« やりますねぇ!JTさん | トップページ | フレンチ・ホルン »

いきなり億万長者に

 こんばんは、チェスです。

 一昔前(10年以上前)と比較して、「宝くじのテレビCM」が非常に増えた様に思います。

 西田敏行さん、所ジョージさん、伊東美咲さんといった、メジャーな方々が登場し、テレビに流れる時間帯もゴールデンタイムを中心にかなり幅広く、たくさん流れます。
 長引く不景気で、民間企業の広告宣伝費は削られる一方だというのに、こうやってCMを流せるというのはさすがにすごいもんですよね。

 宝くじの払い戻し率というのは、50%を超えてはいけないのだそうで、そのためでしょうか、他の公営ギャンブルなどを含めての「期待値」を計算すると、宝くじはかなり低い数値になってしまう、という話を、随分昔に聞いたことがあります。公営ギャンブルの方が払い戻し率が高いので、期待値も高くなるのでありましょう。ただ、公営ギャンブルによる払戻金は、こいつは「一時所得」になるため、課税対象なんですね。宝くじの場合には、当せん金への所得税・住民税は免除されています。

 宝くじの魅力は、西田敏行さんに煽られるまでもなく、「高額の当せん金」にあるのだと思います。一攫千金、一夜にして億万長者、宝くじを買った人が平等に見られる大きな夢、というところでしょうか。だから宝くじのテレビCMは、その方向性でかなり煽りますよね~

 今の様に色々な種類の宝くじが発売される前には、小生は毎年暮れに発売される「年末ジャンボ」を買って、大晦日の抽選を楽しみにしていました。何だかバカらしくなって、買わなくなり、もう久しいですが、しかし欠かさず宝くじを買われる方の気持ちもわかります。
「全く税金の心配をしなくてもいい6億円があったら、何に使いますか?」
といわれると、さぁ、どうしましょう?となってしまいます。

|

« やりますねぇ!JTさん | トップページ | フレンチ・ホルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いきなり億万長者に:

« やりますねぇ!JTさん | トップページ | フレンチ・ホルン »