« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

ちと高い様な

 こんばんは、チェスです。

 かなり久しぶりに、伊豆急行線を全部乗りました。日曜日は「スーパービュー踊り子」池袋始発で伊豆高原まで乗り、伊東方面へ富戸(この駅は「ふと」と読むのですが、「ふと」では変換してくれないな)まで二駅。
 昨日の月曜日は、富戸から各駅停車の電車で伊豆急下田まで。帰りの「スーパービュー踊り子」で伊豆急下田から池袋まで。

 で、「かなり久しぶりに」と書きましたが、以前に乗ったのは何時頃だろう。たぶんJR各社が未だ「国鉄」だった頃で、その頃は伊豆急への国鉄伊東線からの乗り入れ特急「あまぎ」というのが走っていて、祖父にくっついて「あまぎ」に乗せてもらったという記憶があります。だから相当前です。

 その後「踊り子」には乗りましたが、これは労組の大会が修善寺温泉で開催され、それに出るためだったので伊豆急下田へ行く奴ではなかったのです。

 今回、久しぶりに下田の駅に降りて、ロープウェーで寝姿山へ登ってみると、寝姿山から下田の街を一望できるあたりに、五島慶太氏への感謝状の如き石碑がありました。五島慶太氏と言えば、勿論東急グループ総帥。つまり伊豆急は東急の子会社、東急グループなんですね。
 どうして国鉄が伊東以南の鉄道を開業させなかったかは知りませんが、兎に角伊東~下田の鉄道を開業させたのは私鉄の東急グループだった。やはり、伊豆半島の南端に近い街である下田まで鉄道が来る、というのは大変なことだったのでしょう。東急と犬猿の仲だった西武グループが、現在下田プリンスホテルのあるあたりの土地を買い占めて、東急による鉄道敷設を妨害したとかいう話もあったに聞きますが、最早歴史の一部になったでしょう。
 ただ、乗ってみて気が付きましたが、距離の割には伊豆急の運賃はなにやら高いな、と思いました。
 伊豆の東海岸はトンネルが多い~平地が少なくて鉄道建設が困難で、建設費が嵩んだということが運賃に反映しているのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先頭はやはり楽しい

 こんばんは、チェスです。

 伊豆の温泉から戻りました。
 今日は昼前の電車で伊豆急下田へと向かい、下田の街をあちこちと観光散策し、夕方の「スーパービュー踊り子10号」で帰京しました。

 行きは、同じ列車の最後尾、その同じ列車が編成を逆にして東京へと走りますので、同じ位置の座席を予約しておいて、今度は運転席の直後で先頭の景色を見ながら帰ってきました。
 普通車指定席ですが、先頭車両の展望席というわけ。グリーン車の方は、上り電車では最後尾になるのですな。

 それでも、単線区間の伊東線は、そう面白くはありませんでした。速度も遅いですしね。

 熱海を過ぎて特急電車らしいスピードになりますと、すれ違い列車も多くなり、これが俄然楽しくなります。
 横浜を過ぎると、線路は複雑になって益々面白くなる。「電車でGO!」というベストセラーゲームがありますが、あれが何故売れたのかがなんとなくわかります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆で温泉

こんばんは、チェスです。
伊豆高原に来ています。到着して直ぐ、お寿司屋さんで海鮮丼の昼食。
バスで大室山に向かい、リフトで山頂へ。 景色は良かったですが、とにかく寒かったです。
一旦伊豆高原駅に戻り、体験の里という施設で陶芸体験してきました。
富戸まで伊東方面へ二駅戻り、海という名前のホテルに投宿致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ腹筋

 こんばんは、チェスです。

 テレビから流される解説ですと、日本上空を通る偏西風が大きく南へ蛇行しているために(その原因はフィリピン近海の海水温が高いためとか言っていたかな?)シベリア寒気団が例年以上に日本へ南下しており、それで今年の冬は寒く、日本海側では豪雪になっているのだとか。
 太平洋側、まぁ小生は東京に住んでおりますので、東京のことですが、確かに例年よりは寒い冬だと実感いたします。ですが、豪雪に見舞われている日本海側の皆様に比較すれば、寒くても晴天で外にお布団を干すことができる、というのはかなり恵まれていると言って良いのでしょうね。

 そんな土曜日の昼過ぎ、久しぶりにスポーツクラブのジムへ出撃。

 マシントレーニングで鍛えなおそうという魂胆なのですが、腹筋台に乗って腹筋運動を始めてびっくり。

 まるで腹筋運動が続かない。
 どうも、ほとんどランニングしか運動らしい運動をしていなかったので、腹回りには脂肪が増加し、筋肉の方はがっくり減少してしまったらしい。で、足上げ運動もやりましたが、こちらの方はまだしも以前の水準でこなせました。

 きちんとトレーニングは継続しないと、身体の方は極めて正直に結果を出すものですな。継続は力なり。
 明日は伊豆高原の温泉に浸かりに行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

川をプールに?

 こんばんは、チェスです。

 結構センセーショナルに取り上げ報道された件ですので、皆様の記憶にも新しいと思います。
 何かと注目を集め、マスコミ露出の多い橋下大阪市長。この方が主導している「大阪市と大阪府の統合による大阪都構想」に特別顧問として招かれている、堺屋太一さんが、大阪10大名物というのを言い出していて、そのうちの一つが「道頓堀川に長さ2kmのプールを作る」というもの。

 この記事には詳細な構造や具体的な予算規模など書かれてはおりませんが、一から2000mもの長さのプールを作ろうとしたら、そりゃ大変なお金がかかりますから、たぶん安く上げる方法を構想しているのだと思います。小生が朝の情報番組でちらっと見た時には、確か「川をプールに改造するのではなく、水泳に適した水を川に溜めてプールにする」のだったと記憶しています。
 小生は、大阪の地理に暗いので、まずは道頓堀川。これは木津川と東横堀川を結ぶ、全長約2.5kmの人工的に開削された運河なのですね。完成したのは1615年ですから、江戸時代の初期でしょうか。運河開削に携わった何人かのうちの1人「安井道頓」の功績を称えて「道頓堀」という名前が定着した模様です。
 人口運河ですから真っ直ぐに掘られており、水運のために自然の河川から水を入れたのですね。ということは両端に水門を設けて(既にあるのかな)運河の水を排水してしまっても、河川治水上は特に問題は発生しそうにはありません。
 おそらくは、夏休みの中の1ヵ月間だけをプールにするとして、大規模な工事は不要にするのでしょう。それでも臨時の更衣室・ロッカールーム、シャワーを設置しないといけない。あと、上の記事中にも書かれていましたが、プールとして営業するとなると安全対策が必要になりますから、1ヵ月間の水面監視員をたくさん雇用しないといけない。
 僅かに1ヵ月とは言え、屋外露天のプールですから放置すれば忽ち水質は悪化し、水泳には適さない様になってしまうでしょうから、大掛かりな循環ろ過装置を使うか、あるいは部分的な換水で乗り切るのか。
 素人が色々ざっと考えても、相当のコストがかかりそうなんですが、堺屋特別顧問は「2000円の入場料をとれば儲かる」とかおっしゃっている。プールの入場料として2000円は高いけれど、いかほど利用する人がいるかなぁ。相当の水泳の好き者でも、試しに1回入ればそれで終わりになりそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活 SEIKO Type Ⅱ

 こんばんは、チェスです。

 亡父が老健施設に入所中の時、「時計を貸してくれ」などと言われ、別に時間を気にする様なことは無いだろうと皆に言われたものの、時計を見て時間を認識すればボケ防止にはなるかもしれんと思い、小生の古い「SEIKO Type Ⅱ」を渡しておきました。

 そして昨年9月に父は亡くなりましたが、我が時計はどうしただろうか、と先日実家に寄った時に弟に聞いてみると、ちゃんと回収してきたが、電池が無くなって止まってしまっているという。
 あれは一応小生のものなのだからと、兎に角返してもらうと、なるほど電池切れの様で完全に止まっています。
 小生は腕時計をしなくなって久しいですが(この頃は男性でも腕時計をしていない人が多くなってきた)折角我が手許に戻ってきた時計ですから、動くものなら動かしてみたい。しかし約35年前に亡父に買ってもらったという古い時計であるから、この時計用の電池があるかどうか。
 昼休みに会社の近所にある時計屋へ足を運んでみました。

 この時計屋もかなり古い。それだけに逆に何とかしてくれるかもしらん、と思ったら、時計屋のご主人は何やらごそごそと在庫の電池を探して、出してくれた。専用の器具で蓋を開けて、電池を入れ替えてくれたものの、少しの間は動かなかったらしい。が、嬉しいことにモスグリーンの文字盤のSEIKO Type Ⅱは再び秒針を刻み始めました。時計として復活した模様です。

 通常の腕時計の電池交換は1000円なのですが、このタイプは1500円だそうで、しかしこんな古い時計にも対応してくれただけでめっけ物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉に行くぞ

 こんばんは、チェスです。

 ウチのカミさんは、丁度3年前から外資系の金融関係の会社で働いております。但し、こちらの事情で正社員として入社したのではなく、派遣会社に登録してそちらから働く、平たく言えば派遣社員です。
 で、今月末で本当なら契約を更新するということになるのですが、年末に人事異動があり、カミさんにとっては少々不本意という部署に移ることになったのだそうです。で、益々ストレスも溜まるし、丁度派遣契約が終わる時期でもあるし、と1月末で退職するということになりました。
 有給休暇が残っているので、事実上1月20日が最終日ということで、目下彼女は専業主婦です。まあ暫くはのんびり過ごしたらいいよ、と言ってあるので、半年や1年は主婦業を満喫してくれるのでしょうか。

 小生の予想では、1ヵ月もすれば彼女は暇を持て余しそうに思いますが。

 とは言え、これまでかなり会社の仕事でイライラとストレスを溜め込んでいた様子なので、退職慰労に、近場の温泉に入りに行こう、ということになりました。寒い季節はやはり温泉、というのは海外旅行が好きなカミさんでもそこは日本人という所なのでしょうか。
 東京から近くの温泉、となると、箱根が思い浮かびますが、箱根は以前に日帰り温泉に入りに行きました。それなら温泉の宝庫の伊豆半島。で、鉄の成分が少々入っている小生としては、どうせならこれまで乗ったことが無かった「スーパービュー踊り子」に乗って行きたい、と提案。
 一方宿の方は1月一杯は使うことができるカミさんの派遣会社の方の福利厚生プランを使って、一泊2万円はするという伊豆高原の宿を1万3千円程で予約。

 あっという間に計画骨子は固まり、日曜出発、月曜帰着の1泊2日で温泉に入りに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二輪は無力

 こんばんは、チェスです。

 昨晩東京に、久しぶりに雪が積もりました。昨晩は確か夜8時頃に帰宅しましたが、何やら稲光がしたと思ったら雷鳴が轟いて、こんな季節に凄い雷だな、とびっくりしました。それほど発達した気圧の谷が通過していた最中だったのでしょう。
 夜10時頃には雨から変わった雪が本格的に降っており、窓の外は真っ白になっていまして、翌朝の通勤を思うとうんざりでしたね。
                   

 が幸い、この雪は未明には止み、明るくなる時間には空は晴れていました。

 ただ東京でも数センチの積雪。で、この数センチが夜間に降ったものだから、道路には溶けずに結構しっかりと残っていました。自動車はまだしも、この雪でバイクや自転車というのは結構無力なものですね。
 自宅のすぐそばの横断歩道を渡るときも、お向かいからわたってきた自転車のおじさんが見事に横転。助けに行こうとしたこちらも、足元が覚束ない。
 とりあえず声を掛けたら、「大丈夫」と自ら自転車を起こしていましたから、怪我はなかったのでしょう。

 自転車もバイクも、その走行するための原理上、速度が上がるほど安定するのです。ならば逆は、不安定でフラフラする。乾いた路面ですらそうなのですから、ツルツルの路面でヨロヨロと慎重?に走ろうとしても、これはかなり無理がある。こういう時は自転車は諦めて、ゆっくり歩くのが吉というものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの寿命

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の丁度昼頃に、無事にエアコンは直りました。
 やはりエアコンの温度制御を行なっている基盤の部品が壊れたらしく、この基盤ごと交換したら、それまでの不調がウソの様に快調に運転を始めました。

 ただですねぇ。

 修理作業をやってくれたサービスマンがおっしゃっていたのですが、小生のリヴィングルームについているエアコンは、既に保守部品も製造しておらず、日曜日に交換した部品も、他の拠点に在庫されていた最後の1個を回してもらって、ようやく入手できたという次第なのだそうで。

 だから、今後同じ様な症状が発生したら、その時にはもう交換するべき部品は無いので、修理そのものができません、ということでした。仮にコンプレッサーなど他の主要部分が生きていても、温度制御をしてくれないのでは使えないも同然です。
 してみると、エアコンの寿命というのは結構短いものだな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言い訳を用意

 こんばんは、チェスです。

 昨日だったか、「谷川真理ハーフマラソン」の完走記録証が郵送されてきましたよ。

 ハーフ45歳以上男子
 タイム 2:26:06 (ネットタイム 2:24:16)
 10k通過タイム 1:11:12
 種目順位 3777位/4031人中
 総合順位 9610位/10647人中

 もう、笑っちゃうしかないワースト記録の更新です。
 小生のハーフのベストタイムは、最初に走った時の2時間6分。
 2回目の「低血糖症」を起こしたと思われた時でも確か2時間9分だ。

 今回は、体調は万全。足も軽かったにもかかわらず、この数字は7分/キロで刻んだ数字ですよ。

 ま、確かに最後にハーフを走ったのは2008年だから、3年のブランクがある。ロードワークもこなせていなかった。トレッドミルばかりの練習では、当然と言えば当然の時計です。

 それと、「マラソンは自分との戦い」とは良く言ったものです。前回参加の時の後半の大失速が怖くて、中々ペースを上げることができなかった。
 毎度前半は抑えていくのは作戦通りだったにせよ、折り返したらもうちょっと積極的に行っても良かった。

 前回、前々回と比較して、レース後の足のダメージは自分でも感心するほど、今回は軽かったのです。つまり、一番大きな言い訳は「怖くて本気を出せなかった」。今回遅かった言い訳は「本気を出さなかったのです」。凄い言い訳ですよね。来年は何とかリヴェンジせねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛うじて

 こんばんは、チェスです。

 昨日に続いて寒く、冷たい雨の降る東京。こう寒いと、小生の「トイレが近くなる」症状が激しくなって本当に困ります。

 昨年の暮、スポーツクラブで「体脂肪率減少、筋肉量増強」のキャンペーンがあり、小生はこいつにダブルエントリーしたのでありました。
 御正月が過ぎ、「タニマリ」が終了した直後にこのキャンペーンの最終測定をしておけばよかったものを、約2週間も経過した後で、本日やっと測定をしたので、タニマリのハーフマラソン効果はすっかり無くなり、元の黙阿弥、見事に体脂肪率は戻ってしまっていたのでした。

 ま、それでも最初の測定時が結構大きな数字であったので、体脂肪率は僅かに減少、筋肉量は僅かに増加という、辛うじて小生にとってはプラスという結果になりました。(いや、実はエントリー料金を払っているのでトータルはマイナスですけどね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上唇

 こんばんは、チェスです。

 ずーっと乾燥注意報が連続して発令されていた東京ですが、今朝は朝から雪。今年の初雪です。
 週末金曜日で、ルンルンな筈なのですが、何せ寒い。節電のために会社には「デマンドメーター」が付けられているのは以前の記事に書きましたが、今朝はこの寒さですから、始業時からデマンドメーターが警報を出してきて、その度に一時的とは言えエアコンの暖房が切られてしまいます。

 実はこうなることを予想して、今日は小さなコアラのポシェットに入れる使い捨てカイロを持ってきていたのですが、こんなんでは全然不足です。こんな小さなカイロであればあと2個くらいは必要だった。

 ならばせめて暖かい飲み物でも飲みながら、お仕事をしましょうか、と思いました。

 日本エイサーのパソコンを買った時に、この会社のイメージカラーとでもいうのかな?綺麗なグリーンのサーモタンブラーを貰ったのです。こいつは自宅というよりは、会社の方が使うチャンスがあるな、と思って会社に置いておき、今日早速出動です。
 サーモタンブラーなので、飲み物が冷めにくいだろうと思ったのですが、飲み口が小さい。

 似たような奴として、ファーストフード店やカフェのテイクアウト用のホット系飲み物容器の飲み口がこんな感じ。

 これで勢い良く飲んでしまうと、熱い液体が上唇にあたるのですが、口の構造上、下唇に比べると上唇は熱にあまり慣れていないせいか、瞬間的に熱さにびっくりしてしまいます。
 コーヒーカップや湯飲み、お椀などで熱い飲み物を飲む時には、余程慌てて飲まない限りは上唇に熱い液体があたることはないですが、上記の如き構造の飲み口だと、どのくらい容器を傾けないと飲み物が出てこないかわからないというのも困るところ。あの構造は、熱い飲み物の温度が高い時には要注意なんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フィッシュ&チップス

 こんばんは、チェスです。

 実は小生、大変不健康な嗜好だと思うのですが、「揚げ物」が好きでして、和食系では天ぷらがかなりの好物。我が国の古典的ファーストフードである「天丼」は結構うるさいです。
 フライ物も好きなんですが、但しこちらは「とんかつ」と「鳥の唐揚げ」は除外されるのは、言うまでもありません。外来ファーストフードの有力な一角である「ケンタッキーフライドチキン」には生まれてこの方、入店したことがありません。あ、昨日だったかな、KFCの店頭に置かれている「カーネルサンダース」に向かって何やら熱心に話しかけている人を見つけて一瞬びっくりしましたが、単に携帯電話での通話中でした。

 そんな中、英国のファーストフードに「フィッシュ&チップス」というのがあるらしい。

 フィッシュは、白身魚のフライ。こいつは小生は無論好物である。チップスというのは、日本で言うところの「ポテトフライ」に相当するもので、ポテトチップスとは異なるらしいです。
 小生はかつて「シャーロッキアン」を自認していた時は英国ロンドンに憧れ、そのロンドンのファーストフードが「フィッシュ&チップス」ということになれば、これはもう一度食べずには死ぬことはできまい、と思い込んでしまいました。
 ウチのカミさんは、英国のお隣のアイルランドへ旅行したことがあります。アイルランドへはロンドンでの乗り継ぎなので、イギリスもついでに旅したとの事。そこでこのフィッシュ&チップスを食べたいのだが、どんな感じか訊いたところ、

「別に美味しいものじゃないよ」

と人の夢を壊すようなことを言う。魚のフライにしてもやたら大きく、ポテトフライにしても無闇にたくさんで、要するに飽きるのだとか。
 しかし、カミさんは小生ほど揚げ物は好きでは無い。当然人の嗜好は異なるのであって、彼女が美味しくないと言っても、本当にそうと断じることはできないでしょう。
 が、しかし、ロンドンはあまりに遠い。フィッシュ&チップスのためにロンドンまで飛んでいくのは時間とお金の無駄遣いでしょう。ここは一発、「世界中の料理がある」東京で本場のフィッシュ&チップスを探した方が簡単でありましょう。英国から東京へお店を出しているパブなりがあるはずだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フォボス・グルント落下

 こんばんは、チェスです。

 既に数日前のニュースなのですが、マスメディアがあまり扱わなかったので、宇宙開発関係が好きな小生の記事で取り上げておきます。
 ロシアの火星探査機で、昨年11月に打ち上げられたフォボス・グルントは、軌道制御エンジンが噴射せず地球周回軌道を離脱できませんでした。そこでロシア宇宙庁は地上からの指令によって噴射させる努力が続けていましたが、これらも失敗。
 いずれは大気圏に突入すると予想されていましたが、報じられたところでは、1月15日に大気圏に突入、もし燃え残りがあるとすれば、チリ沖の太平洋に落下したとのことです。幸いにしてこれまで何らかの被害は確認されておりません。

 ソ連時代からの特長でしたが、ロシアの宇宙開発技術というのは既存の技術の積み上げであまり野心的な技術は使われなかった反面、手堅く信頼性が高いというものでした。ところがこのところ、ロシアのロケットには失敗が目立っています。小生の記事でも触れておりますが、ISS(国際宇宙ステーション)への宇宙飛行士輸送手段は、スペースシャトルが退役し、米国の次期有人宇宙船が未だ登場していない現在、ロシアのソユーズ宇宙船が唯一のものです。ロシアのソユーズ宇宙船こそ、手堅く信頼性のある宇宙船の代名詞なのですが、万一ソユーズのシステムに綻びが見つかる様ですと、ISSの運用に大きな問題が発生します。場合によっては滞在宇宙飛行士を全て引き揚げ、ISSを無人にしなくてはいけないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カビ対策

 こんばんは、チェスです。

 別に現在住んでいる賃貸集合住宅に限った話ではないと思いますが、今の住宅というのは昔に比べると気密性というか、密閉性が高い。それで、現在の様に室内と屋外の気温差が大きくなると、室内の空気が接触しているサッシ窓ガラスに冷やされた空気が結露して水滴が溜まっています。

 前にも書いた様な記憶がありますが、ウチのカミさんが使用しているクローゼットは、外壁に面しているために、同様の現象が発生しているらしく、気をつけないと結露水が原因でカビが生える、とカミさんが嘆いておりました。
 クローゼットに除湿剤を吊るしているようですが、とてもそんなんじゃ追いつかないらしい。

 カビと言えば、お風呂場です。

 風呂を使っている間中は、お風呂の天井の換気扇を運転しっぱなしにして、お風呂終了後も暫くの間は換気扇が回っている様にしているのですが、これで壁面などの水滴が全部とれるわけでもない。
 で、昨年暮れのガラス拭き作業の時に、100均で見つけて買ってきたガラス拭き用のワイパーの如き道具をお風呂に常備しておくことにしました。
 お風呂を出る時には、まずこれのスポンジの方で壁面やドアなどの汚れを拭っておいて、次いで反対側のゴムヘラで水滴ごと拭いてしまう。結構な作業なのですが、このくらいやっておけばかなりカビ対策に有効なのではあるまいかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコン故障

 こんばんは、チェスです。

 まあ何と言いますか、何か一つが解決すると、それを待っていたかの如く新たな問題が発生するものです。

 チェス家に寧日なし・・みたいな。

 ここんとこ、東京も寒いではないですか。
 それでも平日は、我々2人とも会社へ行っていますから、まだ問題はない。
 土曜日の昼間。動いていたリヴィングルームのエアコンが突如、という感じで止まってしまいました。

 一度コンセントからプラグを抜いて、強制的にリセットをかけると、再び動くのですが、10分くらい経つとまた止まってしまう。
 このエアコンは、この賃貸住宅に入居した時に元々ついていた奴ですので、我が家で勝手に修理を依頼することはできません。で、管理会社に電話して、状況を伝えて、管理会社から修理依頼をしてもらう。

 折り返しエアコンのメーカーのサービスセンターから電話が来て、行くのは最短で月曜日以降になる、という。
 もっと寒くなっては困るので、月曜日でいいのでお願いする。時間の方は月曜日の朝に改めて担当者が電話するとのことなので、まずは会社に出社して、時間によって半日休暇なりを取ればいいだろうと判断。

 で、本日。

 朝の電話で、13時~15時に伺います、ということなので、午後半日休暇を取って、正午になったら昼食も取らずに急いで帰宅。

 既に集合住宅の前で、サービスマンらしき人が待っていました。
 で、見てもらうと、どうやら温度を検知してエアコンの運転を制御する基盤の一部がダメなので、これを交換する必要があるが、今その部品が欠品している由。部品が来たら改めて交換にきてもらうことにして、取り敢えず動かし続ける非常手段の運転方法だけ伝授してもらう。

 やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードやケーブル

 こんばんは、チェスです。

 新しいパソコンと、Windows7にもだいぶ慣れて、快適に使えるようになりました。現在のところはきびきびサクサクと動いてくれて、誠に気持ちがよいです。ましかし、いずれはあれこれと余計なソフトを入れていって、どんどん動作が重くなっていくのでしょうが。

 ところで、ここ数日、メールやネット接続が妙に不安定になってしまいました。メールソフトが送受信できなくてエラーになってしまったり、ブラウザが接続しなかったり、接続していても突然切れてしまったりと、非常にイライラする状況なのです。

 本日、この原因がわかりました。

 小生の家では、フレッツ光というサーヴィスで、ネットと電話を使っているのですが、電話機とネットの無線LANを飛ばす機械は、NTTから借りた終端装置(ターミナルアダプターとか言ったっけ?)に繋がっています。こいつはどこでも同じなんでしょう。
 で、この終端装置の電源コードが途中で外れかかっていたのですね。それで時々ネットが切れてしまっていたのです。

 で、これらはウチのカミさんの本箱と、コンセントや電話線端子がある壁との隙間を利用して収納していたのですが、どうもコードがへんなふうに絡まったために途中が抜けかかったのだろうと推測しました。
 それでまた100均で短い突っ張り棒を買ってきて、新しい棚を作って、終端装置と無線LANモデムをそこへ収容しました。前よりはすっきりしたとは思うのですが、どうもこのコードやケーブルが露出しているというのは、何とも見苦しいものですね。うまい目隠しはないものかと再び考えておりますです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SDカードついに出す

 こんばんは、チェスです。

 日中、雲が広がる時間帯があったものの、それほど風が強くなく、まずまず穏やかな土曜日の東京でした。
 トヨタの「プリウス」が先鞭をつけたハイブリッドカーですが、街中の走行音は車外にいる歩行者にとっても極めて静かです。これは概ね良いことだと思いますが、あまり幅員が広くない生活道路を歩いていて、いつの間にかプリウスが後ろから接近してきていても気がつかないので、びっくりして慌ててよけるという羽目になります。
 今後バッテリーが進歩して、ハイブリッドカーのみならず、電気自動車が普及するようになると、この現象は益々頻繁におきますよね。

 メーカーもこのあたりは十分承知していて、歩行者に対して注意を促す「接近警報音」を出す装置がつけられる様です。どんな音がでるのでしょうかね。自動車の接近とすぐにわかる音だと、ガソリン車のエンジン音に似せればいいように思いますが。

 ところで、いつぞやの記事で書きました、ウチのカミさんのパソコンのカードスロットにSDカードが飲み込まれてしまって、データが救出できなくなってしまった件。
 爪楊枝を使ってみると、爪楊枝が折れてしまってだめでした。ピンセットでつまんでやろうとしたのですが、カードスロットの高さが足りず、ピンセットを中で開くことができません。
 マイナスの時計ドライバーを2本使って、引っ張り出そうとしたのですが、時計ドライバーと言えども突っ込むための十分な隙間がなく、これも失敗。
 で、ちょっと考えました。
 ゼムクリップという奴があるでしょう。2、3枚の書類を左上の方でちょっと挟んでまとめる、アレ。会社勤めのご経験のある方なら、これの御世話にならない日はないというくらい身近なもの。
 あれを解いて、先っぽにひっかける部分を作り、引っ張り出せないか。

 これでとうとう成功いたしました。見事にSDカードが出てきました。カードの内部のデータは、小生のパソコンで吸い出して、無事にカミさんに引き渡すことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

午前3時30分

 こんばんは、チェスです。

 昨日に引き続き、寒い東京でございます。しかし、昼間、西新橋へ出かけた時には昨日よりは暖かい感じがしました。昼間の最高気温はたぶん昨日より上がったのでしょう。

 ところで、ここ数日、毎日夜中の決まった時間帯に目が覚めてしまいます。概ね午前3時30分~40分。
 寝ぼけているのですが、多分オシッコに行きたくなって目が覚めるのだろうと思って、トイレに行く。しかし案外にオシッコは出ない。

 1999年夏の下垂体腺腫の手術以来、とにかく寒くなるとトイレが近くなってしまうのは、どうにも如何ともしがたいので、夜中に目が覚めてトイレに行くのは特に珍しいことではないのです。
 がしかし。一度トイレに行くと、布団の外は寒いので、寝ぼけていたのが明瞭に目が覚めてしまう。未だかなり眠れる時間なので、さっさと寝たいのに、目が冴えてしまって眠れなくなり、あれこれと考え事をしてしまいます。そうこうしていると漸く眠くなり、寝入るのですが、今朝などは危うく寝過ごすところでした。

 夜中にトイレに起きても、また直ぐに眠ってしまえばなんの問題も無いのですが、このくらいの時間帯に起きてしまい、再度寝るのに手間取ると翌日の昼間に眠くなり、困ったことになります。なんとか夜中にトイレに起きずに済む方法は無いものか。使い捨てカイロでも使ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見切り品その後

 こんばんは、チェスです。

 寒い真冬の一日になりましたね。昼間でもあまり気温が上がらなかった東京です。

 昨日のみかんの一件のために、購入したお店に行き、これこれだと説明して、傷んでいたみかん1個とみかんが入っていた袋、購入時のレシートを見せますと、この売り場の責任者の方がかけつけてくれました。
 名刺を頂戴して、改めて昨日のことを説明し、「見切り品だったのでしょうか?」と伺うと、どうもそうではないみたいで、おそらく輸送時に圧迫されたのが売り場に並んでしまったのでしょう、と謝罪されました。

 それで、代金をお返しするか、同じ商品をお渡ししますが、とおっしゃるので、まぁそれならと同じみかんをいただくことにして、暫し待っていると、みかん2袋を持ってこられました。
 買ったのは1袋ですから、2袋もいただくのは過分な話なので、一旦は辞退しましたが、どうも迷惑料という意味みたいなので、有り難く頂戴して帰りました。

 小生の家はカミさんと2人家族ですから、この量のみかんは食べるのが大変なのですが、ま、小生はみかん大好き人間ですので何とかなるでしょう。
 にしても、客商売だとみかん一袋のことでも、応対が大変ですね。きちんとした対応に感心いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見切り品

 こんばんは、チェスです。

 昨日、帰宅途中に、大好きなみかんを一袋買って帰ったのですね。
 で、今朝、朝食の時にカミさんと1個づつ食べよう、と袋からみかんを出したところ、何やら少々傷んでいるみかんが2個と、少しばかりカビが生えているみかんが1個あった。全部で6個のみかんのうち、3個に異常が見られるとなると、これはちょっとばかり問題だな、と思いました。
 何せ、昨晩買ってきて、開けて食べようとしたのが今朝なのですから、保管中にみかんが傷んでいったとは考えられない。

 うーん、こいつはひょっとすると所謂「見切り品」という扱いのみかんを、お店が通常品の棚に並べて売ってしまったのかもしれません。

 ときどき野菜や果物が、「だいぶ鮮度が落ちているけれど、未だ何とか食べられるレヴェルなので、安くしておきますが、なるべく早く食べて下さいね。しかし少し傷んでいてもそれは承知してください」なものとして通常価格よりかなり安く売られていることがありますよね。
 買って、すぐに料理して食べてしまうことがわかっている様な時には、別にこれでもいいかもしれない、と何回か買ったことがあるのですが、この「見切り品」はよくよく見て買わないといけない。
 「何とか未だ大丈夫な品質」か、「少し悪くなり始めている」のかは、ここに大きな境界があるはずですが、これを判断するのは自己責任ですからね。

 但し、今回のみかんは特に「見切り品」の表示はされていなかったので、通常価格で買ってきたのです。ですからどうも納得がいかない。みかんだけのことではありますが、今日お店で事情を聞いてみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の初詣

 こんばんは、チェスです。

 そろそろ正月気分も抜けたところでの「谷川真理ハーフマラソン」は気合を入れるのに中々良いイヴェントでしたが、その反省というか回顧は後日に譲って、今日は今年の初詣のご報告をします。

 結婚後初めて正月に山形へ帰省した今年のお休み。

 一番の行事は、檀家として出席するお寺の「元朝祈願」という奴です。何せ小生はこのお寺の檀家名簿に既に名前を連ねていますから、イヤだのナンだの言っておられません。
 「元朝」というのは即ち「元日の朝」ということで、毎年の元旦に檀家がお寺に集まり、檀家全員でお経(般若心経)を2回朗読(というのはおかしいか?何と言うんだっけ。)し、その後で住職から檀家ひとり一人に護符とお寺の新年のお祝い(羊羹です)を貰って、その時に刷毛で何やら頭を撫ぜてもらいます。
 で、その後で「行茶式」と言ってみんなでお茶を飲んで、住職のお話を伺って終わりです。
 檀家としてはそれで終わりですが、ウチのカミさんは住職の姪っ子ですから、まぁ言わばお寺の身内で、ですから始まりから終わりまで色々手伝いをします。そのお礼でお昼をご馳走になって帰ります。
 そうした関係ですので、お寺へ行くのは行事への参加と親戚付き合いという二面があります。
 今後おそらく毎年正月は元朝祈願に出ないといけないでしょうから、お正月の初詣は「身内のお寺」ということになりますよね。

 初詣がお寺になるのか、神社になるのか、このあたりは我々日本人は随分曖昧です。
 例年人気のある関東の初詣先を見ても、明治神宮は神社ですし、成田山はお寺です。浅草の「観音様」もお寺ですよね。でもかつての小生の地元であった鳥越神社もお正月は結構人出がありますよ。

 で、小生としては何となく「神社へも初詣に行きたい」と思って、山形の田舎の家から歩いて行けそうな神社を探して、元旦の日の午後3時頃、一人で雪道を蹴散らして「山形県護国神社」へ行きました。
 行ったは良いのですが、境内は凄い初詣客の行列で、お参りするまでにかなり待ちそう。寒さでトイレへ行きたくなりそうだったので、護国神社への初詣は無念にも諦めました。
 で翌日、義父母に「どこか近くの神社へ行きたい」旨を言ったところ「両所宮神社」へ連れて行ってくれました。ここは正式には「鳥海月山両所宮神社」と言うそうで、かなり歴史のある神社です。後で調べてみましたら山形県での初詣客の1位が護国神社(戦没者を祭っている点で東京の靖国神社に似ている)、2位がこの両所宮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特捜最前線

 こんばんは、チェスです。

 本日の東京も、穏やかな快晴で「成人式」日和でした。

 小生とウチのカミさんは、昨日のハーフマラソンのダメージが足にきて、どこにも出かけず家にいて、録画していた海外ドラマなどを観て過ごしました。たまにはこうしたダラダラ休日も許されるでしょう。

 ところで、俳優の二谷英明さんが亡くなったとのニュースがありました。もう長いことテレビでもお顔を見ることがありませんでしたから、おそらく闘病されていたのかなと思っていましたが、81歳という御歳を考えれば仕方ないのですかね。
 日活ご出身の映画俳優さんでしたが、小生にとってはやはり人気刑事ドラマ「特捜最前線」の神代課長(警視正)というのが強く記憶に残っています。
 このドラマは「太陽にほえろ」「西部警察」などと並ぶ、昭和の長寿命刑事ドラマでした。ただ、前記の2番組に比較すると若干地味というか、ファン層が違っていた様に思います。脚本家の個性だと思うのですが、物語がわりと暗めで、結末も犯人逮捕の単純な解決ではなく、どうにも救いが無い様なデッドエンドもあったのではなかったかしらん。

 いずれにしても、これらのテレビ刑事ドラマが放映されていたのは昭和の時代なんですね。

 本日は「成人の日」で今年二十歳になる新成人の皆さんをお祝いする日なんですが、彼ら彼女らが生まれたのは、年号が既に平成になっていた世の中。彼らにとってみれば「昭和」は歴史の一部ということになってしまいますね。してみれば、特捜最前線なんていっても「オヤジがなにやら昔話をしているな~」としか思われないかもしれません。昭和がだんだん昔になってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タニマリ

 こんばんは、チェスです。

 谷川真理ハーフマラソンを走ってきました。この大会で走るのは2008年以来ですからブランク3年の通算3回目。
 今年はなんと、ハーフマラソン初挑戦というウチのカミさんとエントリーしました。ウチのカミさんの高校時代のお友達がエントリーしていることがわかったので、スタート前に落ち合いました。

 この大会は年々人気が高まり、参加者が多くなっていて、昨年からですか、スタートが3ウェーブ制でAB2コースに分けて実施されていました。

 小生は今年は新荒川大橋から荒川下流側へとスタートするBコースでした。折り返し点は北千住の常磐線鉄橋をくぐって過ぎたあたり。
 今年は幸い、前回2008年参加の時の様に、低血糖症に陥ることもなく、無事に完走いたしました。記録は・・会場で記録証がもらえないので記録証が葉書で送られてくるまでわかりません。

 Bコースを「公務員ランナー」川内選手が走っていて、すれ違いましたが、さすがにトップランナーのスピードは凄いと瞠目いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼らも寒いのか

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事に書きましたように、足元の寒さ対策として本日は「使い捨てカイロ」を1個家から持ち出し(何故か小生の家にはこいつが各種大量在庫しています)出勤時から上着のポケットに入れて暖を取っていました。会社に着くと上着は脱いでしまいますので、次はワイシャツの内側の腰のあたりに入れておきました。
 昼頃になるとこいつも威力を発揮して、腰はかなり温かかった。

 ところで、東京はずーっと雨も降らず(小雪が舞ったことはあったが)典型的な乾燥した冬のお天気が続いているので、風邪引きが心配になります。月並みですけれど、うがい手洗いを欠かさないというのが予防策としては手軽にして有効かなと思っていますので、会社に着いた時もうがいをしようと事務所の流しに行ったのですよね。そしたら、ステンレスの流しの手前、ちょっと死角になりそうな位置に、大きなゴキちゃんがいたのですよ。
 この寒い時期に、どこにいてなんでこんなところに出てきたのだろう?とは思いました。普通人間に見つかった彼らは素晴らしい瞬発力でダッシュして逃げますよね。が、この寒さでまいっているのか、非常に動きが鈍そうです。
 しかし、見逃してやるにはテキは大物すぎたので、やっつけてやろうと思って、咄嗟攻撃でうがいの水を引っ掛けてやったら、水の冷たさにたちまちゴキはひっくり返ってお腹を出してしまった。で、ティッシュペーパーでつまんでゴミ箱へ直行です。

 流しのある給茶室には大きな冷蔵庫があるので、その裏あたりでじっとしていたのかもしれませんが、何か事情があって出てきたのが運の尽きだったというわけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さが身にしみる

 こんばんは、チェスです。

 お正月休み明け、無事に出社しました。
 1週間強の長いお休みだったためか、会社の建物(小生の勤務先は本社と言いつつオフィスビルを借りているわけではなく自社ビルです)が冷え切っており、出社してきた面々が次々と暖房を点け始めます。
 と、総務部に設置されている消費電力を監視しているデマンドメーターが警報を出す。
 一時にエアコン暖房を使いだすとこうなる、という見本みたいな感じでしたね。

 机に向かっていても、どうも足元が冷え冷えとしています。
 思わず「股火鉢」などという言葉を思い出してしまいますが、会社の机の下に火鉢は置けない。だいたい今時火鉢なんぞ売っていないし、炭も購入困難だ。
 ここで個人用のヒーター・・と思いましたが、これも電力をそれなりに使いますから、見つかれば総務部長から使用差し止めを受けるかもしれません。
 明日は土曜日なのですが、会社のカレンダーは出社なので、使い捨てカイロでも持参するかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7の問題

 こんばんは、チェスです。

 Windows7にもだいぶ慣れてきたので、前のパソコンでもたまに遊んでいた「天下統一 乱世の覇者」をインストールしてみようかと思い立ち、鳥越からCD-ROMを持ってきました。もう前のDELLで遊ぶことはないので、ライセンス上は問題はないでしょう。

 DELLのパソコンではXPで遊んでいたので、てっきりWindows7でも大丈夫なんだろうと思いましたが、セットアップすらできない。これは、Windows 7が64ビット版というOSなので、これまでのソフトは走らないということなんですね。いやぁ参りました。

 最新型のOSになった~と浮かれていたら(しかし、マイクロソフトは既に次世代のOS発表間近なんでしたっけ?)以前持っていたソフトがことごとく使えなくなるというのは、いったい何時以来なんだろう。Win95とか98からXPに移った時には、さして深刻な問題は無かった様に思いますけれども、XPというのはやたら止まってしまうということも無く、安定していて実に良いOSだったです。このパソコンを買う際に、XPを使い続けるという選択肢は無かったのだろうか。いやしかし、マイクロソフトが確かXPのサポートを打ち切るとかなんとかいうニュースがあったし、いつかは変更しないといけないのだから、この際仕方無かったということなんでしょう。

 今日からウチのカミさんは仕事に行きました。小生はサンダーバードのDVDでも見てダラダラ過ごす予定が、家の中のあれこれという家事をやっつけていると、次から次に仕事が発生し、結局DVD鑑賞は果たせませんでした。
 夕食当番は当然小生で、生姜ご飯にワカメと玉ねぎの味噌汁。茹で野菜にヨーグルトディップというのを作ったのですが、買ったヨーグルトをケチって小さなカップを買ったので、こいつが甘かった。失敗しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宛名印刷ソフト

 こんばんは、チェスです。

 昨日ウチのカミさんのパソコン~東芝のダイナブック~から出てこなくなってしまったSDカード、ま、こいつは元々ウチのカミさんの携帯電話に入っていたマイクロSDカードのデータを吸い出そうとしたのが原因ですが、昨日買った8GBのカードはカミさんの携帯電話用に渡してしまいましたから、小生の電話機用にまたマイクロSDカードを買わねばなりません。2GBまでしか使えないのが判明しましたから、ヨーカドーで2GBの一件を買って、取り敢えずは一件落着。
 いや、落着はしていないのですが、爪楊枝で引っ張り出そうとしてもどこかに引っかかってしまっているらしく、出すことができませんので、どうしようもないのです。

 ところで、以前使っていたDELLのパソコンには、毎年お世話になっている宛名印刷ソフトとして「筆自慢」というものが入っていました。
 で、昨日このソフトのCD-ROMを鳥越から持ってきたので、エイサーちゃんにインストールして使えるようにしようとしました。
 が、あろうことか、CD-ROM内のセットアッププログラム自体が起動しません。どうもこのソフトは売れなかったためにWindows7には対応せずに発売を止めてしまったらしいのです。
 こうなると、今年の暮からの葉書の宛名印刷に困ります。いや、新しく宛名印刷ソフト、例えば有名な「筆まめ」などを買えばいいのですが、住所録データを読み出しておかなかったのが非常に痛かった。
 で、住所録データだけでも、せめてエクスポート機能でCSVファイルで退避させておけば良かった。と思いまして、既に退役させたDELLを一旦復帰させ、住所録データをCSVファイルで書き出しました。
 まあこれで、CSVであれば最悪Excelで読めるだろうと一安心です。
 これで次は宛名印刷ソフトを買わねばなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SDカード飲み込み

 こんばんは、チェスです。

 毎年、ついついテレビ中継を見てしまう箱根駅伝。今年は2日は山形におりましたので見られるかな(何せ関東地方の大学しか出ない言わばローカル大会ですから)と思いましたが、山形でもネット中継されておりまして見ることができました。
 で、本日3日は復路を東京で見ていましたが、まぁ今年の東洋大は強かったですね。ここ数年は「新山の神」柏原選手の力に頼っているといった感じがなきしにもあらずと思っていましたが、今年は2区~4区でトップを譲らずに、5区の山登りで、4年生となり最後の箱根に登場した柏原選手が襷を受けると期待に違わぬ力走で後続と差を開く。本日の復路でも区間賞や区間新記録を出すというメンバーの充実ぶりで、他校につけいる隙がありませんでした。
 しかし、来年は東洋大にはこの柏原選手が卒業していないわけで、残ったメンバーで今年の再現ができればそれこそ本物でしょう。

 ところで、小生が使っている携帯電話機にはマイクロSDカードが入っていません。携帯電話機で撮った写真データが本体のフォルダーに一杯になってしまったので、マイクロSDカードを買って入れようと思い、8GBという分不相応にも思える容量のカードを買ってきたのは良かったですが、昨年購入の我が携帯電話機では、この容量のマイクロSDカードを使うことはできませんでした。

 しかし、ウチのカミさんの携帯は更に新しい。で、彼女の携帯の取説を見たところ、8GBのカードも使える様なので、元々彼女の携帯電話に入っていた1GBのカードと、本日買ってきた8GBのカードを交換してもらうことにしました。

 これは良いアイディアだ、と思ったのも束の間。

 その1GBのマイクロSDカードに入っていた彼女の写真データをパソコンに移すべく、SDカードのサイズにするアダプターにつけてウチのカミさんのノートパソコンのスロットに入れた所、パソコンがカードを認識しない・・どころか、内部に飲み込んだまま出てこなくなってしまいました。
 ウチのカミさんのダイナブックの機能そのものには異常はないから良いものの、大事な携帯電話の写真データが取り出せなくなってしまいました。正月早々、また困ったことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辰年~上昇あるのみ

 こんばんは、チェスです。

 2012年、本年も宜しくお願いいたします。今年の干支は辰年~想像上の動物ですが、龍の年です。
 龍というのは、空高く上昇する一方で、一旦昇ったならばもう地上に降りてくることはないのだそうです。
 日本経済もかくありたい・・とわが国の総理大臣は思っておられるとは思いますが、何せ実情は厳しい。とりあえずは、国民一丸となって昨年の大震災からの復旧復興に協力せねばならないと思いますけれども。

 本来こうした文章は、昨日の1月1日に書いておかねばなりませんでしたが、本日まで山形に帰省しておりましたので、1日遅れで失礼いたします。


 明日から当「タネがいっぱい」も通常営業に戻りますので、またこの一年ご贔屓に、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本年も宜しくお願い致します

本年も宜しくお願い致します
小生は喪中ですので、本年も宜しくお願い致します。という事で山形に来ております。
馬見ヶ崎川から蔵王連峰を見ています。今年は雪が積もるのが例年より早いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »