« これが、その | トップページ | 音楽著作権 »

2009.04.23

コバン師 出立

 こんばんは、チェスです。

 今日の東京は、快適な気温と爽やかな青空の一日でした。

 本日正午を回り、会社のチャイムが鳴り、それでは昼食に行こうかと立ち上がったところで、小生の携帯電話が振動しました。
 電話は、小生の実家の鳥越の母親からで、「今日コバンが死んだ」と知らせるものでした。

 日曜日の記事にも書きましたが、茶トラ猫のコバンは、17年前の1992年4月17日に、当時会社に居ついていた2匹の猫のうちの一匹を小生が貰い受け、いや、誰かが飼っていたのではないから、「貰い受け」はおかしいな、拾って、家で飼い始めた猫です。

 家の人間に対しては大変な甘えん坊で、人のひざの上に乗っては昼寝をするのが好きでした。
 が、他の人に対しては人見知りが激しく、来客があるとどこかへ逃げていってしまうのが常でした。

 小生が結婚して鳥越の家を離れた昨年あたりから、そろそろ弱くなってきたかな?と思われる兆候が見られたのですが、急に食欲が無くなって衰弱してしまったのは先月になってから。ま、それでも鳥越に来て17年間暮らしてくれた結果の大往生といっても良いでしょう。

20081115
昨年11月15日に鳥越に寄った時のコバン師です。

 今日はたまたま弟の仕事が休みであったので、コバン師を両国の回向院に葬ったそうです。

 何年か前に、チェス犬が死んだ時もここに葬りましたので、久しぶりの再会ということになるでしょう。まぁ、あの2匹はそう仲良しではなかったですがね。

« これが、その | トップページ | 音楽著作権 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

心からお悔やみ申し上げます。

17歳と言ったら、人間の90歳位に値するのでは?
猫ちゃんもストレスなどがあると、短命になると聞きましたが
きっと大事に可愛がられて育ったのでしょうね。
そして大切に葬ってもらえて
コバンちゃん、幸せな一生だったと思います。

命あるものは、いつかそれが燃え尽きる日が来るのですね。
それが、世の常というものでしょうがなかなか辛いものです。

>フリッパーさん

 小生の実家の猫に過分のお悔やみを頂戴し、恐縮です。

 17年前、会社の中庭でコバン師と初めて出会ったことを思い出しました。普通ノラ猫なんていうのは、人間が寄っていくと素早く逃げてしまうもの、と思っていたのですが、彼はじっとしていて触らせてくれました。以来、大げさに言えば「猫とは人間には慣れずに自分勝手気儘に生きている動物」という固定観念を覆してくれました。

>AAさん

 そうですねぇ。
 「会うは別れの始め」なんて言いますが、不老不死ということはありえない以上、いかなる生き物も必ず死別ということからは避けられません。それは人間も同じですけれども。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コバン師 出立:

« これが、その | トップページ | 音楽著作権 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

  • アニメ・コミック
  • ウェブログ・ココログ関連
  • ギャンブル
  • グルメ・クッキング
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • ファッション・アクセサリ
  • ペット
  • モンテディオ山形
  • 住まい・インテリア
  • 俳句
  • 健康
  • 園芸
  • 学問・資格
  • 心と体
  • 恋愛
  • 携帯・デジカメ
  • 文化・芸術
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 科学技術
  • 経済・政治・国際
  • 結婚問題
  • 美容・コスメ
  • 芸能・アイドル
  • 趣味
  • 音楽
無料ブログはココログ