« 南陽 | トップページ | 800円 »

泡のお酒

 こんばんは、チェスです。

 小生は、タバコは大嫌いで、いっそ存在そのものがこの世から消え去れば、どんなにか清清しい世の中になるだろうと考える人間ですが、一方「お酒」の方は、これは別に嫌いではありません。

 嫌いではありませんが、ただ「弱い」だけなんです。

 お酒に関して言うと、「全く、一滴たりとも飲めない」というタイプ、これは少ないですが、実は存在します。
 そして、「許容量が極めて、若しくはかなり少ない、少ししか飲めない」タイプ。これは日本人には結構多いタイプで、小生もこれに属します。
 更に「普通に飲んでも中々酔わない、たくさん飲める」タイプ。それなりに存在しますね。

 これらはどうも、身体の中の酵素の有無が関係しているらしいのですね。エチルアルコールが酸化されて、アセトアルデヒドという「アルデヒド」になります。これ、単独でもいやな臭いがしますが、こいつが体内に溜まりますと、気持ち悪くなります。
 しかし、身体は上手くできておりまして、アセトアルデヒドを更に酸化しますと、酢酸になります。「お酢」ですね。お酢は普通にお料理に使いますから、こうなれば身体に害になるとかいったことはありません。
 酵素というのは、これらの酸化反応の反応速度に関与するものなんですね。生物的な「触媒」と言ってもいいかと思います。酵素があるか無いかで、酸化反応の進む速度が変わると。速やかに酸化してくれれば、どんどんアルコールを飲んでも平気ですよね。
 小生の様なのは、この酵素が欠落しているタイプなんでしょうね。

 ところで、麦芽だのホップだのを原料に作るお酒、「ビール」は、大変に人気があり、世界中で飲まれています。ウチのカミさんも好きなのですが、それだけ人気があるということに、国が目をつけて、結構な税金をかけている。で、酒造会社は、ビールにかかる税金を逃れるために「発泡酒」という税金のがれの新しいビールに似た物を作りました。税金がかからないので、安い。従って人気が出る。
 で、国はまたまた、この発泡酒に税金をかけるようになりました。で、発泡酒も安くなくなってしまったのですね。
 ならば、と酒造会社は「第3のビール」というのを開発しました。もう、いたちごっこですね。
 これはまた安いわけです。で、ウチではこればかり飲んでいたのです。「金麦」という奴ね。

 昨日、たまにはちょっと贅沢を、ということで、「モルツ」を買ってきました。こいつは「ビール」です。それなりに、やはり美味しいとカミさんは満足していました。
 ビールに似ている第3のビール、そこがポイントになるでしょうねぇ。

|

« 南陽 | トップページ | 800円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泡のお酒:

« 南陽 | トップページ | 800円 »