« 身元確かな人と | トップページ | (駄) 見栄っ張り »

喪中欠礼

 こんばんは、チェスです。

 本年は、正月2日に義兄が、4月にはカミさんの祖母がそれぞれに亡くなったため、喪中ということになり、来年の年賀状は失礼させていただくことになります。
 関係者の皆様が全てこのブログを読んでくださっているのであれば、これを以って連絡完了となって誠に楽なのでありますが、現実問題としては「喪中欠礼」の葉書を出す、という処理をしないとなりません。

 皆さんは、年賀状の準備を何時頃から始めるのでしょうかね。
 ついこの間、来年の年賀状用の年賀葉書の発売が開始された、と昼のニュースで報じられていましたが、さすがに11月第1週の今から粛々と年賀状を1枚1枚丁寧に毛筆をもって書き始める、という方はごく少数だとは思います。
 多くの方は、師走の声を聞いてから、「そろそろ取り掛からなくちゃなぁ」と一応考えて、さて来年は何年だったっけ、と干支を気にして、図案か写真を使う方は、その手配、となるかと存じます。
 で、12月23日の天皇誕生日を投函の目標にして頑張るというスケジュールになるのではありますまいか。

 となれば、先ほどの「喪中欠礼」葉書は、どんなに遅くても11月半ば頃までには必要な方々のお手元へ到着させる必要があります。で、印刷会社に文案などを送って葉書のデザインを選んで、送ってもらいましたのが2週間前。葉書の表書きは、これは自前のソフトとプリンターで印刷して、喪中欠礼用の切手を買って、全てに貼り付けて、投函したのが先月晦日の土曜日。

 早い方で明日あたりから、小生の喪中欠礼葉書が到着する手筈であります。

|

« 身元確かな人と | トップページ | (駄) 見栄っ張り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喪中欠礼:

« 身元確かな人と | トップページ | (駄) 見栄っ張り »