« 何とかしろ! | トップページ | なんだソレ? »

先憂後楽

 こんばんは、チェスです。

 どうでも良いような、他愛もない話です。

 一般に、仕出弁当とでもいうのでしょうか。御弁当屋さんが毎日デリバリーしてくるお弁当は、単価が非常に安いので(今食べているのは、1食340円だったと思います)、前の週に回覧されてくるメニューを見て、好きなおかずが入っていたら注文して食べています。

 ご飯が入っている容器と、おかずが入っている容器が別々であり、おかずが入っている容器には8箇所ほどの仕切りというか区画があって、メインのおかず、副菜、サラダ、漬物などのその他が入っています。
 小生の場合、メインと副菜を中心にご飯を食べてしまい、残りのおかずについては、あまり好きではない、どうでも良いおかずを先に片付けてしまい、好きなおかずを温存しておくというのが、いつもの行動になっています。
 これは昔からのことで、食事の際に「好物をとっておいて、後で食べる」というのは、「お腹がある程度くちくなってからの好物は、あまり美味しく感じないだろうから、さっさと先に食べる方が良いのではないか」などという反論指摘があったやに思います。

 でも直らないのですよね、この癖は。

 こんなつまらぬ癖に関して持ち出す言葉ではないと思いますが、「先憂後楽」という中国の言葉があります。意味としては『憂うべきことがあれば、世の中の誰もまだ気が付かないうちにこれを憂い、楽しむべきことがあれば、先ず全ての人を楽しませてから、最後に楽しむ』ということのようです。政を行なう政治家への忠臣からの言葉だったのですね。好物後まわし説の補強にもってきたのですけど、いやちょっとこじつけが過ぎましたね。


|

« 何とかしろ! | トップページ | なんだソレ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先憂後楽:

« 何とかしろ! | トップページ | なんだソレ? »