« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

締め切りだと~

 こんばんは、チェスです。

 地元と言っても良い(お隣の駅だから)所で開催されるため、毎年参加していたマラソン大会「日本タートルマラソン大会」に、今年は出られなくなってしまいました。
 今年の開催は、10月17日。なので、そろそろ、とrunnetを調べてみると、とうの昔にエントリーは締め切られておりました。

 当初のエントリーの締切日は、8月20日で、10日ほど以前。ところがこれでさえも、アテにはならなかったのですね。
 募集定員に達したため、7月13日に締め切られてしまっていたのであります。
 実際の締切日より、更に1ヵ月以上前ですよね。

 ま、確かに、昨年参加した時、「なんだか毎年毎年、参加人数が多くなってくるなぁ~」とは思っていたのですが、それにしても凄い。

 マラソン、そんなにブームになっているのですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グループ?

 こんばんは、チェスです。

 民主党の代表選挙、小沢一郎氏が立候補の表明をしたとかで、俄かにそちらのニュースが盛り上がってきましたねぇ。小生としては、もうちょっと菅総理にやらせてみたらどうなの?なんぼなんでも3ヵ月で色々結果出せって方が無理では?と思うのですが、菅総理が誕生した時に、小沢一派の影響力を排除した人事を行ったことで、どうも民主党内は色々抗争があるのでしょうね。

 で、小生うっかり、「小沢一派」とか書いてしまいましたが、これではヤの字のつく人たちみたいなので・・マスメディアでは「小沢グループ」と報道していますね。

 かつて、「55年体制」がスタートしてから、「歴史的政権交代」で政権を明け渡すまで(一時的に例外はあったにせよ)自民党は「党利党略 派利派略」の政治などと言われて久しかったです。自民党という長期政権の中、その内部は大小さまざまな派閥がそれこそ内部抗争を繰り広げてきたことは周知だと思います。
 誰を親分とするかによって、自民党の議員諸氏は、「佐藤派」「鈴木派」「田中派」などと色分けされていて、この派閥による締め付けは絶対だったのでしょう。

 ところがどうも、今の政権与党の民主党の場合には、小沢派とか、菅派、とはっきり区別するほど、明確な派閥というものは無いらしい。無いらしいのではあるけれども、しかしやっぱり今回の如き党の代表選挙ともなれば、党を二分する戦いになるため、結局のところ派閥の如きものがあると思った方がわかりやすいのではあるまいか、と思うのですが、どうなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリトヴィッツェだ、懐かしい

 こんばんは、チェスです。

 野村不動産が発売しているマンションのブランド「プラウド」のテレビCM、既にご覧になった方は多いかと思います。世界各地の美しい風景を、ソロヴァイオリンのメロディーに乗せて流す、あのCMなんですが、2010年8月29日現在、流れているCMのロケ地は、新婚旅行で行ってきたクロアチア共和国の「プリトヴィッツェ湖群国立公園」ですね。

 2年ちょっと前なので、懐かしい、というには最近なのですが、それにしてもテレビの画面であの美しいたくさんの湖と滝に再会しますと、嬉しいような懐かしいような気がします。

 クロアチアに着いて、3日目。

 首都のザグレブから、高速道路を経由して走るバスに乗って、2時間半位でしたでしょうか。3時間はかからなかったかな。ザグレブは小雨が降っていて、プリトヴィッツェ国立公園に着いても未だお天気の方はいまいちで、曇り。時折陽が差すものの、小雨もぱらつくというお天気でした。

 が、この国立公園の、多くの湖と滝とが作る光景は、本当に美しかったですよ。

 世界自然遺産にも登録されているこの国立公園は、クロアチアがユーゴスラヴィア連邦から独立する時のクロアチア紛争で、大きな被害を蒙り、ユネスコから一時は登録を抹消される可能性があったそうです。独立紛争の係争地だったのですね。

 でも、我々が訪れた2008年の春には、そんな紛争があった地であったとはとても思えない、静かで良く管理された、世界自然遺産に相応しい国立公園でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原デパートは・・

 こんばんは、チェスです。

 弟の誕生日は9月に入ってからなのですが、前倒しで誕生日の食事会をすることにしました。
 肉が好きな彼のために、どこがいいかと探したのですが、鳥越から近くていいか、と秋葉原の「肉の万世」の万世本店にしました。
 このお店はビルの中が全て万世関係のレストランなのですが、フロアによって少しずつ性格がちがうみたいです。無難に4階の洋食店に入り、ハンバーグやらステーキやらを食べました。

 ところで、久しぶりに秋葉原駅で降りたのですが、かつてこの駅に入っていた「秋葉原デパート」は新しい駅ビルとなって近いうちに復活する様です。残念ながら名称は「秋葉原アトレ1」ということになるらしいですが。
 歴史と伝統をもっていた秋葉原デパートでしたから、新しい駅ビルになっても「秋葉原デパート」として復活して欲しかったですが。

 ま、でも今時「○○デパート」という名前はないかもなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半袖は・・?

 こんばんは、チェスです。

 相変わらず、暑い日が続いている東京でございます。例年ですと、8月も終わりなので朝晩は少し涼しい風が吹くのかなぁと思うのですが、まだまだ。

 以前の記事にも書きましたが、小生の勤務先は「クールビズ」実施の会社なので、9月一杯はノーネクタイ、上着無しの服装で出勤・執務オーケーです。
 どうもこのごろは、クールビズはすっかり定着したらしく、通勤の電車に乗ってもきちんとネクタイを締めている男性は珍しいほどになりました。
 政府が省エネのために言い出したことだと思いますけれど、日本の夏は厳しく蒸し暑いですから、ネクタイも上着も無しというのは、誠に合理的だと思いますね。

 で、今は小生は半袖のワイシャツですとか、ボタンダウンシャツを着て会社へ行っている訳です。

 そりゃ、長袖の普通のワイシャツよりは涼しいですから。

 ところが、ネクタイ締めている人は確かに殆ど見かけませんが、長袖のワイシャツ姿、という男性は、これは結構いるんです。でもって、面白いのは、その長袖を肘の上の辺りまで折り上げていて、半袖状にして着ている。
 そんな風にして着るくらいなら、最初から半袖を着ればいいのではないか?と思いますよねぇ。
 なんだって、あんな不合理な着方をしているのか?

 以下の様な理由を思いつきました。

・クールビズと言いつつ、会社のオフィスはかなり冷房の設定温度が低い。それがために、半袖では寒く、会社へ着くと折っていた袖を伸ばして長袖にして着ている。
・半袖のワイシャツというのは、イメージ的にカジュアルに過ぎる。例えて言うなら「開襟シャツ」の如きであって、仕事着としてはちょっとそぐわない。ワイシャツは長袖が正しい。

 なんていうところかな、と勝手に考えてみました。
 どうでもよさそうな事で、すみません。でも「半袖ワイシャツ」を頑なに着ない人、おられますでしょ。ちょっと理由を訊いてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メールマガジン

 こんばんは、チェスです。

 ネットの媒体には、ウェブサイトを始めとして、本当に色々ありますよね。最近の流行は、この間ちょろっと書いたツイッターという奴か。
 電子メール~Eメールと言った方が通りが良いか、は、パソコンでは仕事で使われる方が多く、携帯電話でやり取りするメールは、殆どがプライヴェートなもの、という方が多いかな。
 ある特定多数のメンバーにて情報を共有したい、なんていう時には「メーリングリスト」というツールもありますが、こいつは今はそれほど流行ってはいないのでしょうかね。例えば趣味のサークルとか、学校の同窓会などの連絡には便利だと思いますが。

 自分のメールアドレスを登録しておけば、あちらから欠かさずメールという形式で情報が送られてくる、というメールマガジンというのもあります。ネットが生活の一部になっている現代社会において、メールのチェックというのは欠かせません。ですので、自分に興味のあるテーマに関して、一定の頻度でメールが来るというのはそれなりに便利な媒体だと思います。ウェブサイトやブログを閲覧しに行く、というのも同じ様な動機によると思いますが、それはこちらからのアクションが必要ですよね。ブラウザの「お気に入り」がたくさんになりすぎて、整理が必要な程になってしまっている(小生もそれに近い)と、いつの間にかチェックを忘れてしまっているサイトというのもあります。「デスクトップの整理機能」の様に、ブラウザにも「一定期間クリックの無いお気に入りを整理しますよ」なんていうのがあってもいいかもしれない。
 もうかなり昔の話になってしまいますが、小泉元総理の頃、内閣のメールマガジンというのが週刊で発行されるようになり、毎週読んでいました。ですが反面、内閣府のウェブサイトというのは余程のことがなければ閲覧しませんから、メールマガジンというのは使い方によってはうまい媒体だと思います。

 まぐまぐという会社がありまして、このメールマガジンを専門に発行する会社なんですね。

 で、それこそ、星の数ほどメールマガジンは発行されているわけです。アドレスを登録しておけば、まぐまぐからもニュースとか、様々なテーマ別にメールマガジンが届きます。読者数の多い人気のメルマガとか、新しく発行の始まったメルマガが紹介されているので、それを見て、面白そうだと思ったら登録する。
 が、一般の方が始める、まぁ自分の趣味が高じて、という奴でしょうが、そういったメルマガは、その多くが長続きしませんね。残念ながら。半年も配信されていれば、まあ良いほうで、あれ、そういえばあのメルマガは最近配信されてないけど、どうしたかな~と思って、受信トレイで振り分けているフォルダーを見ると、数ヶ月前からぷっつりと配信が無い。まぐまぐの場合には、確か半年配信が無いと、「メルマガ休刊のお知らせ」が来ます。発行者の都合となっていますが、ネタ切れだとか、飽きてしまったとか、本業が忙しくなって時間が取れなくなって、とか色々理由はあるのでしょうが、本当に続かないメルマガが多いです。

 例えば週に1回でも、メルマガを継続して刊行するのは大変なことなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだあるんですね

 こんばんは、チェスです。

 昼休みにYahoo! japan のニュースを眺めていましたら、こんなニュースがありましてね。

 綾瀬の駅の周辺にも、何軒ものパチンコ屋さんがありますが、最近の人気はどうなのでしょうかね。
 この頃は、新しいパチンコ台が出ると、パチンコ機メーカーがテレビCMを流したりしていますよね。
 昔はパチンコ台のテレビCMなんて、考えられませんでしたけどねぇ。

 パチンコ関係の記事は時折書かせていただきましたが、小生がパチンコから足を洗って久しいので、最近のパチンコ業界の景気も良く知らないのです。
 でも、小生が週末になるとパチンコ屋さんへ出撃していた頃から、何やら怪しい「パチンコ必勝法」の詐欺事件はあったと思うな。
 小生がパチンコを打っていた時期は、丁度セブン機といって盤面のデジタル数字が揃えば大当たりで苦労なくドル箱1つ分出せる機械がデビューした頃でした。これは大変に画期的な機械で、その後に登場した数々のパチンコ機は、はっきり言えば全てこの機種の亜流に過ぎません。
 が、そのためか、パチンコというのが「娯楽」から急速に「ギャンブル」になったと言えるでしょうね。
 簡単に大金を掏ってしまうギャンブルになってしまった。だから、「必勝法」の詐欺商法が付け入る隙がでてきたという訳でしょう。

 冷静に考えれば、ギャンブルに「必勝法」があれば、最早それは「ギャンブル」とは言えないのです。
 不確定な未来に対して、何らかの決定をするのがギャンブルなんですからね。仮にですよ、必勝法とは言えないまでも、何かシステム的な弱点があって(パチンコの機械だって所詮は人間が作るものだから)そこを衝くことで勝率を上げることが可能だ、というものを見つけたとする。もし、そんなものを見つけたとしたら、それは商売にするより、自分だけでこっそり静かに目立たないように稼ぐのが、一番の方法ですよ。
 商売にしたら、たちどころにパチンコ屋とかメーカーに対策されてしまいます。

 しかし、いつの世でも「一攫千金」というのを夢見てしまうのが人間というものなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

補給来る

 こんばんは、チェスです。

 1週間後、来週の火曜日は8月31日。夏休みが8月一杯という小中学生の皆さんは、何回も書かせていただいていますけれども、本当にここらで宿題を頑張らないと、来週の今頃は泣きべそをかかなくてはいけなくなりますよ。ましかし、こんなブログを読んで下さる小中学生さまというのもおられないでしょうかね。
 お子様に、小中学生がいらっしゃるというご両親さまなら、このブログを読んでいただいているかもしれないな。「宿題、大丈夫か?」と一言、訊いてあげてくださいな。

 小生の場合には、中学生になったばかりの中学1年の夏休み。確か臨海学校などへも行って、大変楽しい夏休みだったにもかかわらず、大量に出されていた英語の宿題が片付きませんでした。
 そのまま学校へ行き、2学期最初の英語の授業で、宿題未了のお仲間が割合たくさんいた事が判明したのは慰めにはなりましたが、授業が終わっても学校に居残って英語の宿題をやらされました。そういうことは結構良く記憶しているもんです。

 話はがらっと変わって。

 中公のノヴェルズ「C★NOVELS」の8月の新刊に、とうとう補給がある旨の告知がありました。
 補給~谷甲州先生の「覇者の戦塵シリーズ」の最新刊ですよ!(今回の副題は「マリアナ機動戦3」)
 明日、8月25日発売予定で、中公のホームページを見ても「発売延期のお知らせ」などはありませんから、もう大丈夫でしょう。大丈夫どころか、東京の大きな書店では、1日くらいはフライングで平積み販売になっているやもしれません。

 前回の補給があったのは、確か3月だったよな~とすると、僅か、僅か5ヵ月後の補給だよ~(感涙)

 小生が今「夏休み中の小中学生」ではなくて、本当に良かった。夏休みの宿題はとりあえずほっぽっておいて、補給物資を一日でも早く受領できるように、大型書店を回って索敵に努めるでしょうから。
 新型艦戦の「紫電改」がどんな活躍をみせるのか、いよいよ米軍はマリアナへ押し寄せてくるのか、例の大佐はやる気満々か?読む前から楽しみは尽きません!すると宿題は、大量に新学期へ持ち越しだ。

追記 C★NOVELS編集部からのメールマガジンが、「マリアナ機動戦3」は8月30日刊行になりました、と伝えていました。ううーん、残念。明日は大石先生の「半島有事」を買うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保冷材で・・

 こんばんは、チェスです。

 人気芸人の一人でオードリーの春日さんという方がいらっしゃいますよね。ピンク色のベストをいつも着ている。本当かどうかは知りませんが、彼はこれだけ売れっ子になっている現在でも、家賃の安いアパートの部屋に住み、節約生活をしているのだとか。

 で、この暑さです。

 夜になっても気温が下がらず、寝苦しいですよね。さすがのケチの小生でも、タイマー付けてエアコンで涼みつつ寝ています。
 ところが、上記の春日氏は、節約生活でエアコンをつけないで寝ているそうな。
 エアコンの代わりに「保冷材」を、首筋とか脇の下とか足の付け根といったリンパ節が出ているところにあてて、それでもって体温を下げているとか、何かで読みました。但し、素人さんがこれをやると冷たすぎるので、保冷材をタオルなどで包んで緩やかに冷やすこと、などと注意書きがありましたけれども。

 これで思い出しましたが、下垂体腫瘍の手術で入院した時、熱が出てしまったら、水を凍らせたペットボトルをタオルで包んだ奴を2つ看護師さんが持ってきて、こいつを脇の下に挟んでおけ、と言われたことがあります。水枕より早く熱を下げることができるそうです。考えてみると春日氏の方法はこれですね。

 カミさんが友人からいただいた、ネコの形の枕があるんですよね。ネコのお腹の部分に、凍らせた保冷材を入れて、氷枕の様にして使うらしい。

 このネコを思い出して、昨晩使ってみました。
 頭を乗せると、確かに涼しい、が、すぐに冷たくなってきます。どうも冷た過ぎです。冷た過ぎて、眠れません。で、夜明け頃、エアコンのタイマーが切れて暑くて目が覚める頃になると、ネコの中の保冷材は既にすっかり暖まって保冷効果が無くなってしまっています。どうもあまり役に立ってくれないネコです。慣れれば快適かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不審な荷物

 こんばんは、チェスです。

 8月も、残り10日になりました。関東から北の学校は、もう既に2学期が始まっているかもしれませんが、東京の小学校は未だ夏休み、但し、だいぶ残り少なくなりましたから、未だ夏休み中の小学生諸君(とそのご両親様)は、そろそろ9月1日から逆算して、夏休みの宿題を片付けていかないといけませんよ。

 ところで、日曜日の今日、午前中に宅配便の配達がありました。

 1件はカミさんが注文していた品物の配達で、これは把握していたものですから、問題は無かったのですが、今1件はカミさん宛ではあったものの、

-こんなの、心当たりが無い。

 という、何やら不審な荷物。

 もう10年位前のことですが、何やら極めて安いハンドグリップの様なものを送り付けて、後から請求書を送りつけ、「送りつけ詐欺」の如きものが流行ったことがありました。
 どうもそんなことが頭を過ぎり、どうもこの不審な荷物は受け取りを拒否して、引き上げてもらった方が良いのではないか、と、宅配便会社へ引き上げを依頼。

 午後、早くも引き上げてくれましたので、取り敢えずは一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこが不景気?

 こんばんは、チェスです。

 昨日、カミさんと行ってきた麻布十番納涼まつりですが、初日の金曜日だったにもかかわらず、本当に凄い人出でした。夜店や、全国うまいもの自慢が出ているメインストリートなど、夜7時を過ぎると動きが取れなくなってしまいます。これでは迷子も出るだろうなと思う混雑でした。

 ここの納涼まつりがこれだけ人気を集めているなら、他でも同じ様な試みをしたらいいのではないか、と単純に思いました。特別、麻布十番納涼まつりでないと無い、という特別なものは無い様に思うのですが、これだけの人気なのです。うまいこと企画すれば、柳の下に次の泥鰌がいそうです。

 今日は、カミさんの誕生日のプレゼントを買いに、銀座の百貨店で彼女と待ち合わせたのです。

 本来ならカミさんの誕生日は、明日の日曜日なのですが、土曜日の夜の方がゆっくりできるという事で、今日夕ご飯を食べました。代官山という、東京の東方に住んでいる人間にとってはセレブ的な香りのする方へ行くため、「お洒落をして来い」という指令があったため、愛用しているヨーカドーの紳士服売り場で夏物一掃処分のボタンダウンシャツを一枚買って着て行きました。元々安い値札の上に、レジで更に3割引という激安を買ったのであります。(元々小生は、着るものは「ユニクロ」か「コナカ」で充分という人間です。)

 ところが、待ち合わせ時間より早く着いてしまったので、時間つぶしに百貨店の中をうろつきまわったのですが、百貨店の品物は何でも吃驚するほどお高い値札。
 それでも、ヨーカドー(の紳士服フロア)よりは軽く10倍はお客さんがいるのです。
 いったいこの状況を見て、どこがこの国は不景気なのだろうか、と思ったものです。

 本当に不景気なら、安い方へと流れるのではなかろうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手ぶら出社

 こんばんは、チェスです。

 毎年、うちのカミさんが何やら楽しみにしている「麻布十番納涼祭り」の開催日が今年も来ました。
 本日の金曜日~日曜日までの3日間なんですが、今週末は土日と(カミさんに)予定があるため、
「金曜日にお祭りに行こうよ」
 とのお誘いがありました。

 実はこの、麻布十番のお祭り、年々人気が出てきて、人出がすごいことになっています。
 そりゃもう、半端ではなく混雑しています。
 ウチのカミさんは小柄なので、人込みではぐれてしまうと、探すのが大変です。
 はぐれないようにしっかり手を繋いでいたら、いつの間にか他の人の手だったりして・・というくらい、人が多いです。

 土日のどちらかに行くなら、軽装で行けますが、金曜日の夕方ということは会社が終わった後だ。
 そうすると、通勤鞄を持って行かないといけなくなる。
 そいつはできれば避けたいです。あの混雑の中、鞄を持って、何か買って食べたりは想像するだに大変だし、買い食いの楽しさが半減以上です。なら、どうする?
 鞄を会社のロッカーに置いて退社する、というテもありますが、大事なものが結構入っている鞄ですから、会社のロッカーに週末置きっぱなしというのもちょっとまずい。

 それでいっそのこと、今日に限っては鞄は無しで、手ぶらで出社することにしました。

 何も持たずに家を出ると、最初は少し不安というか手持ち無沙汰というか、そんな感じがしましたが、そのうちに「両手に何も持っていない」という爽快感の方が大きくなりました。
 見ていると、男性の多くは、現在小生が使っているような肩掛けタイプのビジネスバッグを持っているか肩にかけていますね。以前の記事に書きました様に、「セカンドバッグ」というものは殆ど絶滅寸前ではないかと思えるほど、持っている人は見られません。
 また、意外にも今日の小生の如く「手ぶら」というのもいないもんですね。
 駅売りの朝刊をキオスクで買って、電車で読む、などという習慣の方は、新聞を入れる大きさのバグは欲しい。小生も電車の中で読書の習慣がありますから、今日は読むものが無くて寂しかったです。
 何も読むものが無くて電車に乗ると、目のやり場に困る、ということもありますしね。

 そうは言っても、やはりこの軽快な感じというのは、時々は良いもんだな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイピング

 こんばんは、チェスです。

 猛暑が続いて参りかけていたところ、今朝の東京は曇り空で、これまでの暴力的な暑さからは一息、という気温でした。天気予報では、今日は雨が降るから、傘を持って出かけるように、などと言っていたけれども、夕方まではどうもその雨は無し。

 所で、日本語の入力ディバイスとして、あの携帯電話機というのは結構それなりに優れたシロモノなのではあるまいか、と最近考えています。
 どこぞの携帯電話機メーカーさんが、日本語の入力方法によってタイプの異なるボタンを用意した電話機モデルを発売した・・かに記憶していますが。
 小生なぞは、あの小さなボタンで、テンキーのみでもって、漢字カナ混じりの正調日本語と、アルファベットも当然数字も、様々な絵文字も、アニメーションまで入力してしまう、というのは驚異でしかなかったのですが、こういう技を中学生~高校生あたりは、凄いスピードでやってのけてしまうんですね。
 おそらくその辺は、「習熟」即ち数打つことによる慣れの割合が大きいのだろうけれど、そうした携帯電話機による日本語入力のプロ達は、ボタンを見ないで画面だけを見て入力できているものなのでしょうか?

 パソコンの場合、キーボードからの日本語入力は、これは圧倒的に「ローマ字入力」という方式が幅をきかせているのですが、キーボードにはカナがふられているにも関わらず、カナ入力をする人が極く少数派であるのは、カナ入力をしようとすれば、覚えなくてはいけないキーが4列になって、大変だからですね。
 でも、カナ入力なら、1回の打鍵で一文字が入力できますから、スピードの面で有利な様にも思えます。
 その辺を改良したのが「日本語親指シフトキーボード」というものらしいですが、これはどうも普及しなかったみたいです。
 結局、パソコンでは昔っからのキーボードを使って、ローマ字入力で日本語を打つというのが標準的なのでありましょう。小生は、ワープロ専用機が幅を利かせていた頃に、タイピングをワープロで練習したので、手元を見ないで日本語を入力することができますが、最近パソコンを使いだした方々のタイピングを拝見すると、皆さん我流というのか、右手のみ大活躍というか、かなり無理な打ち方をされておられる方が多いです。
 携帯電話の日本語入力のプロが社会人になって、パソコンに向かうことになった時には、キーボードからのタイピングよりも携帯電話のボタン打ちの方が、日本語入力が速かったりしてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再びOAZO

 こんばんは、チェスです。

 例の「はやぶさ」のカプセル展示ですが、ヒートシールドとカプセル本体の展示は、15日(日)・16日(月)で終了してはいるのですが、17日~19日にはカプセルへの搭載電子機器が展示されているとの由。
 ちょっと意外ではあったのですが、ウチのカミさんが、「私もカプセルを見てみたい」と言い出し、昨日の火曜日、仕事帰りに丸の内OAZOへ寄ってみるのだとか。
 最早カプセル本体の展示は終わってしまっていて、搭載電子機器を見たところで、さして面白いものでもなかろう、と内心では思ったのですが、彼女がせっかく「はやぶさ」に興味を示してくれたのは、「はやぶさ2」計画へ理解をしてくれる納税者を増やすためにも良い傾向である、と思い直して、

-そんなら、会社を定時退社して、オレもOAZOへ行くよ。

 と言って、昨日の夕方は定時退社して再び丸の内OAZOへ行ってみました。
 OAZOの中では、月曜日の朝と同じ様に4列の行列ができていました。
 行列の人たちを見ていくと、カミさんの顔を発見しました。彼女も小生を見つけて手を振っていたので、

-丸善にいるよ~

 と声をかけて、OAZOの中にある丸善に入って、「はやぶさ」の特設コーナーを眺めました。ついつい、平積みになっていた「はやぶさの大冒険」を買ってしまいましたが。
 丸善を出て、下りエスカレータでJAXAiに出て、下の行列を見ると、カミさんが丁度展示室へ入っていくところでありました。
 彼女が出てきたので、2人でJAXAiを見学すると、昨日売っていた「はやぶさ」のTシャツは既に無く、売り切れてしまったのかもしれません。
 レストランのフロアに「はやぶさ」のミニギャラリーがあり、絵画や写真が飾られていたので、これも眺め、「つばめキッチン」でハンバーグを食べて帰宅いたしました。

 しかし、ヒートシールドやカプセル本体を見ることができなかったカミさんは、いささか不満気で、「どうせなら展示期間中はヒートシールドもカプセルも見せてくれれば良いのに、ケチ臭いね~」と怒られてしまいました。おっしゃる通りでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この曲は?

 こんばんは、チェスです。

 8月も後半ですが、猛暑が続きますね。皆さんくれぐれも、無理をなさらずご自愛下さい。
 夜、テレビを見ていても、毎日の如く熱中症を発症したとのニュースが登場します。

 そんな中、夏の高校野球甲子園大会が、そろそろ佳境を迎えています。ベストエイトがそろそろ出揃ったのかな?
 山形へ帰省中も、義父は野球の中継が大好きで、延々とテレビには甲子園からの中継が映っておりました。テレビ番組に何か言うべき立場でも無い小生は、まぁ黙って見るともなしに見ていました。
 さすがに、高校球児達は鍛え方が違うというのか、この炎暑の中をものともせずに野球をやっている、というのは凄い。本当に感心してしまいます。

 グラウンドで野球をやっている方も勿論大変ですが、NHKの中継のカメラは、彼らを応援しているスタンドの応援団の光景も小まめに撮っています。
 この暑いのに、応援団も大変ですよね。
 選手一人ひとりに個別の応援メロディーを演奏しているブラスバンドもあるし、攻撃中に繰り返されるメロディーもある。最早、アニメの古典の如き存在だと思うけれど、「宇宙戦艦ヤマト」は未だ人気で、盛んに演奏されてます。あれの最初の放映は、小生が小学生の頃だけど、平成生まれが良く知っているな。

 こうやって何気なしに聴いていると、「確かに聴いたことがある、知っている筈のメロディーなんだが、どうも思い出せない。」という曲も出てきてしまいます。この曲、なんだったかな~、いっそのこと、全曲を演奏してもらえば判るのにな~。と、どうでも良い様なことを悩んでしまいます。

 記憶力が減退しているんですよね。芸能人の顔を見て、知っている筈が名前が出てこないとか。

 判らないなら、放っておけば良いのですが、どうもそれが気持ち悪い。歯に物が挟まって、取れない様な気持ち悪さです。
 つい数日前も、うーん、なんだったかな、と悩むこと半日。漸く、「おお、そうだ、あれはアントニオ猪木がリングに登場する時に華々しく鳴る奴だった」とか、思い出した時には気持ち良いですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「はやぶさ」カプセル見てきました

 こんばんは、チェスです。

 JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」は、今年の6月13日に、奇跡的とも言える地球帰還を果たした訳ですが、「おかえり はやぶさ」というイヴェントで、このカプセルや、カプセルを大気圏再突入の時の熱から守ったヒートシールドが一般公開されるというので、今日は会社を休んで見に行ってきました。

 会場は、東京駅丸の内北口に程近い「丸の内OAZO」という複合ビルの、○○広場(おおひろば)。

 朝7時から整理券配布、ということであったので、6時20分に家を出て、着いたのが丁度7時。

 既にして、会場内は大行列が出来ていました。
Oazo_01

 なんとか、無事に8時20分からの部の整理券をゲット。
Oazo_02

 会場の入り口に掲げられていた看板です。
Sn3m0009_0001

 この会場の、ほぼ真上に、JAXAの広報施設「JAXAi」(ジャクサアイ)があります。民主党の仕分けチームによって、「廃止」とされてしまいましたので、行くなら今のうちです。

 さて、その時間まで、何とかかんとか時間をつぶし、8時15分頃には早くも「8時20分の部の整理券の方、並んでOK」の指示がでました。
 そこから、約20分くらい並びまして、無事に拝んできました。はやぶさのカプセルと、ヒートシールド。

 本当に、小さいものです。大きさは、ヒートシールドが中華鍋くらいかな。カプセル本体は、それより一回り小さい。
 ヒートシールドは兎も角、カプセルは「模型じゃないの?」と思うくらい、綺麗です。
 ヒートシールドの性能のお陰ですね。

 感慨無量でしたね。
Oazo_03

 JAXAiに立ち寄り、はやぶさのTシャツを買って、帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先頭車両はやはり・・

 こんばんは、チェスです。

 今年もやってまいりました。

 太平洋戦争の敗戦記念日、8月15日。

 この大戦で、命を落とされた全ての皆様のお陰をもって、今日の日本があることに、今一度思いを致して、

  黙祷~!

 黙祷を終わります。

 今年の敗戦記念日の東京も、暑い暑い日になりました。
 山形のお土産を持って鳥越へ行きました。秋葉原-浅草橋の一と駅、今日は珍しく先頭車両に乗りました。久しぶりに拝見する、最新鋭通勤車両、首都圏のサラリーマンの足として大活躍のE233系です。前面ディスプレイが色々充実になっているのに対して、操作系は相当にシンプルに改良されていると見受けられました。
 でも、ほんの2分でも先頭車両は面白い。電車を運転するシミュレーションゲームが人気になったのもわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落選(泣)

 こんばんは、チェスです。

 無事に山形から帰宅いたしました。

 今年のお盆(旧盆)の帰省でも、山形の義父母は元気であったのは幸いでした。

 ところで、JAXAでは「はやぶさ」のカプセルの展示に合わせて、明日の8月15日(日)に『おかえり はやぶさ トークイヴェント』というのを企画していまして、こいつはJAXAの「はやぶさ」プロジェクトのメンバーが3つのテーマで講演をしてくれる、という、「はやぶさ」ファンにとっては垂涎もののイヴェントなんですね。

 15日ですから、参加できるな、と思って、事前に申し込んでおいたのです。(事前申込制です)。

 ですが、金曜日にJAXAからメールが来ておりまして、抽選の結果、落選ということになってしまいました。折角の、関係者の生のお話を聞けるチャンスであったのに、誠に残念でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惣右エ門

惣右エ門
こんばんは、チェスです。
山形の楽しみは、何と言っても美味しいお蕎麦。
今回は惣右エ門というお店に参上しました。小生は、『太切り板蕎麦』をいただきました。十割蕎麦とおぼしき歯ごたえと香りは誠に美味しいお蕎麦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風通過

こんばんは、チェスです。
台風4号は、秋田に上陸後、太平洋に抜けたみたいです。山形は大して雨は降りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

進路気になる

 こんばんは、チェスです。

 小生の勤務先は明日の木曜日~15日の日曜日までが夏休みなのですが、小生は週明けの月曜日も休暇届を出して、一日夏休みを延長しました。その訳は、当日の記事に書こうと思います。
 今日あたりは、通勤の電車も心持ち空いていて、会社に来ても、殆ど無人というフロアもあって、東京は既に夏休みモードに突入しているな~と実感されます。

 明日からカミさんの実家の山形へ帰省してきます。

 今年は未だ台風がやってこないな、などと暢気に構えていたら、沖縄から九州の西を北上し、朝鮮半島の手前あたりで向きを東寄りに変えてきた台風4号が、どうも明日の12日、日本海を渡って東北の日本海側のどこかに上陸してきそうなんですよね。

 この台風、進路によっては、山形に来るかもしらん。
 せっかく山形の実家の近所にある、長水路の屋外プールで遊ぼうと思っていたのに、ちとガッカリです。
 明日は記事の更新が無いと思いますので、どうかあしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな時にツイッター?

 こんばんは、チェスです。

 小生は閲覧(フォローとかいうの?)も、ましてや発信もしていないので、いささか的外れなことを言っていたら訂正のコメントでも下さいね。
 電子メール、ウェブサイト、ブログなどのサービスに加えて、ここ1~2年位で急速に流行ってきたツイッター。「つぶやき」とか表現されていますが、どういうものかは概念的には理解できるものの、「ところでそいつは使ったらどんなご利益があるの?」と思ってしまい、足を突っ込むことはなかったのです。

 小生はもはや古い人間ですので、携帯電話機でインターネット利用というと、メールの機能くらいしか使うことは無く、ウェブサイトの閲覧などはパソコンが中心なので、場所も時間も選ばずネットへ接続という機動性を有する携帯電話機でのネット利用はどうもイメージできないのです。
 が、短文による「つぶやき」発信であるなら、ツイッターの利用は、正に携帯電話機のネット利用が向いているということなのかもしれない。

 実は、こんなことがありました。

 たくさんのお店がある大手ベーカリーへパンを買いに入ったところ、レジのあるカウンターで何やらもめているんですよ。小生は別のレジで代金を支払って出て行きましたので、情報はその時に聞こえてきた断片的なものなんですが、お客が商品に虫が入っていたとクレームをつけていたみたいなんです。そこに居合わせた女の子が応対していましたが、おそらくアルバイトの店員さんですね。こういうクレームは対応誤ると後々大変になるでしょうから、店長なり責任者が出てきて応対すればいいのに、と思ったのですが。(応対していた女の子は若くてアルバイトかと思ったのですが、実は正社員のスタッフだったらすみません)
 近くにいた他の女子店員も、何もできずに遠巻き状態。
 もちろん、当の商品の品質管理に問題があって、このお客のクレームは正当な理由のあるものだったのかもしれません。
 が、ちょっとだけ傍から見えただけでは、どうもクレームのつけ方にいささかの問題がありそうな感じがしたものですからね。

 こういうときは、やはり男の出番でしょうね。
 例えば小生がお店を出るなり、「○○駅の□□のレジでもめてる。店長早く助けてやれ」みたいにつぶやくのは有効なんだろうか。いやま、多くの注目を集めている有名人のつぶやきではなく、サイレントマジョリティーの一人のつぶやきなんか無力だとは思うのですがね。

 仮定の話をしても仕方ないので、事の真偽はおいておくことにして、そんな場面とか、事件に遭遇した時の短文情報発信というのは、役に立つのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バターケーキ

 こんばんは、チェスです。

 先週末土曜日は「立秋」で、いやしかし、暑さはまだまだ、なんて書いておりましたら週明けの月曜日の東京は小雨が降っていて、日差しが無い分暑さはマシでした。

 出勤すると、職場に労働組合の職員さんがやってきて、広島土産を配っていきました。
 先週広島で行われた原水禁に、労働組合の面々と一緒に参加してきたそうです。
 「核廃絶」は大変険しいですが、今年が歴史の転換点になるのかどうか、見守っていきたいです。

 ところで、職場に頂戴した広島土産は「バターケーキ」というものでした。

 従来、広島土産の定番は「もみじ饅頭」だと思い込んでいたのでありますが、こんなのもあったのですね。
 労組の職員さんは「秘密のケンミンショー」で紹介されていたので、ご自身食べたかったらしい。

 今日の3時のおやつに、早速みんなでいただきました。
 一人充ての一切れがかなり大きくてびっくりしましたが、外観的にはカステラですね。
 ただ、上記のしおりを読むと、カステラを更に改良したものだそうです。
 食べた後味が、カステラよりバターの香りが強い。

 元々小生は甘党でありますが、大きな一切れをペロっと食べてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝豆

 こんばんは、チェスです。

 (カミさんの)田舎の山形から、枝豆だとか、かぼちゃだとか、野菜が送られて来ました。
 取り合えず、茹でて食べようかということになり、今日昼に用があって出かけたカミさんに代わって小生が枝豆を茹でる事にしました。

 こういうときに役に立つのが、「cookpad」というお料理レシピのデータベースのサイトです。

 枝豆を美味しく茹でるためのレシピもちゃんとありました。

 まずはザルで枝豆をよく洗い、ついで塩をかなりの量振り掛けて、枝豆の表面に生えている産毛の如き毛を取ってしまうくらいによーく塩をもみこみます。

 で、2時間ばかり、放置する。

 その後、お湯を沸かして、やや強火で4分茹で、ザルにあけて冷ませば出来上がり。
 ちゃんと茹っているか心配でしたが、ちょっとつまんで試しに食べてみたところ、しっかり塩味がついていて美味しく茹で上がっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗顔フォーム?!(駄)

 こんばんは、チェスです。

 昨晩、金曜日の夜に東京で放送されている、明石屋さんま氏がMCをしているトーク番組を観ておりました。
 たくさんの若い女性を相手に、さんま氏が得意の軽妙なトークで盛り上げている、さんま氏に全面的に頼っているという類の番組ですな。

 小生は、実を言うとさんま氏はあまり好きではありません。博識・雑学・独自芸のタモリ氏、毒のある話題を巧みに織り交ぜるたけし氏に比較すると、どうもさんま氏は「軽妙すぎる」と思ってしまうのです。
 ですが、昨日の番組内で出てきた話題は、大いにさんま氏にシンパシーを感じてしまった。無論、番組向けの盛り上げトークに過ぎないのかもしれないけど。

 さんま氏が言うには、風呂で使うのは、頭を洗うためのシャンプー(にリンス)、後はボディソープだけで、顔もボディソープで洗ってしまう、との事だったのに、若い女性達は、「いやいや、男性もメンズの洗顔フォームを使いますよ」と主張していたのですね。
 で、さんま氏、ちょっとムキになって、カメラさんやらADさんやら番組スタッフにも訊いてみると、なるほど洗顔フォームなんだと言われてしまう。

 何だか、オヤジの繰り出す「最近の若いモンは」みたいになってしまいますが、小生もさんま氏と同じく、洗顔フォームなぞ使ったことはありません。
 それこそ昔は、頭以外は、石鹸一本。ボディソープに切り替わったのはここ10年くらいかな。

 大の男が、洗顔フォームで顔を洗うなんて、なんという軟弱。それこそ、

-顔を洗って、出直して来い!!

 と怒鳴りたくなってしまう。(洗顔フォームで怒鳴られるのも訳わかんないだろうけど)

 お肌に気を遣う女性は、これは仕方が無い。しかし、男はせいぜいボディソープでガシガシと洗えば充分でしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セミは中々にタフ

 こんばんは、チェスです。

 今日は広島の原爆投下日で、明日はもう立秋。秋が立つ、これから秋といわれても、まだまだ暑い日は続きますね。

 この記事でも夏になると大抵書いてきたと記憶していますが、夏の記憶は小生の場合なんと言ってもセミですね。東京の如き大都会でも、これだけ鳴き声に特徴のあるこの昆虫は本当にタフというか、日常的に見かけます。
 ウチのカミさんは、セミが大嫌いで、我が家のアパートのヴェランダの庇・・・という表現はおかしいのでしょうが、要するに上の12階との境目ですね、そのあたりに、セミが止まって休息していると、結構目ざとく見つけて、

「あんなとこにセミ野郎がいるから、あれを何とかして~」

と騒ぐわけです。何とかして、と言ったって、あんな高い場所で手は届かないし、人間が外へ乗り出せば危ないしで、ま、奴は休んでいるだけだからそのうちにどっかへ行くよ、と言っても聞かない。
 仕方がない、何か長い棒でも見つけて、それでつついて飛んでいってもらうか、と掃除機の吸い込みが付いているパイプを持ってつつくと、何処かへと出立してくれました。

 大体セミというのは、幼虫時代は地中に何年も生きているけど、外に出ると1週間くらいしか生きられないのだから、いじめてはかわいそうだ、と言ってもやはり嫌いな人には関係ありませんね。
 ただ、本当のところは成虫でも1ヵ月くらいの寿命はあるらしい(Wikipedia)のですけれどもね。

 それにしても、都会でも毎年夏になるときちんと出てきて、ジージー鳴いているセミというのは本当にタフだ。幼虫が何年も生活するという土の地面は、そんなには無さそうなんですけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滞在可能時間は(駄)

 こんばんは、チェスです。

 今日は本当は、大阪の児童虐待死事件で考えたことを書くつもりだったのですが、どうもあまりにまとまりがつかなくて、あるいは冷静さを欠いてしまう内容になりそうだったので、没にしてしまいました。
 2人の子供を虐待死させた母親は相応の罪を負うことになるのは当然でありますけれども、たぶんこの母親も恵まれたとは言えない子供時代を過ごしていたのかもしれないですね。
 にしてもだ、虐待を受けている児童を助ける為に、現行法制で最善な手立ては何か、法に不備があるのなら、それは大きく変える必要はないけれども、少しでもいいから不備を無くす方向に法改正を検討してほしいものです。有識者を入れて政治家に動いてもらいたい。

 で、タイトルの記事です。

 小生はサケを殆ど飲めない甘党であるがゆえに、喫茶店、今風に言えばカフェが好きなんですが、そうしたお店に入って、椅子なりソファなりを専有していられる時間というのは、どのくらいだと思いますか?
 あるサービスを提供するお店に入るのは、そのサービスを受けるのが目的であるのは明らか。
 レストラン、食堂なら、食事が目的ですから、食事が終われば退店いたします。
 居酒屋なんかだと、単純にお酒を飲むのが目的、でもないから、それなりに長居をしていても白い目で見られることはないですよね。でも、居酒屋の場合には次々に飲み物や料理を追加注文することが多いですから、客単価が高い。なので、長居が許されているという側面もある。

 が、喫茶店、カフェはどうだろうか。

 勿論、コーヒー(など)を飲むのが目的なんでしょうが、人によってもっと色々と目的がありそうに思います。一人客なら、休憩、読書、携帯電話でネット、あるいは仕事、という人もいるかも。複数客ならもっと色々目的がありそうです。休憩、デート、商談、打ち合わせ、単なるおしゃべりとか。
 それなりに長居をする人もいそうですが、居酒屋と決定的に違うところは、「客単価が低い」ことでしょうね。居酒屋なら一人当たり3~5千円なんてすぐいってしまいますが、カフェだと概ね千円以下でしょう。下手をしたらコーヒー1杯で粘る客も珍しく無いでしょう。

 カフェを経営する側にとって悩ましいのは、だから「長居をする客に早く退店して欲しいけど、それを訴求できない」という点ではないかな。だって、カフェへの来店目的が上記の如く様々なら、お客は「カフェが提供するコーヒーなどの飲み物の他に、居心地の良い空間を求めて」かもしれませんよね。
 だから、コーヒー1杯のお値段が多少は高くても、お客様が来て下さるなら、長居されるのも仕方ない。
 ラーメン屋の如く、時間あたり何回転させる、という経営シミュレーションはできないのです。

 一方、我々客の立場はどうか。目的がはっきりしている場合は良い。コーヒー飲み終わったら、商談が終わったら引き揚げる。問題は、ヒマな人間が、それこそヒマつぶしに来た場合です。時間はいくらでもある。文庫本なぞも持っている。ソファは上質で、趣味の良いインテリア、心地よい音楽がごく低く流れている。となればいくらでも長居をしてしまいますよ。
 世間の常識として、許されるのはどのくらい?300円程度のコーヒー代なら、30分?頑張って1時間?
 そんなところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長生きは長寿?

 こんばんは、チェスです。

 いやまぁ、小生は現在足立区に住んでいて、報じられていた住居は、マラソン大会で知っているあたりでしたので、「国内最高齢の男性が実は30年以上前に死んでいた」のニュースはさすがに驚きました。

 ただ、このお宅は、ご家族が同居されていたんですよね。
 それでも「死んだのは知りませんでした」はいくらなんでも通らない話だと思いますから、この事件、行政的には「年金の不正受給」という方向で進むのではないかと思いますね。単に死亡届を出さない事による、家族への罪は問えるのでしょうかね。

 このニュースが社会に与えたインパクトは大きく、高齢者が実際に生存しているのかどうか、行政が確認に追われている模様です。

 ちょっと考えると、本人が100歳ということになると、その子供の年齢も70歳以上なのは堅いところでしょう。100歳以上でピンシャンしている、全く介護等を必要としないなどというのは考えにくいので、そうなると老-老介護になってしまいます。介護側に、非常に大きく負担がかかるのは確かなところ。
 当然に、公的サービスに頼るということになるのでしょうが、介護側が老人の場合、様々な手続や申請なども難しいかもしれません。
 うーん、こうなると、単純に「長生き」=「長寿」とは言えないのかも、と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑の影響?

 こんばんは、チェスです。

 いつぞや、我がアパートのヴェランダのプランター農園に植えた「ミニニンジン」なんですが、結局、次々と、おそらくは強風の影響で枯れてしまい、端っこに1株だけが現在生き残っています。何だか、モヤシの如くか細い(モヤシが怒るとは思うが)葉が出ているだけで、果たしてあの下でちゃんとニンジンが出来ているのか、怪しいものではありますけど。

 ところで、もう2年以上前、2008年4月10日に小生は「80円!」という記事を書いています。

 会社へ行く途中に見つけた新しいジュースの自販機で、何と80円で缶ジュースを売っていて、デフレもここまで来たか、と驚いていたわけです。
 この自販機で驚いていたのは、まだまだでしたね。
 この位の価格で売っている飲み物の自販機は、その後次々増えましたから。

 でもって、この猛暑です。

 体調を維持するためには、小まめな水分摂取が必要、という訳で、この安売り飲み物自販機の厄介になることにして、最近この機械から「スポーツドリンク」とか、「レモン味飲料」なんかを買って、会社へ行くようになったのです。
 これらは500mlのペットボトルの飲料なので、スクリューキャップですから、ちびちびと飲んで机の上に置いておき、うっかり倒しても机の上のものを濡らしてしまう心配もない。
 スポーツドリンクは、ちょっと甘いので、水で薄めて飲めば丁度良いのです。
 この頃は100均ショップでも色々な飲み物を売っていますが、あちらは消費税込みになると105円だ。こちらはそれに対して、100円ちょっきり。20回買えば、1本分安いという差になる。

 だから、重宝していたのです。そしたらこの間、上に書いたスポーツドリンクとレモン味飲料が両方とも「売り切れ」になっていたのですよね。仕方ないので、その日は烏龍茶を買いましたが。

 が!今日この自販機の前に行ったら「スポーツドリンク」と「レモン味飲料」は両方とも110円に値上げされていたのですよ。
 この猛暑で売行きが急拡大した結果、自販機を置いているオーナー?がチャンス!とばかりに10%値上げに踏み切ったに違いありません。

 こうなると、100均の方が5円安くなってしまうのだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おしぼりサービス

 こんばんは、チェスです。

 8月になって、最初の月曜日。
 会社では、ISO9001の審査機関から審査員がやって来て、維持更新審査が始まっていました。小生が所属している管理間接ディヴィジョンは、あまり「品質」というものに直接的には関与していないのですが、それでもこの規格の認証を受けている限りは、審査を受けねばなりません。
 午前中の殆どの時間、この審査に充てられて、無難に終了しました。

 夕方、歯医者の予約のために早めに会社を退社しました。余裕を持っていた筈でしたが、実際には時間は結構ギリギリになっていて、未だ蒸し暑い中を早足で歯医者に向かい、区役所が鳴らす18時のチャイムが鳴り終わる位に歯医者のドアを開けました。

 急いで駆けつけた様子が見えたのかどうか、この歯科医師の先生、冷たく冷えたオシボリを「お使い下さい。」と差し出して下さりました。
 こういう時に冷たいオシボリで顔を拭うのは気持ちが良いですね。
 それが歯医者さんの、例の椅子の上であったとしても。

 幸いにして、今回のメンテナンスの治療は、長くかかりはしましたが、漸く終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近所で盆踊り

 こんばんは、チェスです。

 昨日の土曜日、買い物忘れがあったので、夕食後にカミさんと近所のスーパーまで出かけて、お散歩がてら太鼓の音が聞こえて来る方向へ歩いてみました。
 広場のある公園に櫓が立っていて、盆踊り大会が行われていました。

 小生とカミさんは見物に来ただけだったのですが、盆踊りを主催している町内会の方からアイスを1つづつ頂戴して(カルピスアイスでした)それを齧りながら壁一面に貼り出された寄付金の紙を眺めていきました。
 我が集合住宅のオーナーの名前を発見し、駅近所で流行っている串揚げ屋さんの名前を発見し、いつも使っているクリーニング屋さんの名前は無いかなぁ・・無いけど、○○さんという個人名で寄付しているのかもしれん、などと、こんな壁を眺めるのも結構面白いものです。

 寄付は1万円と5千円が多いのですが、まぁなんと、一口千円寄付の方の名前も、同じ大きさの紙に書かれて貼り出されているので、「ははぁ、千円でも貼り出してくれるのか、そんなら来年は千円寄付するかな」などとちょっと考えたのですが、しかし千円が貼り出されるのも恥ずかしいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »