« 蔵王 | トップページ | こだま号を見送る »

山寺

 こんばんは、チェスです。

 先ほど、山形から帰京いたしました。

 今日は、山形の父のクルマを借りて、2人で山寺に行ってきました。
 「山寺へ行ってきた」というのは、確かにその通りではあるのですが、実はちょっと正確さを欠いています。東京で言えば、「浅草へ行ってきました」というのに近いですかね。

 山寺というのは、地名なんですね。仙山線という、山形と仙台を繋いでいるJR線がありますが、この線が近くを通っていて、「山寺」という駅もある。
 ですが、行ってきたのは山寺の「立石寺」という大変大きく立派なお寺です。

 GWのこととて、山形市から気軽に行ける観光地として、大賑わいを呈していました。

 松尾芭蕉が「奥の細道」の紀行の中で、立石寺にも立ち寄っていて、

 「閑かさや 岩にしみいる 蝉の声」

 という有名な一句を読んでいます。
 普通にお寺をお参りするだけなら、拝観料などは不要なのですが、「奥の院」という所まで入ろうとすると、300円也の拝観料が必要です。
 が、これが大変な拝観料でして。
 奥の院まで到着するために、相当の石段を登らないといけません。足を非常に酷使いたします。

 無事、奥の院までお参りして、下山し、近くの蕎麦屋さんで「出汁蕎麦」という大変旨いお蕎麦を食べ、ソフトクリームも舐めて、お土産を買って帰りました。

 満足いたしました。

|

« 蔵王 | トップページ | こだま号を見送る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山寺:

« 蔵王 | トップページ | こだま号を見送る »