« 朝顔発芽 | トップページ | 傘にかける金額 »

これは怖い

 こんばんは、チェスです。

 小生、今年の1月27日に「ついに張り紙」という記事を書きました。
 キッチンのグリルで魚を焼くときに、焼けた魚を出したはいいが、グリルの火を止めるのをまた忘れたので、とうとう「魚の火を消す」「グリル消火」という張り紙をして、自ら注意を喚起するという状況になったのです。
 あれから4ヵ月。張り紙の効果はさすがで、以来グリルの火の消し忘れは発生していません。

 ところで今日の昼休み、会社で昼のNHKニュースを見ていると、「製品評価技術基盤機構」という独立行政法人からの注意喚起という形で、「グリルの使用方法が原因の火災が増えている」というニュースがありました。以下のリンクは、テレビ朝日のANNニュースですが、写真が載っていましたので貼りました。


 グリルで焼き魚をやると、魚の油が受け皿に溜まります。網にもこびりつきますね。こういうのを放っておきますと、受け皿に水を入れたとしても、ガスの火が溜まった油に引火してグリルの外まで火が出て、火災の原因になる、ということでした。
 我が家の場合には、グリルはさすがに使用後はその都度綺麗に洗っています。ですので、「溜まった油に引火」という可能性は小さいかと思いますが、しかしグリルの火を消し忘れるというのは実際にやらかしているわけですから、やはり火災の可能性はあるわけです。
 今のガスコンロには、天ぷら鍋が一定温度以上に高温になった時には自動的にガス供給をストップして火を止めるという機能があるやに聞いています。グリルにも「庫内温度が一定温度以上になった場合には自動的に火を止める」機能を付けてくれると助かりますけどね。

|

« 朝顔発芽 | トップページ | 傘にかける金額 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは怖い:

« 朝顔発芽 | トップページ | 傘にかける金額 »