« 阪急電車 有川 浩 | トップページ | 柚子湯に浸かる »

バイクから・・

 こんばんは、チェスです。

 つい、今朝がたの事です。
 出勤途中、最寄の駅を降りて、会社へ向けて歩いていた時、赤信号で立ち止まると、道路の反対側から何やら音楽が聞こえてきました。
 思わずそちらを見やると、えらくシルバー色系統に飾り立てられていた大きなバイクが信号待ちで停車していて、どうも音源はそのバイクの様でした。

 音楽は、トリノ五輪で荒川静香さんが女子フィギュアスケート金メダルを取った時の曲、オペラ「トゥーランドット」の中の有名なアリアです。
 音楽は中々に素晴らしいのだけれど・・どうも音量がね。
 バイクを運転するわけですから、ヘルメットをかぶっていますよね。その状態で、バイクに備え付けのオーディオで音楽を聴こうとすれば、それは当然、かなりの音量になりますよね。
 私同様に、「どこからの音楽だろう」と音源を目で追っていた歩行者が他にもいましたから、尋常とは言えない音量だということはお分かりいただけると思います。「クラシックを流しているやや控えめな街宣車」とでも表現すればいいか。
 バイクも、相当に大きい。排気量の大きなエンジンのバイク、という意味ではなくて、素人目に「大きなバイクだなぁ」と思えるような奴。こちらも例えるなら「日本人レスラーが小柄に見えるほど大きな外国人プロレスラー」とでも表現するか。小生は四輪に比べると、二輪については無きに等しい知識なので、あれはひょっとすると「ビッグなスクーター」という奴だったかもしれません。なんだか乗車姿勢が偉そうだったので。

 ましかし、早朝深夜、大音量で音楽をかけても、車室内だったらそれほど周辺に迷惑をかけないでしょうが、バイク装備のスピーカーから流されるとこれはマズいですよね。ライダーの皆さんは運転中音楽を聴きたい、という場合、スピーカー装備のヘルメットを使われるのではないですかね?
 最近は、「ゴッドファーザー愛のテーマ」が高らかに鳴り響く暴走族というのをあまり見なくなりましたが、今は高級オーディオ強制聴かせ~の方向なのかしらん。

|

« 阪急電車 有川 浩 | トップページ | 柚子湯に浸かる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクから・・:

« 阪急電車 有川 浩 | トップページ | 柚子湯に浸かる »