« 10円硬貨が | トップページ | シツコイ・・ »

東京の戦い終わり・・

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京は、早くも梅雨明けか?と思える暑さでした。

 帰宅して、カミさんが作ってくれた夕飯を食べて、やれやれと南の夜空を眺めれば、羽田空港を離陸して北に向かうジェット機が、衝突防止灯を点滅させながら上昇していきます。

 土曜日までの東京は、東京都議会議員選挙のために、選挙カーや候補者の演説で、兎に角街は騒がしかったです。日曜日の投票日にはようやく静かになり、しかし夜の開票速報を見てみると(地方選挙なのに開票速報があるのが、さすがに首都東京の占拠でありますね)、民主党は大きく当選者を増やして議会の第1党となり、一方の与党自民党は、公明党と合わせても議会の過半数に届かないという惨敗ぶり。
 戦前から、まぁ確かに自民党の苦戦は予想されてはいました。

 それまでの地方各地の選挙で、自民党の推す候補者は、ことごとく民主党推薦の候補者に敗れ去っていましたからねぇ。

 ただ、東京の行政における争点といったらなんでしょうか。石原都知事が推進した「新銀行東京」の大赤字の処理問題か。築地の魚市場の移転問題か。はたまた、東京オリンピックの誘致か?
 そんな話はさっぱり聴く事ができず、有権者は目下の国政の「秒読み段階になった衆議院解散」という大イヴェントの、前夜祭の如きに受け止めてしまっていたのではないでしょうか。

 いつもは注目を集めないのに、今回の投票率は高かったです。これも結局、解散がないのに、総理ばかり次々と交代する自民党政権に、イライラしていた有権者が、「とにかく都議会でもいいから投票させろ」とばかりに投票行動に出たということではないでしょうかね。

 次はいよいよ衆議院が解散です。

|

« 10円硬貨が | トップページ | シツコイ・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京の戦い終わり・・:

« 10円硬貨が | トップページ | シツコイ・・ »