« 御負け | トップページ | セール不発だった・・ »

ソーシャル・ネットワーク

 こんばんは、チェスです。

 折角の3連休というのに、その初日の金曜日は朝から雪が舞っている東京です。

 寒くてどこにも出かけたいという雰囲気ではありませんでしたが、映画の切符をネットで先行購入してしまったので、隣街の亀有まで昼前に出かけてきました。
 カミさんが観たいと言っていたその映画は「ソーシャル・ネットワーク」(原題は「The」がタイトルの頭に付きます)。

 何でも、「ビル・ゲイツに迫る男」とまで言われた「マーク・ザッカーバーグ」が立ち上げたSNSサイト「FACEBOOK」の話です。
 無論、映画ですから、そこは創作や脚色といった部分もあるのでしょうが、基本的には事実を元にしており、ザッカーバーグをはじめとして実名がそのまま登場しているわけです。
 ご本人が現役で活躍中なのですが、伝記的な映画と言えるのかもしれません。

 ソーシャル・ネットワークのシステムというのは、日本でも「ミクシィ」というのが隆盛を極めていますが、何しろインターネットの存在無しには有り得ないものです。
 こうした情報通信の分野は今や日進月歩の世の中ですから、例えば100年後にこうしたネットを使ったサービスがどのように評価されているのか、と思うと興味深いものもありますけれども、何せ今が旬のテーマですから、100年後と言わず、20年後であっても「古臭い」話になってしまっているのかもしれないな、と思ってしまいました。

 ま、しかし人間ドラマとして見れば、これはこれで充分面白い映画ではありました。

|

« 御負け | トップページ | セール不発だった・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャル・ネットワーク:

« 御負け | トップページ | セール不発だった・・ »