« 800円 | トップページ | ルッコラやられた »

坊っちゃん

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の夜のことだったと思いますが、何故か唐突にウチのカミさんが、

 「『夏目漱石』を読んでみたい。」

と言い出したのですよね。

 ほぉ、何でまた突然に、と思ったのですが、

「何から読み始めればいいか?持っている本は無いか?」

と畳み掛けて訊かれたものですから、

-そりゃまぁ、誰にでも薦められて面白いのは「猫」だけれども、あれはちょっと長いし、そういう意味からいけば入門編として最適なのは「坊っちゃん」だろうね。ボクも小学生の時に読んだけれども、面白かったと思っている。その大昔に買った本がまだどこかにあるはずだから、今度鳥越に行った時に持ってきてあげる-

 で、土曜日に鳥越の実家に行った際に、あちこち探したのですが、これが見つからない。当時のこととて、文庫などというものは買わずに、少年少女向け児童文学集のスタイルの本を買ったのですが、見つからない。

 ま、いいや、あれだけポピュラーな作品だから、BOOKOFFへ行けば100円で入手できるだろう、と思って、帰り道に寄ったものの、これが無い。
 なら、あれは短い作品だし、新しい文庫でも知れているだろ、と思って、ヨーカドーの中の書店で探したものの、漱石先生の文庫は何冊もあるのに、たまたま「坊っちゃん」だけが無い。

 もう頭に来て、帰宅してからアマゾンへ注文を出しました。中古で1円のがありましたが、でも送料がかかるから、400円弱というあたりか。仕方ないですねぇ。

 この明治の文豪の作品に、最初に触れたのが「坊っちゃん」でしたから、今でも強烈に覚えています。主人公の、気が短い無鉄砲な江戸っ子は、実は漱石先生の性格なのではあるまいか、と思っています。注文した本は、明日か明後日には配送されてくるでしょう。

|

« 800円 | トップページ | ルッコラやられた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坊っちゃん:

« 800円 | トップページ | ルッコラやられた »