« GW予定決定! | トップページ | 携帯ゲーム機 »

パン屋の喫煙

 こんばんは、チェスです。

 ヴィ・ド・フランスという大手ベーカリーカフェがございますでしょう。
 小生の住む綾瀬の駅の東改札側のほぼ正面にお店がある。そんな関係で、小生の家の朝食で食べるパンは大抵ここのパンです。

 Wikipediaの項目記事を読んでみましたら、元々は、何でも山崎製パンという押しも押されもせぬ大きなパンメーカーがフランスの製粉会社との技術導入契約によって、一事業部という形でスタートしたのだとか。それだもんで、こんな社名になっているのですね。今では独立した会社になっている(但し山崎製パンの完全子会社)。

 お店で買ったパンを、そのまま店内で食べることができる形式を「イートイン」と言いますが、ここもそうです。パンの好きな小生としては、ベーカリーレストランの「サンマルク」なども好きで、「サンマルク」のカフェなども見つけるとつい入ってしまいます。
 ところがね。
 このお店の「カフェ」のスペースには、実に驚くべきことに、灰皿が置かれています。喫煙ができるカフェなんですよ。カフェのスペースはとても広いとは言えませんから、分煙なんて言っても意味ありません。
 当初は迂闊なことに、喫煙ができるお店だと気が付かなかった。
 パンを食べていたら、タバコの煙が漂ってきて、物凄くムカつきました。

 お店が喫煙を許可していたのでは、喫煙者を非難するわけにもいかず、早々に退散し、その後はパンは買うものの、カフェには2度と入っていません。
 しかし、タバコを吸わない人間が泣き寝入りするという道理もなかろう、と思い、ヴィ・ド・フランスのウェブサイトを開けて閲覧してみました。喫煙に関する考え方については特に表明されてはいなかったものの、本社へのコンタクトを取ることができるメールアドレスが公開されていましたので、綾瀬店の喫煙状況についての改善を求めるメールを書いて出しました。企業の社会的責任とか、かなりウルサイことを書きました。

 忘れた頃に何か返って来るかな?とあまり期待もしてはいませんでしたが、驚いたことにはメールを出した日の翌日には、営業部で綾瀬店の店長をなさっているという方からの返信がありました。
 その内容は、綾瀬店の完全分煙化、あるいは禁煙化により改善を図ることを検討している、というもので、小生にとっては非常に有り難い回答でした。
 実は綾瀬店のカフェスペースは、そんなに広いものではありません。ですから、完全分煙化というのも厳しいかもしれませんが、仮に実現したならば、大いに利用するぞ、とそう思った次第です。どのくらいの期間で実現するかな?半年位で実現したら、これは凄いですよね。

|

« GW予定決定! | トップページ | 携帯ゲーム機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パン屋の喫煙:

« GW予定決定! | トップページ | 携帯ゲーム機 »