« 民主党は一枚岩足りうるか | トップページ | レジのセレクト »

大した違いは無いのだが

 こんばんは、チェスです。

 なんというんですか、我々日本人は、中々気が短いというか、軽快迅速を尊ぶというか、いやまぁそんな国民性に言及するような問題ではないのでしょうが。

 自動改札機への、非接触型ICカードのタッチが短すぎる方がたまにおられまして、そうするとカードの記録内容の読み込みと書き込みができずに、改札機がエラーを起こして、キンコン鳴ってドアを閉じてしまうことになるのです。
 これをやらかしたのが、私本人であるならば、まぁ仕方が無い、すごすごとバックして、他の改札機に並びなおすだけですが、これを自分の一人か二人前の人がやってしまうと、自分のミスの時とは寛容度は全く違って、思わず舌打ちしそうになり、自分の列の前方にこういう方がいたことを呪うわけです。で、キンコン鳴らした張本人が、厚顔にもすぐ隣の改札機に割り込んだりしようものなら、(列の後方に迷惑をかけておきながら、なんという厚かましい奴!)と、実際に舌打ちをしてしまったりするものなんですね。

 まぁなんて心が狭い。

 キンコンと鳴っても、ほんの4、5秒で、自動改札機は復帰しますから、そうしたらカードをタッチしなおせばいいだけのことなのに、ですから、スムーズに改札を通過するのと、キンコンによるタイムロスなんていうのは、大した違いは無いのです。でも、朝の通勤時は結構気が立っているというか、血圧が上がっているというか、そういう心理状態なので、どうしても自動改札を人より早く抜けてやろうと(無意識にも)思っているのですな。

 混雑しているスーパーマーケットで、どのレジが早く順番が来るかを瞬時に判断するとかいう問題とも共通しているかもしれませんね。(してないか)

|

« 民主党は一枚岩足りうるか | トップページ | レジのセレクト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大した違いは無いのだが:

« 民主党は一枚岩足りうるか | トップページ | レジのセレクト »