« 滞在可能時間は(駄) | トップページ | 洗顔フォーム?!(駄) »

セミは中々にタフ

 こんばんは、チェスです。

 今日は広島の原爆投下日で、明日はもう立秋。秋が立つ、これから秋といわれても、まだまだ暑い日は続きますね。

 この記事でも夏になると大抵書いてきたと記憶していますが、夏の記憶は小生の場合なんと言ってもセミですね。東京の如き大都会でも、これだけ鳴き声に特徴のあるこの昆虫は本当にタフというか、日常的に見かけます。
 ウチのカミさんは、セミが大嫌いで、我が家のアパートのヴェランダの庇・・・という表現はおかしいのでしょうが、要するに上の12階との境目ですね、そのあたりに、セミが止まって休息していると、結構目ざとく見つけて、

「あんなとこにセミ野郎がいるから、あれを何とかして~」

と騒ぐわけです。何とかして、と言ったって、あんな高い場所で手は届かないし、人間が外へ乗り出せば危ないしで、ま、奴は休んでいるだけだからそのうちにどっかへ行くよ、と言っても聞かない。
 仕方がない、何か長い棒でも見つけて、それでつついて飛んでいってもらうか、と掃除機の吸い込みが付いているパイプを持ってつつくと、何処かへと出立してくれました。

 大体セミというのは、幼虫時代は地中に何年も生きているけど、外に出ると1週間くらいしか生きられないのだから、いじめてはかわいそうだ、と言ってもやはり嫌いな人には関係ありませんね。
 ただ、本当のところは成虫でも1ヵ月くらいの寿命はあるらしい(Wikipedia)のですけれどもね。

 それにしても、都会でも毎年夏になるときちんと出てきて、ジージー鳴いているセミというのは本当にタフだ。幼虫が何年も生活するという土の地面は、そんなには無さそうなんですけれどもね。

|

« 滞在可能時間は(駄) | トップページ | 洗顔フォーム?!(駄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セミは中々にタフ:

« 滞在可能時間は(駄) | トップページ | 洗顔フォーム?!(駄) »