« 覚えている夢 | トップページ | 南ア産 »

立ち位置の問題

 こんばんは、チェスです。

 建設中の東京スカイツリーの上の方が、雨雲に隠されて見えない、というようなお天気の朝ですと、これは間違いなく雨が降りますから、傘は手放せないですね。
 家を出る時から雨が降っている場合には、折り畳みではなくて長い傘を持って出ますが、通勤の満員電車でこの長い傘というのはそれなりに邪魔になります。

 満員電車に乗って通勤されておられる方々は、皆さんそれなりにノウハウをお持ちだろうと思いますが、「どの辺に立っていれば、不条理に押されて不愉快になることもなく、比較的楽に降りられるだろうか」というあたりが立ち位置の条件なのではなかろうかと。
 これはもう、車両の中ほどなんですよね。
 かなりの混雑電車でも、中の方に進んでみると、これが意外に空間が空いているものです。
 ただ、あまりに中に進んでしまうと、下車駅で降りるのが大変である。
 なので、適度にすいていて、降りるのも楽なあたりが最適である。

 それがどうした?と言われそうですが、梅雨時に長い傘を持っていたりすると、これが大事になってくるんですな。吊り手の数にして、3つ目位が適当な位置なんです。その辺が空いていると、非常にラッキーである。小さな幸運ですよね。(こんな内容の無い記事は、絶対以前にも書いているなぁ)


|

« 覚えている夢 | トップページ | 南ア産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち位置の問題:

« 覚えている夢 | トップページ | 南ア産 »