« 山形市の薬師寺植木市 | トップページ | こごみ »

まずは一区切り

 こんばんは、チェスです。

 祖母の四十九日法要(百か日法要も同時に)と、納骨を済ませて、夕方帰京いたしました。
 急になんだか蒸し暑くなってきていて、そのせいかどうか、帰るとどかっと疲れが出てしまいました。
 ともあれ、今回の法要の主宰者(今回は「施主」というみたいですが)として、参列者一同、というのはカミさんの両親の親族一同ということですが、そういった皆さんに挨拶をさせていただいて、祖母逝去に伴う行事は一区切りついたという感じでしょうか。

 もっとも、本当にあれこれと大変であったのは山形の両親の方であって、小生は文字通りの「名前だけ」喪主、名前だけ「施主」でしたから、今後は色々山形への親孝行をしなくてはと思います。
 何せ今や小生は山形の人間なんですからね。

|

« 山形市の薬師寺植木市 | トップページ | こごみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずは一区切り:

« 山形市の薬師寺植木市 | トップページ | こごみ »