« プレートテクトニクス | トップページ | 八ツ橋 »

プレミアムな~

 こんばんは、チェスです。

 イメージとしては、どうもその、些か不健康な感じがするのでありますが、美味しいのでついつい食べてしまうお菓子がポテトチップスなんであります。
 お酒の好きなうちのカミさんなどは、お酒のおつまみとしてこいつを渡しておけば、いつの間にか一袋空になってしまうという具合ですが、殆どお酒を飲めない甘党の小生であっても、ポテトチップスは単独で食べてもついつい食べ過ぎてしまうという傾向のある困ったお菓子です。
 これを出しているお菓子のメーカーはいくつもあるのでしょうが、日本国内の大手としてはやはりカルビーと湖池屋が両巨頭ではありますまいか。小生の勝手なイメージですけれど、湖池屋=ポテトチップス界の老舗、カルビー=ポテトチップス界へは後発なれど今や席巻、と思っています。

 コンソメ味とかチーズ味とか、その他色々なフレーバーが出回っていますが、小生は「のり塩味」が一番好きですね。注意すべきは焼きソバと同様、前歯に青海苔が付着することでしょうか。
 ちなみにうちのカミさんは、更にシンプルな「うすしお味」が最もお気に入りです。

 で、先ごろ、小生がポテトチップスの老舗と思っている湖池屋から、「プレミアムのり塩」という新製品が登場(地域限定)したんですよ。湖池屋のサイトで商品説明を読むと、こんな感じに説明されていました。

 《「のり塩」のおいしさはそのままに、創業当時のじっくり丁寧に揚げる釜揚げ製法で仕上げたものが「プレミアムのり塩」です。厚く切ったじゃがいもを、手間を惜しまず揚げることで、じゃがいもの味はもちろん、食感やさまざまな形も楽しめる、プレミアムなのり塩に仕上げました。》

 英語の名詞でPremiumと言えば、割り増し金だとか、割り増し利率だとかそんな意味ですが、この場合には形容詞の方の上等な、という意味ですよね。サントリーのビールの「プレミアムモルツ」が有名です。それにしても、上記の説明を読んだだけで、なんと言いますか、直ちに買って味わいたい、という気分にさせてくれますね。「じっくり丁寧に揚げる釜揚げ製法」なんて、もういけません。捜索を始めませんとね。

|

« プレートテクトニクス | トップページ | 八ツ橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレミアムな~:

« プレートテクトニクス | トップページ | 八ツ橋 »