« 気温激変 | トップページ | 信用できない »

歩行者軽視

 こんばんは、チェスです。

 今日の東京は、忙しいお天気の土曜日でした。
 朝起きた時には、風雨強く、こいつは明らかに台風の影響かと思われました。
 半年に1回の、脳神経外科の検査を受けるために、JR秋葉原で降りて病院へ行くと、驚いたことに「本日休診」の札が出ています。実はこの病院、新築工事中で、入院棟は既に完成しており、今回は外来棟が完成し、古い建物から完成した新外来棟への引越し作業が行われている最中だとか。

 ではありますが、こちらも約半年前に折角日時を予約してもらっているのですし、検査といっても採血をしてもらうだけですから、何とかして貰えるのではないかと「救急外来」へ行ってこれこれだと話した所、幸い救急外来の方で採血してくれることになりました。

 ということで、どうやら午前中で用事は終了し、綾瀬へは正午に戻ることができました。その頃には雲はどんどん切れて、太陽と青空が広がってきて、「雨のち快晴」というお天気。

 いつもの「はじめてステップ」には出られなかったものの、スポーツクラブでマシントレーニング。

 しかし、何といいますかねえ。歩行者を軽視する自動車のドライバーが多いな。

 別に東京のドライバーがみんな運転マナーが悪いとかいうことではなくて、たまたま今日はツイていなかっただけだと思うけれども、小生が青信号で横断歩道を横断中なのに、その直前を猛烈な勢いで右折してくる自動車があります。左折車はもう少し余裕があるというか、横断中の歩行者を待ってくれることが多いのですが、右折車は、対向車線の直進車が気になるのか、対向車線の車が途切れると見るや凄い勢いで右折してきます。これは結構怖い。

 一番歩行者軽視だ、と思うのは、信号の無い横断歩道ですね。

 それなりに自動車が走っている、対向1車線づつの道路で、横断歩道を横断しようと思っていても、まず停車してくれる自動車はありませんね。確か、横断歩道を横断しようとしている歩行者がいる場合には、自動車は停車しなくてはいけないのではありませんでしたっけ?
 ま、小生が自動車のドライバー側であったとき、停まっているかな?と思うとちょっと自信はないですけど、できるだけ停まらなくてはね。

|

« 気温激変 | トップページ | 信用できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩行者軽視:

« 気温激変 | トップページ | 信用できない »