« 江戸時代の経済システム | トップページ | 水道管工事 »

コバエその後

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京。雲はあるものの、高い雲であって、青空も時折覗く、朝から気持ちの良い日となりました。貴重な晴れ間ということで、洗濯機を全開にして洗濯物をどんどん片付けました。

 ところで、ローズマリーなどのハーブのプランターに大量発生したコバエの軍団。

 近くに置いた、赤ワイン入りのトラップには順調にはまってくれて、かなりのコバエが沈んでいます。
 大資本の研究開発費を頼んで導入した「コバエがホイホイ」は、ベランダという外の環境であるせいか、「ホイホイ」というほどには取れていませんが、ま、それなりにはまっている様です。

 で、プランターへの水遣りを控えめにして、なるべく乾燥気味の土の状態にすることで、プランターからの大発生はどうやら沈静化した模様です。全滅はしていませんが、かなり数を減らしました。

 ただ、観葉植物の土の中から、まだわらわらと出てくるんですねぇ。

 中々、この連中はしぶといですよ。

|

« 江戸時代の経済システム | トップページ | 水道管工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コバエその後:

« 江戸時代の経済システム | トップページ | 水道管工事 »