« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

朝顔の支柱

 こんばんは、チェスです。

 本日の昼休み、久しぶりに「発言小町」でものぞいてみるか、とランキング上位のトピックを眺めていったら、「聞くとなんだか不快になる言葉ありますか?」というトピックがございまして。

 この手のトピックは、立てた方ご自身はそんなに深刻な相談事を持ちかけているわけではなく、多くのレスポンスに期待しているという奴ですね。
で、「うんうん、ナルホド」と頷きつつレスを読んでいくと、「自分の妻のことを『ヨメ』『嫁』というのは不快である」というのがありまして、これは確かウチのカミさんも何かの時に言っていたな、と思い出していたら、その「カミさん」も不快である、というレスが出てきて、あちゃ~と思ってしまった次第です。
 そう思う方々は、夫に外で何と呼んで欲しいのでしょうかね。ズバリ「妻」なのかな。

 ましかし、コロンボ警部の大ファンを自認している小生としては「ウチのカミさん」は絶対止めないのです。

 今朝、東側のヴェランダに置いてある朝顔を見てびっくりしました。支柱の高さが足りずに、蔓がこんがらがっていた朝顔が、見事に整理されています。どうやらウチのカミさん、高さが足りない支柱を、ガムテープで繋いで延長する、という力技でもって解決したみたい。

 朝顔の蔓がこんがらがってかわいそうだ、とはカミさんから言われていたのですが、今ある支柱より高い奴は売っていないし・・・と、実は解決を諦めて放置していたんですよ。すぐに9月だし、朝顔のシーズンも、もうすぐ終わりだろうから、とですね。頑張ってくれたカミさんに感謝いたします。
 ただ、小さなプランターの割に、高い支柱を立ててしまいましたから、強い風ですぐにひっくり返りそうです。台風がこちらに来なければいいが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滝口順平さん

 こんばんは、チェスです。

 本日、千葉県選出としては初めての内閣総理大臣が誕生したその影で、昨日、千葉県出身・民間放送初の声優であった滝口順平さんが亡くなったとのことです。80歳。

 声優、ナレーターとしては何しろ大ヴェテランで、Wikipediaの記事によりますと、「日本で初めての吹き替え放送を行った」という方だそうです。
 アニメにも色々出演されていますが、小生としてはこの方のお仕事は何と言っても「途中下車の旅」のナレーターが最初に思い浮かびます。

 結婚してからは、土曜日午前中のチャンネルはカミさんの意向に沿っているため、この番組を見ることはありませんが、鳥越時代は結構楽しみに見ておりました。
 「途中下車の旅」はほぼ首都圏限定(時々例外あり)で、特定の鉄道路線の電車に「旅人」が乗り、所々で途中下車をしては沿線の商店街や名物店、名所などをレポートするという番組でした。
 「旅人」の方は色々な方が持ち回りで登場していましたが、ナレーターの方は滝口順平さんがほぼお一人で頑張り、まさにこの番組の「顔」とも言える存在でした。いや、ナレーターであって、決してお顔は見せませんから「顔」というのは変ですが、そんな感じ。

 独特の声とイントネーションで、存在感が大きかったですね。大変お疲れ様でした。ご冥福をお祈りいたします。

 滝口さん亡き後、この番組のナレーターにはどなたが起用されるのかな。児玉清さん亡き後の「アタック25」と同じ様に、気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わる季節と同じ様・・

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日の東京は、何やら秋の風を感じる様になりました。

 まだ日中になれば油蝉が頑張って鳴いていますし、エアコンのお世話になることも多いですが、時折吹く風はかなり爽やかになったと思います。気が付けばもうすぐ8月は終わり、9月がすぐそこに来ています。
 夏が去りつつあると同時に、この国の総理大臣も交代することになり、本日民主党の代表選挙で、菅代表に代わって野田佳彦財務大臣が選ばれ、次の総理になることが確実になりました。

 思えば、鳩山さんが当時の小沢幹事長と抱き合い心中の如き格好で総理を辞任し、新たな代表選挙をやることになったとき、当時財務大臣をしていて一番失点が少なく、また財務省からみれば最もコントロールしやすいと思われたのが菅さんで、まんまと総理になってしまった。
 今回の代表選挙でも、財務省の思惑としては取りあえず野田さんが最も望ましい「次期総理」だったことは確かです。まるで菅総理誕生の時の巻き戻しを観ている様です。

 民主党政権に変わって3人目の総理なんですが、いくら政権交代しても、結局のところは強大な霞ヶ関の力には関係ないみたいですね。必ず季節は変わっていく様にね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぼちゃとゴーヤのサラダ

 こんばんは、チェスです。

 8月最後の日曜日、東京は朝から気持ち良く晴れ間が広がりました。

 トイレやお風呂の掃除を片づけて、午後は昨日行けなかったスポーツクラブへ出動。
 ただ、今日は夕食当番なので、あまり時間がありません。いつもはみっちり1時間走るトレッドミルを40分で切り上げて、お風呂に入って買い物して帰宅。

 で、冷蔵庫の野菜室に残っていたかぼちゃとゴーヤを使ったサラダを作りました。(レシピはクックパッドから)
 かぼちゃを茹でて、一旦冷ましてから潰し、クリームチーズやマヨネーズと混ぜる。
 ゴーヤの方は、2つに割って種を取ったら薄くスライスして、塩もみ、さっと茹でる。
 で、かぼちゃと混ぜたら出来上がり。

 味はまぁ予想に近い感じで出来ましたが、かぼちゃを全部使ってしまったので、大量に出来てしまい、量の方が誤算でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1ヵ月遅れ

 こんばんは、チェスです。

 朝から何やらはっきりしないお天気の東京でしたが、ウィークディと同じような時間に起床して、カミさんが申し込んでいた「日経IRフェア2011」というのに行ってきました。会場は東京ビッグサイトという湾岸地域に出来たコンヴェンショナルホールです。
 フェアそのものは入場無料なのですが、会場の中で講演会が一日4回開催され、これに参加するには事前に申し込みしておかねばいけなかったのです。

 講演会そのものは、講演者によって興味深く面白い話あり、それなりで退屈なものあり、という感じでしたが、全体に統一的なのは「低迷している株価を上昇させるために、個人投資家にもっと株式投資や投資信託に積極的になってもらおう」というスタンスですかね。日経さんが主催するのですから当然でしょうけど。

 帰宅すると、1ヵ月遅れで開催できた「隅田川花火大会」の最後の20分を観ることができました。小生の家のヴェランダに出ると、小さく隅田川花火大会の両会場の花火を観ることができるのです。
 10機程度のヘリコプターが上空を舞っているのは壮観でありますね。1ヵ月遅れでも開催できて良かったと思います。雨も降らずに済みましたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ点ければ

 こんばんは、チェスです。

 民主党の代表選挙という、ま、おそらく次の総理大臣を決めようかという国の一大イヴェントが迫っているにもかかわらず(ひょっとすると党の代表選挙と、国会での投票結果が変わるというウルトラCがあるのかも知れないけど)、島田紳助という人気司会者が芸能界から引退したというニュースが、次期総理大臣に関するニュースを吹っ飛ばしてしまった、というのが、今現在テレビを点けた時に感じる状況ですね。

 今現在、どっちが重要なニュースか、と言えば、次期総理>島田氏となるに決まっていますが、どうもテレビというマスメディアはそうは考えていないらしい。
 それだけ日本国の総理大臣が軽い存在であるという証拠なんでしょうかね。

 好きか嫌いか、というと、小生は島田紳助という人をテレビで見る限りには、あまり好きではありません。ご本人のパーソナリティーは存じませんので、このような前提がつきますけど、それにしてもこの人が司会をしていた番組が視聴率を稼いできたのは確かな様で、それだけテレビというマスメディアにとっては「必要とされる人」になるのは確かでしょう。今後はどうやって、この人の穴埋めをしていくかが喫緊の課題ですね。

 にしても、他にも人材はいるでしょうに、と思ってしまいますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やってきました胃カメラ

 こんばんは、チェスです。

 昨日からの準備を経て、本日はいよいよ「上部消化管内視鏡検査」および「大腸内視鏡検査」を実施してもらいます。前者の方が、世間一般に「胃カメラ」と呼ばれている奴です。

 朝8時30分過ぎに新宿にある健診センターへ到着。
 受付をして、まずはドクターからお話を伺ったのですが、
「胃の方は、『経鼻内視鏡』即ち鼻から入れる奴と、従来の喉から入れる奴がありますが、どちらでやりますか?」
と訊かれます。小生、てっきり喉から入れられるものと思っていたので、これはびっくり。ドクターは
「鼻からの方が楽ですよ。」
というので、そんなら鼻からでお願いします、と決定。

 さて、胃カメラだけならここで直ぐに始められるらしいのですが、何せ本日は大腸内視鏡もあるので、その準備が大変なのです。1.8リットルもの何やらスポーツ飲料系の味のする下剤(だと思う)を2時間かけて飲まないといけない。で、こいつが効いてくると、トイレに行って大腸の中身をすっかり出して綺麗にしないと検査できないということ。6、7回はトイレに行きましたでしょうか。
 で、下から出てくる奴が透明な水状になったら検査OK。

 検査着に着替えて、注射用の点滴針を入れてもらい、更に鼻の穴に何やらプシューと薬剤をスプレーされます。両穴に2回でしたが、これは意外にツーンときます。鼻血がでないようにする予防だそうです。
 さて、内視鏡検査室へ入室。先ほどの点滴針から、胃腸の動きを抑える薬、鎮静剤を注射してもらい、とうとう胃カメラがスタートです。
 ベッドに寝て、ドクターの方を向いて横向きになります。すると早速ドクターが鼻の穴からするすると内視鏡を入れていきます。鼻から喉を通る時に、若干の抵抗がありましたが、実のところ痛さは殆ど感じませんし、鼻から通ると、例の「オエッ」という奴がありません。「おっ、こいつは意外に楽ダナ」と、自分の頭上にあるモニターを眺める余裕さえあります。
 カメラは順調に食堂食道を通り、胃に入りました。
「○○さん、潰瘍をやってますね~」(潰瘍の後があるらしい)
 などとドクターが言いながら、時折胃の中が洗浄されたり、何やら染料の如きもので青く染められたりしつつも、遂にバリウムのレントゲン検査で引っ掛かった箇所に到達。
「ここがそうですね。組織を取っておきますね。」
 と、ドクターは内視鏡のケーブルに、何やら新たな器具を挿入。
 モニター画面を見ると、ケーブルの先端から三又ピンセットの如きものが出てきて、問題の個所を摘まみ取ろうとするが、どうも固いらしくて最初は失敗。器具を変えたらしく、次は上手く取れたようだけど、取った瞬間出血したみたいで、一瞬ビビる。しかしこれはほんのちょっとの傷らしい。
 これは何か悪いものなんですか?と訊いたら、
「いやいや、ガンはこんな風にはできませんから、悪いものではありません。」
 とドクター。でも一応組織を検査するそうです。

 で、無事に終了。経鼻内視鏡のおかげで、かなり楽でできました。
 引き続いて大腸もやりましたけれど、これは2度目ですからね。とりあえず、大腸の方は(肛門を除いて)問題無しでした。血便があるのは、「痔」のヤローが原因らしいです。こいつは別に痛くないので放置しています。

 全部終わり、30分程休ませてもらって、健診センターを出たのは午後3時を回っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の大冒険「かけうどん」

 こんばんは、チェスです。

 会社の生活習慣病健診で「要2次検査」という結果を貰ってしまったために、健診センターへ入れた予約日が明日に迫ってきました。予めの準備が必要なのは、大腸の内視鏡検査の方で、今朝からは専用の検査食ということになっています。
 朝は、梅かゆとじゃがいもの挽肉あんかけ、共にレトルトパックなので、お湯で3分温めるだけです。
 味の方はと言えば・・まぁ、不味くもありませんが格別に美味しくもない、というところでしょうか。
 おかゆなので食べるのは早いですね。じゃがいもの方はそれなりに美味しかったかな。

 夜は、同じくレトルトのビーフシチューとクラッカーです。

 さて、会社にいる昼食はどうするか?

 一応指定されていて、おかゆか、何も具の載っていないうどん、食べ過ぎに注意、と注意書きにあります。
 会社でおかゆを作るわけにもいきませんから(コンビニへ行けばレトルトはあるでしょうけどね)、簡単に済ませるなら、うどんだな、と思って、近所の蕎麦屋へ出向きました。

 先客が何人か居て、その内の2人は会社の人でした。予想されたことではあるけど、ちょっとだけ恥ずかしい。
 何も具の載っていないうどん=かけうどん=ですよね。かけうどんでいつも思い出すのは、東海林さだお氏の人気エッセイの中の一篇「大冒険 かけうどん」です。
 ただ単に蕎麦屋へでかけていき、かけうどんを注文して食べて帰ってくる、それだけの事なんですが、それをショージ君はこの方一流の軽妙洒脱な語り口で描写していて楽しい。
 で、小生も蕎麦屋の空席に座り、「かけうどん、お願いします」と注文しました。小生も別に聞き直されるということも無く、注文は一発でおばさんから調理場へと通りました。
 やがて、我がかけうどんが輸送されてきました。薬味のネギは別皿に載っていますが、今回はネギすらも除外しないといけないのでしょう。

 何も載っていない、うどん。

 ショージ君が感じた通り、何と言うか軽い衝撃を受けますね。くどい様ですが何も載っていない。
 もり蕎麦(小生は大抵「大もり」)だって、お蕎麦だけなのですが、あれを食べる時とどうしてこんなに違う感情なのでしょうか。ひたすらにうどんを片付ける。

 おそらくこの蕎麦屋の一番安い客であったろうに、会計の際にはおばさんは「次回50円引き」のサービスチケットをくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tシャツ・・

 こんばんは、チェスです。

 小生が勤務している先の会社には、スキー部、ゴルフ部、サッカー部、登山部などとスポーツ関係の愛好者が集まって活動している部があります。数年前に小生も、「ならば水泳部を作って、会社から活動の補助金を貰おう」と水泳部を始めたものです。

 で、さすがに活動が難しいのか「陸上部」というのはございません。ありませんけれども、小生が数年前に2回ほど参加した「タニマリ」=谷川真理ハーフマラソン=の2回目の参加の時、会社の若手から「実は我々も出るのでお揃いのTシャツを買いませんか?」と声を掛けられました。そいつは面白い、と思ってそのTシャツを買ったは良かったのですが、その時の結果は酷いものでした。

 そんなことも忘れてしまったころ、当時小生に声を掛けてくれたランナーからメールが来て「前のTシャツもくたびれてしまったので、新しいデザインのTシャツを作りました。どうですか?」と再びお誘いが来ました。

 オリジナルデザインのTシャツは、数が集まらないと値段は中々安くはなりません。ですから買ってもいいかな?と思ったのですが、いや待てよ、ここでうっかり買うと、「タニマリ」が待っているかもしれない。
 何せ、ジムの中のトレッドミルばかりで、ロードワークの方は遠ざかっている小生です。10kmレースなら気軽に出られますが、ハーフはちょっと足が持たない(今のままでは)。まずはTシャツを買うかどうか、数日考えなくてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUICAが無い!

 こんばんは、チェスです。

 相変わらず、未だ8月というのに非常に涼しい東京です。
 週明けの本日は、長袖のワイシャツを着用に及びました。上着を着てもいいかな?と思うほど。

 で、小雨の降る中を駅に着き、さてと鞄のポケット上部のファスナーを開くと、ややっ、所定の鞄の内ポケットにSUICAが無い!
 あ、そうか、土曜日に出かけた時にSUICAを使って、その時に履いていたズボンのヒップポケットに入れたままだったのだ、と、鞄に無い理由の方は瞬時に思い出したものの、理由がわかったからと言って問題が解決されたわけではありません。一瞬、家にSUICAを取りに戻ろうかと思いました。小生はかなり余裕を持って出社しておりまして、そのまま会社に着いても始業時間の30分前には自席に着けるのです。ということは、駅から家を往復しても20分というところですから、会社に遅刻するということはなさそうなのです。
 が、小雨は降っているし、今家に戻れば、いつもの綾瀬始発の電車は行ってしまうしで、次の瞬間には取りに戻る案は却下していました。
 仕方ありません、今日の所は切符を買って電車に乗るしかない。

 ところが、綾瀬の駅から西日暮里でJRで乗り換えて、という切符を買うのに、そもそもまごつきます。綾瀬の駅は、JR常磐線各駅停車の駅でもあるので、JRの券売機も設置されている。

 が、その券売機では西日暮里までの地下鉄千代田線の切符は買えないのです。
 また、JR乗り換えは北千住駅でもできるので、どうもそのルートだと別の料金になるらしい。
 「西日暮里経由」の切符を買わないと、西日暮里駅の改札を通過できないのですな。

 SUICAを忘れたばっかりに授業料620円を払って切符の買い方をおさらいいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなりすっかり秋

 こんばんは、チェスです。

 昨日の土曜日、東京のお天気は辛うじてもったという感じでしたが、翌日曜日の本日は朝から小雨が降ったり止んだり(降っている時間の方が多い感じ)で気温は上がらず、外を半そでシャツで歩くと寒い位でしたね。気温的にはもうすっかり秋の雰囲気です。

 そうは言っても、夏の方もまだまだ簡単に退場するという時期ではありませんから、時折盛り返して残暑厳しい日もあるでしょう。が、着実に秋は来ていますね。

 ケーブルテレビ局のサービス停止騒動の代わりに導入したスカパーe2は、番組を受信する機械ごとの契約が必要である、ということに迂闊にも気が付かず、テレビのみ契約していたので、レコーダーではスカパーe2の番組は録画できないという事態に陥りました。
 それでも普通はテレビのHDDに録画していれば問題は無いのですが、小生とカミさんが観たい番組が重なってしまうときには、これはレコーダーの録画が使えないのは痛い。で、レコーダーを追加契約することにして、スカパーe2のカスタマーサービスへ電話をしました。

 レコーダーにおいても、「このチャンネルがきちんと映ることが必要」というテスト項目があるので、テレビで映っている以上は問題なかろう、と思っていたら、あろうことかレコーダーではそのテストチャンネルが映らなかったというトラブルが発生。一旦契約申込を取り止めてもらい、色々考えた結果、どうもB-CASカードを一度抜いた際に、その後にきちんと挿入するのが甘かったのではないか、と思って、差し直ししました。その結果、なんと件のチャンネルは映りました。このカードのスロットは意外にデリケートであると再認識した次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアスというのは

 こんばんは、チェスです。

 来週月曜日はカミさんの誕生日なのですが、月曜日はさすがに仕事がありますから、前倒しで本日お祝いをすることにしました。
 そのため、スポーツクラブから2時頃に帰宅し、まずはJR御徒町駅へと向かいました。
 実はこの駅の周辺は、「一大ジュエリー街」となっていて、宝石、指輪、ネックレスなどのアクセサリー類を扱うお店が集結しています。海外のいわゆる著名ブランド店はありませんが、銀座のそれらのお店で同等品を買うのであれば、かなりお安いと評判です。
 で、カミさんのピアスの中で、ルビーのピアスがあるのですが、これのかたっぽが無くなってしまったというので、それなら誕生日プレゼントに買ってあげよう、とやってきた次第。

 それにしても、ピアスやイアリングという耳に付けるアクセサリーは、左右両方揃っていないと付ける訳にはいかず、不便な代物だなぁと思いましたね。
 残った1個は、もうどうしようもない。

 結局またルビーのピアスを購入し、次は地下鉄の日比谷線で中目黒へ行き、東横線で1と駅渋谷方面へ戻って代官山下車。
 「ヌーベル・キュイジーヌ」を創めたというフレンチのシェフの名前を冠したレストランでフランス料理をいただきました。一番お安いコースにしましたけど、それでも十分お腹いっぱいに堪能いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上から目線

 こんばんは、チェスです。

 ネガな表現であることは間違いないと思いますが「上から目線」という表現がありますね。

 何時頃から言われ始めた言葉か、調べておりませんのでわかりませんが、少なくとも小生が学生時代はまだこの様な言葉は使われていなかった様に記憶しております。
 自我というものに目覚めたというか、自我が形成されつつある少年期というか思春期には、しばしば「反抗期」がやってくるものだそうですが、これはそうした時期にもかかわらず、親や教師といった存在が、相も変わらず「上から目線」で物を言ってくるために、必要以上に感情的にそうした存在に反抗的になってしまうのではあるまいか、と考えています。
 大人になってしまえば「上から目線」で物を言われた時、(イヤな奴だな・・・)と思ったとしても、それをあからさまに表情や言葉に出すことは控えてしまいますから、逆にストレスとなってしまうかもしれませんね。

 官僚組織、その典型の軍隊や警察といった中では、指示、命令を出す存在というのが明確に決まっていますから、「上から目線」でイヤな思いをする、というのは有り得ず、それが当たり前だということになります。
 逆に言うと、その様な関係に無いにもかかわらず、一方的強圧的な指示、命令などされると、これは(どうしてアンタにそんなこと言われなくちゃいけないの?)となってしまう。
 人間誰しも、強制されるのは面白くないのですから、これは当然でしょう。
 指示命令を出す、受ける、という関係がはっきりしていなければ、人様に何か物事を頼む時には、「上から目線」にならずに丁重にお願いするという姿勢が、無用のトラブルを回避して嫌われ者にならないために重要です。

 そうしたネガな意味の「上から目線」ではなくて、物理的に物を上から見る、空を飛ぶ鳥の目で見る=鳥瞰というのは、これは中々楽しいです。「はやぶさ」の川口プロジェクトマネージャーがおっしゃった様に、「高い塔をたてて、その上に登ると、新たな展望がひらける。」のですからね。だから鳥瞰は「上から目線」とは言いませんね。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっかりミスに泣く

 こんばんは、チェスです。

 既に何回か書いておりますが、2週間に1回配達される(定期購読していますので)のを楽しみにしている、ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクションには、応募者全員読者プレゼントというのがあるのですよ。
 毎号のパッケージに、小さな応募券がついていまして、こいつを切り取って応募カードに貼り付けていく。無論全応募券を張り付ける必要がありますが、小生の如くに定期購読している人間であれば楽勝なプレゼントだと思って、貼り付けていたんです。

 で、先週第5号が配達された時に、応募券の位置が変わっていることに気が付きました。これは油断がならない、と思って、すぐに切り取って貼り付けてやろう、と思ったら、それまでの応募券を貼っていた応募カードが見当たらない。これはヤバい、と思って、とりあえず第5号は切り取らずにパッケージごと保管して(切り取ってしまうと小さいので簡単にどこかへ紛失してしまいます)、応募カードを捜索することにしました。

 で、探すこと暫し、カミさんが応募カードを見つけ出してくれました。

 やれうれしや、と思い、そうだ、早速第5号の応募券を貼り付けよう、と、出てきた応募カードを良く見ると、第1号~第3号の応募券はきちんと貼られているのに、第4号の応募券が貼られていない。
 これはどうしたことか?と考えて、第4号が配達された時、DVDを早速にも観たくて急いでパッケージを破り、そのまま応募券を切り取ることを忘れて捨ててしまったらしい・・と思い出しました。

 うーん、こいつは参った。応募カードは、応募券を貼ることを忘れない様に、目立つところに置いておくなりすれば良かった。最早どうにもなりませぬ。カミさんは「4号だけバックナンバーで買ったら?」などと言ってくれましたが、読者プレゼントだけのためにDVDがダブってしまう様なことをしてもねぇ。

 応募者全員読者プレゼントの景品は、「1/400サンダーバード2号ダイキャストモデル」なんです。すごく欲しかったけど、潔く諦めました。自分のヘマなので仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎のメールエラー

 こんばんは、チェスです。

 夏休みが明けて、本日より会社へ出勤です。までも、今日あたりは綾瀬始発の電車に並んでいる人の列も未だ少なく、電車も心持ち空いていて快適に通勤いたしました。
 会社に着くと、いつもは既に開いている事務所のドアが閉まっている。なるほど、これはいつも早朝に一番乗りで出社される人が夏休みを取っているので、ドアの鍵を開ける人がいないのですな。仕方ないので小生がドアの鍵を開けます。もあ~っとした空気が室内に溜まっています。

 そんな感じで、小生の職場のある事務所も、半分程度の人しかおらず、静かな環境でした。
 お茶の時間には、なぜかアイスキャンデーが配給になり、宇治金時のアイスを頂戴しましたが、あれはのんびり齧っていると、そのうちに溶けてきてポタポタと垂れてきますから、結構急いで食べ終わらないといけませんな。

 ところで、インターネット接続を、ケーブルテレビ局のサービスからフレッツ光経由でプロバイダーはニフティさんに乗り換えたのですが、eメールに不思議なエラーが発生しています。
 小生宛の新しいメールアドレスへメールを送信すると、送信者に対して「今のメールは届いていませんよ」というエラーメールが来てしまうとの由。でも、そのメールはきちんと小生は受信できているのですね。
 おかしいな、と思って、小生自身の携帯電話からメールを打ってみたら、なるほど、そういう内容らしいエラー報告の如きメールが来る。しかし、そのテストメールはちゃんと受信されている。

 不思議なこともあるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭の混ぜご飯

 こんばんは、チェスです。

 山形へ帰省したり、後半3日間は無駄にだらだらした(といってもそれなりに家事はしていた)今年の夏休みも今日で終了で、明日から会社でございます。すっかり身体はだらけきっているので、たぶん明日の会社はなかなかにつらいものがありそうで、自ら鞭を打たねばなるまいと思います。

 何故かはわかりませんが、ここ数日、我がパソコンの調子が良くなり、従来の例の煩いファンの音が聞こえなくなりました。動作も安定しているので、これはもう暫らくは使い続けてもいいかなと思っています。

 昨日からカミさんは会社へ行っているので、夕食当番は当然に小生です。昨日の夕食は、いつぞやグッチ裕三氏がテレビで教えてくれた、「ご飯から作るトマトとセロリのリゾット」を作りました。実はこいつは小生の好物の一つで、作り方も本格的なリゾットと違って既に炊いたご飯を使うので、殆ど失敗はありません。昨日もまずまず美味しくできたのですが、生憎とそういう時に限ってカミさんが残業で帰宅が遅くなり、折角のリゾットが冷めてしまいましたけれども。

 今日は、新たにレシピを開拓し(といっても失敗しなさそうな奴)、鮭の混ぜご飯です。
 ごぼうのささがき、ニンジン、きのこ(レシピは椎茸だったが高かったので安い舞茸にした)、油揚げ、そして生鮭が材料です。味付けは3倍濃縮のそば汁と塩。
 真面目にごぼうはささがきして水にさらし、油揚げは油抜きをしました。

 無事に炊き上がり、これはまずまず上手にできました。が、残念なことに茄子の味噌汁は、茄子の煮込みが足りずに、ちっと残念な味でした。

 パソコンが「静か」になった件ですが、実際は静かにはなっていないかもしれません。何故なら導入したサーキュレーターが、これが結構な音を出して回っているので、パソコンの音を消しているだけなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DD129護衛艦「やまゆき」見学記

 こんばんは、チェスです。

 本日は8月15日。毎年やっていますけれども、先の大戦の結果、命を落とされた軍人、民間人、全ての方々のために思いを寄せることにいたしましょう。

 ということで、黙祷!

 ・
 ・
 ・
 ・

 お直り下さい。

 そんな日になんですけれども、漸く暇な時間が取れましたので、先月の木更津マリンフェスタでの、護衛艦「やまゆき」見学記を書かせていただきます。

 接岸した「やまゆき」に乗艦しますと、なにやら偉い(と思える)方がお二人、敬礼して迎えてくれます。思わず小生も敬礼しそうになりましたが、帽子を被っていなかったので止めました。

 さて、「やまゆき」というのは海上自衛隊の護衛艦の中でも、既にお古に近い存在になってしまい、第一線を離れて今は地方隊へと転属していますが、就役当時は対空、対潜、対艦の全ての脅威に対応可能な最新の汎用護衛艦でした。自衛艦隊では、そのフネの種類によって記号がつきますが、こうした汎用護衛艦は「DD」という記号がつきます。「やまゆき」は「はつゆき」級護衛艦の8番艦で「DD129」。昔の海軍でしたら「駆逐艦」といったあたりでしょうか。

 さて、まず対空装備、即ち、敵機や、敵機が発射してくるミサイルなどに対応する手段として、距離別に「やまゆき」は3種類の武器を持っています。

 まず、最も射程距離が長いのが、艦尾の甲板に設置されている対空誘導弾「シースパロー」です。
0723_sea_sparor
 元々、航空機用の「スパロー」という誘導ミサイルがあって、これの軍艦装備版なんですね。
 ミサイルを撃ち出す箱が8つあって、ですから8本までは直ぐにミサイルを撃てるわけです。全部撃ってしまったらどうするか?近くの関係者(乗組員でしょうね)は
「それは、そこのヘリ甲板の下がミサイルの格納庫になっていまして、レールを出して人力でミサイルをセットします」
たちどころに教えてくれました。こうしたことは別に誰もが知っている事で、秘密ではなさそうです。

 「シースパロー」が撃ち漏らしてしまった奴に対しては、艦の最前部にある76mm単装速射砲がバリバリと撃ちます。
0723_76mm
昔の大砲と違って、砲塔の内部には人はおらずに弾を込めるのは自動です。

 速射砲が雨霰と撃ったにも関わらず、そこをくぐりぬけてきた奴には、艦を守る最後の砦、CIWSという名称の20mmバルカン砲(機関砲)が撃ちまくります。これは艦の中央部のマストの前あたりに左右両舷にあります。
0723_left_cwis
 文字通り「撃ちまくる」性能があり、このCIWSは1分間に4500発の弾を撃つことができるそうです。が、実際に1分間も撃ちっぱなしにしたら忽ちにして弾が無くなるでしょう。で、このCIWSには機銃弾が何発装備されているのか、とそのあたりにいた関係者(乗組員でしょうね)に訊いたら
「それは、その、えーっと、ちょっと・・」
 お答えしかねる、という事でした。こちらは「軍機」ということになるのでしょうね。
 他に「チャフ」という敵ミサイルの誘導を撹乱するものを撃ち出すものもございます。

 さて、海上の船にとって、実は空の脅威よりはずっと怖いのが、潜水艦です。
 今の軍艦は、たった一本の魚雷が命中しただけで簡単に沈みます。ですから、こちらから先に見つけて先制攻撃をかけなくてはなりません。
 そこで威力を発揮するのが、対潜ヘリコプターです。「やまゆき」にはHSS-2というヘリコプターが1機格納庫にいて、いざとなれば後部のヘリ甲板から発進し、対潜活動に従事します。
0723_heri_p
 後部ヘリ甲板ですね。広く見えますが、実際の海の上では、艦は前後左右に動くわけですから、その上から離艦、また着艦するのは大変な技術でしょう。

 先ほどの76mm速射砲の後ろには、誘導魚雷を遠方へ飛ばすロケット「アスロック」のランチャーがあります。
0723_asrock

 その他、射程の短い短魚雷の発射機が左右両舷にございます。

 あと、敵艦への攻撃は、無論76mm速射砲でもできますが、飛行機からも撃てる「ハープーン」というミサイルの発射機が、これも左右両舷にあります。

 艦橋に入ってみました。「軍艦」ですから中は無骨そのもので、内部は意外に狭かったです。
0723_brige_2

 トイレに行きたくなり、外の会場に仮設トイレでもあるかな?と見回してみましたが見つからず、関係者に訊いてみましたら、「本艦のトイレをお使い下さい」と案内してくれました。艦内は冷房が効いておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーキュレーター

 こんばんは、チェスです。

 日曜日、早目に昼食を食べてから、山形の土産の漬物を持って鳥越に行きました。真夏の太陽が照りつける東京でございます。
 帰りに弟にプジョリーヌで秋葉原まで送ってもらい、ヨドバシアキバに入りました。と言っても新しいパソコンを物色するのではなく、サーキュレーターを買って帰ろうと思ったのです。

 サーキュレーターというのは、要するに小型の首振り機能を持たない扇風機と思っていただければよいでしょう。エアコンと併用すると、部屋が満遍なく涼しくなって効率的なんだそうです。
 4000円弱のお値段の、カラーがお洒落な製品を見つけました。こいつを直ちに購入いたしました。リヴィングルームは元々エアコンが装備されていましたが、ちょっと広めの空間に、やや能力的にはギリギリかな?と思えるエアコンでしたので、今後はサーキュレーターを使って効率的に冷房を使える様になると思います。
 実はパソコンを置いてある部屋にはエアコンが無く、暑い日はかなり暑いので、こいつを扇風機代わりに使ってみようかとも思っています。USBで給電する小っちゃい扇風機もありますが、それよりはこちらの方がパワフルですからね。

 家電売り場で、ついでに自動ロボット掃除機「ルンバ」の説明員さんをつかまえて、色々と質問を浴びせて、3タイプの「ルンバ」の機能の違いを勉強しました。
 あれは結構なお値段なので、簡単に買う訳にはいきませんけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅

 こんばんは、チェスです。

 本日山形から帰京いたしました。
 お盆休みを取って、故郷へ帰省される方の多くが、昨日の12日から今日13日あたりに出かけられることが多い様で、本日は未だ下り列車の方が混雑が激しかったです。
 今日は午後の遅い時間、16時頃に山形を出るつばさ号で帰ったのですが、山形駅で乗車する際に、自由席車両を覗いてみると、かなり空席が残っていました。指定席車両の方が乗車率が良いくらいでした。

 東京に戻ると、何やらどんよりとした湿度が身体にまとわりつく、という暑さを感じました。やはり山形の方が爽やかだったのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定義如来西方寺

おはようございます、チェスです。
昨日12日は、義母のご希望で、定義如来西方寺というお寺へ行ってきました。
このお寺の英文の説明文には『じょうぎ』と書かれていましたが、地元の方言で『じょうげ』と言っていました。
山形のお隣、宮城県仙台市の青葉区という所にございます。
昔の本堂も今の新築された大きな本堂も、正六角形をしている特徴的な建物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金婚式

おはようございます、チェスです。
山形に来ています。

昨日は、義父母が今年金婚式にあたるという事なので、市内の料亭が新しく出した和風レストランで食事をしました。料亭の味を、椅子とテーブルで気軽に味わえるとあって、吟味された食材のお料理でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いくらだったら・・

 こんばんは、チェスです。

 収益金が東日本大震災の復興財源に充てられるという、「東日本大震災復興宝くじ」が発売されていまして、3月11日の大震災の復興に役立つなら、普段宝くじというものを買わない小生も10枚ばかり買って復興に些かなりとも貢献しようか、と思っていたのですが、発売時期が8月9日(火)まででございまして、昨日で発売が終わってしまいました。うっかりしていました。

 ところで、普段は宝くじというものを買わないので、こうした「if」の設問は苦手なのですが、「もし宝くじで1等が当選したら、賞金は何に使うか」というのはそれなりに楽しい夢ではありますよね。

 先ほどの、「復興宝くじ」の場合には、1等賞金は3千万円で、この前後賞は1千万円です。ということは、仮に連番で宝くじを購入していて、1等前後賞を総取りできた場合には、〆て5千万円が突然転がり込むということになります。しかし小生はかつて宝くじを買ったことはありますけれど、「少しでも当選番号照合の時間が長く楽しめるように」と大抵はバラで買っていたという、いじましい人間でありますため、1等のみ3千万円当選、という仮定の方が若干現実味があるように思います。(関係ない?)

 良く、「あまりにも高額の宝くじに当選してしまうと、人生が狂う」なんていう話を聞きますが、本当でしょうか。
 現在小生の家は夫婦2人のみですから、生活費はそれほどかからず、年間400万円あれば十分今の生活は足りる様に思います。小生の残りの人生が20年と仮定すると、2人で遊んで暮らすには8000万円欲しい勘定になりますから、前記の3000万円ではちょっと心許ない。というか、3000万円で明日から会社を辞めてしまうというわけにはいかないということになります。前後賞総取りの5000万円でも、ちょっと厳しいな。

 しかしですよ。もし1億円が当たったとしたら、前記の仮定にはこれは十分ということになる。そしたら、明日から直ちに会社を辞めてしまって、悠々自適の素浪人生活に突入です。以後は死ぬまで働かず、遊んで暮らす(ことが可能)。
 多分、そういうケースで「人生が狂う」という事態が発生するのでしょうね。宝くじを発売しているみずほ銀行も、高額の当選金の当選者に対して「会社や仕事はやめないでください」というアドヴァイスをされていますからね。高額賞金の当選者が賞金をどんな風に使ったか、到底取材はできないでしょうが、知りたいところではありますね。

 ところで、明日11日から13日まで山形の田舎へ帰省です。記事が抜けるかもしれませんがご容赦下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実が成らない(泣)

 こんばんは、チェスです。

 いつぞや、空いていたプランターを活用してやらう!と考えて、「ワイルドストロベリー」を植え込み、一時期水遣りをサボったために片方の苗の状態が悪化したこともありましたが、現在では2つの苗は元気に大きくなっています。

 が、あまり花が見当たらないのです。

 花が無いということは、当たり前のことですが、実が成らないのですな。

 実は、水遣りをさぼって片方の苗がピンチになる以前は、どちらの苗にも小さな赤い実をつけていて、これがそのうちにもう少し大きくなったら、取って食べてみようかと思っていたのでした。

 現在は、葉っぱばかりが大きく繁っていて、花が殆どついていないのです。
 夏は実をつけない時期になるのでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦屋で・・?

 こんばんは、チェスです。

 月曜日なんですが、小生の勤務先の、少し大きな組織単位の管理職だけで(小生は部下のいないスタッフ職ですけど)暑気払いをしようよ、とお誘いを受けたので、殆ど定時退社をして参加してきました。
 会場はどこか?と訊いたら、会社の近くの蕎麦屋だという。

 蕎麦屋の2階に男ばかりが多数集まると、どこかに討ち入るための集結か?と物騒な話になりますが、我々は蕎麦屋の1階の座敷に集まったので、和やかなものです。
 蕎麦屋なので、お酒のおつまみは格別なものは出てきません。枝豆、お豆腐のサラダ、卵焼きにちょっとしたお刺身など。カツ丼の上の部分だけ、というのもあったかな。

 お酒を飲めない小生にとっては、あまり面白くない会場でしたが、普段あまり話しをしないメンバーと話をしてみると、思わぬ方が「鬼平犯科帳」のファンだった事がわかったりして、それなりに楽しい2時間でした。
 最後に皆「ミニせいろ」を手繰って、御開きになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンダーバードを観て

 こんばんは、チェスです。

 昼頃にカミさんが所用で外出したので、DVDレコーダーとテレビが自由になるため、定期的に配達されてくるDVDマガジンの最新巻を観ることに致しました。カミさんが居る時には、彼女が観ている海外ドラマが優先になりますものですからね。

 本日観たのはサンダーバードの「世界一のビル火災」。
 新しく完成した「トンプソン・ビル」は世界一を誇る超高層ビルなのですが、ある女性の不注意なクルマの運転で地下駐車場に火災が発生。多数の駐車場にとめてあったクルマに次々と引火して大火災になってしまいます。管理室は延焼を食い止めようと、地下通路を次々と封鎖するのですが、運悪く3人の親子連れが地下に閉じ込められてしまう、というストーリー。

 火災現場で大活躍のジェットブルドーザーや、第2話に続いて出動したモール(日本語訳ではモグラ)によって地下の親子3人はきわどい所で救出されます。
 ビルの地上部分も結局大火災で崩壊してしまうのですが、ここにいた人達は管理室の避難指示によって全員避難が完了していることになっています。まぁ、このあたりが人形劇の限界なんですね。本来は何千人といった人達がパニックを発生することなく安全に外へ避難することの方がドラマになりそうなものですが、人形劇では何千人のエキストラ動員という手法は使えませんから、「そういう設定です」とするしかない。なので、このあたりはどうしようもないのです。

 それにしても、サンダーバードでは毎回大事故大災害が起きますが、人が一人として死にません。
 「人命は何ものにも代え難い大切なもの」という哲学が貫かれているのですね。

 このあたりの理想主義的とも言えそうな哲学が、かなり昔に作られた特撮ドラマを「不朽の名作」たらしめているのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

部屋整理

 こんばんは、チェスです。

 ここ暫らくの間はあまり気温が上がらなかった東京ですが、昨日あたりからどうやら夏が戻ってきた感じがします。本日の土曜日も天気予報では「曇り」になっていましたが、青空も多く昼間は「晴れ」の時間帯が多かったです。

 昨日の金曜日の夜に注文していたカミさん用のパソコンデスクが届きました。
 こいつはさして難しくなさそうだったので昨晩中に組み立てて、パソコン部屋に設置しました。
 そうすると、これまで置いてあった衣装ケースをどかさないといけません。
 それに、プール用の道具とかスポーツクラブ用のウェアとか、文庫本「鬼平犯科帳」その他とか、小生の諸々私物が整理されずに氾濫していたので、これらをきれいに収容するための4段式の整理棚~こいつはアマゾンで買いました~が届いていたので、今日の午前中はこいつの組み立て。

 昼から一旦スポーツクラブへ出かけて、マシンなど動かして汗を流し、夕食後に再び部屋の整理に取り組んだ結果、氾濫していた私物たちはかなり整理されて、部屋がすっきりしました。

 ま、これを維持しようとするのも大変なのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上部消化管内視鏡検査

 こんばんは、チェスです。

 昨日の夕方は、会社の人事部から生活習慣病健診の結果をもらって、大変うんざりしてしまったわけですが、うだうだしていても何ら事態は好転しませんので、兎にも角にも二次検査予約をしてしまうことにしました。予約は午後1時からですので、1時過ぎに電話をして検査予約を入れました。運命の検査日は8月25日(木)と決まりました。

 昨日の記事にも書きましたが、今回小生は「大腸内視鏡検査」と「上部消化管内視鏡検査」とを2ついっぺんにやってもらうことにしましたが、それは木曜日にしか予約できないのだとか。できれば1日ですませたいところですから、木曜日のスケジュールを空けて予約しましたよ。

 大腸内視鏡というのは、数年前に小生かかりつけの病院で一度やってもらったことがあります。
 カメラを肛門から入れるので、特にそれほど苦しくは無かった様な記憶があります。二酸化炭素を入れて腸を膨らませたので、お腹が膨れたのが苦しかったですかね。当日の検査より、むしろ前もっての準備で大量の下剤を飲まないといけないのが大変でした。

 上部消化管内視鏡検査というのは、世間的には「胃カメラ」として認知されていますよね。
 これは今回初体験ということになりますが、喉に異物を突っ込まれると想像するだけで、もうかなりゲーゲーと苦しそうな気持ちになりますので、できればご遠慮申し上げたいな、と思っていたのです。
 例えば、何か異物を飲み込んでしまい、すぐに吐き出させようとする時には、喉に指を突っ込めばかなり苦しいですがゲーゲーとなりますよね。ということは、これはかなり苦しいだろうと。ただ、こちらの方は前もっての大量下剤というのは無いみたい。ま、小生の場合には今回両方やるので、いずれにしても大変です。

 最新の技術では、カプセルの中に超小型のカメラが仕込まれていて、カプセルを飲み込めば中の様子をどんどん撮影してくれるというのもあるらしいですが、そんなのが一般化するのは先の事でしょうね。
 この頃は、口からではなくて、鼻からカメラを入れていくという検査もあるそうですが、鼻から入れても結局喉を通りますからねぇ・・結局は苦しそうな気がします。
 ま、どのくらい苦しいかは体験してからルポさせていただきますので、乞うご期待でございます。(誰も期待してないって?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

胃と大腸の内視鏡だって(大泣)

 こんばんは、チェスです。

 先般会社で受けた生活習慣病健診の結果の入った封筒を、人事部から渡されました。

 総合判定で、E「精密検査を必要とします」が出ちゃったですよ。
 大腸の2日目の便潜血がプラスだというので、こちらが大腸内視鏡検査。
 でもって、上部消化管検査(早い話がバリウムを飲んでの胃のレントゲン)で、「前庭部 前壁 粘膜集中」と結果書かれていて、こいつが胃の内視鏡検査だ。

 胃の内視鏡検査って、あの「胃カメラ」を飲む奴ですよね。うぎゃ~こわいよう。

 とも言っていられないので、検査予約をしないといけないですな。まいりましたよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンの内蔵電池

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事について、早速
「パソコンの内蔵電池の消耗」の点をご指摘いただいたコメントを頂戴しました。

 パソコンのマザーボードにコイン型の電池が入れてあって、パソコンの電源が切れていてもこの電池によってBIOSなどの基本的な設定事項を保持しているのだということが判明しました。
 グーグルでみてみると、なるほど、この内蔵電池の消耗によってパソコンが起動しなくなる(基本設定などの情報が無くなってしまうから)などの不具合が発生するのだそうです。

 小生の愛機は、メモリーを増設したという記憶はありますが、この内蔵電池を交換したという記憶はありませんから、たぶん工場出荷当時のままだと思います。
 コメントいただいた方からは、基盤を損傷するなどのリスクを考慮してDELLに相談するなり、パソコンを更新するなりしたほうが、とアドバイスをいただきましたので、まずはDELLのユーザーサポートのページを閲覧してみました。すると、内蔵電池の交換方法という詳細な解説が載っていました。ご丁寧なことに、交換作業の動画もありました。作業それ自体は、さして困難はなさそうです。
 交換するとBIOS設定情報が消えるので、現在の設定をメモしておいて、電池交換後にBIOS設定を戻す様に、と注意がありましたので、面倒なのはそのくらいなのでしょうか。電池はそう高いものではなさそうなので、まずは電池を交換しておこうと思います。HDDが突然逝ったら大変ですから、その次にデータのバックアップだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイト証明書の期限?

 こんばんは、チェスです。

 先日日曜日に、パソコンの掃除をした結果、まずまずパソコンは静かになりました。ヒートシンクのほこりを取った効果はあったようです。

 が、ネットに繋いで、オンラインバンキングをする銀行のサイトにログインすると、何故だか「サイト証明書の期限が切れているので、アクセスしない方がよい」というアラートが出てきます。
 それが、ログインが必要な他のサイトでも出るので、こいつはおかしい、と思いました。

 どう考えてもあちらのサイトの問題では有り得ず、こちらのパソコンの問題だろうと思われました。
 どうも「電源再投入」あたりに原因があると睨んで、パソコンのカレンダーがおかしくなったのでは?と調べてみると、正しくカレンダーは数年前にすっ飛んでおりました。
 こちらは「コントロールパネル」で修正して解決ですが、一瞬びっくりしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パソコンの寿命

 こんばんは、チェスです。

 唐突ですが、皆様は普段お使いのパソコンを、どのくらい長く使い続けておられますか?
 この間、定期購読している「日経パソコン」の記事で、パソコンの買い替えが特集記事になっていました。
 確か読者アンケート調査で、パソコンを買い換える理由の1位は「トラブル・故障」では無かったと記憶しています。てっきり小生は、パソコンの買い替え理由としてはこいつが間違いなく1位に来るのだろうと思ったのですが、違うのですね。手元にその本が無くなったので(会社で読みたい人に貸しているのです)1位はなんだったか忘れてしまいましたが、「性能・機能に不満」だったような・・

 このあたりは、仮にアンケート調査の母集団が日経パソコンの読者だとしたら、平均的なパソコンユーザーよりは「ヘビーユーザー」の割合が多いのではあるまいかと推測されますから、本当にパソコンを買い換えた人全てにその理由を訊いてみたら、また違った結果が出てくるかもしれません。

 それは兎も角、パソコンが文字通り「ぶっ壊れて」再起不能になってしまい、その結果買い替えを余儀なくされたとすると、小生の如き、データバックアップをきちんとやっていない人間などは深刻なダメージを負わされます。「マイドキュメント」と、メールソフトのアドレス帳くらいはバックアップを取らないといけないですね。
 そうではなくて、長く使い続けてきたら新しいソフトの動作がとろいとか色々不満が生じてきて、前向きな買い替えであるなら、データさえ引っ越せばいいのですから、大変なことはないですよね。今は便利なユーティリティソフトもあるでしょうし。
 実は小生が愛用しているDELLのデスクトップパソコンは、10年近く使い続けています。OSはXPなので安定していて良いと思いますが、HDDやメモリーは今となっては小さいし、起動に時間はかかるしで、そろそろ前向きに買い換えを検討しても良いのではないかと考え始めておりました。
 そこへもってきて、暫く前からパソコンを暫く使っていると、何やらうるさくなるようになってしまいました。
 どうもこいつは冷却ファンの音らしいです。昨日の日曜日は、昼間でも涼しい日でしたから、これまで先送りしてきた「パソコン騒音」問題を解決してやろうかと思い切って立ち上がりました。

 パソコンに繋がっているケーブル類を全部外して、ACコードも外し、パソコンを広い所へ持ち出して、お腹を開いてみました。
 CPUの冷却ファンの下にヒートシンクという熱を逃がす部品があるのですが、ここに細かいほこりが溜まっている様です。で、掃除機を持ち出してこのほこりを吸い取りました。見た目はまずまず綺麗になったように思えたので、元通りにしてパソコンの電源を入れると・・うっ、XPが立ち上がらん。一瞬青ざめましたが、電源投入3回目にして無事にXPが立ち上がりました。掃除の効果は、もうちょっと様子を見ないとわかりませんが、昨日に限っては静かになった模様です。

 すると、前向きな買い替えはまた暫くペンディングになりそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »