« 未だ地震被害 | トップページ | 節電節電 »

モニター新調

 こんばんは、チェスです。

 ウチのカミさんの愛機「ダイナブック」はどうにもこうにも復調せず、「最早これまで」ということで買ったお店である家電量販店へ持ち込み修理を依頼することにいたしました。
 修理窓口で応対してくれたお兄さんは、失礼ながらいかにも「アキバ系」という感じの方でしたが、親切にその場での復旧を試みてくれ、あれこれと試してみたのですが、やはりこれはダメだ、という結論になり、それでも一旦はサルベージを諦めていた電子メールのデータと送信先、ネットブラウザの「お気に入り」ファイルを取り出すことに成功いたしました。

 地震の影響はパソコンのメーカーにも及んでいて、本日現在修理を受け付けてくれないメーカーもあるそうですが、東芝の場合には首都圏からの修理は千葉の工場で行っているそうなので、部品に在庫があれば対応可能だそうです。
 ただ、お店の長期保証で無償修理ということではなくて、1万円の免責があるので、残念ながら最低1万円は支払わないとならないようです。しかしまぁノートパソコンを1万円で買うのは無理ですから、被害は最小で済んだと思いましょう。

 ところで、元々買い替えを考えていながら「一応は映っているのだから」と我慢して使い続けてきた我がパソコンの液晶モニターは、今回の地震被害で色表示がおかしくなり、こちらも「最早これまで」と、カミさんのパソコンの修理依頼が終わった後、一旦昼食に出て、再びお店に戻りモニターを買うことに致しました。
 昔でしたら、あれこれと情報を集めて、メーカー信頼度とか色とか解像度とか、調査検討を繰り返したものですが、今や「安くて映ればいい」というひどい選択基準となり、しかしそうなると店先で並んでいる液晶モニターを見てもどれにすればいいか全く途方にくれますね。
 店員さんも、昔みたいにあれこれとお薦めを教えてくれないし・・
 困ってしまって、知っているメーカーの製品、ということでアイ・オー・データ機器の21.5型の古・・フルか・・HD対応ディスプレイというのを買ってきました。
 横に長い、ワイドタイプというのでしょうか。画面解像度を調節すると、右の方が少し余るのですよね。まそれでも、これまでのひどい状態のモニターに比較すればもう天国の如きシャープな表示環境になって、大変満足してます。

|

« 未だ地震被害 | トップページ | 節電節電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モニター新調:

« 未だ地震被害 | トップページ | 節電節電 »