« 牛丼店は何故多い | トップページ | 左ヒラメに右カレイ »

「超」つければ良いってもんでも・・

 こんばんは、チェスです。

 昼休みの暇つぶしに、読売新聞社の女性向け掲示板「発言小町」を眺めていたんですよ。

 そうしたら、レス数ランキングの上位に、こんなのがありましてね。

 まだきっと上位にいるでしょうから、面白そうと思った方はご覧下さい。(超駄)トピらしいです。
 このトピ主さんは、女性誌の中吊り広告を見て、「ムズムズする省略語」を挙げていらっしゃったのですが、小生の如きおっさん世代になりますと、若い方々の話言葉に「それはどんな日本語ですか?」と訊きたくなる奴が多いですな。

 挙げればキリがないけど、最も強く感じるのは、何でもかんでも「超」を頭につける言葉。
ちょーキモイ。
ちょーヤバい。
ちょーかわいい。

 これの活用形で、語尾に「ね」がつくのも多い用法でありますね。
ちょーキモクね?
ちょーヤバくね?
ちょーかわいくね?
 いずれも、疑問形だけど、たぶんはっきりと訊いているわけではないんですよね。おそらく。

 このあたりの話言葉は、さすがにおっさんは恥ずかしくて使えないな。
 使っていたら、
「あのオヤジ、ちょーキモクね?」と言われそうだから。

|

« 牛丼店は何故多い | トップページ | 左ヒラメに右カレイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「超」つければ良いってもんでも・・:

« 牛丼店は何故多い | トップページ | 左ヒラメに右カレイ »