« 急行「能登」 | トップページ | あちこち痛い »

水の問題

 こんばんは、チェスです。

 かなり以前の記事で、東京都の庁舎展望室にて売られているお土産品に「東京水」なるものがあることを書きました。今でも売られているのかは知りません。
 これ、実は東京の上水道で流れてくる「水道水」に他ならないのですが、各種の高度処理により、上水道で供給されるお水は、かなり飲みやすく、塩素臭もなくなっているよ、というアピールなのでしょうね。自信の表れとでもいうか。

 それは結構なのですが、例えば小生が現在住んでいる集合住宅は、それなりに高層なので、東京都の上水道で供給されたお水は、一旦集合住宅の受水槽に受水して、これをポンプで高置水槽に揚水し、そこから各戸に供給される仕組みですよね。で、こうした水槽については法律や自治体の条例などで点検や清掃が義務付けられているはずであり、特に清掃は年に1回以上と決まっている様です。水槽の点検と清掃をする時には、水道は一時的に断水するはずで、その場合には前もって連絡が来るはずなんですが、今住んでいる部屋の場合、管理会社からそうした連絡が来たことはありません。ちゃんと点検や清掃をやっているのだろうか?

 と、思っていたら、先日集合住宅の管理会社から、水槽点検と清掃をするので、一時的に断水する旨の連絡がありました。やっぱりちゃんとやっているんですね。幸いウィークディの昼間の作業でしたので、我々は2人共会社へ行っていて不在で、断水による影響はありませんでした。

 勤務先の会社でも受水槽があり、こちらは確かに年に1回点検と清掃をしています。ただ、水槽も会社の建物内の配管も古くて、どうも会社の水道水は、不味くて飲めたものではありません。一応蛇口の所には定期的にフィルターを交換してくれる浄水器が付いているのですが、それでもどうもね。

 結局のところ、いかに東京水が良くなっても、最後のところで水質低下してしまえばどうにもなりませんよね。で、小生の家ではコーヒーやお料理には、ペットボトルで売られているお水を買ってきて使っています。あれもたまに怪しいニュースがありますけどね。

|

« 急行「能登」 | トップページ | あちこち痛い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水の問題:

« 急行「能登」 | トップページ | あちこち痛い »