« ポイント中止だって・・ | トップページ | 夜中にクシャミ »

神経系

 こんばんは、チェスです。

 水泳の練習でお世話になっている「水夢王国」の練習会に行ってきました。
 今日は技術的に少し難しいことをやる「アドバンス」というコース。ではありますが、今日はパドルだとかシュノーケルだとかを使って、だいぶきつい練習をしました。
 普段、テレンコテレンコとしか泳いでいない小生にとっては、かなりきつかった。
 途中で勝手に休憩して、様子を見たりして脱落いたしました。

 ま、それはいいとして(良くないかもしれませんが)、面白かったのはコーチのお話です。

 我々人間には(人間だけではありませんが)身体の各部に必要な情報を伝達する神経系というものがあります。神経系は脳などの塊になっている「中枢神経系」と身体のあちこちに張り巡らされている「末梢神経系」とがあります。一般に我々が単に「神経」というときは「末梢神経系」のことを言うことが多いですね。

 末梢神経系には、自律神経として「交感神経」と「副交感神経」というのがあるのだそうです。
 それぞれ伝達物質が違って、交感神経の方はアドレナリン、ノルアドレナリン。副交感神経の方はアセチルコリンといったものが伝達物質。
 アドレナリン、という伝達物質を聞くと、ピンと来る方も多いでしょう。人間が「頑張る」時に大いに働くのが交感神経なんですね。仕事でもスポーツでも、やる気充分にするのが交感神経の仕事なんでしょうね。
 所が、20時~夜8時ですね、このあたりを境にして、副交感神経に主役が交代するのだそうで。
 副交感神経は、簡単乱暴に言ってしまえば「リラックス」させるのが仕事。
 だから、20時を過ぎたらあまり激しいスポーツとか、ハードな仕事とかしない方がよろしいと。

 感覚的に理解しやすいお話でしたね。

|

« ポイント中止だって・・ | トップページ | 夜中にクシャミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神経系:

« ポイント中止だって・・ | トップページ | 夜中にクシャミ »