« トマトジュース | トップページ | GW予定決定! »

「だいち」電力低下

 こんばんは、チェスです。

 2006年の1月に打ち上げられたJAXAの陸域観測技術衛星ALOS=愛称「だいち」なんですが、JAXAからの22日の発表では、電圧が低下し、事実上の電源喪失状態になってしまったのだそうです。

 「だいち」は優れた光学センサーを有する地球観測衛星であり、地球上のどこでも、何か大災害が発生した際には緊急観測を実施して、当該地域へ観測データを提供するという国際貢献を果たしてきました。
 当然のことながら、今年3月11日の東北地方太平洋沖地震の発生直後も、大津波が襲来した東北地方の太平洋沿岸地域の観測を実施、迅速な被害状況の把握に役立てられたと考えられます。

 「だいち」の設計寿命は3年、目標寿命は5年だそうですから、今年1月過ぎには目標寿命を超えて運用されていたということになりますね。東日本を襲った大災害に際して、最後の力を振り絞って観測をしてくれていたと感じますね。
 小生はこの衛星のネーミング募集に応募して、「だいち」の名前を採用してもらった一人です。
 お疲れ様、と言わせていただきます。

|

« トマトジュース | トップページ | GW予定決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「だいち」電力低下:

« トマトジュース | トップページ | GW予定決定! »