« 義兄の四十九日法要 | トップページ | アジの干物 »

二重戸籍なのかな?

 こんばんは、チェスです。

 義兄の四十九日法要と、合わせて百か日法要も、昨日14日に無事に済み、本日15日の日曜日に帰京しました。
 山形新幹線もだいぶ馴染んできて、福島までの沿線風景も見慣れてきました。

 ところで、山形~上野の距離の切符では、上野から降りた後も東京都区内有効の切符になります。

 何時もは山手線で西日暮里へ出て、西日暮里で東京メトロ千代田線に乗り換えて、綾瀬に帰ってくるのですが、ふと思うことがあって、今日は上野から常磐線(快速)に乗り換えて、北千住乗り換えで帰ることにしました。

 というのも、北千住における常磐線快速と東京メトロ千代田線の駅の間は、改札が無く、フリーパスなのです。これはひょっとすると、北千住経由で帰れば「東京都区内有効」の切符で降りることができるのではあるまいか、と思ったのです。

 ただ、ちょっと疑念もあったのですよね。

 綾瀬という駅は、東京メトロ千代田線の駅だろうと思います。それが証拠に、駅の改札口の看板には、東京メトロのマークが入っていますし、東京メトロ千代田線の駅ナンバーが入っています。
 綾瀬が東京メトロの駅であり、綾瀬で東京メトロとJR東日本の乗務員交代をしているのであると、北千住-綾瀬間は東京メトロ千代田線の線路ということであり、その部分は「東京都区内有効」のJR東日本の切符では乗ることができず、160円支払って清算しないと綾瀬の改札を通してくれないのかも?

 いや、結論としては、例の切符を入れた綾瀬の自動改札機は、閉じることなく通してくれました。

 うーん、そうすると、北千住-綾瀬の間は、東京メトロ千代田線でありながら、JR東日本でもある?という、摩訶不思議な二重戸籍の路線区間であるのかもしれませんね。

 勿論、上野から、常磐快速線に乗って、北千住を経由せずにJR線だけで綾瀬に来ることはできます。常磐快速線で松戸まで行って、そこで各駅停車の上り電車に乗り換えて、金町、亀有、綾瀬と戻ってくればいいのです。(随分時間をロスしますけど)ただその場合には、松戸は東京都区内ではないので、駅の外を出なくてもちょっとインチキな乗り方になってしまうのかも。

 ま、なにはともあれ、上野から常磐快速線で北千住に出て、千代田線に乗り換えて綾瀬まで来ても、JRの切符でOKである、ということははっきりしました。

|

« 義兄の四十九日法要 | トップページ | アジの干物 »

コメント

この区間、昔から話題になっていましたよね。今はスイカやパスモが導入されているのでよくわかりませんが、大手町から松戸までの定期を買う時、通しだと北千住から先はJRとして計算されるので、地下鉄で綾瀬までの定期と綾瀬から先の定期と別々に買った方がかなり安くなる・・・ということでした。

投稿: AA | 2009.02.15 21:45

>AAさん

 気になって、wikipediaを読んでみましたら、北千住-綾瀬間の運賃特例区間という解説記事がありました。本来はやはりこの区間の線路は東京メトロの資産であるけれども、JRの運賃としても計算される特例が設けられているのだそうですね。定期券も、分割して買うと安くなるケースというのは他にもあったらしいですよね。ただ、現在はスイカやパスモの定期が普及しましたから、今はどうなのでしょうか?

投稿: チェス | 2009.02.16 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二重戸籍なのかな?:

« 義兄の四十九日法要 | トップページ | アジの干物 »