« 「カンバセイション・ピース」保坂和志 | トップページ | 東京オリンピック! »

セカンドバッグ

 こんばんは、チェスです。

 いつぞや、「もはや希少種?」というタイトルで、男性用下着から「白ブリーフ」が急速にシェアを失っていることを書きましたが、これより更にかわいそうな扱いになっているのが、「セカンドバッグ」という存在であることに気が付きました。

 仕事モードの場合には、男性の持つ鞄は「ビジネスバッグ」とか、「ブリーフケース」とか、そんなものですよね。最近の営業マンはモバイルパソコンや小型ノートパソコンを持ち歩きますから、それが入る鞄が必要なのでしょう。

 ところが、私的外出モードの際には、鞄に悩むシーンがあります。
 一番良いのは「手ぶら」ということで、上着などポケットがある場合には、それも良い。

 しかし、夏など、上がTシャツ1枚で済む時には、ポケットも無くて困ります。
 いくらなんでも、携帯電話機、お財布、小銭入れ、ハンカチ、ティッシュくらいは持ち歩きます。
 人によっては読みかけの文庫本くらいは持って歩くでしょう。
 そのあたりを入れるのに、かつては「セカンドバッグ」というのがあった。少なくとも30年前の、小生が高校生の頃は、普通に使われていた。

 が、今やセカンドバッグというのは、男性の持ち物としては全くの「ダメダメ」な存在なのだそうです。曰く、「ヤー○ンが持っている」「闇金融の取り立て」など、酷い形容らしいです。
 そういえば、小生が「婚活」していた頃も、セカンドバッグは「禁止」ファッションアイテムらしかった。
 いやはやまったく、どうしてこんなことになったんだろう?
 鳥越の小生が使っていた洋服入れには、セカンドバッグが入っている筈ですが、あれは最早お蔵入りか?

|

« 「カンバセイション・ピース」保坂和志 | トップページ | 東京オリンピック! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セカンドバッグ:

« 「カンバセイション・ピース」保坂和志 | トップページ | 東京オリンピック! »