« 節分過ぎた | トップページ | マシンのみは飽きる »

COREDO日本橋

 こんばんは、チェスです。

 かつて、都営地下鉄浅草線の駅が「江戸橋」と言っていた頃、この駅から東西線や銀座線への乗り換え通路から直結していたのが「東急百貨店日本橋店」でした。
 さらに昔は、この地には「白木屋」という有名百貨店があったのですが、小生が物心付いた時には、既に東急百貨店になっていましたかね。
 東京の下町に住む人間にとって、「東急」という名前は、高級住宅地・名門・東京の西部を連想させる名前だったのです。が、ここの東急百貨店は案外と大衆的なイメージだったように記憶しています。

 お正月の「福袋」に凝っていた時期があり、この東急百貨店の福袋を買うために寒い中を並んだこともございます。

 ところが、営業成績が悪かったのか、白木屋以来の長い歴史もついに閉じられて、東急百貨店は閉店となり、デパートの建物自体も取り壊されました。

 跡地にできたのが、「COREDO日本橋」という複合商業ビルで、地下鉄通路から直結の地下1階には食料品スーパー、1階~3階は様々なテナントが入っていて、4階はレストラン街です。面白いことに5階には早稲田大学の大学院が入っています。更に上層階は商業オフィス階となっている様です。

 ただ、この様に建物も中も一新されたにもかかわらず、どうもこのCOREDO日本橋のテナント階も営業的にはあまりぱっとしないらしい。
 今日はたまたま、カミさんが日本橋で東西線から銀座線に乗り換える時に、小生が荷物を受け取るということになり、丁度お昼を回った時間帯だったので、COREDO日本橋に入ってみることにしました。

 地下のスーパーは、地下フロアなのに天井が高くて開放的な作りです。
 エレベータで4階に上がり、和食の「おはし」というお店で定食を食べましたが、和食のお店だけあってご飯が美味しかった。
 ただ、土曜日の昼過ぎという時間帯にもかかわらず、お客さんの入り・活気という点ではイマイチかなぁという印象でした。何となく寂しいのです。決してお客さんがいないということは無いのですがね。
 この界隈は、日本橋三越本店という老舗デパートがあるのですが、他はどちらかというとビジネス街という顔の街で、商業的には少し苦しいのかもしれません。

|

« 節分過ぎた | トップページ | マシンのみは飽きる »

コメント

私も、東急日本橋店の時に何度か立ち寄ったことがありますが、あまりパッとしない店舗でしたね。以前、半蔵門線が三越前駅までの時、東急の電車が「三越前」と三越ま宣伝をするようになっていて・・・。駅や車内アナウンスは、東急日本橋店のライバル三越の宣伝をすることに抵抗があるのか東急線内では「半蔵門線直通電車」といい、あえて三越前・・・とは言わない・・・ということを思い出しました。三越で比べるほどの店ではなかったのでは・・・と感じていましたが。
コレド内のスーパーのプレッセは東急ストアの名前を買えただけの店なので、綾瀬の東急ストアと売っているものは同じです。あんな場所で繁盛しているのか・・・不思議なところです。

投稿: AA | 2011.02.06 16:51

>AAさん

 確かに、かつての東急百貨店日本橋店は、どうも各フロアの天井が低い様な気がして、内装もいまいちセンスが宜しくなかった気がします。
 が、建物内装が一新されたCOREDO日本橋においても、どうもお客さんの入りがいまいちなのを見てみると、日本橋という立地が決定的に悪い・・のかもしれませんね。

投稿: チェス | 2011.02.06 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: COREDO日本橋:

« 節分過ぎた | トップページ | マシンのみは飽きる »