« スープカレーをリベンジ | トップページ | いってらっしゃい!古川飛行士 »

ウンが付くか

 こんばんは、チェスです。

 昨日、日曜日の東京は、夜遅くになって雨が降り出した様だったのですが、週明けの月曜日の朝にはすっかり上がってむしろ気持ちの良い晴天でした。
 通勤時に駅に歩いていく歩道にはまだ水溜りが残っていましたが、今日あたりは気温が上昇してすぐに乾いてしまうでしょう。雨上がりの道はゴミなども流されていて綺麗になっていて、気持ち良いですよね。

 元々東京では、というか他の都市でもそうなのでしょうが、野良犬という存在は見なくなりました。ですので歩道あたりに落っこちているウンチは、散歩中の飼い犬の落としていった奴を拾わずにそのまま行ってしまうけしからぬ飼い主のしわざ、かと思うのですが、この頃はワンちゃん飼育の啓発活動が功を奏したのか、「こいつは明らかに犬の落し物」というのもあまり見かけなくなりました。

 が、油断は禁物なのです。

 犬に比べると、その辺を自由気儘に歩いている猫は、未だかなりいるようで、こっちは毎日の様にみかけます。完全「野良猫」なのか、はたまたそのへんで飼われている飼い猫が外出しているのか、ちょっと見ではわかりませんが、この連中が相当数いるのは確かです。
 外を歩き回る猫が、児童公園の砂場に入り込んで用を足すとなると、そこで遊ぶ子供たちにとっても衛生面で問題です。そのため、最近の公園の砂場には猫が入れない様にフェンスが設置されていますよね。
 この連中が、もっと目立たない所で用を足せばよいものを、所かまわず歩道などでもやらかしているらしく、大きさから判断して猫の仕業だろうと思う落し物をたまに目撃します。

 足元に気をつけていないと、ウンを付けてしまいますよ。

 運が付いたから、宝くじでも買ってみるか、と大らかに構えればいいのかもしれません。

|

« スープカレーをリベンジ | トップページ | いってらっしゃい!古川飛行士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウンが付くか:

« スープカレーをリベンジ | トップページ | いってらっしゃい!古川飛行士 »