« 困ったものだ | トップページ | 携帯電話内画像 »

コンビニ強盗

 こんばんは、チェスです。

 会社での昼休みには、デリバリーされたお弁当を食べながら、昼のNHKニュースを眺めているというか、聞き流しているのが日常なんですが、男性のアナウンサーによる全国ニュースが終了すると、女性アナウンサーによるローカルニュースに切り替わりますよね。

 で、このローカルニュースの常連ともいうような存在が、「コンビニ強盗」という奴です。

 事件として大した事がないので、全国ニュースに流れるようなものでは無い。

 何せ1件あたりの被害金額が数万円~せいぜい十万円程度で、余程のことがなければ怪我人などは発生しない事件ですから。ヘタすると店番に抵抗されて一円も取れずに未遂に終わっているという強盗もあるくらいです。

 本日(5月26日)昼のローカルニュースでも、神奈川県で連続して発生しているコンビニ強盗を伝えていました。なんでも覆面で顔を隠した3人組が刃物で店員を脅して金を取っているのですが、1件あたりの被害金額は上記の通り、せいぜい上限十万円くらい。
 犯人の動機としては、間違いなく「金」でしょう。ですからこの程度では成果はあまりに小さく、それで同じメンバーで他のコンビニを連続して襲うということになる。
 どうせ金を盗みたいなら、金融機関など大量にあるところを襲えば、何千万、あるいは億というお金が手に入るでしょうが、金融機関はそれなりに警備が厳重だ。だから侵入も難しいですよね。

 そこへいくとコンビニはお手軽です。買い物をする方も便利だけれど、金目当ての強盗犯にとってもターゲットとしてはお手軽ですよね。どうせ深夜の店番はアルバイト、腰抜けだから刃物をちょっと見せればすぐに金をだすだろう、というあたりか。
 昨今の警察は人員も足りず忙しいですから、こんなチンケな強盗を追う捜査官を割く余裕も無いのです。その辺が連中の狙いかもしれない。

 コンビニ側としては、自衛手段を講じるしかありませんね。強盗が来たら、レジからお金を出すフリして安全スイッチを押す。と、レジを含むカウンターから強化プラスチックのフェンスがせり上がり、強盗から店番とレジを隔離する、という防御カウンターはどうでしょうか。
 この厳しい経営環境の中、そんな余計な設備投資ができるか!と怒られそうですが、小さな悪でも許してはなりませんから、何か対策は打たないと。全部の店舗につけなくてもいいんですよ。1ヵ所か2ヵ所につけた店舗の様子を大々的にパブリシティーすれば、強盗側では「あそこも対策したかもしれない」と疑心暗鬼を生じると思いますよ。そうすれば抑止効果がありますよね。

|

« 困ったものだ | トップページ | 携帯電話内画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23103/51774498

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ強盗:

« 困ったものだ | トップページ | 携帯電話内画像 »