« 陽だまり | トップページ | 人任せ »

渡辺議員の離党

 こんばんは、チェスです。

 政局の話というのは面白いので、家でも時々議論しますが、女性と男性とでは政治に対しては多少温度差があるようで、議論がかみ合わないこともあります。
 で、話題の渡辺喜美議員の自民党離党のニュースです。

 どうなんでしょうねぇ。政権与党からたった一人でも造反して補正予算案に賛成せず、離党するというのは、傍目には勇気があるというか、無謀というか、よくやったというか、色々な感想があると思いますけれども。

 しかし、現政権である麻生内閣の支持率というのは、これはもう各マスメディアによる調査では、20%を切るかという危険水域に入っているわけです。与党自民党としては、麻生総理による内閣の支持率が回復しなければ、総選挙になっても勝ち目は無く、既に参議院においては民主党に負けていますから、総選挙で民主党に負ければ、政権の座を明け渡して下野、ということになってしまうわけです。

 要するに、今や自民党は必死に排水作業を行ってもズブズブと沈みつつあるドロ舟も同様であって、ここに留まるということは次の総選挙において落選の憂き目に遭う議員さんになってしまう確率が高い、ということ。

 ならば、ここは一番勝負に出て、世間的に判りやすいアピールを行い、国民的な支持を得てドロ舟からひとまず脱出する、というのもアリなのではないか、と考えても不思議ではありません。

 ただ、自民党がダメだから、民主党が圧勝するのか、というと、そう単純な話でもないと思います。世の中には、民主党の小沢党首がキライだ、という人も多いですからね。ま、しかし、待った無しの経済対策が求められている状況において、この際騎手を変えてみてはどうか?と思う人が多ければ、消去法で民主党が選ばれるのは仕方ないところ。

 渡辺氏としては、ひとまずドロ舟から脱出して、場合によっては勝ち馬に(なりそうな)乗るという作戦もあるし、と考えているのでしょう。でも、選挙となれば、例の刺客という名前の対抗馬が送り込まれてくるのでしょうけれどね。

|

« 陽だまり | トップページ | 人任せ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺議員の離党:

« 陽だまり | トップページ | 人任せ »