« アタック25 | トップページ | 「カンバセイション・ピース」保坂和志 »

珠算教室

 こんばんは、チェスです。

 本日は、夕方都内の特許事務所へ仕事の依頼に出かけて、そのまま直帰させていただきました。

 ただ、実家の鳥越にちょっとした用事があったので、「綾瀬に直帰」ではなくて、鳥越に寄り道。
 この用事は簡単に済みまして、新御徒町から「つくばEXP」に乗るべく歩いていると、頭上から
「○じゅう○万□せん□ひゃく・・」
 独特の抑揚で読み上げる声が聞こえてきました。
 見上げると、小さなビルの2階の窓が開いていて、そこからの声の様でした。

 もうすっかり無くなってしまったのかと思いましたが、さすが下町、「珠算教室」がまだ生き残っていたのですねぇ。
 実は小生、小学生の時にほんの1、2年くらいでしたが、珠算教室に通っていました。

 先生に当てられて、計算結果を答え、正答であると
「御名算!」(あるいは「御明算!」)と言ってくれるのが、そろばん教室独特の用語で、嬉しかったですねぇ。

 そろばんは、一応四則演算(加減乗除)全てこなす計算機なのですが、そのうち得意なのはやはり加算で、その次に減算、あとの2つはそろばんの利点があまり見出せませんねぇ。
 いや、名人がやれば、乗算、除算も電卓をものともしないのかもしれませんが、今はパソコンのExcelなんてものがありますから、そろばんにとっては厳しい世の中ですよね。

|

« アタック25 | トップページ | 「カンバセイション・ピース」保坂和志 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 珠算教室:

« アタック25 | トップページ | 「カンバセイション・ピース」保坂和志 »