端部にバスが突っ込んでいってしまった結果、バスの左側に座っていた乗客の皆さんが犠牲になった様です。
 防音壁というのは、高速道路の全ての道路脇に設置されているわけではありませんから、運転を誤って左側にコースアウトしていった所に運悪く防音壁の設置始まり箇所があった、そういう事なんだろうな。仮にガードレールだけの箇所だったら、バスの車体にガードレールが激しくぶつかりはしたでしょうが、そのまま擦り付けられれば何とか止まれたかもしれない。
 いずれにしても、ドライバーが運転を誤ったのが事故原因ですから、今報道されているようにそれが「居眠り」に起因するものなら、バス会社の労務管理体制はどうだったのだ、という具合に取り調べが進む筈です。

 なんと言っても、長距離バスの魅力は「運賃の安さ」ですよね。ただ、飛行機や列車に比べると時間がかかる。で、移動時間を夜間にする=夜行バスにすれば、無駄が省けるから、長距離バスには夜行が多い。
 でも、夜行バスの運転は疲れますよね。途中ドライバーが交代するとかできれば理想でしょうが、昨今の激しい競争の中でコストを抑えようとすれば、それは人件費に跳ね返ってくる。1人のドライバーに無理をさせていた可能性は否定できないでしょう。
 いくら運賃を安く設定していても、これだけの大事故を起こしてしまっては長距離バスは「安かろう危なかろう」と認識されてしまいます。旅客運輸業としてはバスであれ航空機であれ列車であれ、コストダウンと共に安全は最優先で取り組んでいただかないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事に含めるべきだったのですが、書き忘れてしまったので本日追加します。

 お台場の「オクトーバーフェスト」の会場に向かって歩いておりますと、カミさんが「ガンダム!」と言って指差しますので、へ、どこどこ?とそちらの方を見ると、おお、成程、巨大なガンダムがお台場の公園に直立しておりました。近くに行ってみると、うーん、こいつはデカい。いや、それにしてもうちのカミさんは良くガンダムを知っているものだ、と感心しました。
 そういう小生でも、最初のガンダムをテレビで観たのは確か高校生の時だったから、ほぼ同世代と言ってよいカミさんが知っていてもおかしくは無い。「機動戦士ガンダム」はアニメとして大人気を博し、次々と続編が制作されたのですが、小生が話を知っているのは次の「ゼータ ガンダム」くらいで(カミーユ・ビダンという子が主人公だった)その次の「ダブルゼータ」になるとたまに気が向いたら観る程度だったので、ストーリーを殆ど知らず、その後は全く知りません。

 それでも最初のガンダムは最初の放送を含め何回か観ているので、名場面やら名セリフやらは良く覚えています。

 で、隣にいたカミさんに

-ガンダムも良いが、大きなザクを作ってほしいな。

 と言ったら、カミさんは「ザク」を知りませんでしたので、どうやら彼女はガンダムの存在そのものは知っていてもアニメの方は観ていなかったらしい。

 小生の夕食当番は、昨日の土曜日から本日日曜日にずらしてもらったので、「煮込みハンバーグ」を作りました。
 これは確か2回目のチャレンジだったのですが、前回よりははるかに上手くできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場オクトーバーフェスト2012

 こんばんは、チェスです。

 ウチのカミさんが「オクトーバーフェスト」という催しに行きたい、というので、今日は昼からお台場へ行ってきました。昼頃までに東京のお天気はどんどんと回復して、最終的にはピーカンの快晴に。外にいると暑さを感じるくらいの初夏の陽気になりました。

 新橋から「ゆりかもめ」に乗ってお台場へ。

 GW初日とあって、賑やかな人出になっています。
 オクトーバーフェストというのは、ドイツのビールのお祭りで、本場ドイツでは10月に開催されるのでこの名前になったそうです。
 会場は大きなテントに椅子とテーブルが並べられ、そのテントの外の両側にも椅子とテーブルがたくさん。
Oct_fest20120428_02
 で、これらを囲むように10店舗くらいのビールや食べ物を売る出店が並んでいます。

 皆さんご存じとは思いますが、小生は殆どお酒が飲めない甘党です。が、まぁ何か飲めるものもあるだろう、と色々眺めていると、レモン風味のフルーツビールというのがあり、このアルコール度数は極めて低い様なので、それを飲みました。カミさんは白ビール。

 おつまみは、カミさんのリクエストでムール貝の白ワイン蒸し(ポテトフライ添え)というのを買ってきました。それと春野菜のピクルス。
Oct_fest20120428_01

 お天気も良く、会場は賑やかで楽しい感じなのですが、全体にビールのお値段がかなりお高いと思いました。まずビールを注文すると、グラスのデポジット代として1,000円かかります。これはグラスを返す時に戻ってきますが、知らないとびっくりします。ビールは色々な値段がありますが、1杯1,000円以上するのが多い。ビールが好きで3杯位飲んでしまう人だとビール代だけで結構散財してしまいますね。居酒屋チェーンと比較すると相当に高いですよ。

 夜も10時までやっているので、今日あたりは夕方から行くのがいいかもしれませんね。GW中はお台場で開催され、その後日比谷などでもやるようなので、ドイツのビールをちょっと味わってみたいという方は遊びに行っても面白いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界的には日本海

 こんばんは、チェスです。

 国内的にはどうってことない、というか、どうでもいい、ということなので、我が国のマスコミが殆ど流さないのですが、4月23日からモナコで国際水路機関(IHO)の総会が開催されていました。モナコというとF1?とか思ってしまいますが、IHOの本部が置かれているのですね。で、この機関の大事な仕事が、加盟国で共通して使う海図の作成と改訂です。世界中の海の境界を定めているのが「大洋と海の境界」というもので、今は第3版が最新である。が、最新とはいえ第3版が発行されたのは1953年で、もう実に50年以上経過している。だから第4版に改訂しましょうよ、との声が加盟各国から上がっているのです。

 ところがここに、困ったことを言っている国が一つある。お隣の韓国です。

 韓国は、世界的に認められている「日本海」という名称を、韓国の国内で使われている「東海」という名称に変更しろ、とこう言っている。(「併記」とも言っているらしいが、最終目標は変更らしい)。
 全くバカげた話なんですよ。
 韓国の国内では、日本海→東海、黄海→西海、東シナ海→南海というんだそうです。
 自分の国から見ると、その方角にある海だから、ということですよね。だから、お隣の国でそう言っている分には別にそれでいいんです。今後もそうしてもらってかまわないし、誰も文句は言わないです。
 ですが、韓国は「日本海」にだけは文句をつけているんですね。名前を変えろ、と。他の西海、南海は何も言っていないことからみても、「日本海」という名前が面白くないからというあちらの感情がみえみえだ。

 しかし、例えば国際的には「南シナ海」と呼ばれている海を、ヴェトナムは「東海」と呼んでいるそうです。ヴェトナムからみれば東の海だからですね。でもヴェトナムは、「南シナ海」を「東海」に変えろとか、そういった無理難題は言っていません。
 ヨーロッパにある「バルト海」は、ドイツ、デンマーク、スウェーデンから見れば東の海なので、「東海」と呼んでいる様ですが、これらの国は「バルト海」を「東海」に変えろとか、そういった無理難題は言っていません。

 駄々っ子の如きは韓国だけです。

続きを読む "世界的には日本海"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心狭いが

 こんばんは、チェスです。

 大都市圏で通勤通学時間帯に電車やバスで通勤通学している人~小生もその一人ですが~にとっては、そのバスや電車に乗っている間というのは、乗客というよりは単なる1つの「物」という如き状態になってしまいますよね。不条理としか言いようが無いのですが、これを受け入れる以外には選択の余地は無い。
 実際には選択の余地はあるわけです。バスや電車が混雑するピークの時間帯を外せば、幾分なりとも楽に乗車できるのは道理であり、だから国などもかつては「オフピーク通勤」を大々的に奨励していた、と記憶しています。しかし、会社がシフト勤務やフレックスタイムを実施していないと、これはなかなか難しい面がある。唯一実施できそうなのは「早起きして早く会社へ着く」方法ですが、これとて相当に早起きしないと効果はあまりない。
 他の選択としては、「なるべく空いている路線やバスを使う」という方法ですが、こいつも交通費を支給する立場の会社からみたら、「最短経路で通勤しなさい」と指定しますでしょう。勝手なことは中々できないのです。

 で、多くの人は、自分がその一部であるにもかかわらず、満員電車やバスにウンザリし「どうしてこんなに混んでいるのだろう」と満員状態を呪うわけです。これは高速道路の渋滞の列にいながら「なんでこんなにクルマが多いんだ」と怒りを覚えるのと似ていますかね。

 で、ウンザリしつつも我慢するしかない電車が漸く下車駅に着き、大勢の人々の群れと一緒に改札口に向かうわけですが、しばしばいるでしょ、ICカード(定期券)を適当にかざすものだから、キンコンと鳴って自動改札が閉まってしまう人が。不運にして、こういう人の直後にいたりすると、あやうい所で舌打ちしてしまいそうになるわけです。自分もやらかすかもしれないから、ここはなんとか舌打ちを堪えるのですが、心が狭い小生はお腹の中で直前の人を罵倒しているわけです。このあたりは、混雑しているスーパーで、なるべく早くレジを通過しようといくつかのレジを吟味し、ここぞと思ったレジに並ぶと、直前の順番で支払にもたつくお年寄りに、思わず天を仰ぐ時の精神状態に似ているかな。やはり、小生はかなり心が狭いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老舗和菓子店のその後

 こんばんは、チェスです。

 昨年の6月に、惜しまれつつも閉店してしまった王子の老舗和菓子店「岡安堂」さん。創業以来100年の歴史があったそうです。
 このお店に居た白黒柄の猫が中々良かった。

 お店の中から各種の什器類が搬出された後は、シャッターが下りたきり、半年以上もそのままになっていましたが、先月あたりから内装工事の動きが。
 甘党の小生としては、新たなスイーツ店なんかがオープンしてくれると良いな、と希望的観測をこの記事に書いたものでした。
 内装工事が一段落したのか、完了したのかは判然としませんでしたが、ここのところ動きが見られなかった。が、先週あたりからまた動きがあり、かつてのお店の日除けや看板などが撤去されて、自動ドアの周りに養生がされたので、どうやら新しいお店のエクステリア工事=模様替えがなされるらしい。

 ただ、先日の夕方、内部をちらっと見た感じでは、どうも薬局になってしまうのではないか、と思えてきました。というのも、「旧岡安堂」さんの右隣は病院で、左隣は薬局なのです。薬局は市販薬中心のお店ではなく、明らかに病院の処方箋を持ち込む患者さん用の外部薬局。薬局の需要がまだ見込める、と判断したどこぞの薬剤師を抱えた大手薬局資本が、この店舗を賃貸で借り受けて新たな薬局をオープンすることにしたのではないかと推測します。確かにお隣が病院ならば、必ず一定数の患者さんが見込める固い商売には違いないけど、なんだかがっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴン宇宙船

 こんばんは、チェスです。

 あまりマスメディアでの報道がないのですけれども、米国のXスペース社が開発した宇宙船「ドラゴン」が同社の「ファルコン9」ロケットによって、4月30日に打ち上げられる予定である、とのことです。
 打ち上げにはNASAのケープケネディ宇宙基地が使われます。

 ま、今回の打ち上げも、ドラゴン宇宙船は無人の「テスト」なんですが、過去2回の打ち上げと違うのは、今回のドラゴン宇宙船は、国際宇宙ステーション=ISSへの接近・ランデブーと、結合・ドッキングを目指しているということ。
 このテストに成功すれば、スペースシャトルの退役後、ISSへの「足」を失っていたアメリカが、再び自前の人員輸送手段を持ちうるということになる。これは非常に大きい。
 何故というに、以前のブログでも書いたかもしれませんが、現在ISSへの人員輸送手段としては、ロシアのソユーズ宇宙船があるのみで、他の代替手段が何も無いのです。一応中国が有人宇宙船を成功させているけれども、あそこはISSに参加していないですからね。
 ISSへの物資補給手段としては、ロシアのプログレス、ESAのATV、JAXAのHTVと、複数ありますから、まずは安心でしょう。しかし、仮にロシアのソユーズ宇宙船がダメになったら、人員輸送手段は無くなると言うわけです。尤も、ソユーズ宇宙船は極めて信頼性の高い「枯れた」システムですから、これから大問題が発生するというのは考えずらいですが、しかし人間が作ったものに100%の信頼ということはありえません。できれば複線化というか、代替手段があった方がISS計画にとっては望ましいでしょう。

 スペースX社は、お金さえ払えば民間人でもドラゴン宇宙船に乗せてくれるらしい。となれば、当然に高い信頼性が求められますよね。今回のテストが首尾良く成功したとして、ファルコン9での打ち上げ実績は3回です。億万長者が安心して乗るには、もうちょっと実績を積む必要がありますね。

追記 4月30日予定だった打ち上げは、1週間程度の延期になったと発表がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮物難しい

 こんばんは、チェスです。

 月曜日、東京はほぼ終日、しとしとと降る雨模様で、週明けとしては何とも気勢の上がらないお天気でしたが、お天気そのものより何やらうすら寒く、寒がりの小生にとってはこちらの方がずっと堪えました。4月も20日を過ぎているというのに、こんな気温ですと具合が悪くなりそうです。

 たぶん、具合が悪くなりそうなのは気のせいだとは思います。

 いつもは土曜日の夜に小生が夕食を作るのですが、昨日の日曜日は夕方近くまでカミさんが出かけていたため、夕食当番を日曜日にスライドさせてもらいました。
 昼頃にヨーカドーへ買い物に行くと、もうシーズン終盤のためなのか、天然ブリが安い。一切れが凄く厚い奴が2切入っていて300円だ。これを照り焼きにしようと思いました。
 ご飯を、きのこご飯にして、あと一品、と思い、割引シールが貼られていた厚揚げを買って、煮物にしようと思いつきました。厚揚げだけでは寂しいので、家にある大根を入れれば良いでしょう。

 cookpadから引っ張ったレシピで煮物を作ったのですが、これがどうにも少し寝ぼけた様な味であって、今ひとつ美味しくない。なんと言うのか、何となく味がついていますね、というレヴェルなのです。
 何度も煮物を作っているのですが、どうも満足のいく出来になったことがありません。味付けの時に、どうもビクビクして控え目にしてしまうのが良くないのか、うーん、と唸ってしまいます。煮物はどうも難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フローリング

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京。朝から雲が低く垂れこめて、今にも雨が落ちてきそうです。事実昼頃買い物に外出した時には、弱い雨が降り始めたのですが、意外に大したことはなく、結局夕方まで「曇り」のままでした。

 諸般の事情で、小生はリヴィングルームのフローリングの上に布団を敷いて寝ているのですが、一晩で布団の下のマットレスが凄い湿気になっています。本来的にはフローリングの上に布団を敷いて寝るというのは無しなのでしょうね。マットレスの下側(フローリングに接している面)があっという間にカビが生えてくるので、昼間はマットレスを立てかけて干しているのですが、フローリング表面の方も黒く汚れてしまいました。

 こいつはいかん、と思って、フローリング床用クリーナーというのを買ってきて、水に薄めてこすってみると、なるほど雑巾の方は黒くなってくるのですが、フローリング表面の方はあまり綺麗にならない感じ。それでも良く見るとマシにはなっているようなので、これは地道に掃除するほかなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジンジャーエール

 こんばんは、チェスです。

 土曜日は、曇り空の東京でしたが、何とか雨は降らずにすみました。しかし西からお天気は下り坂のようで、残念ながら明日の日曜日は雨の予報が出ているため、面倒な買い物は今日済ませておこうと考えて、午前中にこまごまとした買い物をやってしまいました。

 一旦帰宅して、カミさんが作ってくれたうどんで昼食。

 午後からスポーツクラブへ出撃です。
 スポーツクラブに到着する直前に、飲み物の自販機が3台並んでいる所がありまして、500mlのペットボトル飲料でも100円なのです。クラブの中の自販機で買うより安いので、いつもここでスポーツ飲料などを買ってから入館します。
 ところが、今日この自販機を眺めて「今日は何にするかな?」と思っていると、ウィルキンソンのジンジャエールがあります。こいつが100円だ。思わずボタンを押してしまいましたが、ジンジャーの風味の強いこの飲み物は、トレッドミルで走る時に飲むものではなかったですな。

 小生はアルコールに弱いので、飲み物に困るとジンジャーエールを飲むことが多いです。しょうがの風味のする炭酸飲料で、カナダドライのシェアが大きいですが、もう一つウィルキンソンのも有名なのです。
 味はカナダドライの方は少し甘めでさわやかな仕上がり。
 ウィルキンソンの方はしょうがの辛味が効いていて、ちょっとした刺激があります。この両者は人によって好みが分かれますが、小生はどちらかというとウィルキンソンの方が好きかな。
 ウィルキンソンでも、甘めに調節したジンジャエールがあるそうですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州市の銃撃事件

 こんばんは、チェスです。

 冬の間は枝だけだった銀杏の木が、何時の間にやら今年の新しい緑が芽吹いていて、桜も葉桜があっと言う間に新緑です。となるともうじきGWがやってきます。自販機の飲み物も、半分温かいのを売っていた筈が全部冷たい飲み物に変わっている。目まぐるしく季節が動いています。ただ、週末はお天気が崩れそうで、まだ時々は寒い日もありそうです。

 昨日でしたか、福岡県警で暴力団関係の捜査をしていた警察OBが、何者かに銃撃されて重傷を負ったというニュースがありましたね。被害者が暴力団から恨まれる可能性や、被害者自宅を暴力団組員が徘徊していたということから、福岡県警は被害者を保護対象者にしていたそうなのですが、さすがに外出時は四六時中護衛をつけるというわけにもいかず、その隙をつかれたということなのでしょうか。

 なんでも、福岡県の昨年1年間の発砲事件は18件も発生していて全国1位。しかもそのうち検挙されたのは2件のみとなると、ちょっとさすがにこれは警察の怠慢を責められても仕方がない様に思います。

 ただ、かつて暴力団がらみの発砲事件というのは、「対立する組織同士の抗争の結果」というのが一般的だった様に思います。まれに無関係の市民が巻き込まれるということもありましょうが、それは人違いとか流れ弾という奴なのでしょう。暴力団と言えどもカタギの人を巻き込むことはしないはず。

続きを読む "北九州市の銃撃事件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽坂界隈

 こんばんは、チェスです。

 毎年結婚記念日にはどこかへ外食で祝っていたのですが、今年は諸般の事情で2週間ほど遅れて、昨日にやってきました。いつぞやも千鳥が淵の桜を観てからフレンチを食べにやってきた、神楽坂。今年は神楽坂から一本東寄りの、軽子坂という坂道を右手に大きな監査法人のビルを見ながら上って、やがて道が右手に折れて大久保通りへ抜けるちょっと手前にあるイタリアンのお店です。

 予約した時間に10分早かったので、お店の場所を確認して前を通り過ぎ、大久保通りまで出てみました。

 このあたり、神楽坂は○丁目となっていますが、他の町名は揚場町、筑土八幡町、袋町、白銀町、箪笥町に細工町と、まるで江戸時代の長谷川平蔵が活躍していた頃そのままの様な感じで残っていて、大変面白い。
 小生が住んでいた台東区も、かつては黒門町、練塀町といった具合に、趣のある町名がたくさん残っていたのですが、悉く抹殺整理されてしまい、無味乾燥な町名になってしまったのです。台東区は、新宿区のこうした地名を大切にする姿勢を学んでほしいものだと思いましたね。

 お料理を食べ終わって帰る時に、シェフにご挨拶をいただきましたが、意外にお若いシェフに驚きました。フレンチの手法が取り入れられているイタリアンで、美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水流は痛い

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京は、何やら空模様が不安定でした。午後から厚い曇り空となり、時折雷鳴が轟いていました。

 約5ヵ月ぶりになるのかな、歯医者の予約を入れていたので夕方退社後に歯科医院に寄ります。おなじみの院長先生に口内を簡単に見てもらい、そしてレントゲン撮影。これはいつも通り。
 ところがレントゲン撮影終了後に、院長先生が仰るには、「今回は水を使ってお掃除しますので、あちらの椅子に座って下さい。眼鏡が移してあります。」と、いつも座っている診察椅子から移動する様指示されました。これまでは、院長先生が物理的にガリガリと削って歯石取りをしてくれたのです。どうも院長先生とは別の歯科医師がやるらしい。小生の不審な(不安な)表情を見て取った院長先生「それ(水)の方が痛くないからね」と付け加える。

 で、これまで診てもらったことが無い若手の(マスクしているので年齢は良くわからない)歯科医師登場。この人が、水流を使って歯石取りをするようだ。
 最初、先の曲がった針を持って、小生の歯の状態を見て傍らの助手に「4番2、5番3、6番3・・」などと伝える。その際に、その先の曲がった針で何やらぶちぶち刺されて少々痛い。
 で、いよいよ水の登場。どうも非常に細いノズルから高圧で噴射される水をあてて、歯石を除去するという方法らしい。こいつが、院長先生の言葉とは裏腹に、結構痛い。痛くて、時折足が突っ張ってしまう。
 何とか我慢していると、漸く下の歯が終了した。下の右の奥歯、親知らずなのですが、これが虫歯になっているので、治療するとの事。次回は上の歯をやるみたいだけど、1回で早くもうんざりする。これだったら、院長先生が今までガリガリやっていた方が痛くなかったよ。ただ、院長先生のは全部の歯を掃除するのに時間がかかり、歯科医院に通う回数が多かったが、今回の水ジェット方式だと、早そうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人所有だったとはね

 こんばんは、チェスです。

 さ、みなさま、JAXAの新しいプロジェクトへの寄付金として、皆様の浄財をご寄付いただきましたでしょうか。小生といたしましては、いくつかあるJAXAのプロジェクトの中でも、「はやぶさ2」へのご支援を願いたいのは山々でありますが、勿論他のプロジェクトをご指定いただくこともご自由です。
 とは言え、やはり皆様のご支援によりまして、何卒はやぶさ2を、宇宙へと出発させていただきたく、平にお願い申し上げます。1,000円で良いんです。皆様の1,000円が集まって、必ずや「はやぶさ2」が再び素晴らしい感動と自信とを、我々日本人にくれることと信じております。


 で、話は変わりますが、我が東京都知事閣下が何でもワシントンでの講演で「尖閣諸島を東京都が買い取ることにした」と言ったとか、大きなニュースになっていますね。

 最初に思ったのは、「買うって、誰から買うんだよ。誰か地主というか、島主がいるのか?」ということ。
 昼休みに、Wikipediaで尖閣諸島の項目を読みましたら、なるほど、個人所有者がいるのですね。
 大正島を除く他の島々は、現在は埼玉県に住む方の所有になっていて、国が賃貸料を払っているのだそうです。(大正島だけは国有のようです)。ですから、都知事閣下がその所有者と交渉をして、交渉が成立すれば「島を東京都が買う」ということは可能なのですね。

 では次に「買って、それでどうするのだ」ということですね。日本政府は、公式にも非公式にも、この地域には領土問題などは存在しない、という見解です。昔っから尖閣諸島は日本の領土で、まぁ太平洋戦争に負けた後沖縄県がアメリカの施政下におかれたことはありますが、沖縄が日本に返還された後は元通りです。
 中国や台湾が、「尖閣諸島はウチの領土だ」などと言いはじめたのは、ずーっと新しいことなので、どう考えても海底にあると言われる石油や天然ガスといった資源欲しさなのは明らかです。ですからハナから相手にしてはなりません。
 目出度く尖閣諸島(大正島をのぞく)が東京都の所有になったとして、次はどうするのでしょうかね。確かに、伊豆諸島や小笠原諸島など、太平洋にある離島も東京都であって、そういう意味では東京都は「離島管理のヴェテラン」かもしれませんが、都の職員でも住まわせて島に接近する中国のフネを監視させようとかいうのでしょうかね。

 実現するまでに日本政府が横やりを入れてくるかもしれませんが、何だか目的がよくわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春眠暁を・・

 こんばんは、チェスです。

 何回もこの記事に記載していることなので、そんな熱心な方がいらっしゃるとして「またかよ」と思われるかもしれませんが、小生は、特に寒い時期にはトイレが近い、という困った症状があります。

 これは本当に近くて、1月頃の寒い午前中などは、1時間以内に2回お小水のためにトイレに行く、ということもしばしば。
 が、桜が咲き、散って葉桜になるようなこの頃になると、さすがに上記の様な頻尿という状況は改善されます。

 これは、「夜、良く眠れる」という副次的な効果も大きいです。冬の間は、どうかすると夜中に2回くらいトイレに起きることがあり、その度に睡眠が中断される。甚だ不愉快なものです。
 最近は、朝までトイレに起きなくても良くなったので、誠に快適です。もっとも、朝明るくなるのが早くなりましたから、寝室ではなくてリヴィングルームに布団を敷いて寝ているときには、明るくなることで目が覚めるというのはあり、これは仕方ないでしょうね。
 「春眠暁を覚えず」というのは、気候が良くなるとぐっすり眠れる、という意味かと思いますが、小生にとっては誠にその通りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピエトロ

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京は、昨日の冷たい雨もすっかり上がり、昼は気温も上がって春らしい日になりました。

 カミさんが朝から出かけてしまい、午後も3時ごろにまた出かけるという忙しい日曜日なので、午前中にトイレ掃除と洗濯を終了させて、昼飯を小生が作ります。
 あまり時間も無いことなので、簡単にチャーハンでも作るかな、とヨーカドーの食料品フロアをぶらぶらと歩いていたら、「ピエトロドレッシング 値下げしました」という値札カードを発見。

 一般的な和風醤油味のドレッシングなのですが、他のに比べると少々お高いのです。お高いのではありますが、このドレッシングは結構美味しくて、小生は好きだったのです。「少々お高い」ということで、しばらく買っていなかったのですが、久しぶりに買い物籠に入れてしまいました。

 チャーハンのサイドサラダに、キャベツを刻み、レタスやキュウリを合わせて、早速ピエトロをかけて食べましたが、懐かしい醤油味ドレッシングでございました。

 ところでピエトロのドレッシングは、かなり以前に福岡県出身の会社の同僚に教えてもらったのですが、このドレッシングを作っている会社の本社は福岡市にあったのです。なるほど、と思いました。おそらく教えてくれた同僚は、昔からこの会社を知っていたのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜散らしの雨が降る

 こんばんは、チェスです。

 何とかこの週末くらいまでは東京でも桜が楽しめるかなぁと、毎日通り過ぎる所に咲いているソメイヨシノの花を眺めていたのですが、土曜日の東京は朝から冷たい雨が終日降り続き、残念ながら花散らしの雨となってしまいました。
 先週はスポーツクラブのジムへ行くことができませんでしたので、本日は雨にも怯まず午前中からジムへ出撃。
 頑張って各種のマシンをウンセウンセと動かし、雨のせいか空きの多いトレッドミルは好きな奴を選び放題。(といったって使うのは一台ですが)。本日は気合を入れるべく、いつもは3%の傾斜負荷ですが、3.5%にして走りました。ただ、2週間のブランクというのはいかんともしがたく、速度はあまり上げられなかったです。

 ま、みっちり1時間走ったので良しとします。

 今、プランターで花が咲いているワイルドロケットですが、種の袋を見たら「1年草」になっていましたので、残念ながらこれをもって今の株は終了ということになってしまうのでしょう。ですが種が残っていて、空いているプランターがあるので、カミさんがワイルドロケットの種をまた播いた様です。そのうちに発芽してくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名物○○

 こんばんは、チェスです。

 北の物騒な独裁国家が、本日ミサイルをぶっ放しましたね。前回のミサイルの時は曲がりなりにも第2段くらいまで飛翔し、かの国は「人工衛星打ち上げに成功」と威張っていた様ですが(でもどこの国もその衛星とやらは確認していないから失敗と判断されていた)、今回の場合には爆発分解したらしく、かの国の発表でも「軌道投入に失敗」と発表しています。結果を見ると前回の時より失敗の度合いが酷く、またミサイル発射がアメリカに探知、追跡されていたことから、出鱈目な発表もできなかったのでしょう。このあたりの結果を見るに、北は短距離のミサイルは兎も角として、大陸間弾道ミサイルとなるとまだまだ技術的には途上ということでしょう。

 それにしても、このミサイル一発ぶっ放す費用を食料輸入に回せば、国内的にはどれだけ助かる国民がいるか、という考えに及ばないのが、この困った国の現状です。

 話は全く変わります。小生が長く勤務している会社の近所には、名前を知る人は少ない(か誰も知らない)にもかかわらず、有名な「名物オヤジ」がおります。どうして有名なのかと言えば、このオヤジはしばしば口笛を吹きながら自転車に乗って走っているのですが、この口笛が中々上手で、その周囲に響き渡って建物の中でも聞こえるので、このオヤジの接近は誰でもそれとわかる。
 口笛のレパートリーは結構幅広いので、たぶん音楽好きな人物なのでしょう。何しろ上手な口笛なのですよ。

 こういう好人物が、かの北の国の独裁者だったら、我々も枕を高くして眠れるのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初乗り運賃

 こんばんは、チェスです。

 物騒な北の独裁国家が、何やらミサイルをぶっ放す予告日が来たということで、本日は朝から防衛省を中心に警戒と緊張が充満していたのですが、どうやら本日のミサイル発射は無く、明日以降に持ち越された模様です。
 北の国は、誰がどうみてもミサイルの発射実験であるのを、「人工衛星の打ち上げ」と言い張っているのですが、仮に人工衛星の打ち上げであるならばもっと明確に打ち上げ予定を公表するはずですよね。『4月13日午前10時35分に打ち上げ予定。気象条件が悪い場合には予備日は14日と15日』という具合にね。
 元々、核兵器を運搬できるんだぞと、敵対する国を恫喝するするためにミサイルの発射実験をするのでしょうから、衛星打ち上げの様に時刻まで公表できる訳はないでしょう。その「人工衛星」とやらをマスコミに公開したらしいですが、あんなのはどうせハリボテの目くらましで、実際には積まないでしょう。

続きを読む "初乗り運賃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜吹雪

 こんばんは、チェスです。

 昨日、上野公園で夜桜を見たばかりでしたが、天気予報どおりに今日はお天気が崩れ、あまつさえ時折かなり強い風が吹いて、桜を散らしてしまっています。
 会社の中庭に1本ソメイヨシノがあるのですが、せっかく満開になったばかりで早くも桜吹雪が舞っています。

 毎年同じ様に思いますが、桜の見頃というのは本当に短い。「花の命は短くて・・」という奴でしょうか。

 数日前に「ヤマト2199」のことを書き、元祖の「宇宙戦艦ヤマト」は小学生の頃に観て云々、などと書いたと思いますが、その元祖ヤマトから毎度レギュラーキャラクターの「真田工場長」を演じていた声優・俳優の青野武さんが亡くなった、とのニュースがありました。75歳だそうです。眉毛の無いおっかない顔の工場長でありましたが、この人がいなくてはヤマトはイスカンダルに行けなかった。本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歓送迎会

 こんばんは、チェスです。

 昨日の月曜日の東京は、昼間非常に気温が高く、雰囲気的には今がお花見のピークという感じですね。本日の火曜日は、小生の勤務先のディヴィジョンで歓送迎会があるということで、小生にも案内が回ってきました。「○○本部」という単位でこうした催しをやるとなると、人数的に多くなってしまって、会社の近所では開催できません。今年はどこでやるんだろうか、と思っていたら池之端にある上野精養軒だとか。

 上野公園を通っていきますので、夜桜見物をちょっとだけできるかな。

 明日の水曜日は、西から雨がやってくるみたいなので、桜が散ってしまうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマト2199

 こんばんは、チェスです。

 スカパーのチャンネルに「ファミリー劇場」というのがあり、ここで平成にリメイクされた「宇宙戦艦ヤマト2199」の第1話が先行プレミア放映される、というので、録画しておいて観ました。

 「何もかも、みな懐かしい」っつーのは、沖田艦長の台詞だったか、アニメ観なくなって久しいのですが、「ヤマト」と聞くとついつい反応して観てしまうのは、なんだかんだ言ってこの作品が成長期の小生に大きな影響を与えたのだと思わざるを得ません。本放送時は日曜日の夜7時30分からだったかと記憶していますが、実は裏番組に「アルプスの少女ハイジ」という強力なアニメがあったために、視聴率は奮わなかったと聞いたことがあります。

 当時、元祖の方のヤマトを本放送で観ていた小学生が、今年は50歳を迎えるオヤジなのですから、今更リメイクしても観てくれるのは少なくとも40代後半~アラ還という世代になってしまうのでは、と危惧してしまいましたが、この「ヤマト2199」は中々良かった。
 冒頭、沖田提督率いる第1艦隊が、ガミラスと戦う「冥王星会戦」がいきなり始まるのですが、確か元祖の方では「地球防衛軍最後の戦力をかき集めて、ガミラス撃滅に(冥王星から遊星爆弾が降ってくるから)出撃」みたいな説明ではなかったかと思うのですが、リメイクではイスカンダルからの情報を受領するための陽動作戦と、はっきりしてました。そのため、サーシャが乗った船が火星に不時着し、情報カプセルを回収できた事が確認された時点で作戦は完了、帰還できたのは旗艦「きりしま」だけですから損害甚大であることには変わりありませんが、リメイク版を見る限り、少なくとも本命の情報カプセル受領は成功させているのですから、陽動作戦は成功したと言えるのですね。

 元祖の主要なキャラクターはみんな登場し、話の筋立ては同じなのですが、勿論声優陣は元祖から総入替で若返っていて、更にリメイク版で新たに登場する新キャラクターも中々魅力的らしい。2話以降も観てみたいと思わせる先行放送でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暴走して怒られる

 こんばんは、チェスです。

 良く晴れた日曜日で、桜のお花見日和でしたかね。ただ、午後からはちょっと風が出てきて、4月としてはやや寒かったかもしれない。

 ウチのカミさんの高校時代からの仲好し友人のうちの一人で、谷川真理ハーフでご一緒していただき、東京マラソンを完走された方が遊びに来宅されました。
 楽しく歓談していた午後だったのですが、どうも途中から楽しすぎて小生一人が暴走しておしゃべりしすぎ、ウチのカミさんとそのご友人の間であまりおしゃべりできなかった、と後からカミさんに怒られてしまいました。

 言われてみればなるほど、かなり暴走していたかもしれない。楽しみにしていたカミさんには悪いことをしました。途中で退席していれば良かったな。反省いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引っ越し需要期

 こんばんは、チェスです。

 で、昨日小生はJAXAの寄付金のページからリンクされた受付ページで、僅かばかりですけれども「はやぶさ2」のプロジェクトに対して寄付をさせていただきました。この「特定のプロジェクトへの寄付」というのは良いですね。少なくともお金の使い道がはっきりするわけで、応援のし甲斐があるというものです。

 さて、土曜日の東京は、4月にしてはいささか風が冷たかったですが、午前中はきれいに晴れ、午後になると雲が出てきて曇りではありましたが、まずまずのお天気。
 東京各地の桜の名所は、お花見客で賑わっていたと思います。綾瀬駅前にある東綾瀬公園は桜並木になっているのですが、丁度見頃となっていました。

 で、小生が住んでいる集合住宅のお隣(このフロアは僅かに2世帯)のお宅が、どうやらお引っ越しらしく、荷物が搬出されていた模様です。日本の場合、3月末~4月初旬は、新入学、就職、転勤というシーズンでありますから、勢い大量の引っ越し需要が発生します。すると各輸送サービス会社は引っ越しの受注で大忙しという訳であります。
 マンパワーの方は、大量の学生アルバイト~丁度彼らは春休みということで動員に応じられる~を雇用することで確保するとしても、トラックの方はどうしているのでしょうかね。この需要期に間に合う様な体制でトラックを揃えておくと、注文が減ってしまうであろう平時にはおそらくトラックが余って遊ばせることになる。
 レンタカーというテを考えましたが、レンタカーのトラックに自社のマークをつけることはできませんからねぇ。各社の配車係に割り振りの名人みたいな人がいて、巧みにトラックを割り振って稼働率を上げることで対応するのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「はやぶさ2」を支援しましょう!

 こんばんは、チェスです。

 JAXAの(事実上の)小惑星探査機「はやぶさ」が、それこそ満身創痍になりながらも、最後まで任務を遂行し、小惑星「イトカワ」のサンプルを地球に届けることに成功した。この奇跡的とも言える偉業に、ずっとはやぶさを見守り、影ながら応援してきた小生は、どれほど勇気づけられ、「はやぶさ」を打ち上げた日本の国民であることに誇りをもったか知れません。

 この工学的・技術的に大きな成果を得て、更には学術的にも貴重なデータをもたらしてくれた「はやぶさ」の次なる計画「はやぶさ2」の予算が大幅に減らされたことにより、事実上の中止に追い込まれる寸前であることは、あまり報道されてはいません。ジャーナリストの山根眞一さんは、「はやぶさ2」の予算削減を「文部科学省と経済産業省の綱引きによる犠牲」とルポしていますが、兎に角このままではターゲットの小惑星へ飛行するためのローンチ・ウィンドウに探査機の開発が間に合わず、プロジェクトは延期ではなくて事実上の中止になってしまうのだそうです。

 それならば、とJAXAは現在、広く国民から寄付金を募り、応援してくれるプロジェクトに使うという対策を打ち出しました。JAXAの寄付金制度の説明頁はここです。

 寄付金は1,000円単位で、クレジットカード(今のところMASTERとVISAしか使えない様ですが)かネットバンキングで寄付できるらしい。
 だいたい政府は、予定通りに出来上がらないF35なんていうバカ高い戦闘機を買うなんていう、困った無駄遣いをやらかしているくせに、その戦闘機1機分程度で実施できる「はやぶさ2」を潰そうとしているのです。

 こうなったら、我々心ある国民が、直接「はやぶさ2」を支援しようではありませんか!

 1000万人が1,000円出し合えば、100億円捻出できます!2,000円なら500万人でも大丈夫だ。「はやぶさ2」を大バカ政府につぶさせてはなりません。小生も早速本日寄付金を出します皆様のお力で、「はさぶさ2」を打ち上げさせて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京は桜見頃

 こんばんは、チェスです。

 小生の鼻水タレ、鼻詰まりとは無関係に、春の嵐が過ぎ去った東京はめっきり暖かくなり、東京において開花宣言があった桜は、それこそ一斉に咲き始めました。
 昼休み、昼食後にコンビニのATMに行く用があったので、ついでに近くの公園まで足を伸ばし、隅田川縁も歩いて桜花を眺めてきました。全体的には既に七分咲き位かな。日当たりの良い場所に植えられている木は、もう満開と言っても良い。週末はお天気に恵まれればお花見が丁度良さそう。

 他にも美しい花はたくさんあれど、桜の花程我々が関心を寄せる花はないでしょうね。
 丁度、近所の私立大学には入学式の看板が掲げられていました。桜がばっちり間に合ったタイミング。
 小学校の校門にも大きなソメイヨシノがありますので、小学校の入学式にまで、頑張って咲いていて欲しいものです。

 ところで本日4月5日は4回目の結婚記念日です。もう4年も経ったのか、とビックリです。どこかへ外食に行く筈でしたが、カミさんが何やら風邪気味で、鼻をぐずぐずやっているので、外食の方は来週に延期です。ましかし、何も無いのも味気ないので、バラの花でも買って帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリープに尽きる

 こんばんは、チェスです。

 マーガレット・サッチャー (鉄の女の涙) の感想です。括弧の中は邦題という奴かもしれない。

 実のところ、考えが収斂せず、うまいことまとめて書けないのでありますが、まとまるのを待っていたら今度は映画を観た印象それ自体を忘れてしまうので、まとまらないなりに書いておこうと思います。つまりは小生の備忘録みたいなものです。

 観終わった時に、隣で観ていたウチのカミさんに小生が言った感想は「とにかく、メリル・ストリープが凄い大女優だということは良くわかった」
 皆さんも既にご承知の通り、ストリープはこの映画でアカデミー主演女優賞を受賞しています。ストリープは過去、アカデミー賞に限っても助演女優賞を1回、主演女優賞を1回受賞していますから、3回目の受賞という訳で(ノミネートとなればいったい何回になるのやら、おそらく女優さんとして最多?)、「またしてもストリープか!」と思った映画好きも多かっただろうと思いますが、そう思っても、この映画を観れば「ストリープで仕方ないな」と納得してしまう筈。
 熱演なんです。ま、ストリープが「ハリウッドきっての演技派女優」であることは誰しも承知しているでしょうが、その大女優が演じる対象が、今や歴史の一部になりつつある(存命中ですが)英国保守党党首にして総理大臣マーガレット・サッチャーだということで、おそらくはこの「鉄の女」を演じるための相当な努力をしているのでしょうね。いやま、おそらくストリープにしてみれば、「いかなる役であっても同じ様に演じる努力をしている」と反論されてしまうでしょうが、これだけの国際的にも有名な女性を演じることへのプレッシャーは大抵ではないでしょう。

続きを読む "ストリープに尽きる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅のタイミング

 こんばんは、チェスです。

 昨日の夜の天気予報から、「明日の日本列島は急速に発達する低気圧の接近と通過で、大荒れになります」と何やら大げさとも思えるアラートが出ていました。その低気圧とやらは日本海を北東へ進み、低気圧から伸びる前線が関東地方にまでかかるので、この前線が通過する3時間前は雨風のピークになる、と伝えられていた。

 ただ、火曜日の朝はいたって穏やかで、薄日が差しているくらい。本当にこれで酷い天気になるのかなぁ、と訝って折り畳み傘を持って出て行こうとしたら、カミさんに長い傘に変えさせられました。

 そしたらさすがに気象庁は大したものだ。予報通りに西から強風と強い雨が移動してきて、東京でも午後には雨が落ち始め、風も見る間に強くなってきました。これはまた電車が止まるぞと危惧していると、会社の方でも早目の帰宅指示が出て、業務に支障が無い人はどんどん帰ります。小生も午後3時過ぎに会社を出ましたが、あと1時間早く帰れれば良かったかもしれない。地下鉄千代田線が既に大混乱していて、いつもの倍の時間をかけて帰宅することになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気の毒鼻毛

 こんばんは、チェスです。

 今年は4月1日が日曜日であったので、実質本日が新年度の開始ですね。
 小生の勤務先にも新入社員が入社してきまして、その多くが「平成生まれ」であることに今更びっくりしてしまうのですが、やはり若い人たちは良いですね。自分にもそんな時があったはずですが、遥か昔になってしまった。

 相変わらず、鼻水関係のトラブルが治りません。ただ、傾向として鼻水だらだらから「鼻詰まり」になってきた様な気がします。これはこれで、鬱陶しいことです。
 鼻水対策で鼻をかんでいると、知らないうちに鼻の穴の入り口付近の鼻毛が外に出てしまうという失態をやらかしてしまうことがあるので、注意が必要です。
 でも、この鼻毛という存在、鼻から吸い込んだ空気に含まれる細かいゴミやらちりやらが、体内に入り込んでくるのを防ぐ役割を果たしているのですよね。都市伝説という奴かも知れませんが、大都会など空気のあまり良くない所に住んでいる人ほど、鼻毛が伸びているとか。
 そんな、身体(?)を張って任務に精励している鼻毛なのに、その存在が外部に露出してしまうと、「みっともない」とばかりに切られるか、引っこ抜かれてしまう。なんとも気の毒な存在です。明治の文豪、夏目漱石先生は、引っこ抜いた鼻毛を原稿用紙の升目にまるで田植えの如く植えていたとか。
 彼らの活躍で、人間の呼吸器が空気中のゴミやチリから守られているのではないでしょうか。

 だからと言って鼻毛を労ってやっても、誰からも賛同は得られないのですけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筍ご飯

 こんばんは、チェスです。

 昨日の土曜日は昼過ぎまで東京は強風の大荒れの天気でしたが、夕方になるとどうやら風も収まってきたので、カミさんのリクエストだった映画「マーガレット・サッチャー」を観に行きました。
 その感想を書こうと思ったのですが、どうも自分の中でこの映画への考えがまとまらない。それで少し後日にさせていただきます。

 昨年の秋にプランターに種まきをして、元気に葉を茂らせたワイルド・ロケットは、時々サラダなどに使っていましたが、何やら各株の真ん中から一本茎が伸びてきたと思ったら、先端に花を咲かせていました。ただ、肝心の葉の方があまり茂らなくなってしまったので、ワイルド・ロケットもこれで終わりなのでしょうかね。調べてみると多年草のワイルド・ロケットもあるようなので、播いた種類がこの多年草なのであれば、また葉が茂ってくる筈ですが。

 昨日の夜は映画の帰りに外食してしまったので、今日の夕食は小生の当番。

 今年の新しい筍を使って、筍ご飯を作っていました。こういう炊き込みご飯は、味付けがポイントになるのだと思いますが、どうももうひと味、物足りない様な感じがします。少し塩を足した方が良くなかったかな。オレンジページで読んだレシピでは、確かお醤油とお酒だけだったのですがねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »