« 傘にかける金額 | トップページ | iPad欲しい・・か? »

野良猫への餌やり裁判判決

 こんばんは、チェスです。

 今日東京地裁立川支部で、将棋の元名人加藤一二三さんへの「野良猫への餌やり禁止と賠償金請求」に関する訴訟判決がありました。

 ニュースでは、加藤さんは集合住宅で野良猫へ餌やりをしていたんですよね。裁判にまでなってしまったのですから、これは相当にこじれてしまった結果なのだと思いますが、集合住宅であればこの判決は妥当でしょうね。それなら公園などで野良猫に餌をやったら、これは公園を管理する行政から注意を受けてしまうだろうと思います。
 かつて自宅で猫を飼っていて、今鳥越の実家では2代目の猫がいる猫好きとしては、なんとも辛いニュースではありますが、社会のルールには従わないといけない。

 とは言えですね、野良猫って、いったいどんな存在なんでしょう。

 都市にいる「野生の猫」ってことでしょうか。でも、元々はペットとして飼われていた猫が、人間の都合でその辺に捨てられて「野良猫」になり、残飯やゴミをあさりながら自活しているのが実情ではないのかな。
 人間の都合で野良猫にさせられてしまったのならば、ある程度は税金の投入をしてでも、人間生活との共存が図れるようにできないものでしょうかね。
 まずはそれ以上勝手に繁殖しないように去勢なり不妊手術をして(この費用は税金で)、住民の理解と了解のもとで特定の場所での餌やりと糞尿の片付けを、ボランティアの方に要請する、という具合に、野良猫になってしまった猫と人間が、適当なところで折り合いをつけつつ共存を図ることはできないものか。

 そりゃね、全ての猫が完全に室内飼いされて、きちんと管理されることが理想社会なんでしょうよ。
 しかし、神社の境内に日向ぼっこしたり、静かに集会したりする猫たちもいない街というのは、懐が狭いというか味気ないと思うのですよね。
 世の中には犬も猫も嫌い、という人たちがいるのは承知してます。そういう方々には迷惑かけずに、うまいこと共存できる街づくりをやってもらったらなぁと考える次第です。

|

« 傘にかける金額 | トップページ | iPad欲しい・・か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野良猫への餌やり裁判判決:

« 傘にかける金額 | トップページ | iPad欲しい・・か? »